Hatena::ブログ(Diary)

Attribute=51 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-03-16

東大生の恋愛事情のTV番組を見てモヤモヤした話

すっかりタイムリーではないけれど、

この前の日曜日にテレビでさんまが東大生40人を集めてトークするという番組をやっていて、途中から見ていた。

東大生にいろんな質問をぶつけ、ひな壇タレントも交えながら盛り上がるバラエティ番組だった。

さんまの東大方程式 - フジテレビ


そのうち、「東大生はモテない!」という話題になり、

その理由は勉強ばかりしていたから恋愛経験が無いとか、

マニュアルに頼ってしまうが、それじゃうまくいかないからとかだったのだけど、

トークが繰り広げられ、

そんな東大生が合コンをした、みたいな別撮りVTRが流されしているうちに

なんかモヤモヤしてきてしまった。


なんでモヤモヤしたのかって、突き詰めれば東大生が自分と重なるからなのだけど(ただし自分は東大生ではない)、

どういうところが引っかかるのかなーと数日考えてて、いくつか思い当たってきた。

東大生と芸能人の構図

東大生は恋愛が得意でない、と聞くやいなや、

鬼の首を取ったように芸能人が突っ込んでいく。

「メールすればいいんや」「ご飯誘えばいいんや、それが電話する理由や」と、

勉強面では負けていたが、恋愛面では全然勝てるぞと言わんばかりにいじっていく。

あげくの果てには合コンでうまく立ち回れない東大生を都度都度ダメだししていく。


まあ、単純に気持ち悪いよな、この構図と。

これが、例えば前段で、

勉強ができなかった芸能人を東大生がいじり倒していたのなら、そういう流れもわかるんだけど、

一方的なぶん殴り感がフェアじゃないなーと。

恋愛初心者のミスを笑う

恋愛なんて、誰しも恥ずかしい行動をしてしまったときはあるわけで。

そういうのもいつかは笑い話になったり、

仲間内では鉄板のネタになったりするんだろうけど、

慣れてないときに、そういうのを笑われるのって恥ずかしかったりする。


笑い声まで足されて、ミスを笑われている彼らが可哀想だった。

もしかしたら、笑いが取れておいしいって思っていたのかもしれないけど、

なんとなく自分に重ねてしまって、勝手にみじめな気持ちになっていた。

どうやったら恋人ができるかわからない

って、東大生は言っていたけど、「わかるわかるぞ」と。

自分はおっさんになって、あんまり恋愛うんぬんってこともないけれど、

昔は全くわからなくてもがいていたから、彼らの言葉はグサッと来る。

ね。わからんよね。オレも本当にわからなかった。


そんな思いもあるので、全然モテないって言ってた東大生が、

いずれ好きな人とうまくいくといいなあーーと、親心的な目線になってきて、

いやでもな、難しいんだよなー、うんうん、

素の自分で話せるようになるのが大変なんだよなー、

そしてそれに気づくと結構変わるんだけど、そこに気づくまで時間かかるんだよなー、

あー、あと他にもあれなー、みたいな感じで勝手に自分の過去を思い返してモヤモヤしてた。

芸能人と変わらない自分

と、それって親心っていうか先輩面だよね、

こうやって先輩目線で色々思って、言っちゃうのって、

さんまやひな壇タレントと何も変わらないじゃん、とハタと思った。

でもって、自分も先輩後輩、同僚、友達と飲む中で、

この東大生と芸能人みたいな構図で芸能人側やってたときあったんだろうなあ、と。

あちゃー、やってしまってたなーって苦笑いしてしまった。

芸能人の言動を見ていて、どうも色々引っかかるなと思ったけど、この要素があったんだな、なんて妙に納得してた。


すると、自分が恋愛の助言をした人の顔がいくつか浮かんできて、

あー、あんときは「ありがとうございます!おかげでスッキリしました」なんて言われて、

自分も謙遜しながらちょっといい気分になってたけど、

実際彼はどう思ってたのかな、話を切り上げたくてしょうがなかったのかな、とか思っちゃって、

しんみりしながらモヤモヤしていた。



相手の失敗談をいじって場を楽しませようとするのも、

相手の悩みを聞いて、良い方向に向かうように元気づけるのも、

極力、相手が傷つくような結果にならないように、

単なる自己満足にならないようにって、

意識的に思っているつもりではいるけど、実際はできてない場面も多いんだろうな。


と思いつつ、そこを恐れて踏み込まないコミュニケーションするのも違うしね。難しいね。

そういういろんな思いが交錯してモヤモヤしたな、という話でした。


最近、恋愛話って全然してないなー。

積極的にしたいって感じもなくなったし、おっさんになるのもちょっとつまらんな。

しんしん 2016/03/22 01:26 このエントリーとは関係ないですが、いつもこのブログを楽しみに拝見しています。現在30手前で、ちょうど就活でうまく行かないときに「一ヶ月がんばれば」のエントリを見て奮起し、最近も仕事で昇進できなかったときに同じエントリみて元気になり、頑張る気力が湧きました。何年たっても心揺さぶる文章は素敵だと思います。

guri_2guri_2 2016/03/28 19:11 ありがとうございます。そう言ってもらえると、とても嬉しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20160316/1458132676