Hatena::ブログ(Diary)

Attribute=51 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-18

70のトラックバックを読むだけの、めったにないお仕事です。

もしかしたら、自分はこういうことを言ってはいけないポジションなのかもしれないけど、

どうしても書きたくなっちゃったので、あえて空気読まずに勢いで書いちゃうことにした! 春だし!


要は、勇気がないんでしょ?」にたくさんの意見をもらいました。

この記事に限らず、自分は自分の書いたエントリーでもらったコメント、ブコメトラックバック

果てはトラックバックしてない記事まで、見つけられる限り全部読むようにしてます。テクノラティ超便利。

なので、「要は…」の記事についても同じように全部読もうと思ってます。

特にトラバは、相手もちゃんとしたエントリーなので気合い入れて読むことになります。


今回の内容は、賛否両論(と言っていいかわからないけど)を呼んでしまった内容なので、褒めてもらえることの一方で、

叩かれ方も結構なもんでした。

そりゃ、「こいつは死んで欲しい」とか「殺したい」とか書いてあれば、やっぱりへこみます。グッサリきます。キツイです。

なぜここまで言われなければならないんだ、って思ったりもします。

でも「あまり気を落とさないでくださいね」みたいな気遣いをしてくれる方もいて、

それはとってもとっても嬉しかったし、「世の中にはいい人がいるんだなー」とつくづく思わされたりもしてます。

言及してもらえるのは、願ってもないチャンス

わざわざへこむくらいならトラックバック先を見に行かない、という選択肢もあると思います。

事実、トラバ先とかブコメ一覧を開く瞬間はすごくどきどきします。叩かれてたらやだなぁって身構えたりします。


だというのに、なぜトラバやコメントを読むようにしているかというと、

なんつーかもう性格なんですが、個人的に「常に変わり続ける覚悟で生きてたい」みたいな思いがあって。

自分の中で考えをまとめて「これが答えだと思うよ!」と言おうとする一方、

「それがベストか?」と疑い続けるクセというか、否定しようとするスクラップビルドな気質があるんです。


でも自分の中で丁寧に積み重ねてきた「常識」みたいなやつを自分の手で覆すのは難しいです。

だから、トラバやコメントをもらえて、自分にはなかったような価値観の話を読めるというのは、

正直な話、ものすごいわくわくする出来事なんです。


いや、繰り返すけど否定されればへこみますよ。やっぱり今の自分や考えを否定されるのは辛い。「ムキー!」って思う。

しかも練りに練って書いたエントリーならまだしも、

「そういや昔こんなことがあって、あんときはへこんだなぁ」っていう思い出話(のつもりだった)で書いたことを言及されれば、

「いや、そうじゃなくて、なんつーか、あれは『論じてる』なんて代物じゃ全然なくて、」って言い訳したくもなる。

でもま、まな板に上がっちゃったものはしょうがないし、

それに、幸か不幸か70ものトラックバックをもらえたんだから、この機会は大事にしたいなって思うじゃないですか。


つーか、なかなかないと思うんです。トラバを70もらうなんて。70っすよ? 70(笑)

で、それを全部じっくり読む人って、たぶん当事者だけだと思うんです。

だから、自分の考え方と向きあわせられながら、超真剣に読んで考えて消化させてもらってます。

とっても辛い作業だし、とっても楽しい作業なんですよ。これは。

褒め殺しでも、なれ合いでも、妙な下心もないけど、いいものはいいって思う。

ま、で、叩かれると辛いって書きましたが、500ブクマ超えたぐらいから意外と慣れるんです。

慣れるっていうか他人事みたくなる。感覚が麻痺するんだろうけど、罵倒コメントが挨拶文のように思えてくる。

で、いろんな人の文章を自分の感情に振り回されず、客観的に読めるようになるんです。


人の書いた文章を読んで「ああ、自分が言いたかったのはこれだなぁ」とか、

「そうか、こういう発展した考え方もあるのか」とか、

「いやー、そこまでは正直思ってないっすよw」とか、

「この人文章うまいなぁ」とか、

「あ、こっちの発想の方が、気楽に生きられるな」とか、

「なるほどな、ああやって書くと、こういうふうに受け取られるのか」とか。


で、なかには、これはすげぇなぁってエントリーがあったりするんですよ。

id:y_arimエントリーは、いっつも物事の核心や問題点を鋭く切り抜くなーって思います。この人のその過不足なくえぐり出す能力というか嗅覚は完全に自分より数段上で、まるでクッキーの生地から型抜きできれいな星形を抜きとるのを見ているような感じ。鮮やかだわーって思う。

