Hatena::ブログ(Diary)

Attribute=51 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-21

今の小学校では調べ物学習をさせられない

f:id:guri_2:20081021082041j:image


ちょっと前に小学校時代の同窓会がありまして。

小学校5、6年のときの恩師と再会し、「今の小学校ってどうなんですか?」と聞いたのです。

ところが、聞かされた今の6年生の話がショッキングだったというか、残念な気持ちになったというか。

と同時に、自分たちは恵まれてたんだなーと思ったのです。

子ども達の本質が変わった

「表面上は違うかもしれないけど、子どもというのはいつの時代も本質的には同じでは」なんて、

個人的には漠然と思っていたのですよ。

なんだかんだ言って素直だったり、未知のモノに好奇心を示したり、大人に甘えたり、そういう部分は変わらないと。

しかし、自分らが小学生の頃と比べると「本質的に違うと言わざるを得ない」と先生は言います。


一番にあるのが、とにかくとにかくとにかく、疲れている。

口癖は「疲れたー」「めんどくさい」「やりたくない」「まだ教わってない」。

朝のチャイムが鳴って教室に入らない子は昔からいたけど、今は廊下に「へたりこんでいる」。

人気の授業は図工と音楽。理由は「寝れるから」。

学級崩壊とも違ってて、とにかく無気力・無関心な雰囲気が漂っている。


学校の先生は授業を進めるにあたって、単に物事を教えるだけでなく、

授業に集中してもらえるように、やる気を高める工夫も仕事の1つだと思います。

しかし、話を聞いていると、子ども達に最初からセットされている「やる気メーター」が、

信じられないくらい低い数値からスタートしている印象。

その状況で授業をするのは、かなり厳しいなあというのが率直な感想。


「そうなってしまう理由は?」と聞くと、先生は1つじゃなくて、いくつもの原因があるようですね」と言います。

そもそも習い事が多すぎて疲弊してたり、食事の栄養バランスがよくなかったり、

テレビやゲームの影響、興味をひくエンターテイメントが多すぎる、夜遅くまで起きている、

複雑な家庭環境の子、教育に興味のない親が増えているなどなど。


あと、自分の事情を優先させる子が本当に増えたと。

「一致団結」とか「クラス一丸となって」みたいのは、ちょっともう、ないらしい。

確かに、いっつもそれじゃうっとおしいけど、みんなでやるのだって楽しいと思うんだけどなぁ。

だいぶ前から調べ物学習をさせられなくなった

「調べ物学習」というのは、例えば社会の授業なんかで、

「この1時間は自由にあげるので、鎌倉時代について疑問に思うことを図書室や資料室で調べてきて」というものです。

班行動になることが多いんだけど、教科書とかから自分たちが疑問に思うことを見つけ、

(例えば、この時代の人は何を食べていたんだろうとか)自分たちで調べに行き、まとめ、発表したりします。


先生の目が届かないところで活動してもらうので、ある程度「良い子」がクラスにいる必要があるし、

もちろん自主性だったり、協調性だったり、物事に興味を持って取り組む力だったり、

自分たちで問題を決定して解決する力だったりが必要になるのですが、

これがだいぶ前からできなくなってしまったと。

できない理由は「目の届かないところに行かせる危険性」「調べ物学習をさせても成果が見込めない」なんかで、

平たく言ってしまうと、コストとリターンが見合わないから諦めざるをえないというそうで。


「そうですかー、できないんですか…」と自分が言い、

「そうなんですよ。できないんですよ」と先生が言い。

ちょっと残念というか、今の子達がもったいないなというか。


先生はそういった子ども達の自主性に任せる授業が本当にうまかったんですよ。

グループ学習であったり、児童が先生役をやって授業を進めたり、

当時の自分たちは「オレ達、大人顔負けの主体性でやってる!すげぇだろ!」って思うぐらい。

今だからわかるけど、実際は綿密な教師の指導計画の上で踊ってただけなんですけどね。

それでも、おかげでたくさん良い経験ができてたと思う。


その先生の真骨頂が発揮できないのは、やっぱりちょっと寂しいなと。

あれを味わえない今の子達はもったいないよと。

まぁ、そう思っても、単なる先輩の後輩に対する成功体験の押しつけなのかもしれないんですけどね。

低学年、中学年、高学年の積み重ねがあって小学生は完成する

先生の話を聞いてて、1つハッとしたことがあったんですが、

「6年生の時にあれだけ自由な授業ができたのは、

 君たちが低学年、中学年のときに良い先生に恵まれていたから」と言われたのです。


小学校時代を振り返ると「1年生のときの先生は好きだったな、3年生のときはちょっと嫌いだったな」

