Hatena::ブログ(Diary)

Attribute=51 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-14

その夜、彼女は静かに幕を下ろした

f:id:guri_2:20090614192939j:image


「今、好きな人がいて、付き合おうとしてるんだ」と話していた同い年の彼女は、

半年ぶりに飲んだ夜に「彼氏と別れたんだ」と告白してきた。

「細かく言えば付き合ってはいなかったんだけどね」と笑いながら。


そして、今回うまくいかなかったことではっきりと思ったという。

「私は恋愛に向いていない」と。同時に、

「もう、こういうことはしない」と決心したと。

「こういうこと」とは恋愛のことで、

30歳間近の彼女にすれば、結婚をしないということにもなる。



そのセリフは、恋が終わった人の常套句かもしれないけど、

この数年悩んで試行錯誤を繰り返してきた彼女にとっては、人生を決断する重い意味を持つ。

今回の相手は賭けだった。賭けというより、今まで成長してきた自分にとっての集大成だった。


彼女の理想は「一緒にいて落ち着く人」だ。だから、そういう人と付き合う。

けれど、一緒にいるうちに少しずつ違和感が出てきてしまう。

落ち着くときより、落ち着かないときが増え、いずれうまくいかなくなってしまう。


昔、彼女はそれを相手のせいにしていた。

そして「自分に合う人がいない」と、愚痴っていた。

だが、歳を重ね、現実と向き合ううちに、少しずつ自分側の態度を振り返るようになり、

相手だけでなく、自分にも落ち度があることに気づき出す。


最近では、相手にうまく合わせられない自分によく落ち込んでいた。

いい人だとわかるのに、自分が不器用すぎて、その人に合わせられないんだという。

「たぶんね、自分の奥底にさ、頑固だとか、子どもっぽいとか、そういうのがあるのよね、きっと。

 それが、その人といて安心するようになると、徐々に出てきてしまうんだと思う」



彼女はこの数年間、自分の性格を直そうとしていた。

性格というよりは価値観や考え方を変えようとしていた。

以前よりも、「奥底の私」はより、奥底に行っていたし、

以前よりも、他人とうまくかかわれたり、相手のことを考えられるようになっていた。

それは、これまで見ていた自分も驚かされたことで、人は変われるのだと、よく思っていた。


それでもなお、彼女はうまく恋愛することができなかった。

うまくいかなかったという結果には、いろんな要素があったと思う。

相変わらず性格が悪かったかもしれない。

見た目がよくなかったかもしれない。



でもね、思うんだよ。

性格なんて、良い悪いじゃなくて、合うか合わないかじゃない?