id:Vr6ubqgエントリーは「これってこういうことじゃないかなぁ」と、オレがうんうん唸っても見つけられなかった言い回しを、これまたさらっと出してくる。この人のニュアンスをかぎ取る力というか、背景や意図を読み取って察する力はハンパねぇとずっと前から思ってる。

id:Rir61本目読んだときは「この無気力な時代に、なんというパワフル!」って思ったけど、2本目がとても良かった。この勢いが小気味いい。しかも絶対手間かかってるぞ、このエントリーw。つーか、どう考えてもこの人マッチョ側だろwwwwww


もうね、いろんな意見が読めて、楽しくてしかたない。

そして、両者の意見が出揃ったあたりから、お互いを俯瞰した内容が出てくるのが面白い。

増田さんはすごく柔らかい語り口で、両者を踏まえたうえでの「取捨選択」という見方を提示してくれたり、id:Southendエントリーは、要はバランスでどっちも大事なんじゃね?ってことで簡潔にまとめてあって、個人的にすごく納得した。

とか思ってたら、dankogaiいいエントリー上げてきてるーw うおー、めっちゃ推敲されてる! dankogaiの中でも焦点がはっきりしてきて1つの「形」に押し上げてきた感じがする。これさ、このエントリーさ、ここまで流れが続いて、いろんな意見が出てこなかったら出現しなかったべ。ぜってー。


他にもいろんな意見や考え方があって、中には「勇気」って単語にとらわれて違う論点になっているものもあったけど、

それはそれで自分の記事を一度忘れ、その人の前提条件をちゃんと踏まえて読めば「なるほどな」って内容だったりする。

あと、「自分もこういうことあったなー」って話しているものもあったけど、それはそれで面白く読めた。自分だったらどうするかなって考えてた。

それと「ナンパ是が非か論」にいかなくてよかったな、とも思ってた。

勇気と知恵はセットだと思う。

で、自分の書いた勇気の話については、もう多くの人が言われている通り、「それも必要だし、それだけでもダメだし」ってもんだと思ってます。

やみくもに突撃しても効果はないし、いったん諦めるのが正解なときもある。でも、逆に考えすぎててチャンスを逃してしまうときもある。

やっぱりバランスが大事で。


あとはタイミングだよなーと。

自分はバイオリズムというか「調子の波」みたいのを意識するタイプなんですが、

「要は…」のエントリーを読んで効果があるのって、底から上りかけた人だと思うんです。下の図で言うとAの人。

いろいろ考えて、考え抜いて、もうあとは動くしかないんじゃね? ってときの一押しにこそ効果がある話じゃないかと。

f:id:guri_2:20100103131821j:image


でもBの人にしてみれば「うるせえ」ってなると思う。「こっちだってがんばってんだ」って言われるはず。

Cの人にしてみれば傷口に塩を塗るようなもので、逆効果もいいところ。

だから、そういう人には何も言わずに黙って話を聞くとか、少しそっとしておくとか、

「いやー、できないもんは、できないだろ」、「やりたくないなって思うならやらないでいいんじゃん? 今やっても、きっと成果でないよ」

って、励ました方がよくないか?って話になると思う。前もちょっと書いたけど、状況によってアプローチは変えていく必要があるはずだからです。


と、自分自身でフォローしたかったこういうところまでもが、いろんな人が補足した言及をしてくれるので、

やっぱり不完全なままエントリーあげちゃっていいんだろなーって思ってしまう。自分のところで完結させる必要はないんだって。

手、抜きすぎでしょうか(笑)

