Hatena::ブログ(Diary)

間違いだらけの備忘録

人生の目的:
仕事と趣味を通して、世の中を変える。そのために、この人生(時間)を楽しむ
尊敬する言葉:
生存適者
目的のために、有効ならば、手段を選ばずつまり、本末を転倒しない

イベント備忘録:

5/19 PyCon mini oosaka (仮)
5/25 CELF #65 (仮)
5/31-6/2 PyCon APAC in SG https://twitter.com/pyconsg/status/950163865613971457 (仮)
6/9(金) Koedo@akasaka (仮)
6/20-22 https://events.linuxfoundation.org/events/open-source-summit-japan-2018/ (仮)
7/14-7/16(金-日) Pyhack冬山 (仮)
7/29-8/5(日-日) https://wiki.debconf.org/wiki/DebConf18 (仮) https://debconf18.debconf.org/accounts/login/
8/10-12 C94(金-日)(仮)
8/11-12 https://2018.coscup.org/ (仮)
9/8(土)10:00 品川駅(仮)

2008-01-31

[]ThinkPad オプション保守加入条件

http://d.hatena.ne.jp/tunachan/20070514

thinkpadの保守条件を読む限りは、オプション保守加入条件は本体購入日起算で2〜4年の間はいつでも、対応する年月の保守パッケージを購入すれば加入できるはずですから、一度保守切れしてしまった場合に(2年で切れた場合とかに)、3、または4年のパッケージを買えば、2年に追加する形で1年か2年間の保守を付けられるはずです。

ただ、2年間で切れたあとに3年や4年の保守を付けても、どのみち本体購入日起算ですから最初の2年分にあたるお金は損してしまいますね。

購入日を証明できるものがあれば、購入後ユーザ登録も何もしてなくても、オプション保証加入期限(だったかな?)以内であればいつでも加入出来ると思います。

http://www-06.ibm.com/jp/pc/thinkplus/init.wss?searchType=machineType

ここで購入日を打ち込んで、保守登録期限を見るといいですね。

ほー

2008-01-30

[]衣食住に困らないレベルになればより優秀なほうが家庭を守ったほうが利にかなう。

http://www.innovetica.com/blog/2008/01/post_211.html

http://blog.webshark.co.jp/informal/?p=119

素敵すぎ

[][]ビルトインコマンドのヘルプ

[debian-users:50121]

$ help
GNU bash, version 3.1.17(1)-release (i486-pc-linux-gnu)
(中略)
A star (*) next to a name means that the command is disabled.

 JOB_SPEC [&]                       (( expression ))
 . filename [arguments]             :
 [ arg... ]                         [[ expression ]]
 alias [-p] [name[=value] ... ]     bg [job_spec ...]
 bind [-lpvsPVS] [-m keymap] [-f fi break [n]
 builtin [shell-builtin [arg ...]]  caller [EXPR]
 case WORD in [PATTERN [| PATTERN]. cd [-L|-P] [dir]
 command [-pVv] command [arg ...]   compgen [-abcdefgjksuv] [-o option
 complete [-abcdefgjksuv] [-pr] [-o continue [n]
 declare [-afFirtx] [-p] [name[=val dirs [-clpv] [+N] [-N]
 disown [-h] [-ar] [jobspec ...]    echo [-neE] [arg ...]
 enable [-pnds] [-a] [-f filename]  eval [arg ...]
 exec [-cl] [-a name] file [redirec exit [n]
 export [-nf] [name[=value] ...] or false
 fc [-e ename] [-nlr] [first] [last fg [job_spec]
 for NAME [in WORDS ... ;] do COMMA for (( exp1; exp2; exp3 )); do COM
 function NAME { COMMANDS ; } or NA getopts optstring name [arg]
 hash [-lr] [-p pathname] [-dt] [na help [-s] [pattern ...]
 history [-c] [-d offset] [n] or hi if COMMANDS; then COMMANDS; [ elif
 jobs [-lnprs] [jobspec ...] or job kill [-s sigspec | -n signum | -si
 let arg [arg ...]                  local name[=value] ...
 logout                             popd [+N | -N] [-n]
 printf [-v var] format [arguments] pushd [dir | +N | -N] [-n]
 pwd [-LP]                          read [-ers] [-u fd] [-t timeout] [
 readonly [-af] [name[=value] ...]  return [n]
 select NAME [in WORDS ... ;] do CO set [--abefhkmnptuvxBCHP] [-o opti
 shift [n]                          shopt [-pqsu] [-o long-option] opt
 source filename [arguments]        suspend [-f]
 test [expr]                        time [-p] PIPELINE
 times                              trap [-lp] [arg signal_spec ...]
 true                               type [-afptP] name [name ...]
 typeset [-afFirtx] [-p] name[=valu ulimit [-SHacdfilmnpqstuvx] [limit
 umask [-p] [-S] [mode]             unalias [-a] name [name ...]
 unset [-f] [-v] [name ...]         until COMMANDS; do COMMANDS; done
 variables - Some variable names an wait [n]
 while COMMANDS; do COMMANDS; done  { COMMANDS ; }

$ help while
while: while COMMANDS; do COMMANDS; done
     Expand and execute COMMANDS as long as the final command in the
    `while' COMMANDS has an exit status of zero.

ほー

[]ゲストOSにVistaHome Basic、Home Premiumも利用可能に

http://japan.zdnet.com/news/os/story/0,2000056192,20365392,00.htm

Microsoftは米国時間1月21日、再度方針を転換し、「Windows Vista Home Basic」と「Windows Vista Home Premium」を仮想マシン上でゲストOSとして実行することを可能にする予定だと発表した。

[]決して正しい選択ではなかった事は今更言うつもりはない。所詮趣味なんだから楽しければ良いのだ。

http://www.ne.jp/asahi/comp/tarusan/main182.htm

素敵〜

めも

2008-01-29

[][]Linuxカーネル徹底理解

ISBN:4822234142

購入


以下はめも

ユーザ権限でのコンパイル作業

$ cd /usr/src/linux-x.x.x

$ mkdir ~kernel-build

$ cp x.x ~kernel-build/.config

$ make O=~kernel-build EXTRAVERSION=xxx oldconfig

$ make O=~kernel-build EXTRAVERSION=xxx

プロセスnice値表示

$ ps -lax | sort -n -k 6 | less

oom-killerからの除外

http://blog.miraclelinux.com/uraura/2006/06/number_17.html

oom-killerの停止

http://d.hatena.ne.jp/gunshot/20061013/p1

kexecでの再起動

# /sbin/kexec -l /boot/vmlinuz-2.6.18-8.10AX --initrd=/boot/initrd-2.6.18-8.10AX.img --append="ro root=LABEL=/"

# /sbin/init 1

(ローカルコンソールから)

# /sbin/kexec -e --reset-vga

2008-01-28

[][]Synergy

ネットワーク(TCP/IP)経由の仮想PC切替機

http://synergy2.sourceforge.net/

http://journal.mycom.co.jp/column/yetanother/091/

Synergyを全てのPCに導入すると、「B」のPCに接続されたキーボード、マウスを使って、「A」、「C」のPCを操作できるようになる。ディスプレイにはそれぞれのPCからの出力が表示されるが、これらの画面は全てひとつの仮想的なスクリーンとして扱われるため、マウスカーソルは3つのディスプレイを自由に動き回ることができる。