見た目だって、美人がいいという人もいれば、美人じゃ落ち着かないからイヤだという人もいる。

やっぱり、合うか合わないかだと思うんですよ。


今の彼女に合う男なら、きっと日本中にたくさんいると思う。

でも、彼女は「会えなくて」、「巡り会えなかった」。

会えないなりに、自分が会える人とうまくいかせるよう、自分を変えてきたが、それも、うまく噛み合うことはなかった。

八方ふさがりのあまり、途方に暮れてしまう気持ちは聞いてて痛かった。

どうあがいてもうまくいかない、「もどかしさ」が苦しかった。



彼女には夢があり、海外で働くという夢があり、

そこに踏み出すなら、もう時間が残り少ないのだという。

そして働くなら、一生懸命仕事に打ち込みたいと言っていた。

だから、この恋は最後のチャンスだったのだ。

本当は恋愛に生きたくて、そして私には恋愛と仕事を両立する器用さはないのよと苦笑いする、彼女の賭けだった。


「やー、ベタベタだけどさ。小さいときから結婚式とか、ウェディングドレスとか憧れだったんだよ。

 好きな人と結婚して、子ども生んで、家族で近くの公園に行ったりして。

 全然大したことなくていい。そういうの。そういうのに憧れてたわけですよ」


f:id:guri_2:20090521095834j:image


「そして、いつかはちゃんとそうなるんだと思ってたんだけどさ、

 歳を取るにつれ、あれ、あれってなって。

 今ではもう…、わからない。わかんないねぇ。私の何が悪かったのか。

 考え方とか、もっと男ウケするようにすればよかったのか。

 自分から積極的に行けばよかったのか、それとも控えめな方がよかったのか、

 いっそ、お見合いをしてれば、実はもっといい出会いがあったんじゃないかとか」


そう言われても自分もよくわからない。

運が悪かった、としか言いようがない。努力してなかった人ではなかったから。

強いて言うなら「好きな人と結婚したい」という思いが強かった気がする。

でも、それは責められることではない。


もっとわがままでもよかったのかもしれない。

昔のままの彼女の方が、もしかしたらうまくいったのかもしれない。

思いやろうなんて無理に思わず、自由気ままな彼女で良かったのかもしれない。

今となっては、結果論でしかないけれど。



しばらく泣いて、ごまかすように照れ笑いをして、

彼女は「恋をする自分」のやめた。

初恋は中学3年と言っていたから、15年間だ。

15年前、初めて恋をした彼女は、こんな結末を想像していなかっただろうにと、ふと思った。


他の人からすれば「30なんてまだこれからだよ」ということもあるし、

自分から決めつけてチャンスを失うこともないと言われるかもしれない。

あるいは、彼女が何遍と言われてきた「理想が高い」「妥協も必要」と、まだ、なお、言われるかもしれない。

「そう言われてしまえば、そうとしか言えないよね」と彼女は言う。

「もうねー、よくわからない(笑) わからなかった。なんだかもう、わからなかったな…」と小さく横に首を振っていた。



人が何かを諦める場面に立ち会うことがあるけれど、

最近はこういう話を聞くようにもなってきた。

一方で、結婚した人も自分の周りでは増えてきた。

何人かには子どもがいたりする。


でも、結婚している人たちのところには、こういう独り身の話はいかないんじゃないだろうか。

多少の負い目がある人だったら、話したくても、こんなことは打ち明けられない。

だから、結婚をした人たちは、

こういう、やるせない決断の話を見たことがないんじゃないかと思ったりする。


自分は結婚をしていないから、家族がいる楽しさや大変さは知らない。

逆に家庭を持つ彼らは、目の前の彼女が泣いた悲しみを、心底わかってあげることはできないだろう。



わからないでいてほしい、と思う。

人生は常に分かれ道で、自分が進まなかった道の話は、わかるはずがないのだから。

ゆうゆう 2009/06/14 23:10 ぐりさんの優しさがよく伝わってくるエントリーですね。とても興味深い話です。
自分も「そういうのに向いてない」とよく思います。同じアラサーとして
「もういいかな」という心境は共感を覚えますw

でも現代日本社会ではまだまだ独り身の肩身が狭いという現実。
そういう風潮はいい加減変わって欲しいものです。ぐりさんみたいな理解のある人が
今後増えればなぁと思います。彼女はぐりさんに相談出来てとても気が楽になったのでは?
ぐりさんは嫌かもしれませんがw これからもよき相談相手でいて欲しいですね。

impulsive-rose-redimpulsive-rose-red 2009/06/14 23:35 挿絵のタイミングにグッときました。昔、彼女のように自分の中の自分を見つけ、恋愛と仕事の夢を天秤にかけた友達をふと思い出しました。彼女は元気でやっているのかな…。しばらく連絡とってないや。

しりこだましりこだま 2009/06/15 00:26 恋はするものではなく
落ちるものなのさ

kyky 2009/06/15 00:54 既婚だからいえるのかもしれないけど、

>「やー、ベタベタだけどさ。小さいときから結婚式とか、ウェディングドレスとか憧れだったんだよ。
> 好きな人と結婚して、子ども生んで、家族で近くの公園に行ったりして。
> 全然大したことなくていい。そういうの。そういうのに憧れてたわけですよ」