いろんな読み手の「変化」を想像する

ちょっと話ずれますが、こういうことがあると、自分はこの一連の流れを追っかけてた人のことを想像します。

きっとみんな、いろんな人のエントリーを読みながら、自分なりの答えを出していっているんだろうなと。


「やっぱり、今の自分に必要なのは勇気だな」と思う人もいれば、

「勇気だけで物事をどうにかしようとするのは愚かな気がする」と思う人もいる。

「この人の考え方は好きだ。こっちは嫌いだ」とか、

「昔こんなこと考えてたな」とか、

「こんなの当たり前じゃね?世間では常識じゃないのか?」とか、

「なるほど、Web上で断言すると叩かれるんだな。やめておこう」とか、

「絵に絵で返すって、いいな」とか、

巨乳より貧乳だな」とか、

「黒のワンピにピンクのネクタイはやめよう!」とか、

読んだ人は何かを思って、なんらかの結論を出していっていると思うんです。


その内容や、何についての結論かなんてのは、この際どうでもよくて。

新しい発見があった人もいるし、ただの再確認だった人もいると思うけど、

年代も住んでる場所も違う人たちが、同じ問題を自分なりに考えて、自分なりの結論出して、

ちょっとクサい言い方になってしまうけど、この一連の流れの中で「今までとは少しだけ違う自分」になったと思うんですよ。


てことを想像するとさ、たまらなく楽しい気分になってくるんです。

すげーな、インターネットって。

これだよ、これが楽しいんだよ!って。

とか言うから

「こいつはポジティブ教だ」って言われるんだろうな(笑)

いやー、さぁ。それ言われるたびに「ポジティブ教じゃない状態ってどんな状態?」って思って、

ネガティブ教、になるのか? いまいちネガティブ教のイメージがわかないんだよなぁ」と思ったり、

あと、

 ・ポジティブ教=ノリとテンションでレッツゴー

 ・アンチポジティブ教=冷静と沈着の間で知略と戦略練りまくり

みたいなムードがあるけど、別に十分熟考して、そのうえでポジティブな人もいるだろうし、

ちゃんと整理して考えれば大したことないのに、感情だけヒステリックになっちゃってネガティブな人もいるし、

そもそも今回で言えば「勇気出す=何も考えてない=蛮勇」というロジックはちょっと強引じゃないかなぁ、

とか思ってたんだけど、

それこそ、ごちゃごちゃめんどくせぇから、オレ、ポジティブ教でいいやーって思った。あはははは。

いや、実際は結構否定的に物事考える方なので、全然ポジティブじゃないんですけどね。単にこだわりが少ないネアカなんだと思う。


トラバ読んで、いろいろ感じてて楽しくなってきたので書いてしまった。

自分が書いたこと、自分以外の方が書いたこと、一連の流れを追いかけて感じたこと、なんでもいいんですが、

読んだ人にとってプラスになる、そのきっかけの一部に自分もかかわれてたら、嬉しいなぁと思います。

以上を踏まえて、はてな

こういう一連の流れを追いかけて、意見の変遷や対立を樹形図のように自動的にまとめあげてくれる、

「自動まとめサイトジェネレーター」を作るべき! 後から読む人のためにも。

するともう「PHPくだらねぇ、やっぱりPerlだろ」っていう、さんざんやってきたお決まりの議論はなくなると思うよ!


ということで、トラバ先を読みに行く作業に戻ります。(すんません、実はまだ全部読み終わってないんすw)