Synergyは単にキーボードとマウスを共有するだけでなく、クリップボードの共有もサポートしている。物理的に別々のマシンでコピー&ペーストが可能になるので、テキストベースの作業効率は大幅に向上できるだろう

めも

未評価

2008-01-27

[]電気代計算君

家電製品の消費電力から電気代計算

http://kunisan.jp/denki/

めも

2008-01-26

kernelコンパイルテスト

@SC440

wget http://www.jp.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.6/linux-2.6.23.tar.gz

tar xvzf linux-2.6.23.tar.gz

cd linux-2.6.23

make defconfig


# make clean ; time make bzImage

Kernel: arch/i386/boot/bzImage is ready (#2)

real 6m8.948s

user 5m39.042s

sys 0m40.346s

#make clean ; time make bzImage

Kernel: arch/x86_64/boot/bzImage is ready (#2)

real 5m49.109s

user 5m33.023s

sys 0m44.597s

#make clean ; time make -j5 bzImage

Kernel: arch/x86_64/boot/bzImage is ready (#3)

real 3m26.600s

user 5m51.383s

sys 0m49.351s

# make clean ; time make -j5 bzImage

Kernel: arch/x86_64/boot/bzImage is ready (#4)

real 3m32.260s

user 5m51.106s

sys 0m49.407s

# make clean ; time make -j5 bzImage

Kernel: arch/x86_64/boot/bzImage is ready (#5)

real 3m29.143s

user 5m50.960s

sys 0m49.759s

微妙なずれはある

@x61@2CPU@VM

real 4m32.436s

user 4m58.067s

sys 3m15.952s

DebianVM01:~/linux-2.6.23# make clean ; time make -j5 bzImage

real 4m19.149s

user 4m54.454s

sys 3m11.228s

DebianVM01:~/linux-2.6.23# make clean ; time make -j5 bzImage

2.6.26

準備

wget http://www.jp.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.6/linux-2.6.26.tar.gz

tar xvzf linux-2.6.26.tar.gz

make defconfig

@sc440

$ make clean ; time make -j 5

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#1)

real 3m54.454s

user 7m11.235s

sys 0m28.310s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#2)

real 3m55.705s

user 7m12.323s

sys 0m29.106s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#3)

real 3m52.430s

user 7m9.199s

sys 0m28.810s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#4)

real 3m53.012s

user 7m8.927s

sys 0m28.678s

[SC440 "Ubuntu 8.04.1" i686 01:45:13]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#5)

real 3m51.806s

user 7m9.343s

sys 0m27.902s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#6)

real 3m51.706s

user 7m9.375s

sys 0m27.938s

@X61

基本

[ linux-2.6.26]$ make clean ; time make

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#29)

Building modules, stage 2.

MODPOST 1 modules

CC drivers/scsi/scsi_wait_scan.mod.o

LD [M] drivers/scsi/scsi_wait_scan.ko

real 5m46.964s

user 5m22.772s

sys 0m25.442s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 18:35:26]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#30)

Building modules, stage 2.

MODPOST 1 modules

CC drivers/scsi/scsi_wait_scan.mod.o

LD [M] drivers/scsi/scsi_wait_scan.ko

real 5m47.852s

user 5m22.608s

sys 0m25.710s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 18:48:40]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#32)

Building modules, stage 2.

MODPOST 1 modules

CC drivers/scsi/scsi_wait_scan.mod.o

LD [M] drivers/scsi/scsi_wait_scan.ko

real 5m46.547s

user 5m22.748s

sys 0m25.582s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 19:03:10]

5並列

[ linux-2.6.26]$ make clean ; time make -j 5

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#33)

real 3m27.612s

user 6m12.851s

sys 0m27.494s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 19:07:30]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#34)

real 3m28.090s

user 6m12.755s

sys 0m27.402s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#35)

real 3m27.385s

user 6m12.507s

sys 0m27.494s

ccache

1回目

/tmp/linux-2.6.26$ make clean ; time make CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#2)

Building modules, stage 2.

MODPOST 1 modules

CC drivers/scsi/scsi_wait_scan.mod.o

LD [M] drivers/scsi/scsi_wait_scan.ko

real 6m20.151s

user 5m45.186s

sys 0m31.346s

$ccache -s

cache directory /home/user/.ccache

cache hit 0

cache miss 1162

called for link 4

not a C/C++ file 22

no input file 94

files in cache 2324

cache size 6.8 Mbytes

max cache size 976.6 Mbytes

2回目

$ make clean ; time make CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#3)

Building modules, stage 2.

MODPOST 1 modules

CC drivers/scsi/scsi_wait_scan.mod.o

LD [M] drivers/scsi/scsi_wait_scan.ko

real 1m28.926s

user 1m9.300s

sys 0m15.973s

$ccache -s

cache directory /home/user/.ccache

cache hit 1159

cache miss 1165

called for link 8

not a C/C++ file 44

no input file 188

files in cache 2330

cache size 6.8 Mbytes

max cache size 976.6 Mbytes

$ make clean ; time make CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#4)

Building modules, stage 2.

MODPOST 1 modules

CC drivers/scsi/scsi_wait_scan.mod.o

LD [M] drivers/scsi/scsi_wait_scan.ko

real 1m32.158s

user 1m9.608s

sys 0m16.421s

$ccache -s

cache directory /home/user/.ccache

cache hit 2318

cache miss 1168

called for link 12

not a C/C++ file 66

no input file 282

files in cache 2336

cache size 6.8 Mbytes

max cache size 976.6 Mbytes

4回目

$ make clean ; time make CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#5)

Building modules, stage 2.

MODPOST 1 modules

CC drivers/scsi/scsi_wait_scan.mod.o

LD [M] drivers/scsi/scsi_wait_scan.ko

real 1m26.887s

user 1m7.880s

sys 0m16.361s

$ccache -s

cache directory /home/user/.ccache

cache hit 3477

cache miss 1171

called for link 16

not a C/C++ file 88

no input file 376

files in cache 2342

cache size 6.8 Mbytes

max cache size 976.6 Mbytes

ccache+make -j5

1回目

$ make clean ; time make -j5 CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#6)

real 0m58.317s

user 1m17.993s

sys 0m17.625s

2回目

$ make clean ; time make -j5 CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#7)

real 0m55.052s

user 1m16.477s

sys 0m17.533s

3回目

$ make clean ; time make -j5 CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#8)

real 0m54.579s

user 1m16.681s

sys 0m17.433s

1回目

$ export DISTCC_HOSTS="distpc1 distpc2";export TMPDIR=/tmp/gcc ; make clean ; time make -j9 CCACHE_PREFIX="distcc" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#25)

real 2m3.530s

user 1m22.013s

sys 0m26.034sKernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#26)

2回目

$ export DISTCC_HOSTS="distpc1 distpc2";export TMPDIR=/tmp/gcc ; make clean ; time make -j9 CCACHE_PREFIX="distcc" CC="ccache gcc"

real 1m1.549s

user 1m17.613s

sys 0m18.945s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 20:32:26]

$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j5 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc1" CC="ccache gcc"

1.