これって、そんなに誰彼構わず簡単に成し得る事ではないんです。本人は、半分冗談かなんかで言ってるのかもしれませんがね。
たいしたこと無くていい・・・って言うほど、相手のいる小さな幸せを感じることは簡単じゃないんです。

mm 2009/06/15 01:27 アラフォーですが、彼女の気持ちよく分かります。
私は彼女のように努力はしていませんが、いくつか恋愛をして結婚をしようと思ったこともあったけど、なんだかだと上手くいかず、今は仕事とか勉強とかに夢中で、自分の知の財産を自分の血のつながった子供ではなく次の世代に少しでも残していきたいと思っています。
仕事はある意味人気稼業でそれなりに人がついてくれていていい環境で仕事もできているし、同じ親に同じように育てられた複数の兄弟は、みな結婚しています。
なぜ恋愛と結婚は簡単ではなかったのか、今でも自分ではあまり理由は分かりません。
結局は自分が一番大事だからかなと思ったりもします。

simssims 2009/06/15 01:59 ぐりさんやその友達の方が気に障るような表現があるかもしれませんが、ご容赦ください。

僕はアラサーでもないし、女性でもないので、正直言ってその友達のことが理解できません。
もし僕がその場に居たら
「あきらめてどうなるのか。そんな低いレベルに自分を落ち着けないでほしい」
と厳しいことを言ってしまうかもしれません。
その友達がどれだけ大変な思いをしたかは、僕は分かり切れていないですが
仲のいい友達だったら幸せになってほしいと心の底から思います。
30歳はまだ妥協するには早すぎるような気がします。

こんなことを読んでいて思ったのですが、僕はまだ甘いかも知れません。
失礼しました。

はてブからきました(♂)はてブからきました(♂) 2009/06/15 03:21 よしながふみ『愛すべき娘たち』の一篇を想起

通りすがり通りすがり 2009/06/15 07:16 「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」で
お友達がいろいろな望みを捨てたことで
世間と違った形で手に入れることもあるかもしれませんね。

人生に正解は無い、ただそこに一人の人生があるだけだから

通りすがり通りすがり 2009/06/15 08:13 >30歳間近の彼女にすれば、結婚をしないということにもなる。
恋愛しなくても結婚はできる。法の許す範囲の誰とでもできる。
結婚は社会のシステムであって二人の関係ではない。実にくだらない。
きょうび結婚などしなくても困らない。しないことをおすすめする。

恋愛は、そうしようと努力するようなものではない。

y_arimy_arim 2009/06/15 09:02 > わからないでいてほしい、と思う。
>
> 人生は常に分かれ道で、自分が進まなかった道の話は、わかるはずがないのだから。
ぼくもそう思ってたんだけれども、案外、二度と再び交わらない道ではないのかもしれないと最近思い始めたんだよ。いや半分がたは同意するのだけどね。
つーか周囲見てると、30代半ばに至ってなお恋多き女性とか普通にいるからなあ。なるようになるんだろうなあ。執着を捨てればいいんだろうなあ、楽に生きるには。彼女の場合、軸の反対側に振れただけでまだ強い執着がありそうなんだけど。

trshugutrshugu 2009/06/15 10:48 親しき仲にも礼儀ありですよ

既婚♂既婚♂ 2009/06/15 12:11 既婚男です。
私の妻も、この記事に出てきた彼女のように自由な子でしたよ。
「仕事もしたいし、結婚もしたい。でもうまくいかない、よくわからない。。」って子でした^^
私の勝手な分析では、幼少時代にバブル期だった世代(30歳前後?)に多い気がします。
何の不自由も無く自由で幸せだったあの頃。その時代をいまだに引きずっている気がします。
仕事で成功することも、結婚をすることも、両方ハードルが高く、普通の努力では成し遂げられないものですからね。
逆にどちらかひとつを手に入れるまで自分を成長することができれば、もう片方も手に入れられると思います。
なんて、かなり偉そうですみません。。語りすぎ。
長文失礼しました。
(でもguriさんはほんと良い人ですね。そう思います。)

