Hatena::ブログ(Diary)

猫のグリとヨットの旅

2011-10-06

古武士2・・・正義の人

8月15日、入院中にNHKの番組に見入っていた

ニューヨーク・ワールド・トレードセンター他のテロ当時運輸長官であった

日系2世のノーマン・ミネタ(峯田良雄)氏のインタビューである


前出のTASAKAさん同様、MINETAさんも

強制収容所に隔離された世代だ


テロ後のアラブ系や回教の信者に対する差別、迫害に異議をとなえた

勇気ある行動のリポートである

今行われている差別、迫害はかつて日系人に対し行われた

「過ちの繰り返し」であると発言し行動した


アメリカという国は

時々集団ヒステリーを起こす(日本もそうかも知れない・・・)

巨大な力を持つ国だから、影響は計り知れない・・・

「BAND WAGON」

「RED SCARE(赤狩り)」など

アメリカの体質は

得体の知れないモノへの強い恐怖感持つことである

そして解決法は「暴力、戦争」に頼ることも多い

民主国家とは思えないことが起こる



この状況下でのMINETAさんの行動は

「正義とは何か」を考えさせられた


この番組の残念なことを一つ揚げると

インタビューアーがお粗末すぎたこと

渡辺謙は有名人かも知れないが

あまりにも無知で勉強不足・・・

MINETAさんとの気持ちがかみ合わない

この人選は失礼すぎると感じた


私達も旅の途中に多くの日系人に出会い、助けられた

そして「勇気、正義、プライド・・・」について

考えさせられた出会いが多くあった

それは、旅からもらった宝物である・・・

2011-09-21

古武士1・・・不屈の偉人!