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#3)

real 7m39.355s

user 1m38.062s

sys 0m32.490s

2.

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#4)

real 6m43.519s

user 1m37.218s

sys 0m31.850s

3.

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#5)

real 7m26.353s

user 1m37.686s

sys 0m31.890s

[ linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j9 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost" CC="ccache gcc"


Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#10)

real 2m18.889s

user 3m30.965s

sys 0m29.682s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#12)

real 2m18.637s

user 3m29.765s

sys 0m29.558s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#11)

real 2m17.661s

user 3m33.489s

sys 0m29.810s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:34:57]

[ linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j9 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost distpc1" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#13)

real 2m2.604s

user 3m0.675s

sys 0m28.882s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#14)

real 2m2.534s

user 2m58.355s

sys 0m28.814s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#15)

real 2m2.112s

user 2m58.751s

sys 0m29.354s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:52:02]

[ linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j13 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost distpc1" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#16)

real 1m54.858s

user 2m45.398s

sys 0m29.702s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#17)

real 1m57.281s

user 2m50.483s

sys 0m28.786s


Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#18)

real 1m55.011s

user 2m46.194s

sys 0m28.850s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#19)

real 1m56.969s

user 2m54.611s

sys 0m28.790s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:16:09]

[linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j13 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc1 localhost distpc2" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#20)

real 2m0.856s

user 2m52.415s

sys 0m29.042s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#21)

real 2m0.128s

user 2m53.175s

sys 0m29.446s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#22)

real 2m0.678s

user 2m51.559s

sys 0m29.090s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#6)

real 3m38.601s

user 1m29.070s

sys 0m27.638s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:01:01]

[ linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j5 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#7)

real 3m40.319s

user 1m29.074s

sys 0m28.246s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#9)

real 3m38.985s

user 1m28.934s

sys 0m28.190s


[ linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j9 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost" CC="ccache gcc"


Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#10)

real 2m18.889s

user 3m30.965s

sys 0m29.682s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#12)

real 2m18.637s

user 3m29.765s

sys 0m29.558s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#11)

real 2m17.661s

user 3m33.489s

sys 0m29.810s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:34:57]

[ linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j9 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost distpc1" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#13)

real 2m2.604s

user 3m0.675s

sys 0m28.882s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#14)

real 2m2.534s

user 2m58.355s

sys 0m28.814s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#15)

real 2m2.112s

user 2m58.751s

sys 0m29.354s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:52:02]

[ linux-2.6.26]$ rm -rfKernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#47)

real 1m50.338s

user 2m48.503s

sys 0m25.654s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:36:26]

/home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j13 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost distpc1" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#16)

real 1m54.858s

user 2m45.398s

sys 0m29.702s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#17)

real 1m57.281s

user 2m50.483s

sys 0m28.786s


Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#18)

real 1m55.011s

user 2m46.194s

sys 0m28.850s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:54:23]

[ linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j5 CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#49)

real 3m58.393s

user 6m46.873s

sys 0m35.614s


Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#50)

real 3m56.175s

user 6m47.309s

sys 0m35.666s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#51)

real 3m54.718s

user 6m47.217s

sys 0m35.218s

[ linux-2.6.26]$ make clean ; time make -j13 DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost distpc1" CC="distcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#36)

real 1m50.727s

user 2m40.262s

sys 0m25.322s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:05:56]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#37)

real 1m47.708s

user 2m42.422s

sys 0m24.846s

real 1m47.472s

user 2m42.742s

sys 0m25.346s

[ linux-2.6.26]$ make clean ; time make -j13 DISTCC_HOSTS="distpc1 distpc2 localhost" CC="distcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#39)

real 1m48.458s

user 2m39.750s

sys 0m25.994s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:21:15]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#40)

real 1m48.763s

user 2m40.130s

sys 0m25.110s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#42)

real 1m50.231s

user 2m42.990s

sys 0m24.686s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:09:53]

[ linux-2.6.26]$ make clean ; time make -j13 DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost distpc1" CC="distcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#45)

real 1m48.686s

user 2m42.722s

sys 0m25.410s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#46)

real 1m47.243s

user 2m39.150s

sys 0m24.786s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:22:13]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#47)

real 1m50.338s

user 2m48.503s

sys 0m25.654s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:36:26]


Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#19)

real 1m56.969s

user 2m54.611s

sys 0m28.790s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:16:09]

[linux-2.6.26]$ rm -rf /home/user/.ccache/* ;make clean ; time make -j13 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc1 localhost distpc2" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#20)

real 2m0.856s

user 2m52.415s

sys 0m29.042s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#21)

real 2m0.128s

user 2m53.175s

sys 0m29.446s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#22)

real 2m0.678s

user 2m51.559s

sys 0m29.090s

[0]$ zcat 513ac7152ff49d92336b39f6a75d3d-387167 > /tmp/test1

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:20:26]

[0]$ file /tmp/test1

/tmp/test1: ELF 32-bit LSB relocatable, Intel 80386, version 1 (SYSV), not stripped

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:20:34]

[0]$ pwd

/home/user/.ccache/0/0

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:23:15]


[linux-2.6.26]$ make clean ; time make -j13 CCACHE_PREFIX="distcc" DISTCC_HOSTS="distpc2 localhost distpc1" CC="ccache gcc"

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#53)

real 1m1.250s

user 1m19.613s

sys 0m20.193s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:32:35]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#56)

real 1m0.677s

user 1m19.081s

sys 0m20.257s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#57)

real 1m1.774s

user 1m18.705s

sys 0m19.841s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:51:42]


[0]$ zcat 513ac7152ff49d92336b39f6a75d3d-387167 > /tmp/test1

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:20:26]

[0]$ file /tmp/test1

/tmp/test1: ELF 32-bit LSB relocatable, Intel 80386, version 1 (SYSV), not stripped

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:20:34]

[0]$ pwd

/home/user/.ccache/0/0

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 23:23:15]


[sc440 linux-2.6.26]$ make clean ; time make -j 5

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#1)

real 3m54.454s

user 7m11.235s

sys 0m28.310s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#2)

real 3m55.705s

user 7m12.323s

sys 0m29.106s

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#3)

real 3m52.430s

user 7m9.199s

sys 0m28.810s

@X61 VM

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#1)

real 6m16.033s

user 9m38.652s

sys 2m15.672s

user@user-desktop:/var/tmp/linux-2.6.26$ make clean ; time make -j5

ccontrol

1回目

[linux-2.6.26]$ rm -rf ~/.ccache/* ; make clean ; time make

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#60)

real 2m5.404s

user 2m46.906s

sys 0m36.794s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 20:53:54]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#61)

real 2m9.258s

user 2m45.178s

sys 0m36.742s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 20:56:58]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#62)

real 2m8.794s

user 2m42.390s

sys 0m36.702s

2回め

real 1m4.852s

user 1m28.390s

sys 0m21.717s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:04:16]

[linux-2.6.26]$ make clean ; time make

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#64)

real 1m7.156s

user 1m27.197s

sys 0m21.309s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:06:23]

Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#65)

real 1m6.297s

user 1m29.350s

sys 0m21.349s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:11:20]

キャッシュクリア1回目

[ linux-2.6.26]$ rm -rf ~/.ccache/* ; rm -rf debian/ ; make clean ; time CONCURRENCY_LEVEL=13 fakeroot make-kpkg -append_to_version -v1 -revision=1 -initrd kernel-image -config defconfig

This is kernel package version 11.001.

real 2m50.915s

user 3m23.613s

sys 0m51.491s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:50:50]

This is kernel package version 11.001.

real 2m49.035s

user 3m24.149s

sys 0m51.207s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 21:54:19]

This is kernel package version 11.001.

real 2m50.608s

user 3m22.833s

sys 0m51.751s

chace有効

This is kernel package version 11.001.