なんて感じで、「点」として認識している部分があったりすると思います。

でも、それは違うんだと。


「君たちの場合、

 低学年のときのA先生が、自ら悪役に徹して善悪をちゃんと教えたでしょ。

 中学年のときのB先生は、自由に発想する面白さを教えてきたはずです。

 そういう積み重ねがあったから、高学年でさらに挑戦することができたんですよ」

という、教師サイドの「線」というか、計画(策略?)を聞かされて、なんか妙に感心してしまった。


「そういう役割をちゃんと理解している先生が多かったり、

 また、そういう『6年間かけて育てる』ことを意識して教師を配置できる校長がいる学校は、

 いい学校になりますよね」と言ってました。

生涯現役のかっこよさ

とまあ、昔は良かった・今の子はどうしようもない、みたいな論調で書いてしまったんですが、

もちろん同じぐらい、今の子の良いところを先生があげられていたことは付け加えておきます。

長くなってしまったので、ちょっと割愛。


学校事情も全国一律ではないと思います。

地域によって、首都圏でも都心か郊外かによって、それこそ、同じ市内でも学校によって事情は違うので、

だから、「これが今の子達なんだ!」と言いたいわけではないです。

もちろん、先生の指導力が落ちた可能性も十分にありますし。



問題はいつの時代もあることで。

ただ、最後に先生は、

「いやー、それでもやり方を探っていくうちに解決策が見つかったりして。

 子ども達から反応が返ってきたりするんですよ。

 そういうのがあるからねぇ、やっぱり、教師は面白いですよ」

と言うのです。自分たちの頃とは違うアプローチで成果を試みている。

きっと自分が一番影響受けたのは、こういう試行錯誤精神だろうなーと、しみじみ思った。


年齢的には教頭だったり、校長だったりになってもいいはずなのに、

「やっぱり現場が好きですから」と言って最前線に立つ先生は、かっけーなあーと思ったのです。

でもって、この先生のかっこよさが今の子達に伝わってなさそうなのが、

どうにも、もったいないなーと思うわけなのです。

tttttt 2008/10/21 22:37 俺が中学生のころ、ある孤児院の院長(60過ぎのおじいさん)が
"昔の子供は目がキラキラしとった。あんたらみたいに眠そうな目はしとらんかった。"
と言ってたけど、俺に言わせると、今も昔も、子供はいつもおんなじ。
でも、子供を囲む環境はずいぶん変わった。
昔と変わったのは子供じゃない。
お・ま・え・ら・大人だよ。

なまえなまえ 2008/10/21 22:59 いや変わったのは環境って自分でいってるじゃねえか

Dr_CaligariDr_Caligari 2008/10/22 07:16 >お・ま・え・ら・大人だよ。
「お・れ・た・ち・大人だよ。」じゃないって事は、tttさんはピーターパンなんですね。

namaenamae 2008/10/22 08:38 tttさんの言いたいことは、
子どもたちが変わってしまったのは、大人たちの社会が変化したからだ!
ってことですかね。それなら概ね同意。

が、もし「今の子供も昔の子供も全く同じだよ、懐古厨プギャー」ってことなら、
このエントリーを読んでその感想しか持てないのは残念。

unkounko 2008/10/22 11:35 最近の若い物はって言うフレーズは3000年以上前からあったらしいし。
自分たちの価値観だけで物事や環境を差し計って、
変化している事を憂いても仕方ないんじゃないかな。

ただ、ここ50年くらいはとてつもないスピードで変化が起こっているのは認めるけど。

D++D++ 2008/10/22 12:55 興味を引く物が多すぎるってのは大人になった今でもすごく同意。
同時に飽きるのも早くならざるを得ない。選択するだけでも疲れちゃうし。

0110011001100110 2008/10/22 14:11 別エントリーでみつけた。面白いサイト。
http://swinglike.ojaru.jp/

すごく単純なサイトだけど独創性の固まり。

なまえなまえ 2008/10/22 16:21 教員免許持ってるんで,教育実習にいったんですけど。
1回の授業に対して,その何倍も時間かけて準備するんですよね。
自分が学生の頃,本当に当たり前に受けていた授業がこんなに大変だとは思わなかった。

ななっしーななっしー 2008/10/22 16:49 興味深く読ませてもらいました。
事態をどう総括するかは別としても、こういう現場の実感は大事な情報だと思います。


>今の子の良いところを先生があげられていたことは付け加えておきます。

ぜひここが知りたいです。

jaggingjagging 2008/10/22 22:17 やはり、子育てに時間をかけていない家庭が増えたのではと思う。
エピジェネティックとか言うように、
生まれてからも遺伝子にまで影響は受けるものだ。