わくわくさんわくわくさん 2008/03/18 23:43 否定されながらもワクワクするなんて凄すぎます!
強い敵に出会ったときの孫悟空みたいですね。
「オラ、ワクワクしてきたぞ」みたいな。

y_arimy_arim 2008/03/18 23:49 語り口の問題なんですよねたぶん。
太宰治という作家をご存知だと思いますが、彼はしばしば、読者に対して語りかけるような一人称文体を用います。
すると、読者のほうは自分だけが小説の語り手(私小説的な作品においては太宰本人)から語りかけられているような気分になるんですね。そして、まるで自分のことが書かれているかのような内容(これは語り口との相乗効果なのですが)とあいまって、他の多くの作家とは別な、特別な親近感、もしくは強烈な嫌悪感を抱くらしいです。
それと同じ感じで、guri_2さんのエントリは二人称の誰か、仮構された「きみ」に語りかけるような体裁というか雰囲気なんですね。それが実際の内容に関わらず、自分に対してのメッセージだと錯覚した多くのひとの、強い共感もしくは強い反発を生んでいるのではないかと思います。まあぼくは後者ですけれども。
それが、guri_2さんの記事がこんなにも注目される理由なのではないか、と思いました。

あと、どうせならぼくの絵も褒めてください。

y_arimy_arim 2008/03/19 01:55 と、追記。
ぼくのことを褒めてくださるのは嬉しいのですが、ぼくやid:Rir6君、その他かのエントリを批判するひとたちに対する再反論といいますか、批判内容そのものへの見解というものは期待してもよろしいのでしょうか?
それがなく、単に「この意見は鋭い」などの見解を述べただけで終わってしまった場合、id:fromdusktildawnのような相対主義厨へと堕してしまうことになるかもしれませんよ。それが一番よくないです。

増田増田 2008/03/19 03:30 増田です。ガクブルしながら書いた匿名エントリを拾ってくれてありがとう。
ただ、若さいっぱいな疾走感でまとめておしまいってのは、若い世代にしか共感してもらえないのではないかな。
二項対立の構造そのものをえぐり出すとか、そういう見方も面白いかなぁ、と。俺は無理なので、誰かに期待。
でもこれはguri_2さんしか出来ないまとめ方だし、「今までとは少しだけ違う自分」はとても歓迎すべき事だと思います。

tamaotamao 2008/03/19 11:56 y_arimさんのご指摘通り、guri_2さんのエントリは
私を含め、とあるタイプの人間に対しては、強烈な嫌悪感を持たせるエントリであると思います。

感情的なレスポンスに対して、
>それこそ、ごちゃごちゃめんどくせぇから、オレ、ポジティブ教でいいやーって思った。あはははは。
この反応はどうかと思います。(おそらく、あえて書かれたのだと思いますが)

うまく言えないのですが、
「ホントごちゃごちゃうるせえなあ、ネガティブなヤツはよ〜」という
切り捨て感をすごく感じました。

「プラスになる」だとか「言及してもらえるのは、願ってもないチャンス」とか
言っておきながら、謙虚な感じや感謝は一切感じられません。

「偉い」のでは無く「偉そう」な感じをすごく受けるのです。

あと、人間は感情的な生き物なので、
「感情だけで…」とか意味無いですよ。
自分で煽ってる訳ですし。

ほんとに・・・ほんとに・・・ 2008/03/19 12:52 ごちゃごちゃうるさい・・・
どこまでネガティブなのこの連中は・・・

もう相手する必要もないと思います
何を言ってもいちゃもんつけるでしょ。こういう連中は

waxwax 2008/03/19 15:25 考えて、考えて、考えすぎて、何を考えてたのか忘れる。
ヤバイよくわかりますw自分のは単に阿呆かもしれないですけどw
今更言うことでもないと思うけど、全部の人から支持を受けるのは無理なんですから、
否定派意見も取捨選択でいいと思いますよ。
自分だって、基本このエントリは好きで読んでるけど、たまにムカつくことだってありますし。
「自分の意見を軽く扱わないでください!!」なんて言われても、「そんなの、俺の勝手だし。」でw
なんか、何言いたいのかよくわからないけど、単純にguriさん支援ですw