[ linux-2.6.26]$ rm -rf debian/ ; make clean ; time CONCURRENCY_LEVEL=13 fakeroot make-kpkg -append_to_version -v1 -revision=1 -initrd kernel-image -config defconfig

real 1m57.396s

user 1m40.330s

sys 0m39.834s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:01:28]

This is kernel package version 11.001

.

real 1m59.242s

user 1m40.598s

sys 0m40.159s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:08:30]

This is kernel package version 11.001.

real 1m57.762s

user 1m40.818s

sys 0m39.714s

[ linux-2.6.26]$ make clean ; time CONCURRENCY_LEVEL=13 fakeroot make-kpkg -append_to_version -v1 -revision=1 -initrd kernel-image -config defconfig


real 1m55.755s

user 1m38.998s

sys 0m38.838s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:14:37]

This is kernel package version 11.001.

real 1m55.974s

user 1m38.258s

sys 0m38.566s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:20:11]

====== making target kernel-image [new prereqs: stamp-configure stamp-build-kernel stamp-kernel-image]======

This is kernel package version 11.001.

real 1m55.777s

user 1m39.150s

sys 0m38.814s

This is kernel package version 11.001.

[ linux-2.6.26]$ time CONCURRENCY_LEVEL=13 fakeroot make-kpkg -append_to_version -v1 -revision=1 -initrd kernel-image -config defconfig

real 0m29.825s

user 0m21.501s

sys 0m9.501s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:24:28]

This is kernel package version 11.001.

real 0m29.849s

user 0m21.625s

sys 0m9.329s

[X61 "Ubuntu 8.04.1" i686 22:25:31]

This is kernel package version 11.001.

real 0m30.361s

user 0m21.661s

sys 0m9.777s

$ rm -rf debian/ ; make clean ; time fakeroot make-kpkg -append_to_version -v1 -revision=1 -initrd kernel-image -config defconfig

This is kernel package version 11.001.

real 6m54.528s

user 5m46.898s

sys 0m42.531s

This is kernel package version 11.001.

real 6m54.419s

user 5m47.118s

sys 0m42.123s

This is kernel package version 11.001.

real 6m53.834s

user 5m48.258s

sys 0m41.947s

SC440

# cat /proc/cpuinfo

processor : 0

vendor_id : GenuineIntel

cpu family : 6

model : 15

model name : Intel(R) Xeon(R) CPU 3040 @ 1.86GHz

stepping : 2

cpu MHz : 1862.157

cache size : 2048 KB

physical id : 0

siblings : 2

core id : 0

cpu cores : 2

fdiv_bug : no

hlt_bug : no

f00f_bug : no

coma_bug : no

fpu : yes

fpu_exception : yes

cpuid level : 10

wp : yes

flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts pni monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr lahf_lm

bogomips : 3727.16

clflush size : 64

processor : 1

vendor_id : GenuineIntel

cpu family : 6

model : 15

model name : Intel(R) Xeon(R) CPU 3040 @ 1.86GHz

stepping : 2

cpu MHz : 1862.157

cache size : 2048 KB

physical id : 0

siblings : 2

core id : 1

cpu cores : 2

fdiv_bug : no

hlt_bug : no

f00f_bug : no

coma_bug : no

fpu : yes

fpu_exception : yes

cpuid level : 10

wp : yes

flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts pni monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr lahf_lm

bogomips : 3724.22

clflush size : 64


# cat /proc/cpuinfo

processor : 0

vendor_id : GenuineIntel

cpu family : 6

model : 15

model name : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7500 @ 2.20GHz

stepping : 11

cpu MHz : 800.000

cache size : 4096 KB

physical id : 0

siblings : 2

core id : 0

cpu cores : 2

fdiv_bug : no

hlt_bug : no

f00f_bug : no

coma_bug : no

fpu : yes

fpu_exception : yes

cpuid level : 10

wp : yes

flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts pni monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr lahf_lm ida

bogomips : 4393.76

clflush size : 64

processor : 1

vendor_id : GenuineIntel

cpu family : 6

model : 15

model name : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7500 @ 2.20GHz

stepping : 11

cpu MHz : 800.000

cache size : 4096 KB

physical id : 0

siblings : 2

core id : 1

cpu cores : 2

fdiv_bug : no

hlt_bug : no

f00f_bug : no

coma_bug : no

fpu : yes

fpu_exception : yes

cpuid level : 10

wp : yes

flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts pni monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr lahf_lm ida

bogomips : 4388.98

clflush size : 64

2008-01-25

2008-01-24

[]kernel必要なデバイスドライバモジュール一覧

Linuxカーネルクイックリファレンス

ISBN:487311330X

原著(cc by-sa)

http://www.kroah.com/lkn/

http://www.oreilly.com/catalog/9780596100797/

# wget https://resources.oreilly.com/examples/9780596100797/raw/master/examples.tar.gz
## wget http://examples.oreilly.com/9780596100797/examples.tar.gz
# tar xvzf examples.tar.gz
examples/
examples/find_all_modules.sh
examples/get-driver.sh

T42での実行結果

# bash examples/find_all_modules.sh
(中略)
ata_piix.ko
cdrom.ko
e1000.ko
ehci-hcd.ko
floppy.ko
i2c-core.ko
i2c-i801.ko
i8xx_tco.ko
ide-cd.ko
ieee80211.ko
ieee80211_crypt.ko
intel-rng.ko
ipw2200.ko
joydev.ko
libata.ko
pcspkr.ko
scsi_mod.ko
serio_raw.ko
snd-ac97-bus.ko
snd-ac97-codec.ko
snd-intel8x0.ko
snd-intel8x0m.ko
snd-page-alloc.ko
snd-pcm.ko
snd-timer.ko
snd.ko
soundcore.ko
uhci-hcd.ko
# bash examples/get-driver.sh hda
looking at sysfs device: /sys/block/hda
follow 'device' link to parent: /sys/devices/pci0000:00/0000:00:1f.1/ide0/0.0
found driver: ide-disk
found driver: PIIX_IDE

@X61

# bash examples/get-driver.sh sda1
looking at sysfs device: /sys/block/sda/sda1
follow 'device' link to parent: /sys/devices/pci0000:00/0000:00:1f.2/host2/target2:0:0/2:0:0:0
found driver: sd
found driver: ahci from module: ahci

詳細は後日調査。

[]ドライバの対応確認

lspciおよびlspci -nの結果を見る。

最初の部分はBUS番号

16進数4文字の最後がデバイス

その前の16進数4文字がベンダー

lspci -n
=== mcinfo: lspci -n ===
(中略)
04:00.0 0200: 14e4:167a (rev 02)