方面にもよるが、この変化につきあっていかなければならない。
しかし、個人的には地域差(都道府県差?)の方が大きい気がする。

みかんみかん 2008/10/22 23:10 学校でいくら道徳とか教えても、
家庭で「自分さえ良ければいい」と教えているので、
自分のことしか考えない子どもが増えている。
とテレビでやっていました。

スーパーの駐車場で、買い物カートを車の横まで持って行き、
買ったものを車に積んだ後、そのまま車に乗って立ち去ろうとする母親。
小学生の子どもも一緒なのに。

リポーターが追いかけて「カートをカート置き場まで戻さないのですか!」
と問いかけても無視。
「子どもも見ているじゃないですか!」と言っても
逃げるように去っていった。

一人や二人ではない。
撮影の数時間の間に、何人もの人がカートを置き去りに・・・。
隣の車の陰に隠して放置する人も・・・。

普段のなにげない大人の行動が
「自分さえよければいいんだ」と子どもに植えつけています。


そういう大人を育てたのは、戦後の高度成長期の世代?
そのころから、時間の流れが急速に速くなり、
何かを忘れてしまった?


結婚するまで学校で勤めていましたが、
「うちの子の箸の持ち方、いつになったら直してくれるのですか?」
「最近は物騒になったから、うちの子の塾の行き帰り、先生が引率してくれますか?」

なんて電話がかかってきました。
事務だったので、私は取り次いだだけでしたが、
なんか悲しくなりました。

yoppiyoppi 2008/10/22 23:48 学校は勉強を教えるところ。
礼儀や道徳は親が教えるもの。
そう思ってた。
でも、いつから全部学校が教えなければいけないことになったんだろう・・・。
先生ってたいへんだな。

kinazokinazo 2008/10/23 12:21 >今の子の良いところを先生があげられていたことは付け加えておきます。

私もこれが知りたいです。
それが今の子どもたちを少しでも理解するきっかけになると思うので。

葱 2008/10/23 19:17 割愛されてしまった「今の子の良いところ」、
自分も知りたいです。

147147 2008/10/23 20:59 たまにはエロいの書いてください

たまたま 2008/10/26 19:24 この間、ちょっとボランティアで昔ながらの遊び(というかオモチャの作り方)を教える、という小学校のイベントに参加してきたのですが…
そこの小学校(比較的都市部の下町)の子たちは、全然我々が子供の頃と変わってませんでした。
まず、全然疲れてない。初っぱなからフルスロットル。
耳が痛くなるほど騒々しい(話を聞かないのではなく、説明の確認やうまくできたことの自慢、勝手に改造して「こうやったらもっとかっこいい!」とか言い出すなどポジティブなうるささ)。
それだけ騒ぎっぱなしなのに、最後まで疲れないw(作業が難しくて頭が疲れてきてしまう子はいましたが、出来上がると復活)
最初は(特に高学年男子は)「ツマンネ」とか言ってるんだけど、作業を進めていくうちにどんどん目の色が変わってくる。
女の子たちは我々ボランティアになついて終わっても居残ってもっと教えてくれとねだってきたり、肩を揉んでくれてお礼を言われると得意満面になっていたり。
「良く飛ぶ紙飛行機の作り方」なんぞを教えると、どういう飛ばし方をするとより飛距離が出るかなどを自分たちで試行錯誤し始めたりも。
男女問わず、不器用な子や年下の子の世話を焼く子も多かったですね。

それで案外子供は変わってないなと思ったのですが、この小学校の隣の校区の小学校に行った別のボランティアさんによると、そちらは「大人しく説明を聞くが、勝手に改造してみたり、もっとやりたいと食いついてきたりすることもなかった」そうです。
全くの部外者として関わっただけなのでどうしてそういう違いが出たのかはわからないのですが…。
やはり世代差というより地域差が圧倒的に大きい気がします。

yuyu 2010/04/17 16:45 子供は何も悪くないでしょうね
先生や親が理由も聞かずガミガミ怒鳴りすぎなんです
先生や親が子供を信用しなさすぎなんです
そりゃ子供もやる気をなくします
生徒一人一人をちゃんと見てくれる先生が本当に少ないです
先生や親は自分の都合を子供に押しつけてるように思えます
確かにこの世の中不安だらけで過保護になるけど
そしたら将来子供は自分で何も出来なくなる
楽しいことも見つけられなくなる
自分で自分の身を守ることも出来なくなる
自分達で調べものをさせたいなら、そこに先生がついてればいいじゃないですか
何が何でも生徒を見守る
そういう先生が必要なんだと思います

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20081021/1224570823