Hatena::ブログ(Diary)

Attribute=51 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-13

ポニョ見て泣いた。これは宮崎駿が見てきた夢じゃないか。

深夜の六本木に「崖の上のポニョ」を見に行った。久しぶりに映画見て大号泣した。

やー、もっと「おもしろい」「つまらない」のあたりで悩む映画かと思ってたし、

前半はケタケタ笑ってたんだけど、まさか最後に泣くとは思わなんだ。


ということで自分なりの感想。

もちろん、オレが「感じたいように感じた」話なので、あしからず。

あと、ネタバレ含みまくりです。

f:id:guri_2:20080813163414j:image

5歳の頃、見ていた風景

映画を見始めるとすぐ、幼い頃に見ていたものがやたら出てくることに気づきます。

それが日常的なものと、頭の中で思い描いていたものがごっちゃになって出てくるから、

小さい頃の自分をリアルに思い出せる気がしてくる。

あー、いろんなものに憧れたり、何気ない毎日が好きだったりしたなーと。


海に舟のおもちゃを浮かべること。

助手席に乗って送り迎えしてもらうこと。

車の窓から見える流れる景色。

丘に上がる船の迫力。

自分しか通れない抜け道。

お母さんと行くスーパーへの買い物。


おばあちゃんに自分の宝物のカブトムシを見せたら、驚き、喜んでくれると思ったのに、

「気持ち悪い!」って言われちゃったこともあったなあ。

まさにポニョを見せるシーンのように。

5歳の頃、夢見ていたもの

「憧れ」「好きなもの」「お気に入り」って意味では、

モールス信号を使えるようになりたいとか、

お気に入りの帽子をかぶって、船長になりきったりとか、

大雨の中、車でぶっちぎってみたかったり、

当然、間一髪で波をすり抜けるし、

自分だけの舟を浮かべて運転したり、

ずっとずっと昔の、化石みたいな魚をカッコイイと思ったり、

その暗号みたいな魚の名前が言えちゃうとか、

当時の息づかいを残したまま海に沈んだ街とか、

ジャングルを舟で進むとか、

女の子に「今、(男のオレは)忙しいから」とカッコつけたいとか、

そして、1人の女の子を守ってみたいとか。

お母さんが大好きだとか。


「あーあー、そんなこと思ってたなぁ」と懐かしく思いながら見てました。

だってほら、物語中盤で街の人達が乗った船からエールを送られるシーン。

あれなんか、まさに「男の子の夢」だよなぁーと。

ケアセンターへ人を助けに行くという冒険・使命を応援されるわけで、

一人前として扱われたい、それ以上に頼れる戦力として期待されたい、というさ。


でも、ひとつだけ引っかかって。

今の子どもって「船長」には憧れない気がするんですよ。

するとこれって、船とか飛行機とか、でっかい鉄の塊系が大好きな、

宮崎駿子どもの頃の夢なんじゃないかなぁと。

未知のものを「そういうものだ」と受け入れてた頃

おもしろいなーって思ったのは、

宗介にとっては「大きな魚の群れ」に見えている嵐の海も、

リサ(宗介の母)にとっては「しつこい波ね!」でしかないこと。

そうそう、子どものときって、見間違いでもそう見えてしまうと、

「ああ、大嵐って大きな魚が群れで来ることなんだ」って思い込んだりするんだよなーって。


全然関係ないけど、自分は小さい頃、「ガソリン=海の水」だと思い込んでた(笑)