ベンダーとデバイスがわかる

そこから最新ソース等のinclude/linux/pci_ids.hを検索

該当したシンボルから、ソースを検索。

#define PCI_VENDOR_ID_BROADCOM          0x14e4
[root@dhcp-0242 2.6.18-8.10AX-x86_64]# grep -i 0x167a include/linux/pci_ids.h
#define PCI_DEVICE_ID_TIGON3_5754       0x167a

http://lxr.linux.no/linux+v2.6.18.8/drivers/net/tg3.c#L220
 220        { PCI_VENDOR_ID_BROADCOM, PCI_DEVICE_ID_TIGON3_5754,
tg3.c > tg3.o
http://lxr.linux.no/linux+v2.6.18.8/drivers/net/Makefile#L62
obj-$(CONFIG_TIGON3) += tg3.o

menuconfigからTIGON3を検索して、

必要なコンフィグを調査

参考

LinuxカーネルクイックリファレンスP65

最新pci.ids

http://pciids.sourceforge.net/

[]NICドライバ確認

# basename `readlink /sys/class/net/eth0/device/driver/module`
e1000e
# basename `readlink /sys/class/net/eth1/device/driver/module`
e1000e

LinuxカーネルクイックリファレンスP57

NICバスの確認

# basename `readlink /sys/class/net/eth0/device`
0000:0d:00.0
# basename `readlink /sys/class/net/eth1/device`
0000:0f:00.0

MAC

# cat /sys/class/net/eth0/address

xx:xx:xx:xx:xx:xx

# cat /sys/class/net/eth1/address

xx:xx:xx:xx:xx:xx

参考

ネットワークデバイス名とLANポートのバスアドレス・MACアドレスの対応一覧

http://primeserver.fujitsu.com/primequest/catalog/manual/linux/html/06-17.html#wp2233504

[]内蔵ディスクの確認

# cat /proc/scsi/sg/device_strs

めも

2008-01-23

Rubyと仕事としてのプログラミング セミナー

色々異色のセミナーだった。

何か狭いコミュニティでも良いので知られる物を作る、プロダクトではなくサイトやメールマガジンのような物でも良い

金の話が無い開発手法は無意味

内製と受託

内製は柔軟にやりやすいが(管理、開発)リスクが高い

受託は契約のコスト(仕様変更等)が重いが、リスクは低い

一般向けと業務向け

一般向けは現実的仕様にしやすいが、予算が少ない、

業務向けはアクセス数は少ない、業務にシステムを合わせる(仕様が複雑、業務都合優先、開発側コントロール困難)となる

たとえば一般向けで受託だと低予算で堅い契約になるので、細かく機能を分割して契約する

めも

2008-01-22

テスト

rpmbuild等からのmake時にCPU数に応じて-jを付加。

htなCPUの場合は*2は無しの方が良いかもしれない。

# cat /usr/local/bin/make
#!/bin/bash
/usr/bin/make -j `expr 1 + 2 \* \`cat /proc/cpuinfo|grep processor|wc -l\`` $*
# chmod +x /usr/local/bin/make

注意点

http://d.hatena.ne.jp/shikaku/20080118/p2

http://uw713doc.sco.com/cgi-bin/info2html?(make.info)Parallel&lang=ja

warning: -jN forced in submake: disabling jobserver mode.

が出まくるが気にしないことにして評価中。

2008-01-21

[]人生とは「死」というゴールに突き進んでいる一大プロジェクトです。

http://d.hatena.ne.jp/habuakihiro/20080105

人生とは「死」というゴールに突き進んでいる一大プロジェクトです。

そしてそのプロジェクトのオーナでマネージャは自分自身です。

正論

挑戦するというのが若さの特権ではないことをやってみせることが、

結果として後に続く人への踏み台になることにつながるのだと思います。

ふむ

じゃあ、どう変わりたいの? どんな自分になりたいの? 今の延長で5年後くらいまでは見えるかもしれない。で、その先は? 

めも

[]一般電話向けヘッドセット

http://d.hatena.ne.jp/drill256/20070908#1189220000

TE-02

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000GSOJJO

KX-TCA89JP

http://ctlg.panasonic.jp/product/spec.do?pg=06&hb=KX-TCA89JP

双方ともヘッドセットプラグは直径2.5mm(2.5φ)・3極でそれに

対応した(携帯電話用などの)ヘッドセットに交換可能のようだ。

KX-TCA89JPはコードレス子機(有線電話機もあるが)に接続するタイプなので

結果的に自由度はかなり高い。

http://www.int-connect.com/headset/

付属のヘッドセット以外に、携帯電話用ヘッドセットもご利用いただけます。(丸型2.5mmプラグ)

http://bbs.kakaku.com/bbs/20791010120/SortID=4348736/?Reload=%8C%9F%8D%F5&SearchWord=%83w%83b%83h%83Z%83b%83g%83v%83%89%83O%8C%60%8F%F3&LQ=%83w%83b%83h%83Z%83b%83g%83v%83%89%83O%8C%60%8F%F3

本機のヘッドセットプラグ形状は、「直径2.5mm(2.5φ)・3極」の規格品

[]政府が起業して民営化するのは、明治以来続く日本の伝統です。

http://d.hatena.ne.jp/qh-nu/20071205

のコメント欄

「(優秀な)官僚がやらずとも、(バカな)民でできることは民へ」が世の流れなのですが、胴元が赤字のギャンブルでは、官僚が「民(ヤクザ)より頭が悪い」と証明してしまった

楽しすぎる。

2008-01-20

[]pinでのバージョン固定

http://debian.fam.cx/experimental/index.php?PageDivisionTest%2FAptGet%2FPkgSystem#ma5c1389

/etc/apt/preferences に(中略)

例)

Package: jnethack

Pin: version 1.1.5-11

Pin-Priority: 1001

めも

samba

# cat /etc/apt/preferences
Package: samba
Pin: version 3.0.24-6etch9
Pin-Priority: 1001
Package: samba-common
Pin: version 3.0.24-6etch9
Pin-Priority: 1001
Package: samba-doc
Pin: version 3.0.24-6etch9
Pin-Priority: 1001
Package: smbclient
Pin: version 3.0.24-6etch9
Pin-Priority: 1001

参考

http://taka.no32.tk/diary/20040911.html#p03

http://debian.fam.cx/index.php?AptGet#za11c269

2008-01-19

一日の長さが季節によって変動

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091199673328.html

地球は太陽の周りを楕円を描いて回っている。円じゃなくて楕円なので、季節によって回るスピードが少しずつ変わってしまう。だから24時間ピッタリにはならない。

南中から翌日の南中までを1日として、(中略)季節によって24時間より30秒ほど長かったり、20秒ほど短かったりすることが分かる。

2月中頃までは24時間より長いので、地球の時計は人間界の時計よりどんどん遅れて、2月中旬には累計で14分も遅れてしまう。

へー

2008-01-18

[]AT-D770

時間外電話応答機器

http://www.heiwa-net.ne.jp/products/device/at-d770/index.html

指定した時刻に「留守セット・解除・応答メッセージ切替」が30ステップ登録でできる週間タイマーを装備

めも

[]電話機用ヘッドセット

http://www.zero3.jp/777koki.html

めも

ちょこトラ

http://www.terra-choice.jp/modules/pico/index.php/chokotora/index.html

ダンボール1箱、月額420円からお預かり

めも

MagiCa

業務フロー作成ツール

http://ichy.seesaa.net/article/2298102.html

http://www.magicaland.org/whats/what3.html

例え UML であっても、システム屋の言葉が出てくるとゲンバの方は身構えます。

めも

誉めることをせず 叱ることをせず子供をしつける方法は?

