Hatena::ブログ(Diary)

Don’t Forget Everyday Happiness


成績
2012年選考会ベスト4
2013年コナミトーナメントベスト8
CS優勝9回

twitter

2012-05-29

インゼクター解説

モンスター(21枚)


終末の騎士

甲虫装機 ホーネット×2枚

甲虫装機 ダンセル×3枚

甲虫装機 センチピード×3枚

甲虫装機 グルフ×2枚

甲虫装機 ギガマンティス

ダーク・アームド・ドラゴン

クリッター

カオス・ソルジャー −開闢の使者−

カードガンナー×2枚

エフェクト・ヴェーラー×3枚

BF−精鋭のゼピュロス


魔法(10枚)


大嵐

死者蘇生

強欲で謙虚な壺×3枚

闇の誘惑

サイクロン×3枚

おろかな埋葬


罠(10枚)


神の宣告

神の警告×2枚

激流葬×2枚

リビングデッドの呼び声×3枚

デモンズ・チェーン

サンダー・ブレイク


エクストラデッキ


No.16 色の支配者ショック・ルーラー

No.20 蟻岩土ブリリアント

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム

No.39 希望皇ホープ

No.61 ヴォルカザウルス

イビリチュア・メロウガイスト

インヴェルズ・ローチ

ヴェルズ・ナイトメア

キメラテック・フォートレス・ドラゴン

ラヴァルバル・チェイン

虚空海竜リヴァイエール

甲虫装機 エクサスタッグ

始祖の守護者ティラス

迅雷の騎士ガイアドラグーン

発条機雷ゼンマイン

くわのけからずっと使い続けた構築(エキストラは結構変わってます)についてメインだけ少し解説したいと思います。

どれくらいが常識なのかわからないので1からかける分まで書こうと思っています。

こういうのがはじめてなので読みにくい点などあるかと思いますがご了承ください。

基本戦略

・装備する側の虫(ダンセル、センチピード)※以降上の虫

・装備される側の虫(ホーネット、グルフ)※以降下の虫

の4種類に加えワンキルにつながるギガマンティスの計5種類で戦うのが基本です。

ホーネットで場を壊滅させ、グルフで場を制圧します。

ホーネットのみだったのがグルフの登場で多種多様なエクシーズもできるようになりより強いデッキになりました。

ですが、召喚権にめぐまれておらず1枚の罠で積むこともある結構脆いデッキです。

■罠の崩し方

今主流の罠は

激流葬、神の警告、神の宣告

の3種類がほぼどのデッキにも入っていると思われます。

虫側からするとどれも厳しいカードで確実に虫の召喚を止められてしまいます。

厳しいのですが逆に相手からしたら虫がでてきたらホーネットのおそれがあるため撃たざる終えないという点もあります。

なのではじめは下の虫からせめて行きます。

すごく簡単な例を表すと

相手が先行2伏せでエンドしたとして

手札がセンチホーネットホーネットなどこのような手札の場合は確実にホーネットから攻めます。

はじめのほうに罠を使わすことが大事です。

ですが相手の罠崩しのためにしか活用できずかぶりすぎると召喚権にあふれて死ぬので2枚になっています。

罠の崩しのミラーの話ですが、

神の警告があったらほぼ確実にこれに打ってきます。

その虫をスルーしてホーネットで割られた場合相手が神の警告などで虫の召喚を止めた場合に虫が場に残り伏せることができなくなるからです。

これと同じで場に残ってしまう月の書が弱いんです。

そして、もう1枚が激流葬である可能性がかなり低くなります。

虫にヴェーラーを打たれた後に有効なのは神の警告で激流葬だと自分の虫まで流れてしまいます。

ほかのデッキでも必ず本命の罠は伏せられてるので下の虫で罠を使わせます。


サポートモンスター


<終末の騎士>

1枚だけ採用しました。

かぶったら腐るので弱い、ゼピュロスを落としたいとき(デモンズチェーンが残っている場合など)に終末の騎士からのゼピュロス落としてチェインの動きがかなり優秀でこれで拾った試合も多々ありました。

