Hatena::ブログ(Diary)

Attribute=51 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-01

「非モテ」は静かに自分を笑う

f:id:guri_2:20090925000612j:image


はてな界隈で語られる「非モテ」がどういったニュアンスを持つか、それほど詳しいわけじゃないけど、

その響きからいろいろ感じてたこと。


http://anond.hatelabo.jp/20071030081115


このエントリーでは、『「非モテ主張」って、「傷つきたくないバリアー」の一環だと思ってたんだが』と述べています。

あらかじめそう自分に言い聞かせることで、モテない現実から自分を守るという。

もちろん、それもあると思う。

けどそれは20代前半ぐらいまでで、そっから「どうしようもならない虚無感」を代弁しているような気がするのですよ。

彼が後半で述べていることと、たぶんかぶるんだけど。


あ、20代後半の人が「非モテ」という言葉を使って書きこむかははわかりませんが。

この世界にそぐわない私

確かに最初は「顔が悪い、性格が悪い」と、

クラスのイケメンと自分を比べながら、モテない自分を嘆くんだけど、

一定以上歳が行くと全然別物の理由が出てきて、

何かと言うと「世の中にあるような恋愛」を思い浮かべたときに

それをやれない自分に気づくことがなんじゃないかと。


例えば、

きっと世の中の普通の人は恋人ができたら、毎日メールして、電話して、週末は会って、ジャスコでデートして、服を選びたいんだけど相手を待たせるのは悪いからさっと見るだけにして、ドライブして、渋滞にはまって、一緒にラーメン屋に入って、食べ方の汚い相方にイラッときて、今夜はエッチしたいんだけど向こうはそうでもないっぽいなぁ、どーしよっかなーとか考えて…、

なことをしてるんだろうなー、とか思い浮かべるわけです。


いや、なんでもいいのです。自分が思う「ベタなカップル像」を思い浮かべれば。

で、そういうのを思い浮かべたときに、

「なんか自分はそういうのできない。いや、できないことはないんだけど、好きくないというか、やることにストレス感じそう」

なんて考えてしまうんじゃないか。

うーん、自分には恋愛ってのは遠い存在だぞ、と。

そういう世の中一般の恋愛をこなせそうにない自分を、うすうす気づいている。



別の話。

例えば今まで恋愛経験のない男の人に、

10人以上彼氏がいたことある女の人が、付き合って欲しいと告白してきたとする。

このときに果たして彼はOKするのだろうか。どうなんだろうか。

自分はしないんじゃないかって思う。


というのは、やっぱり人間自分と似たような境遇の人がいいわけで、

彼で言えば、同じように恋愛経験の少ない女性を無意識に選ぼうとするんじゃないかなーと。

仮に付き合っても、なんか価値観合わなそうで辛そうだしね。


しかし、年を重ねれば「恋愛経験の少ない女性」なんてのは同世代からみるみる減っていく。

だから、

「自分の欲しい恋愛」「やりたかった恋愛」は、

この世にはもうないんだという虚無感を感じ出すんじゃないかなと思うんです。


これらの八方ふさがり感というか、

絶望感というか、笑うしかない感というか、

間違って生まれてきた感、間違って育ってしまった感、

みんなと同じように振る舞えない感、

世の中のスタンダードに馴染めない虚しさなんかを

非モテ」という言葉に感じてたんです。


世界にひとりぼっち、みたいな。


合わないパズル

もちろん恋愛関係は千差万別です。

だけど、多くの女性が結婚を望むように、

ある程度のデファクトスタンダードというかテンプレートみたいのは存在すると思うんです。


自分が1000ピースのパズルの形をしていて、

世の中の大半が100ピースのパズルの形をしていると感じる場合、

確かに、でことぼこだし、パズルのピースだし、

柄も似ているから合いそうなんだけど、決定的に合わないものがある。


そんな、

「世の中が悪いんだか、自分が悪いんだか」わからない虚しさ。



もちろん相手あってのことだから、

相手に合わせる努力は必要だし、人から好かれる努力も大事なわけです。

でも、誰にでも合わせられるアメーバのような人はいないのです。

やっぱり許容範囲、努力できる範囲はあって、

するとこちらの努力だけじゃなく、ある程度の「相性」というのは存在すると思うのですよ。

(てか、その相性を持って、「こいつ好きだ」って思うわけで)


誰にでも「こんな相手がいい」という願望がある。エントリーの彼で言えばオタクの人がいいとか。

でもそういう人が自分を好かないということを知っていたりもする。


世の中探せば、そんな自分とも合う人がいるとは思う。

でも大半が100ピースパズルな人ばかりの世の中には、たまに200ピースや500ピースの人もいるんだけど、

この中から1000ピースの人、しかもでことぼこが合う人を探すとなるとめまいがしてくる。


そんな、

「あー、これはもう、ダメかもわからんね」なんていう絶望感。


非モテ」という言葉を聞くと、どうしようもなくそろわないパズルを思い浮かべます。

潔さは大事

とはいえ、やっぱし人から好かれたかったら努力は必要なのです。

世の中の大半に馴染めないなら、

世の中の大半がいかないようなコミュニティに属するしかないんです。

そんなコミュニティを探して加入する努力は必要なんです。


優先順位の問題なんだとも思う。

自分が欲しがる恋愛に固執するか、

それとも諦めて新しい価値観を身につけるか。


そんなことできないと思うなら、「これが自分なんだ」と1人で生きる潔さを持った方がいいし、

やっぱりモテたいと思うなら、「なりふり構わず愛されキャラになる」という潔い決心も必要なんだと思う。


なんだかんだ言うオレは、いろいろあったけど前者に落ち着いた。

そんなオレはやっぱり非モテ

昨日もモテないし、今日もモテない。

明日もきっとモテないだろう。



※続き

ゴールできないかもしれない、誰もいなくなったスタート地点で - Attribute=51

kogurashikogurashi 2007/11/01 19:41 うんうん、わかります。
僕も前者なんですけど、少し前までは自分が絶望的に「世の中に合わない」ということに関して卑屈な感じを持ってました。
でも、その感覚に慣れてしまうと、そういったある種の「卑屈さ」も無くなってしまうんだよなぁ、というのが個人的実感です。