http://www.sweetnet.com/parenting2.htm

めも

2008-01-17

[]敵から何を学べるかが懐の深さです

http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20080114/p2

のコメント


怪物と戦う者は、みずからも怪物とならぬようにこころせよ。

と表裏一体

http://d.hatena.ne.jp/gunshot/20070716/p1

[]御前会議の実情

http://bewaad.com/2008/01/09/388/

チキンレースで全員崖下へ。

プロアクティブとは

http://infoscape.jp/tms/epm-review/calture/culture4.htm

プロジェクトマネジメントでプロアクティブというと、リスクマネジメントの話だと思う人が多いだろう。ネットワークエンジニアの人であれば、ネットワーク監視機器の技術のプロアクティブという技術を想像されるかもしれない。

 プロアクティブとは何かというと、

 「先を見越した行動をとる、率先して行う」

という意味である

めも

ビジネスマンのためのトレード・シークレット(営業秘密)

http://www17.ocn.ne.jp/~tadhomma/TS1.htm

よく使われる「ノウハウ」と「トレード・シークレット」の関係を考えてみよう。この2つは同義語ではない。「ノウハウ」には秘密のものと秘密でないものがある。秘密でないノウハウの例として、たとえば、テレビの構造は公知だが、実際に工場で大量生産しようと思ったら簡単ではない。

では秘密情報という集合のなかで「ノウハウknow-how」以外にどんな小集合があるか(中略)「ノウホワイknow-why」というのが有名で、ライセンス交渉でいつも問題になる。作りかた(ノウハウ)は教えるが、なぜそうなのか(ノウホワイ)は別料金というのである。「ノウホエアーknow-where」というのもあって、材料や部品の購買先や下請企業のリストなどがそうである。

めも

2008-01-16

考えるなら Why? 聞くなら How?

http://ichy.seesaa.net/article/78225793.html#more

問題解決のための基本態度は、Why? をしつこく繰り返すことで思考を促進することですが、それを他人に対してやると逆効果になるということですね。

 自分を動かす時と、距離がある他人を動かす時とではとるべき手段が違う

ほー

めも

2008-01-15

[]解像度設定

http://d.hatena.ne.jp/die-SK/20071228/1198808112

vmxファイルにエディタで以下を追記

svga.maxWidth = "横の最大解像度"

svga.maxHeight = "縦の最大解像度"

めも

2008-01-14

[]Dibas

http://knoa.jp/jiko/pc/dibas/

画像編集ソフト

1997年のVer.1.04を最後に開発が停止

めも

10年前か...使い勝手が良いのでたまに使用。

2008-01-13

[]異物と真正面から向きあわざるを得ない人たちの中には、偉大な知恵が生まれてくる

http://d.hatena.ne.jp/essa/20080110/p1

ITは今や犠牲者もたくさん出ている戦争とも言えるし、そもそも、戦争は「敵」という異物、ITは「コンピュータ」という異物と社会の接点です。異物と真正面から向きあわざるを得ない人たちの中には、偉大な知恵が生まれてくるものです。

[]HD DVD

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/15bc8f4cd446cecbc9623a16f8e33901

ワーナーがHD DVD(東芝)による映画の販売を打ち切り、ブルーレイ(ソニー・松下など)だけに絞ったことで、次世代DVDをめぐる標準化競争は勝負がついた。すでに日本では市場の9割以上、アメリカでも7割はブルーレイだ。勝者は誰かって? もちろん東芝だ。

素敵〜

ディスクを買いに行かなくても、インターネットで映画もダウンロードできる。音楽と違って、映像は何回も見ることがあまりないので、ストリーミングでも十分だ。

次世代DVDは「過渡的な技術」であり、(中略)最終的にはインターネットに取って代わられるだろう。

同意

2008-01-12

2008-01-11

メディアの寿命

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0111/config190.htm

'93年頃のマルチメディアタイトルがいくつか出てきた。MS-DOSベースのMPC用のものもあれば、プラットフォームはすでにWindowsになっているが、3.1の頃のタイトルもある。つい、なつかしくなって、Vista上で動かそうとしてみたが、16bitプログラムがうまく動いてくれない。メディアはCD-ROMだから、ファイルとしては見えるのだが、作品として鑑賞するのは難しい。

まあ、そうだろうな。

これが紙に印刷された書物であれば、普通に読めるだろうし、写真集であっても、さすがに印刷技術は拙いものの、4〜50年以上前のものでも十分に楽しめる。

 ところが、たった15年前のコンテンツが、もう楽しめなくなっている。あの頃は、マルチメディアが盛んに喧伝され、これからは書物に取って代わるような勢いだった時代だ。それが今、ただのポリカーボネイトの板きれにすぎなくなっている。

うーむ

結局、数十年前のコンテンツを、今、気軽に手にとって楽しめるのは、紙に印刷されたものがほとんどだ。

記録メディアとして例外的といえるのが銀塩フィルム(中略)規格が変わっていないのは強い。

ふむ。

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20364517,00.htm

簡単に手にはいるなら、人々は質の悪いコンテンツでも見てしまう

http://d.hatena.ne.jp/kinneko/20080110/p8

「しょせん暇つぶしの純粋エンターテイメントでは、画質やデータ量は視聴動機とは関係がない」だろう。

リアリティは脳が補ってしまうから。

どっちも真実。

[]diNovo mini DN-500

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0801/06/news004.html

150×90×27.5ミリ(カバーを閉じた状態。カバーを開くと152×152.8×65ミリ)、175グラム

日本では3月に出荷される予定でロジクール ストアの価格は1万8800円となる見込み

ほほー

2008-01-10

[]言語、フレームワークの問題では無く

ちょっと古い話だが。

http://d.hatena.ne.jp/habuakihiro/20070922#1190464426

Javaがオモチャ扱いだった当時に全盛だったC/S型システム。主役はVBでした。当時の課題は何か。要件定義でありDB設計でありUIデザインでありネットワーク設計であり運用設計でした。今、Javaが古いとされていますが、Javaを使っての課題は何か。相変わらず要件定義でありDB設計でありUIデザインでありネットワーク設計であり運用設計です。今後もっと良いプログラミング言語が出てくるでしょう。未だとRubyなのでしょう。ではRubyの時代になれば、要件定義・DB設計・UIデザイン・ネットワーク設計・運用設計、さらにはいまや必須のセキュリティ設計が劇的に改善されるのでしょうか。だったら嬉しいし言語を乗り換える意味もあると思います。