憂鬱憂鬱 2009/06/15 13:15 う〜ん。。

>「やー、ベタベタだけどさ。小さいときから結婚式とか、ウェディングドレスとか憧れだったんだよ。
> 好きな人と結婚して、子ども生んで、家族で近くの公園に行ったりして。
> 全然大したことなくていい。そういうの。そういうのに憧れてたわけですよ」

今、この夢を実現できる人がどんどん減ってきている、ということに
描かれた人もブログ筆者も気づいていない。
そんだけだと思う。

そして、こういう人たちが既婚VS未婚の不毛な対立煽ってるんだと思うよ。。

既婚♀既婚♀ 2009/06/15 15:52 彼女が「諦める」という決心をした方が楽に生きれるのなら、それがいいかも。
ウチの母親(65歳)はずっと1人だったけど、最近、再婚をした。
幸せそうで、私も見ていてほっとする。人生って本当に何があるかわからないね〜

案外、その彼女も、海外で仕事をする夢がかなって
渡航先で素敵な人に出会ったら、ひょっこり結婚しちゃったりするかもね!

恋って所詮、こんな感じ↓
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51477130.html

> わからないでいてほしい、と思う。

ん? 分からないっていうのは真理では?
まるっきり自分と境遇が同じ人なんて、それほどいないわけだし。
それでも、肩を寄せて慰め会えるのが友達だと思ってます。

dddddddddd 2009/06/15 16:35 既婚者は全員、独身だった経験があります。
独身者は、離婚経験者を除いて結婚を経験していません。
わかる、わからないで言えば、あなたを含めて、独身者だって既婚者の
気持ちはわからないわけです。

それと、幕を引いた、というのは言葉のうえの問題ですから。
いくつになっても、結婚に繋がる出会いに遭遇する可能性はあります。
失恋で悲観的になってるだけの年上の女友達に過剰に感情移入しても
意味はないんじゃないでしょうか。

FERIATHFERIATH 2009/06/15 17:08
意味はなくないと思うけど、「結婚に繋がる出会いに遭遇する可能性はあります。」
そう思う。いつでもあるんだし、そんなのわかんないじゃん。
ただ、悲観的になるから考えるんだし、毎日最高にハッピーだったら、悩んだりできないし、
そんなやつこそ結婚できないよね

既婚アラサー既婚アラサー 2009/06/15 18:15 私もかつて結婚をあきらめました。
仕事を選んだんです。
忙しすぎて彼氏に振られ、その後は出会いはあっても恋愛に繋がらず…
会社の年上の女性達は、未婚か離婚暦のある人しかいないし
仕事を変えるか結婚をあきらめるかだな
いや、もう、結婚は無理だ。と
一人で生きていく覚悟をしたら
伴侶に出会いました。
何が起こるかわからないのが人生です。

あきらめないでとかあきらめろそういうんじゃなくて
腹を決めたら良いと思うんです。
仕事がんばるとか結婚するとか決めたら
おのずと、仕事がんばるために支えてくれる恋人ができたり
恋人のために仕事を制限したりできるんですよ。

切ない決断だけど、次の一歩に繋がる決断ですね。

awonisaurafuawonisaurafu 2009/06/15 20:02 人間って、努力だけでは出来ないことがありますよね。それをしょうがないことって片付けるのが
すごい嫌な生き物で、努力すればみんな成功するって、成功できないのは努力がたりないんだって
僕も思ってました。だけど、特に恋愛では、努力は結びつかないことが多いような気がします。
ただ、成功する人は努力してるんだと思います。
それは相手が人間だから難しいですよね。考えすぎても駄目で、考えすぎないのも駄目。
僕も最近ありまして、彼女はあなたみたいな人初めてって言ってました。
相手も僕も若いんですが、積極的に正面から好きだって言いたいと伝えたら、悪い意味の異常者扱いでした。
変に困って自分を守りに入ったんですかね、結局会ってくれないで今に至ります。
このもどかしさ、自分の何が悪かったのか、
周りの人間は何でそんな順調にいってるんだってぐらいに告白して成功して・・
覚悟って大事だけど悲しい、覚悟したからには思うように行かなかったらきっぱりあきらめなきゃいけないし
まぁー忘れるのが一番ですね。これが真理だからよけい悲しいですね。