齋藤齋藤 2008/03/19 17:14 「年代も住んでる場所も違う人たちが、同じ問題を自分なりに考えて、自分なりの結論出して...すげーな、インターネットって」に共感しました。
 理屈をこねて、言い訳ばじかりして、ちょっとした勇気がないだけじゃん。...というのはその通りかもしれない。どうしても嫌だったり、怖かったり、傷つきたくなかったりして、何かのせいにして、他人のせいにして、逃げてるだけなのかもしれない。自分の能力の低さに自信を喪失しちゃってるからかもしれないし、生活の苦労に追われて気力が残ってないからかもしれない。しかし逆に、勇気ってのは自分一人で発電して頑張れないと「言い訳するな」と怒られなければならないのか?何かにもらう勇気で頑張れる人だっている訳だし、仮に勇気が出せないでいる人が、自分の親しい人なら、その人の「自信」みたいなものを持ち上げてあげられる言葉を探してあげたいと思います。これが「自分なりの結論」ですね。

わくわく 2008/03/19 22:19 guriさんのエントリ、「1ヶ月間だけ、思い切りがんばれば。」より
「 ネガティブなことを言う人に近づかない。いつか強くなれたときに相談にのってあげよう。」
これまでのエントリからすると、批判的なことを言う人はたとえ建設的な意見を持っている人でもネガティブな人であるという考えを持っておられるみたいなので
批判的なことを言っている限りお近づきにはなれないのかも(あたりさわりのないコメントであしらわれてしまう)

rikoriko 2008/03/20 01:53 はじめまして、今回から読ませてもらいました

「言及してもらえるのは、願ってもないチャンス」
唸りました そんな風に考えればいいのかと目から鱗です
成長するためのきっかけと言う事ですね

なにか言われるとすぐへこむ私には、為になる言葉かな 
ちょっとがんばれそうです

okome_chanokome_chan 2008/03/20 12:54 どうしても一点、気になったことがありましたのでコメントいたします。
この件に関して、何人かの方(主なところではロリコンファルのid:kagamiさん)が
「個人ではどうにもならない社会全体の問題まで個人の責任に帰結させてしまうのは危険である」ことを
指摘されています。
「恋愛」は確かに外見の改造等「個人の」努力でなんとかなる場合が多いと思うのですが
こと労働問題に関しては社会全体で努力していかないとどうにもならないものが多いように思います。
この指摘についてどうお考えでしょうか?考えをお聞かせください。

要旨について要旨について 2008/03/20 17:12 穴の多いエントリー文の方がトラバやコメントを稼げるぜ!
・・・と云う解釈は穿ち過ぎでしょうか。

でもまあ木炭に濾過作用や脱臭効果があるのも小さい孔が沢山開いてるからですもんね。
マカロニや凍み豆腐の美味しさも穴の効果ですし。ビバ穴。

guri_2guri_2 2008/03/20 19:37 >y_arim
再反論、見解は(あると)期待してもらってもかまわないですが、すぐには出ないです。
もともとそんなに反射的に意見を考えられるタイプじゃないので、
現時点では「なるほど、そういう考えもあるな」ぐらいしか言えないからです。
今回の件ではいろんな考え方をインプットすることができたので、毎日暮らしながらときどき考えて、整理して、
納得したことや思ったことがあれば、そのうちまた、書くと思います。
これからも激しいDisをよろしく。

guri_2guri_2 2008/03/20 20:11 >tamao
切り捨て感を感じたとのことですが、そんなつもりはないです。
切り捨てないですよ。切り捨てるわけないじゃないですか。
もちろん「でも切り捨てられているように感じた。お前の言い方が悪い」というのであれば、
「すいません…」と言うしかないんですが…。

「こうしたほうがいいんじゃない?」とアイデアを出せば、偉そうだといわれ、
「今のままでも十分がんばってると思うから、そんなに否定しなくてもいいと思う」と書けば、宗教くさいといわれ、
うっかり「心に響く名台詞っぽいセリフ」を書いてしまえば、Web色紙といわれ、相田みつをっぽいと言われ、
自分ではぜんぜんポジティブだなんて思ってなくてもポジティブ教だとレッテルを貼られ、
教祖になれるんじゃん?w、こうやって騙して本を出版して儲けるつもりだろ、死ね、殺す、包丁で切り裂きたい、と言われ、
自分のエントリーを肯定的にとらえてくれて「なんかスッキリしました」とコメントを書いた人が
違う人から「こんなコメントするやつらはキモイ」と叩かれるのを何度も見て、
だけど、しんどそうな話や困っている話を読んでしまうから、
どうにかして楽になってほしいと思って、自分が役立てないかと、手を変え品を変えやっている最中です。
だけどそれは「おせっかいだ」思われてしまうことだから、
そう感じさせない工夫はないものかと頭をひねって試行錯誤している最中です。
だって切り捨てたくないじゃないですか。
切り捨てたくないって思ってしまうのはtamaoさんも同じだ思うから、わかってもらえると思うんですが…。