でも仮に「それはプログラミング言語の問題ではない」というのであれば、いい加減いつまでも同じところで立ち止まっていることもないんじゃないかと思うのです。

正論

業界を煽ってる人の顧客って実は「業界人」なんだよね。迷える悩めるエンジニアやIS部門やあれやこれや・・・が顧客であって、その向こうにいるエンドのユーザのことを本当に考えてるかというと・・・どうなのかね。ま、そこは自分たちの顧客じゃないから気にもしてない気がします。だからいつまでも昔々の課題がそのままなのだろうな、と感じます。

ふむ。わかりやすい。

http://d.hatena.ne.jp/habuakihiro/20070922#1190464426

任天堂の危機意識は「ゲーム人口を増やさなければ自分たちに未来はない」だったそうです。その危機意識がDSやWiiという、決してスペックアップではなくて従来とは別の層にアピールできる製品の誕生につながりました。

同様のことはSIerにもいえるのではないでしょうか。「システムのユーザ人口を増やさなければ自分たちに未来はない」といえるのではないでしょうか。

正論だな

[]知識蓄積の罠

http://d.hatena.ne.jp/habuakihiro/20080107#1199641714

周囲の人たちが何か遅れてる気がしてくる。駄目な連中の集まりに感じられてしまう。自分のいる会社は時代に取り残されている気がする。そしていつしか、これじゃ駄目だという危機感が転じて周囲に対して上から目線になってしまう。

実はこれが知識蓄積の弊害だといえるかも知れません。実は本人も実際にやったわけではないのです。結果など出していない。ですから実力があるわけじゃないのです。でも色んな事を知ってる。そして実際には出来もしないのに「俺には実力がある」と勘違いしだすのです。

そこで、では実際にやってみようと思うと、知りすぎてしまっているために先に不都合なことばかりが目について、条件が完璧にそろわないとやれないという状態に陥ってしまう。自分でもなかなか手が動かないことは自覚できるので、これではまずいと思ってさらに色々と知識を収集します。かくして自縄自縛にはまってしまう

うーむ

知らないことはやれません。ですが、知ってるだけでは他人に評価してもらうことなどあり得ません。もし知識の披露だけで自分の評価が上がっているのであれば、それはバブルなのだと自覚して評価されているうちに、早く内側の空洞を埋める努力が必要です。

うむ

[]親展はがき用シール(目隠しシール)

http://www.aimjal.co.jp/seihin/seal/sinten/sinten.htm

めも

[]ハイブリッド・グラフィックシステム

http://akiba.ascii24.com/db/review/pc/a4note/2006/02/02/660130-001.html

現行はGeForce 8400M GS搭載のようだ。

http://www.vaio.sony.co.jp/Products/SZ5/spec.html

http://www.vaio.sony.co.jp/Products/SZ5/spec_ownermade.html

切り換えを完了するには、再起動が必要

Xpモデルもあって、

http://www.jp.sonystyle.com/Product/Vaio/S/sz94ps.html

かなり魅力的だが。

VAIOは、VT(インテルバーチャライゼーション・テクノロジー)には対応しない(注釈に記述あり)

BIOSで殺してあるらしい...

参考

http://flatray.com/linux/vaio-t/

インテル バーチャライゼーション・テクノロジー (Intel Virtualization Technology)

CPUはサポートしているものの、BIOSで無効化されており、利用できません。 Xen とか KVM とかで完全仮想化使ってみたかったんですけどねぇ。非常に残念。

http://blog.miraclelinux.com/thethird/2006/11/thinkpadcore2vt_ad9a.html

以下のようにCPUはVT機能があるが、BIOSが駄目。

残念。

[]RHEL4のドライバディスクを、OEL4で使用

http://otn.oracle.co.jp/forum/thread.jspa?threadID=35002461&tstart=0

ドライバディスク内のmodules.cgzというファイルを展開すると、

<カーネルバージョン>/<アーキテクチャ>/<ドライバ.ko>

というファイルが出来ます。この<カーネルバージョン>部分を

OEL4にあわせて改名し、圧縮し直しすと、RHEL4のドライバ

ディスクがOEL4で使えるようになります。

# mount /dev/fd0 /mnt/floppy
# mkdir /tmp/dd; cd /tmp/dd
# gzip -dc /mnt/floppy/modules.cgz | cpio -di
ここでディレクトリ名を上記のように変更する。ディレクトリが
沢山ある時は、近いVerのものを三つ(up/smp/hugemem)変更すれば
良い。
ex) 2.6.9-42.EL -> 2.6.9-42.0.0.0.1.EL
2.6.9-42.ELsmp -> 2.6.9-42.0.0.0.1.ELsmp
2.6.9-42.ELhugemem -> 2.6.9-42.0.0.0.1.ELhugemem
# find . | cpio -c -o | gzip -9c > /mnt/floppy/modules.cgz
# umount /mnt/floppy

ほー

2008-01-09

[]Bruce EckelのNeumont Universityでのスピーチ

http://www.rubyist.net/~matz/20080104.html

で紹介されていた

http://www.artima.com/weblogs/viewpost.jsp?thread=221622

を面白かったのでメモ

A man I've learned much from, Gerald Weinberg

(中略)

"no matter what they tell you, it's always a people problem."

Gerald Weinberg

ワインバーグの本は参考になりました。

(略)

同意

  1. Code is read much more than it is written. If people can't read your story, they can't improve it or fix it. Unreadable code has a real cost, and we call it "technical debt."
  2. Code reviews are the most effective ways to find software defects, and yet we usually "don't have time for them."
  1. コードはそれが書かれているよりはるかに読まれます。 人々があなたのストーリーを読むことができないなら、彼らは、それを改良することができないし、それを修理することができません。 読みにくいコードには、実質費用があります、そして、私たちはそれを「技術的な負債」と呼びます。
  2. コードレビューはソフトウェア欠陥を見つける最も効果的な方法ですが、通常、私たちは「それらのために、時間がありません」。

ありがち。

In my first jobs, I saw lots of managers making stupid decisions, and so, logically, I came to the conclusion that managers and management was stupid. It's a commonly held belief in our profession: if you're not smart enough to deal with the technology, you go into management. Over time I very slowly learned that the task of management wasn't stupid, it's just very, very hard. That's why all those stupid decisions are still being made; management is much harder than technology because it involves virtually no deterministic factors. It's all guesswork, so if you don't have good intuition you'll probably make stupid decisions. Napoleon wanted lucky generals rather than smart ones.

私の最初の仕事において、私はたくさんのマネージャーがばかな決定をしているのを見ました、そして、論理上、私はマネージャーと経営陣がばかだったという結論に達しました。(中略)私が管理の仕事がばかでないということを非常にゆっくり知った時の上に、それはとっても難しいです。そういうわけで、すべてのそれらのばかな決定は、まだなされています;それが実質的に決定的な要因を含まないので、管理はテクノロジーより非常に難しいです。それはすべての推測であるので、あなたが良い直観がないならば、あなたは多分ばかな決定をするでしょう。ナポレオンは、利口な人よりむしろ幸運な将軍が欲しかったです。

興味深い。

Here's an example: some companies have adopted a policy where at the end of some predetermined period each team evaluates everyone and drops the bottom 10% or 20%. In response to this policy, a smart manager who has a good team hires extra people who can be thrown overboard without damaging the team. I think I know someone to whom this happened at Novell.