でも、「そういうものなんだ」と素直に受け入れることが子どもの頃って多いし、

この映画もまた、そういう映画なんだと思う。

大嵐の翌日、水面が床上浸水ギリギリだったのも理由なんてなくて、

「たまたまそういうことだった」ってだけのことで。

いつの頃からか自分らは、いろんなものに意味とか理由を必要とするようになっちゃったけどね。


子どもの頃、雲とか波の上を走るってのもできそうだと思ってた。

あれはポニョだからできるわけじゃなくて、「子どもの頭の中ではできてたこと」なんだと思う。

小さい頃って、この世界のルールがわからないから、

ちょっとだけの知識で「これもできるんじゃないか」って漠然と思ってて、

そんな子どもの空想を、アニメーションできっちり表現してくれた映画だった気がする。

宗介が今を生きる5歳児になるとき

終盤、ポニョの魔法がとけて舟が小さくなったとき、

同時に、宗介の(あこがれの象徴だった)帽子が小さくなり忘れられたとき、

物語は宗介が大人へと成長する話に変わっていきます。


そして今まで「5歳児・宮崎駿の思い出」を体現していただった宗介が、

「今この時代を生きる5歳児」の体現へと役割を変えていったのもこのあたりかなと。

楽しげな夢の世界から一転、

やたらリアリティのある暗いトンネルが現れ、先に進むことを強要するのは、

5歳の宮崎駿に対してではなく、今の子ども達にだと思うからです。


その後、宮崎駿の思いを体現する役割はフジモトが近いのかなー。

でもそれは5歳児じゃなくて70歳近い宮崎駿の思いであって。

老婆達が走るシーンがあるじゃないですか。

あれはもう、宮崎駿の母親に対する願いだったんじゃないかなと。

元気でいてほしい、できることなら自由に走らせてあげたかったという。

おわかれ

物語の終わりの頃、ポニョママが宗介に、

「この子が元々おかしな姿だったと知りながら、一緒に生きていけますか?」と尋ねるシーンがあります。

この約束は、ものすごく説明口調で、だけど簡潔な言い回しがゆえに、この映画の中でもっともリアルで、

これから先、自分とは生い立ちが違う人とも一緒に歩いていって欲しいという、

映画の世界だけでなく見ている観客にも向けたセリフだなーと思った。


このシーンの頃から、「老人・宮崎駿」の夢というか、思いのようなものががにじみ出てくるような感じがしてた。

最後、フジモトは宗介にポニョを託します。

フジモトがなんと言ったか、ちゃんとは覚えていないんだけど、

宗介に謝った上で、「こんなポニョだけど、これからも仲良くしていって欲しい」と伝えてたと思います。

そしておそらく、フジモトは二度と宗介やポニョには会わないはずです。


このセリフが、自分よりも先に行ってしまう宮崎駿からの、

「今の大人達が変にしてしまった世界で、それを託すのは申し訳ないけれど、

 君たちで仲良くこれからの世界を生きていって欲しい」という、

お別れの言葉な気がしちゃってさ。


お別れの言葉は、涙が出るんだな。

人と会えなくなるのはさみしくて。

泣いた理由はもう、ホントそんなもんなんだけど、

なんつーか、別れが近くて、しかもハッキリお別れを言われるのって悲しいな。



宮崎駿は、小さい頃、こんなことに憧れてて、

こんな風景が好きで、

お母さんが好きで、

それは年取っても変わらなくて、

そして、今の子ども達には、問題を抱えながらも仲良く一緒に生きて欲しいと願ってて、

そして、彼の中では完全に若い世代に「託した」んだろうなぁ、と。


そんなことを映画を見ながら思ってた。

この映画は宮崎駿が「小さい頃から今まで生きた中で見てきた夢」なんだと思う。

そして、これからの生きる世代には、

キャッチコピーでもある「生まれてきてよかった。」という思いを、

半径3メートル以内の人達に分けて欲しいという願いが込められているんだと思う。

はむはむ 2008/08/14 03:27 はじめまして。お別れというのはさびしい気持ちになりますね。でも、「もう逢えないことよりも、出逢えたことが嬉しい」というような言葉を、WILDARMS(2)というゲームで言っていました。まだ映画を観ていないのでちょっとズレたコメントでしたらすみません。迷っていましたが、ポニョを観に行きたくなりました。