nanonano 2007/11/02 04:22 なんとなく前向きな気がする。

kagoshimabanzaikagoshimabanzai 2007/11/02 09:44 興味を持って読みました。多分ホントはみんな「世の中の大半に馴染めない」と思ってる人間ばっかりなのかな、そこに属する事を優先順位の上位に挙げて頑張ってる人が結果的に作り上げてるのが「大半に馴染めないと思われるような世の中」なのかな、と思いました。僕は多分、自分のピースにパテを塗ってでも100ピースや500ピースサイズのデコボコを作りたいのかな。

anti-theseanti-these 2007/11/02 12:43 TOPページから来ました。大衆が馬鹿なことに気づいてください。

kamisoriyasukamisoriyasu 2007/11/02 14:17 >>例えば今まで恋愛経験のない男の人に、
>>10人以上彼氏がいたことある女の人が、付き合って欲しいと告白してきたとする。
>>このときに果たして彼はOKするのだろうか。どうなんだろうか。
>>自分はしないんじゃないかって思う。

なんかだめじゃーん
この時点で男としてダメジャン

>>10人以上彼氏がいたことある女の人が、付き合って欲しいと告白してきたとする。
なんか10人付き合った女が告白なんかしねーよ

そのあと価値観の違いとかいってるけどそれおかしいから
>>仮に付き合っても、なんか価値観合わなそうで辛そうだしね。
何で上から?きもい
価値観合わないとなんでつらいの?

なんかこの「もしも」の時点で、成立してないからね。

なんだかんだいって傷なめあいたいだけじゃん
自虐的に、自分のプライド言いたいだけみたいな
大層な理論つけてるけど
たいしたことしてこなかったツケはらってるだけでしょ

鳩山鳩山 2007/11/02 23:33 共感します。
今まで持っていた疑問がパズルの話でなんかスッと落ち着きました。
『この世界にそぐわない私』を考える人が自分だけではないとわかっただけでも心が少し軽くなった気がします。
私の場合『世の中にあるような恋愛』の話だけでなく、『世の中にいる人』の方まで及ぶのですが。
最近ちょうど祖母が心筋梗塞で倒れ、こうあるべきである自分と実際の自分とのギャップについて再確認させられた事件があったところでした。
色々考えてやはり私は『前者』の自分が好きみたいです。

それとkamisoriyasuさん
>>なんか10人付き合った女が告白なんかしねーよ
あくまで仮の話なので…確かにしなさそうですが^^;

>>価値観合わないとなんでつらいの?
つらいと思いますよ。
自分のことが理解されにくい。相手のことが理解しにくいですから。
現にあなたとでさえ価値観が合わなさそうで少しつらいです(苦笑)

>>なんだかんだいって傷なめあいたいだけじゃん
認めたくないですけど、的を射ていると思います。

なんか後半コメントに対してのこの記事の作者でもないのにレスになってしまってすみません。

回転バッタ回転バッタ 2007/11/03 18:28 私は「モテ」みたいなものは特に意識してこなかったので、「モテ」という言葉にも「非モテ」という言葉にも何の実感もわかないんですが、世の中のスタンダードに馴染めない、という感覚はよくわかります。

「潔さが大事〜潔い決心も必要なんだと思う」の部分もまったく同感です。「どうして俺に合うピースは無いんだ」「なんであいつらはああなのに俺はこうなんだ」みたいなことをいつまでもグチグチ言ってても何の解決にもなりませんし、傍から見てもきっとイタい人になってるだけなので、それよりは現実を受け容れた上ですっぱり開き直った方が自分自身の精神衛生にも良いですから。ちなみに、私も『前者』の方です。

それはそうと、kamisoriyasuさんの「なんだかんだいって傷なめあいたいだけじゃん」という指摘に関して。
こういう主張はけっこう頻繁に見かけますが(あと、「結局、傷つきたくないだけじゃん」というのも)、鳩山さんと同じで、私も確かに的を射ているとは思います。しかし同時に、「傷なめあいたい」にしろ「傷つきたくない」にしろ、別に悪いことではないと私は思います。

どれだけまわりのピースと合わなくても、結局、生きていく以上、職場やら学校やらそういう生活におけるpublicな部分では、自分自身を削って周囲のピースに合わせるか、それができない場合は周囲と衝突して否応なしに傷つくことになります。(それにも耐えられなくてひきこもりになってしまうとちょっと困りますけどね)

publicな部分では傷が避けられないのに、さらに生活のprivateな部分でまで傷を避けるのもダメ、傷をなめるのもダメ、では傷を癒す場がありませんよ。それではそのうち出血多量で死にます。

私はprivateな部分は自分の傷口を自分で消毒する場としてとってありますが、そこを誰かと傷をなめあう場としたい人がいたって別に構わないと思いますね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close