ここに、例があります: いくつかの会社が各チームがいつかの予定された期間の終わりに10%か20%皆を評価して、下部を落とす方針を採りました。 この方針に対応して、良いチームを持っている賢いマネージャは船外へチームを破損しないで投げることができる余分な人々を雇います。 私は、これがノベルで起こっただれかを知っていると思います。

素敵過ぎる。

Here's another example: People are going to ask you the shortest possible time it takes to accomplish a particular task. You'll do your best to guess what that is, and they'll assume you can actually do it. What you need to tell them for an estimate like this, and for all your estimates, is that there's a 0% probability that you will actually get it done in that period of time, that such a guess is only the beginning of the probability curve. Each guess needs to be accompanied by such a probability curve, so that all the probabilities combined produce a real curve indicating when the project might likely be done. You can learn more about this by reading a small book called Waltzing with Bears.

ここに、別の例があります: 人々は特定のタスクを達成するのに要する最短時間をあなたに尋ねるでしょう。 (中略)あなたは、これに関してWaltzing with Bears(熊とワルツを)と呼ばれる小さい本を読むことによって、さらに学ぶことができます。

基本

You need to pay attention to economics and business, both of which are far-from-exact sciences. Listen to books and lectures on tape while you commute. Understanding the underlying business issues may allow you to detect the fortunes of the company you're working for and take action early. When I first started working I looked askance at people who paid attention to business issues -- that was suit stuff, not real technology. But those people were the smart ones.

あなたは、経済学とビジネスに注意を向ける必要があります。その両方が精密科学から遠くにあります。 通勤している間、テープで本と講演を聞いてください。 (中略) 最初に働き始めたとき、私はビジネス問題(本当の技術ではなく、スーツものであった)に注意を向けた人々を疑って見ました。 しかし、それらの人々は賢い方でした。

最近同意できるようになった。

A great new source of information is podcasts. Anyone can do these so many of them are bad, but there are some real gems out there

すばらしい新しい情報源はpodcastsです。 だれでもこれらができます、それらの多くが悪いのですが、いくつかの本当の宝石がむこうにあります

うーむ

It's even harder when you come from the world of ones and zeros where we really, really want to believe that everything can be deterministic. It's harder than that when you understand that adding people into the mix and scaling up a system changes the dominant factors, while everyone around you still believes it should all be deterministic.

あなたが1と0の世界からすべてが決定論的である場合があると本当に、本当に信じたいと思うところに来るとき、それはさらに困難です。 あなたが、ミックスに人々を加えて、システムを拡大すると支配的な要因が変化するのを理解しているとき、それはそれより困難です、あなたの周りの皆が、それがすべて決定論的であるべきであるとまだ信じていますが。

そんな信念は無い。

So when you go into your new job with your head filled with technical knowledge from the last couple of years, and you add what I've told you today, you may be tempted to assume that everyone at the company has foolishly gotten themselves trapped with bad ideas. But there's one more very important maxim from Gerald Weinberg which doesn't really answer anything as much as gives you a way to understand what happens. He says: "Things are the way they are because they got that way ... one logical step at a time." It's the legendary frog in the saucepan. So from your fresh new perspective things might look ridiculous, but remember that each decision on the way was made by someone weighing the issues and making what seemed like the best choice at the time. This viewpoint doesn't solve the problem but it can make you more compassionate about the people who are stuck there.

頭が過去2、3年からの技術知識で満たされて、新しい仕事に入り、私が今日あなたに伝えたことを加える場合、悪い考えで会社の誰でも馬鹿らしくそれら自身をわなに掛けたと仮定するという誘惑にかられるかもしれない。(中略)あなたの新鮮な新しい見解から、おかしく見えますが、途中での各決定が問題を熟慮して、当時最も良い選択のように見えたものを作りながらだれかによってされたのを覚えているかもしれません。 この観点は問題を解決しませんが、それで、あなたはそこで刺される人々に関して、より情け深くなる場合があります。

生暖かいな〜


Real estate always goes up, even if salaries don't.

それはバブル。

2008-01-08

[][]プロセス数の変更

httpd.confによるWebサーバの最適化 

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache2_03/apache03a.html

を参考にデチューン

# apache2 -l
Compiled in modules:
(中略)
  worker.c
(略)

# vi /etc/apache2/apache2.conf

<IfModule worker.c>
#StartServers         2
#MaxClients         150
#MinSpareThreads     25
#MaxSpareThreads     75
#ThreadsPerChild     25
#MaxRequestsPerChild  0
StartServers         1
MaxClients          14
MinSpareThreads      1
MaxSpareThreads      7
ThreadsPerChild      1
MaxRequestsPerChild  0
</IfModule>

[]NiVE

フリーの動画編集ソフト

http://www.wikihouse.com/nicoAE/index.php?FrontPage

開発中らしい。

未評価

2008-01-07

[][]NE01の設定

[debian-users:48749]emobile D01NEのEtchでの接続設定

http://lists.debian.or.jp/debian-users/200705/msg00236.html

上記通りの設定で無事動いた。


通信速度測定(http://speed.rbbtoday.com/)のためのjavaの設定

http://debian.fam.cx/index.php?Software%2FJava

を参考に

non-free の apt-line を追加した後で、

# apt-get install sun-java5-jdk sun-java5-demo sun-java5-source sun-java5-plugin sun-java5-fonts

sun-java5-docはうまく入らなかったが、必要なプラグインは動いたようなので良し。

ただしJAVA上の日本語は文字化けしているようだ。

2008-01-06

ロードローラー最速伝説

http://labaq.com/archives/50878794.html

頭文字Dのパロディのはずですが、どっちかっていうと何人たりとも俺の前は走らせねえって感じです。

素敵

なんでミクはネギ好きなのか?

http://www.youtube.com/watch?v=EoYJWDdFqD4

めも

出向記

http://www.seri.sakura.ne.jp/~branch/guruguru18.shtml

本稿によって地方自治制度及び出向制度の意義についてご理解を…べっ、別に理解 してもらったってちっとも嬉しくなんかないんだからねっ!(AA略)

素敵〜

2008-01-05

[]人類は衰退しました

ISBN:409451001X

読了


まったりしていて良いお話だった。

そのまま小学校の図書館や本棚に置かれてもまったく問題無いファンタジーな児童文学小説している

と見せかけてほんの少しだけひねりが入っている。

まあ、ガンバの大冒険etcが許されているのだし、これも十分OKなレベルだと思う。


が、後書きの

特に平成生まれの方が私のペンネームを検索することは法律で今にも禁じられそうです。ご注意下さい。

(略)

が素敵〜


面白かったので、同作者の「CROSS†CHANNEL」をやってみた。

これも時間物でまったりしつつ凄惨でかつ、適度に狂っていて面白かった。

が深かった。

CROSS † CHANNEL考察

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/5403/cc/index.html

http://www6.ocn.ne.jp/~rejina/cc/

メイドカフェでGO!

全国のメイド喫茶を始めとるする萌系ショップの紹介サイト

http://moeten.info/maidcafe/

めも

蔵太平山(土日のみ)

http://moeten.info/maidcafe/?m=s&id=464