通りすがり通りすがり 2008/08/14 14:40 あちこちで賛否両論…、てゆーか、どちらかというと「分からない」という感想を書いてられる方が多いようですが、賞賛するにしても、批判するにしても何か余計なことに気を回し過ぎみたいな気がして、どれもこれもつまんね〜って思ってたんですよね。ポニョというより外野のあれやこれやが。そんなとき、guri_2さんの感想を読んで、思わず「そ〜、それそれ」って思ったもので(笑)、ついつい書き込みしてしまいました。いい気分にさせてくれてどうもありがとう。

通りすがり2通りすがり2 2008/08/15 03:18 あれが面白いと感じられるってどういう感覚なんだろう。
リクツではなく心で感じろ?いやいや、心がつまらないと感じるんだからしょうがないや。
結局どいつもこいつも「宮崎さん」を語るんだよね。
予備知識ゼロの外国人にみせてみなよ。機知外アニメっていわれて終わりだよ。

liezliez 2008/08/15 08:33 ポニョには宮崎さんの希望と絶望が直接的に出てきましたね。
母子二人でも地域の人達と繋がっている家庭の姿は彼が保育園を始めたことにつながっていますし、すべてが海の底に沈み、原初の戻った風景は彼が常々言っている「東京がすべて海に飲み込まれれば清々する」というのを思い起こさせます。父親が遭遇するボダラク渡海(日本に終末的風景が広がっていた時の宗教。希望ある集団自決)のような風景(ポニョ母を菩薩といっていますし)は彼の現代観でしょうしポンポン船での旅の途中で出会う親子が地域社会に組み込まれていく姿(すべてが助け合いからまた再構成されていくという希望)は危機的状況の中での理想です。そしてポニョ父が悲観的に考えすべてをなんとかしようと極論的に考えている中で皆が自分の心で動き置いて行かれる姿は、彼がモモノケまでで「語るべきこと」を語った後、結局メタな「愛」について語るしか無い(それは映画(物語)としての落としどころがないからモモノケ以降駄作感を醸成してしまったようにおもう)中で抱いていた「極論を言ってしまいたい彼自身」を自嘲を込めて描いたものでしょう。そしてそれは自身が決定的に今を生き何かを語る存在ではなくなってきたということの表明でもあり(それは自身の中の他者の言葉の喪失ですから。生きる対象のいなくなった「私」に生きた言葉を吐くことはできない)、映画が箱庭世界であったことも自身の才能(想像世界の広さ)の枯渇を受け入れ、できることを自分の中に生きるほんとうに身近な誰かの為と限定したということなのでしょう。

ほんとうに、さよならなのでしょうね。


>>通りすがり2さん
普通に見れば、いい映画ですよ。ポニョが人間として宗佑のもとに現れた時、名前をよんでもらえるかどうかを緊張して待ってる姿なんかものすごく可愛かった。
心で見れるのは子供だけですから無理としても、フィルターをできるだけはずして映画に集中すれば、自分の生きてきた感覚とリンクして違った風景が現れると思いますよ。
アニメーションは記憶の芸術で、彼はその表現に秀でた監督ですから。
また観る機会があったら孤独の中で自身の原風景との繋いだ中で観てみてください。「宮崎さん」に縛られていたらもったいないですよ

失礼します失礼します 2008/08/15 09:47 今回のジブリの作品の評論の中で一番素直でこの映画を良く表している映画論だとおもいます、宮崎監督とゆうフィルターをとおしてでしかものを見ない言えない人が
多すぎる気がします
コメントで年を取ると人は退行していく宮崎駿の精神年齢は六歳くらいと言う言葉をみました、
確かに監督の年々現れてくる精神の劣化とでも言うような現象が起こっている感じは否めないにしても、
年を取ったせいでとあきらめずに年を取ったからこそみえることを描いていこうと言う彼の決意を感じました、
ピカソも死ぬ間際にやっと子供の絵が描けるようになったのにと言っていますし
私は遺書と言うより明日へ向かう宮崎監督の死ぬまで作品を描いてく勇気だとおもいました、これで終わりとは感じません