だから、ポジティブ教って言われるのは嫌でした。
そんなタグをつけて思考停止しないで欲しかった。
自分の言うこと、やること、なんも見てないじゃないかって言いたかった。

でも、「ポジティブ教だ」と言われることをやめてもらおうと弁明しようと考えるのは無駄だと考えるようになったんです。
一見相手のことを考えているようで、単に自分が誤解されるのを恐れているだけだと思ったからです。
ポジティブじゃない自分がバレて「こいついっつも前向きなこと言ってるけど、本当は違うじゃん」って言われたり、
「うわー、こいつ自分のことポジティブだって自分で言っちゃったよー」って言われるのが嫌だったけど、
きっとそれは小さなことだと思ったからです。
そんな自分の保身を「ごちゃごちゃ考えても」前に進んでないなと、今回思ったからです。

偉そう、謙虚な感じがしない、という意見にはとても悩んでいます。
なるべく断言しない言い回しを多用したら、「なぜ言い切らないでバランスをとろうとするんだ」と言われてしまって。
丁寧に書こうとすれば「なんか無理している。もっと本音で書けばいいのに」と言われてしまって。
どうしたらいいか考えあぐねているところです。

ただ、失敗を重ねながらも、ちょっとずつですが感覚がつかめてきていると思うので、
少し長い目で見てもらえないでしょうか?
あと、「もっとここをこうしたほうがいい」「こうなるべきだ」みたいなものがあれば、
感覚もつかみやすくなるので、付け加えてもらえると嬉しいです。

guri_2guri_2 2008/03/20 20:30 >okome_chan
いわゆるワーキングプアとか、そういう意味の労働問題ですよね?
それは社会全体で解決すべきことだと思います。かかわる人が多いですし。
ただ、
「社会全体で解決することだから、個人ではどうしようもない」とか
「社会で解決する問題なんだから、偉い人たちや他の人たちがどうにかするのを待つしかない」といった
他人任せな発想はやめたいなと思ってます。
ユニオンを結成したり参加したり、自らが政治家になって変えようと努力したり
社員にとって優しい会社を興したり、小さい範囲で言えば、今の職場の勤務環境がよくなるように周りに働きかけたり、
自分の手元にある選択肢を考えてみませんか?と思います。
もちろん、やれることやれないこと、やっても効果が見込めないことなどあるので、
そこはコストとリターンを考えながら取捨選択する必要があると思います。

いずれにしても一人の力で社会を変えるのは無理に近いことなので、
多くの人たちと協力しながら、労働環境が改善する流れを作っていくしかないんでは、と思ってます。
「社会全体で解決する」ということは「たくさんの人の手によって解決する」ということで、
その「たくさんの人」に自分の力を上乗せしてあげてもいいんじゃないでしょうか。
その分、解決までの時間が早くなると思うからです。

そういう意味では「個人でもやれることはある」という意味で、個人に帰結してしまう面はあるかもしれません。
でも、そこに「責任」まではないと思います。
やれそうならやればいいし、できなければ、それはできないんだからやれないです。
また、やりたくないならやらなきゃいい。事情は人それぞれだと思うからです。

tamaotamao 2008/03/21 12:34 guri_2さん

レスありがとうございました。
guri_2さんの考えておられることが、以前より解ったと思います。
「切り捨てない」と考えておられること、よく解りました。
それが前提にあれば、もっと違った読み方になったのかなと思いました。
失礼しました。

文字だけのやり取りになるので、
実際に考えているところを伝えるのは難しいと思います。

とり急ぎ、お礼を言いに来ました。
ありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証