PRINCE RUPERT・・・大きな港町である

私達が係留したのは

RUSHBROOK PABLIC FLOATSである

小型船の船溜まりである

防波堤は浮き丸太で、港内は結構ゆれる



10月30日、銀行、マーケット、海図屋を探しに出かける

途中、PRINCE RUPERT Y.C.(ヨットクラブ)に寄る

83歳の日系二世、JACK TASAKAさんに会った

「君たちが日本から来たカップルか?」

「後から、君らの船へ行っていいかな・・・」


清潔な街である

両替、食糧、ガイドブック、海図

カナダの釣りライセンスなど購入し船に帰る

大きな街なので結構歩いた、帰路はタクシーにした。


f:id:gurichanclub:20110921154040j:image

戦前は人口の半分は日本人だった

戦争が始まり日系人は全ての財産を没収され

内陸の強制収容所を点々と移動させられた


終戦後、ほとんどの日系人はこの町に帰ってこなかった

ゼロいや、マイナスからの再出発である

TASAKAさんは再起し、食糧難の母国のためと

船を造り、漁をし、缶詰に加工し、日本と水産物の取引を始めた


カナダ日系人社会では

TASAKAさんの名は歴史の一部として浸透している

漁師、ボートビルダー、実業家として

地域の人々から「ジュウドウさん」と呼ばれ、尊敬されていた


オンディーヌの折れたマストをみて

修理の費用に困ったら

私の保証で銀行から借りられる様手配すると云ってくれる

見積もりでは、1万米ドルが必要だった

幸い、保険でカバーできた


寡黙な中にも細々気を使っていただきました

TASAKAさんに日系人としての責任と、プライドを感じました

私達も「恥ずかしくない日本人」として

旅をつづけなくてはと、肝に命じさせられた出会いでした


「今の私のボートはパワー不足・・・

近々、もっとハイパワーのエンジンに変えるんだ」と

おっしゃるパワフルな方でした。

退院しました。

退院して3週間たち、気力、体力も持ち直しつつあります。

旅の続きを書き込みたいと思います。

2011-08-14

番外編・・・お詫び

7月末から、私(船長)入院中です。

退院できましたら、記事掲載を再開したいと願っています。

2011-06-14

カナダへ

10月29日07時07分

Ketchikan出港

カナダ国境の街、Prince Rupertへは

夜の到着になりそう

途中、Faggy Bayで一泊も考えたが

天気が崩れそうで直行とする

妻は、久々の夜間航行に流木や波、風が心配と言う



13時30分

Tree Pointでアメリカ領とお別れである

955mb、気温11℃、東の風28m

Tree Pointを交すと北東に風は振れ大荒れとなる



さすが、Dixon Entrance!!荒海だ

豪快なランニング(追い風帆走)にアドレナリンが湧く



ランニングは針路が定まりにくい

Main Passageに入るべく針路を取るが

羅針盤不調で陸岸に近づきすぎ焦る



16時ナイトセーリングに入る

灯台、海図、測深、レーダー・・・気持ちを集中させる



20時10分プリンス・ルパート港域にすべり込む

f:id:gurichanclub:20110615090858j:image

海図にあるブイが無い・・・少し混乱する

Dフロートへ舫いをとる

近くのヨットの住人がコ−ストガードと税関に連絡してくれた



15分程で若い税関職員が登場する

制服、制帽その下は派手なプリントのパジャマ姿だ

気前よく旅券にポンポンスタンプを押しながら

「野菜、果物は船外に持ち出すな・・・早く食べてください!」

タバコ、酒、銃、ミサイル?の有無・・・ねずみ駆除証明」

一人で防疫、通関、入管をこなしている

半年の滞在許可をくれ、伸ばしたければ電話をくれと・・・

そして「カナダへようこそ!!」とカナダ国旗のバッジをくれた



船を下りて数歩歩いてから振り返り

バンクーバーの君の友人ビルから何度も電話が有ったよ・・・」

明日、電話しよう・・・

2011-06-13

番外編(東日本大震災)3・・・より良い国になる為に

あれから三ヶ月が過ぎました・・・


私も気持ちの整理し、前へ進もうと思います。



最近、アメリカ豪州から一時帰国した方と話す機会がありました。

現地の方達の、地震津波被災者への思いやりは

とても深いものがありますが

他の面での日本の評判はガタ落ちだと云います。


トヨタ自動車説明責任の薄さ

原発事故の情報の少なさと遅れ

放射能汚染水の垂れ流し・・・

そして、ソニー個人情報の大量流失・・・


「日本は三流国だと・・・

かつて世界中から尊敬された日本は今はありません・・・」



電力やエネルギーのこと

今頃になって自然エネルギーを叫ぶ政治家たち・・・

電力にしろ石油にせよ

メジャーと云われるマフィアの様な組織が

小さなアイデアをことごとく潰してきた歴史がある。

巨大企業と結託してきた政治家達には退場願いたい・・・


一時的な混乱と、衰退は覚悟し

広く英知を結集すれば原発無しで凌げると思う・・


今、放射線を浴びつ続けている子供達の

十数年後、時限爆弾のスイッチが入る恐怖を思うと

居たたまれない・・・そんな事は起きないと信じたいが


石油にしても食糧にしても

先物市場」から外すべきである

一握りの金持ちの賭博的金儲けの為に

不当に高価な生活必需品を買わされる

庶民はたまらない・・・

可能ならば、先物市場は無くなって欲しい



消費税のこと

もし、消費税を上げるのであれば

「食料品と生活必需品」は対象外とすべきである・・・

かつてニューヨークで暮らした、私の経験では

簡素な暮らしをしていれば出費は抑えられた

自炊は本当に安くすみました・・・


消費税は各州政府が管轄し

大きな買い物は他州で購入すると

送料のみで無税となっていた・・・

日本も都道府県ごとに税を管轄すれば

競争原理が働き、地方の財政は良い方向に向かうでしょう

東北以外の住人が東北で買い物をする

東北の復興にもプラスになると思うわけです。


消費税ゼロの日もあり

人々の購買意欲は大いに上がっていました



研究室と現場

原発事故の当初、現場で活躍したロボット

ほとんどが、外国製であった・・・

ロボット先進国・日本」はどうしたのか?


踊ったり、楽器を演奏したり、自転車に乗ったり

「ナイーブでロマンチックなロボット達」に出番は無かった

現場とかけ離れた「平和ボケ」したお遊びではなく

それらの技術を現場で生きる準備が無さすぎた・・・



被災地の子供達へ

昭和22年生まれの私は

もの心付いた頃、北海道帯広に住んでいた

住まいは「満州引揚者長屋」と呼ばれたいた

戦災を受けなかった周りに比べ

私達の住まいは河川敷きのバラック長屋であった

東北の被災地の光景は敗戦時のそれと重なる


何時も腹を空かせていたが飢えるほどではなかった

「引揚者の子」と虐められたが

団結力のある子供達の負けん気は強かった・・・

親たちは懸命に働き家族を養ってくれた

夕餉の団欒にラジオドラマが子供達の夢を膨らませていた

冬、板壁の間から雪が吹き込み、朝は寝息で布団に霜が積っていた

いま思い出すと親たちの挫折感は大きかったろうが

子供達は、元気一杯に明るく過ごしていた・・・


被災地の子供達は不幸にして

運命に選ばれた子供達である・・・

大人達の落胆は計り知れないが

君たち子供達は

「普通の子供とは違う」と自覚できる環境にある

君たちが、この「平和ボケした日本」という組織に

喝を入れる人になって欲しい

「お笑い」等の軽薄なTV番組に毒されてはいけない

よく考え、行動できる人になってください・・・



義援金

日赤に集まった義援金は、まだ配分されていない

私達は、「ペットを救命」している団体に寄付します・・・

政府も、企業、団体も大きな組織は

動きが鈍すぎるし、信用できない・・・・ので



明日辺りから「グリとの旅」を再開します・・・