ミラーにおいて初動がかなり優秀でヴェーラーを警戒してダンセルが出せなくなる点などが優秀です。

ガジェ相手にも強いです。


<BF−精鋭のゼピュロス>

エフェクトヴェーラーのケア、永続罠の再利用、センチピードと互角の攻撃力におよびかなり幅広いデッキに対して有効で、おろかな埋葬が腐りにくくなるため採用しました。

手札にきてもヒロビ以外なら問題ないです。


<カードガンナー>

かなり優秀で、ビート系に対しての打点、リビングデッドとのかみ合い、下の虫を落とせるカードなどなど欠点は少なくすごくいい働きをしてくれます。

相性の悪いヒロビに対してかなりいい働きをしてくれ、ドロー含めて4枚めくれるのでパーツがそろいやすいです。


<クリッター>

言うまでもなく多種多様なサーチ先があるとても強いカードです。

ミラーにおいて最強の罠のヴェーラーをサーチしてこれるので墓地にいるだけでも相手はリビングが怖くてサイクロンが打てなくなります。

によって警告などをしっかり当てていけるのでめちゃくちゃ強いカードです。


<エフェクトヴェーラー>

虫に対して有効な罠としての役割です。

破壊されない罠なので虫を確実にとめることができるカードです。

虫と対戦する際に、打点とこのカードだけで勝てることもあります。

それほど虫側からしたら厳しいカードです。


<ダークアームドドラゴン、カオスソルジャー開闢の死者>

虫に続くパワーカードです。

虫は1回しか召喚しないのですが、この2対は特殊召喚なのでかなりつよく虫に罠を当てるので通りやすくでたらいうまでもなく最強です。

逆にこいつに罠を当てさせて虫を通すこともできるので優秀な働きをしてくれます。

魔法


<大嵐、死者蘇生

ほぼすべてのデッキにはいってる単体でのパワーカードですので説明は省きます。

虫の死者蘇生がホントに強く、虫が1ターンに2回でてきてなおかつリビングと違いサイクロンで破壊できないのでとめようがなくこれで何度も負けました。

<強欲で謙虚な壷、おろかな埋葬、闇の誘惑>


事故軽減のカードです。

こちらも紹介する点がないので省きます。


サイクロン

虫を通すための除去カードです。

このカードの使い方が難しく、ミラーにおいて差をつけられるいいカードです。

伏せ読みで本命罠をねらっていければいいのですがチェーンサイクロンリビングデットなどでアドを簡単に失うカードでもあるのでとても使用レベルの高いカードです。


<神の警告、神の宣告、激流葬>

メジャーな除去罠ですね。

紹介は省きます。


リビングデットの呼び声>


召喚権に恵まれないインゼクターの弱みをサポートしてくれる蘇生カードです。

こちらも使い方次第で激流葬回避などで1枚で勝利までなるパワーカードです。


<サンダーブレイク>

1枚だけ採用しました。

幅広いデッキに対する罠なのですが、おろかな埋葬と一緒に引くと絶望弱さです。

もちろん2枚ひいたらほぼ負けといっていいほどのかなりリスキーなカードです。

ほかにも腐るときが多く打ちづらいというのがあります。


<デモンズチェーン>

ゼピュロス絡みのミラーの勝ち筋を増やしました。

初動だと場に残るのでリビング、蘇生もケアできるのでかなり強く月の書の上位互換と考えています。

ミラーにおいてのデモチェゼピュロスを決めればほぼその試合を落とすことはないといえます。

各デッキに対する戦い方


VS虫

大きく気をつけるべき点は


・エフェクトヴェーラーの存在

・精神操作

死者蘇生


の3つです。


・エフェクトヴェーラーの存在

相手のセンチにダンセルで凸る行為はミラーでやってはいけない行為です。

ギガマンティスがある、蘇生系があるなどのヴェーラーケアができている状況以外でヴェーラーを打たれた場合、最悪でも相打ちにできるセンチピードを召喚しなくてはなりません。