77 2008/08/16 01:24 宮崎が5歳のころに見ていたのは戦後の風景だぞ。
そんなステキな景色があるわけ無いだろ、あったとしても、隣で飢えに苦しむような奴らがわんさかいて、自分だけ恵まれていた、そんなんだぞ。
自分の感じた感情を作品に押し付けるなよ。

す 2008/08/16 22:44 小さい頃妹ができた時の気持ちに似ているような気がしました。
母親に対する気持ちも。
子犬を買ってもらった時にも近いかな。
小学生の低学年の頃かな?
ほんのわずかでもそんな優しい気持ちを思い出せた事に幸せを感じる。
今の子供にもこういう気持ちを大事にしてもらいたい。
そうすれば生死観について大事な一線を超えるような考えなんておこらないと思う。

ミケミケ 2008/08/18 22:21 自分の感じたものと皆さんの感じ方がなにか今ひとつ違うのでいろいろみてまわってましたが、guri_2さんのすごいステキな感想を見、うらやましく思いました。
個人的にはいろいろあるのですが(あの状況では家に帰らないだろうとか愛犬がいるとかを家に帰る理由にすればもっとよくなるのにとか他しょうもないこと)、もっと素直な子供の気持ちで楽しめばいいんですよね(どうも大人とゆうか保育者なもので、つい)。
いろいろ調べて?るうちにこの作品は宮崎さんなんだと、これでいいんだと納得しました。監督の信念?(人を楽しませることが自分の存在意義みたいなことをいわれてました)からすれば次回作もあるだろうし、楽しみに待ちたいと思います。

ngsatngsat 2008/08/19 07:59 リサの運転が荒いのは何故なんだろうとずっと疑問だったのですが、子供の視点から見た表現だったんですね。

sinsin 2008/08/20 12:35 このポニョ評見て泣いた。

hnigkythnigkyt 2008/08/29 14:57 ★山本モナはめ撮り映像流出!!【DVD動画】

不倫騒動で活動自粛となった山本モナ。
五反田ラブホテルはめ撮り映像がDVDとして裏流通している。



http://monafliday.blogspot.com/2008/08/dvd.html



相手の男性がモナの名前を呼んでいる、顔の輪郭・スタイルなどのことから本人と思われる。


http://monafliday.blogspot.com/2008/08/dvd.html



復帰説が延期にならなければ良いが・・

ぼにょぼにょ 2008/09/02 17:11 とてもいい感想をありがとう。ポニョみて涙して、感想読んでまた涙でした。
なんか好きじゃないっていう人は仕方ないけど、筋が通らないとか批評する人たちの感想見て
とても残念でした。
世の中批評家ばかりになってきてるようで、どうせ批評をするなら政治とか社会問題に
力注いでほしいなと最近のネットみてておもう。
ベネチア映画祭で評価されたそうで、素直に作品を受け止める人が多いことに嬉しくなりました。