通りすがり通りすがり 2009/06/15 21:17 海外で働く夢の方に進んだら、なおのこと恋愛や結婚を
諦める必要なんてなくなる気がします。
外国ってどこか分かりませんが、年齢なんてこだわらずに
自由に恋愛や結婚してる国がたくさんあるわけですし。
相手が日本人じゃなくてもいいなら、ですが。

なみなみ 2009/06/15 23:39 事情がわかるようでわからないところがたくさんあるから
あんまり簡単にコメントできないですけど。
「結婚するか」「結婚しないか」で二分するんだったら、
「同棲」とか「未入籍だけど時々一緒に暮らしてる」ってのは
どっちに入るんですかね。
なんか、30前後にしてはずいぶん恋愛と結婚の形に対する
認識がステロタイプだなあ、と思いました。

海外に行く夢を持ちながら働いて、行き来できるほうが
時間のあるときに訪ねて関係を継続するつきあい方も
ありますし、結局この女性は、そこまでしてもつきあいたいと
思う人に出会ってないだけの話なんじゃないですか。
30過ぎると子供産む生理的なリミットが発生するんで、
こんな余裕ぶっこいたことは言ってられなくなるよ、とも
ちょっと思ったり。

ii 2009/06/16 00:30 あきらめがネコを殺す

すがりすがり 2009/06/16 01:18 結婚は殆ど無意味な物になってるし、恋愛ならそれこそ40だろうが50だろうが良くね?
キツイ言い方すると、恋に恋する女と、その女に対する優しさに酔ってる筆者。
全くたいした事のない話じゃあるが、悪い事じゃないとも言える。

nyanzonyanzo 2009/06/16 02:09 可能性を自分で閉ざしちゃだめだと思うよ。
たとえ過去の恋愛に失敗したとしても、
明日にはまったく違う出会いがあるかもしれないし。
あまり頑なに思い込む何かから開放されたら、
きっと新しい何かが起こるんだと思うよ。

niso1985niso1985 2009/06/16 03:45 美談すぎますよ!
もっと泥臭く!

個人的な意見としては、
一緒にいて落ち着く=自分のありのままをだせる、ってことだろうけど、
自分を変えようとしてるってところにすごい矛盾を感じる。
それは相手への妥協じゃなくて、自分への強制だよね?
理想と現実が乖離しているのがすっげー違和感でした。
単純に男の包容力の問題なだけな気もするけど。

まぁそんな簡単な話じゃないだろうけど、結婚するって思った人とは結婚しますよ。
って既婚者の人が言ってた。

既婚既婚 2009/06/16 15:06 30代にしては青い王子様思想ですね
「自分はこれでいいのか」なんて悩むのは
結局、自分のことしか考えていないから

結婚の半分は『覚悟』です
性格もある程度は合う必要があるけど
それ以上は何があっても一緒に生きると誓う『覚悟』
こどもや伴侶という掛け替えのない宝に感謝し、
日々の誘惑や葛藤に打ち勝つ『決意』です

結婚の美しさや幸福の一端はここにあるんです

ハナから無理と思うハナから無理と思う 2009/06/16 18:55 自分のためだけに生きようとするとこうなる

恋愛も自分のための恋愛ではなく、
好きな相手の為の恋愛であればこうならなかったんでしょうね
人のために自分が変わるという・・・

多分、ズット人のために生きるってことに気付けないでしょうね。

名無し名無し 2009/06/17 01:00 この話は、
「結婚したかったけど私には無理だから諦めた」
ってだけの単純な話じゃないでしょ
そこばかりにフォーカスしてるコメントには違和感を覚える