・精神操作

サイド後に気をつけます。

操作をケアできるほどのバックがない限り、ミラーはダンセルを出すのは禁物です。

操作をケアできるバックとはヴェーラー+1枚以上の罠です。

奪われた虫にヴェーラーで虫召喚に罠を当てます。

基本的に精神操作は蘇生と同じ感じで負けにつながるので、サイド後は必ずセンチから消費していきます。


死者蘇生

操作、ヴェーラーはケアできるのですが

蘇生が本当にどうしようもなくめちゃくちゃ強いです。

虫がいる限りは禁止でもいいじゃないか、と思うレベルです。

ケアしにかかると大嵐が来て負けにつながるのでホントに難しい部分です。

蘇生、操作を超える罠がないためサイドにメタを寄せる意味がなくなってます。

あまり書きすぎると自分に不利になる可能性があるのでこれ以上は控えます。


VSヒロビ

かなり厳しいあいてで、打点、多量の罠の2点がかなり厳しいです。

ヒーローブラストを虫に当てられた瞬間ほぼ負け濃厚でアドで勝つことはほぼできません。

伏せ読みが重要で勝つにはやりこむが一番早いです。

状況によってかなりプレイングが左右されるので説明はこれだけになります。

すいません><


VSガジェ

メインは血の代償だけに警戒して、除去を当てるのはフォートレス、エクシーズ、ギアフレームのみです。

センチピードさえ引ければかなり有利に戦えます。

後になるほど不利になるので早く殺します。

例としてグルフ始動がとても弱いのでグルフ始動の場合は場に虫を残してエンドします。

この状況に除去が1枚加わるだけで次のターンワンキルまでいけます。

グルフでじっくりと対戦してると代償で殺されるので早めにゲームを進めましょう。

サイド後はかなり不利だと考えてるのでかなりメタが多いです。

暗闇、代償など除去当てなければいけない罠が多いため虫の効果で攻めずライオウ、サイドラでせめて行きます。

センチはただのビート要因(笑)になることが多いですが暗闇にサイクを当ててはいけません。

代償に当てるために除去1枚だけは必ず確保しておきましょう。


VS聖刻

いまの形では絶望的です。

カードガンナークリッター終末いずれにしろ場に残ってしまうのでトフェニ始動がかなりきついです。

大嵐は妥協ですべて伏せていきます。

レダメがきつい場面以外は基本シユウネフテに罠を当ててケアできない場合はアセトトフェニに罠を当てます。

サイド後は罠が増えるので楽になると思いますが大嵐の理不尽ゲームを避けるためにマインドクラッシュを採用しました。

セットがある場合は聖刻印は宣言してはいけません。

解説は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タメになった方、当たり前すぎてタメにならなかった方がいたら申し訳ございませんm(_ _)m

それではまた!

おわり

かにかに 2012/05/29 17:32 ホープ・メロガイの採用理由とどういった時に出すのか教えてください

gurosu0306gurosu0306 2012/05/30 04:29 終末、ゼピュロスがはいっているためランク4が出やすいです。

光、打点、ビート系に対する強さでホープ
メロガイはほぼミラー用ですね

簡単に言えばこんな感じです。

サスケサスケ 2012/05/30 10:27 前回はありがとうございました。

確かに聖刻には辛いですよね…(>_<)

聖刻印を宣言してはいけない理由はなんですか?

差し支えなければ教えてくれませんか?

gurosu0306gurosu0306 2012/05/31 02:56 サスケさん

つらいです><

聖刻印をセットするプレイングがあるので伏せがあるときは聖刻印を宣言するのが危険ということですよ!

はるはる 2012/05/31 11:54 虫ミラーで相手に先行ダンセルグルフをされた場合どのように戦っていきますか?

のどのど 2012/06/01 02:27 はじめまして、サイチェンの際によくサイドアウトされるカードは何でしょうか?

gurosu0306gurosu0306 2012/06/03 15:10 はるさん

手札しだいと出てくるモンスターにもよります。

のどさん

言えません。

kyogokyogo 2012/06/05 01:09 始めまして。クリムゾンシャドー採用して理由を教えてください!

kyogokyogo 2012/06/05 01:11 間違えました。クリムゾンシャドー採用していない理由を教えてください!

gurosu0306gurosu0306 2012/06/11 04:06 kyogoさん

使わないから採用しないだけですよ!
ティラスですべて解決してくれます!

サスケサスケ 2012/06/14 19:35 なるほど…参考になります。

グルフ2枚だと先攻でダンセルグルフが決まる確率が大きく下がると思うのですが、そのあたりどうお思いですか?

gumigumi 2012/06/17 01:29
聖刻に対してはメインだと相性悪いのでサイドで勝つ感じですかね?

カーガン、終末など初動で回していかないと攻め手が遅れ1ターンも無駄にできないと感じました
もし、先攻1ターン目で聖刻をケアできないハンドだった場合どうしていますか?
もちろん、先攻なので相手のデッキは分かりません
センチグルフヴェーラー蘇生系などの聖刻以外ならいける博打手札です

聖刻無視のプレイングはやはり不味いか

gurosu0306gurosu0306 2012/07/02 02:28 サスケさん

先行ダングルはできたらいいなー程度です。
ヴェーラーをケアできなければやりませんしね。
それより引きすぎてゲームにならないほうがつらいです。

gumiさん

基本メインはあきらめています。
デッキがわからなければ動きますよ。
カーガン等召還していかないと意味ないので召還します。
それで相手が聖刻だったら仕方がないです。

オムニオムニ 2012/07/10 14:01 とても勉強になりました!

できればサイドチェンジの解説もお願いしたいです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gurosu0306/20120529/1338236747
Connection: close