mayumayu 2008/09/07 03:22 子供とこの映画をみてきました。正直なところ起承転結のないストーリーだと思いました。先日のNHKの特番でポニョ製作の舞台裏を知りましたが、ストーリーが決まらないまま製作に入ったとのことで、思いついたことを少しずつ描画していく姿が描かれていました。正直な感想としては「これではよくわからない映画になっても仕方ない・・・」と思いました。どうしてこうなってしまったんでしょうね。「天空の城ラピュタ」や「ルパン三世」他ストーリーの展開がすばらしいものが過去にあっただけに、(どうしてしまったんだろう・・)とあっけにとられてしまいました。私なりに解釈してみることにしました。この映画は何をいいたいのだろうかなと。私なりの見解では、宮崎駿の心はもう昇天を考え始めている。特番の中でも、夕日を眺めながら「死んでしまったらこういう景色もみられないな・・」というような言葉がありました。人は人生の終盤に近づくと、走馬灯のように子供の頃から見てきた景色が見えたり、原風景を懐かしんだりするような話をよく聞きます。ぽにょの映画にその景色が随所に登場していたような気がします。古めかしいファッションの赤ちゃん連れの母子や老人施設にいた頑固な老人は「死んだおふくろに似てる」と本人も涙していましたが、お母さんを登場させているんですよね。数十年病床にいて亡くなったとのことでした。施設の老女たちが走れるようになるシーンはそんな母を健康な姿で映像の中でよみがえらせたのではないでしょうか。また、海の中を古代魚が泳いでいましたが、これは何?と思いませんでしたか?よくわかりませんが・・人の一生は古代からの永年の営みにはかなわなず、宮崎駿の魂がぽにょの母が言う「人はもともと泡から生まれた」原点に戻っていこうとしているんではないかと思いました。(生命のはじまりはプランクトンとかいいますが・・泡が先でしょうか)偉大な仕事をしてきた宮崎駿はもうそろそろ「静かになりたい」という思いなのかもしれません。コンプレックスのかたまりだった人生からもうすぐ開放されようとする・・時が近づいてきているのかもしれません。
ランクづけできない映画ですが、「宝石」のような輝きをはなっていました。

こうちゃんこうちゃん 2008/09/17 17:07 すばらしい感想ですね。私も、ポニョを見てる間何度も涙が溢れてきました。映画を見終わった後も、しばらく頭の中はポニョのことでいっぱい。そして一週間後またポニョを見に劇場に向かってました(笑) 私は熱心な宮崎駿ファンでは決してありませんが、ポニョはアニメや映画という枠をも超えて、人類の表現の歴史に残る作品だと思いました。これほど素晴らしい作品を、今この時代、この時に体験できた事。それだけで自分はなんて幸せなんだろうと思えます。 「ポニョがつまらない、理解できない」と言う意見がネットで多い事には、正直おどろいたというか、何か恐怖感さえ感じました。

さちさち 2008/09/19 17:43 批判の為の批判的な評がネット上で多い中、ほんとうにすばらしい評だと思いました。

実は私も「夢」なんじゃないかと思っています。

主人公 宗介が、夜店で金魚すくいをしたときに、となりに居た少女と、綺麗な金魚が思いに残っていて、その夜見た「夢」なんじゃないかと(笑)

実は私、子供を口実に2回観ました。で、おなじところでウルウルしました。

所ジョージがなんかのインタビューで「自分が汚れているなと思い知らされる映画」といった意味のことを言っていたのを思い出しました。

この映画、その評はそのまま「あなた」を現してしまうのではと、、、そんな気がしてなりません。

ロウソクで動くポンポン船。昔あそんだっけな〜

たもたも 2008/10/04 07:11 他の評をみても、なんか違うなーと思っていて。
ようやく自分の持った感情とシンクロするものと出会えました。
監督の願いはどうなんでしょう、叶うかなぁ。

poyozopoyozo 2008/10/11 22:56 映画でこんな感動したの久し振りです。この映画を作成したすべての人に感謝!

なまえなまえ 2008/10/16 12:35 "ポニョ" "宮崎駿の見た夢" でググッてここに来ました。
そんな感じしますよね。

KarinKarin 2008/11/15 12:32 映画は、ポニョを、 観ていないから残念 DVD出たらみよう

fumifumi 2009/08/11 12:09 ポニョの感想を検索していて貴ブログを読まさせていただきました。
私も鑑賞後、涙腺が緩みっぱなしでした。

見終わったばかりの後は、その映画について語るのもヤボったいかなと思いましたが、…
言葉にならないような「歓喜」をもたらすこの映像の正体はなんだろうと、たまに思います。

画家マチスの描くようなピチピチしたモチーフを連想させます。

なぜたくさんある映画のなかにあって、これらの映像の幾断片がここまで「粘る」のか。

そのヒントの一片を貴ブログで見つけることが出来ました。
ありがとうございます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20080813/1218613327