「彼女」は結婚というゴールに向かって、
選べる最善の方法で死に物狂いで走ったはずなんだよ
人生がかかった戦いなんだから

それを後からその必死さとは無関係な人間が見て愚かだと言うの?
その人達こそ実際にそうやって戦うのがどれだけ困難なことだか分かってないのに

そのことに気が付かないと、この話や彼女の感情は理解できないと俺は思う

とおりすがりとおりすがり 2009/06/17 14:58 所帯を持つってことはだねぇ、君たち、
社会との関わりがより深くなって、
責任が重くなるってことなんだよ。
そしてその責任を果たすために必死に戦うわけですよ。
惚れた腫れたっていうのも、まぁ、あっても良いが、
本来の結婚って、もっと大局的な視野を持たな、
いかんのではないかな。
なんか、ちっちゃいぞ、お前ら。
と、39歳独身が言ってみる。

30歳既婚(♂)30歳既婚(♂) 2009/06/17 23:54 ?「もう、こういうことはしない」と決心したと?
 ↑
単に失恋した女性の常套句なんじゃ?
自分の周りにも、同じ事言う人間はゴロゴロ居るし。
一体何枚下ろす幕があるのやら。
2〜3ヶ月もして良い相手が見つかったら、ケロっとしてまた恋するでしょ。
乙女心と何とかとは良く言った物。

ちゃ蔵。ちゃ蔵。 2009/06/18 16:18 深いっスね。
友人にここを教えられて初めて読みましたが、深いです。
何度も読み返しては考えさせられます。

シュミシュミ 2009/06/20 03:06 はじめまして。
この女性は、「彼氏彼女の付き合い」や「結婚」「夫婦になるということ」に対する理想が高かったんではないでしょうか。こういう方には、もっと肩の力を抜きなよといってあげたくなります。
そもそも「相手にふさわしい彼女」として彼氏と完璧に付き合えてる人が、この世界にどれほどいるというんでしょう。相手に合わせるだけが夫婦じゃない。人生に駄目だしする必要はないと思うんですが…真面目な人なんでしょうね。
恋愛は、ブザマでも、不器用でもいいと思います。
一番身近の結婚例である、この女性のご両親がどのような感じだったのか、ちょっと気にはなりますね。

葱 2009/06/22 21:50 2枚の挿絵の落差がいいですね。

akiaki 2009/07/07 22:16 うまい挿絵描きますね…


夢の話と憧れの話があるけど、違いすぎるよ
この人は自分は器用じゃないとわかってるようだから
先に夢に向かって邁進するべきなんだよ。
そうすれば自分の輝きも増して、似た境遇との出会いや
好循環が生まれたと思うけどね
自分をわかってるなら、これ以上は変われないというのもわかるはず。
結婚あきらめてから夢に向かって?それ辛くないかな
その夢と憧れなら、順番違うよ
いつかはって漠然としてるから、八方ふさがりになって
いくんだと思う。



既婚アラサーさんに同感なので
30前ならあきらめるにはまだ早いと思う
筆者も背中たたいてあげてよ

aa 2009/07/25 00:02 理想の自分になろうとしてたんだろ

自分の持っている手駒を総動員して自分を変えて、環境を変えて
悪いところフィードバックして、反省点を受け入れて
すべきことすべてをやって、自己反省し尽して
うまくいかなかった。

もう打つ手がねえよ
どうしようもねえよ
一歩も動けねえよ
動いてもしょうがねえよ
動いたってかわんねえもん

あきらめて正解だわ。この道はここでおしまい。
今まで自己反省して言えなかった事や、
自分自身で認められない自分ぶちまけちゃって
来た道戻るしかねえんじゃん?

結婚できなくたって付き合えなくたって
将来不安だって親に孫見せられなくたってかまわねえよ
お前生きてるだけでお父さんお母さん幸せなんだからよ


> わからないでいてほしい、と思う。
筆者言いたいのは
 簡単に「君の気持ちわかるよ」なんていうんじゃねえよ。
ってことだろ

mbeirmbeir 2012/07/28 06:19 すべてにおいて相性だと思います。
合わせる合わせないとか、そういう次元じゃなくて、もっとバイオリズム的な。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証