歌ったらアカン歌なんてあるわけないんだッ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-12 「反日」という「無敵の言葉」を疑え このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

以下、mixiに書いた日記を一部修正して転載。



久々に日記。というのも、このニュースについての日記で、容疑者の行為に肯定的な意見が意外に多かったので。


ロート製薬に「CMでキム・テヒ使うな」 強要容疑で元市民団体関係者ら逮捕

大手製薬会社ロート製薬」(大阪市生野区)がテレビCMで韓国人女優を起用していることに言いがかりをつけ、降板させるよう脅したとして、大阪府警捜査4課は10日、強要容疑で京都市右京区山ノ内宮前町の元市民グループ支部長、西村斉容疑者(43)ら4人を逮捕した。西村容疑者は「日本の領土に関わることなので、あれくらい脅さないといけないと思った」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は今年3月、同社を訪問し、応対した男性社員(50)をビデオ撮影した上、その場でインターネット動画投稿サイトに投稿。さらに韓国人女優について「竹島韓国の領土だと世界中で宣伝している反日活動家だ」などと脅してCMから降板するよう求めたとしている。

同社をめぐっては、今年2月、韓国の人気女優、キム・テヒさん(32)を自社CMに起用したことについて、インターネットの掲示板などで批判が殺到。発表会見が中止になるなどのトラブルがあった。


http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120510/cpb1205101336002-n1.htm




問題の抗議(因縁)で、容疑者は「俺、右翼紹介したるわ。右翼の事務所行って言え」と発言している(http://t.co/4GgS1wRp)。この文脈での「右翼」は「暴力団」とほぼ同義だから、「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し…」にモロ当てはまる。(ウィキペディア「強要罪」→http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E8%A6%81%E7%BD%AA)。そもそも容疑者自身、「あれくらい言って 脅 さ な い と回答しないと思った」と容疑を認めているのだからして、完全にアウト。



しかしそもそも、だ。「竹島(韓国風に言えば独島)は韓国の領土」と発言した韓国の女優をCMに起用して何がアカンの?っていう。容疑者自身が公開した動画を見ると「日本国民代表として」とか言ってるけど、いやいやおいらも日本国民だけど代表に選んだ覚えはありませんから。ついでに言うと「日本政府の見解である『竹島は日本の領土である』と答えないから来た」というのもキモチ悪い(※注)。いつから日本は「日本政府の見解を日本の国民及び企業は支持しなければならない」なんて全体主義国家になったんだっていう。パッチギ大友康平のように「表現の自由でしょう」「日本国憲法知らないんすか?」と言いたくなる(http://www.youtube.com/watch?v=8COmlGZyMig&sns=em)。こんな基本的なことを言うのはそれこそ「言わせんな恥ずかしい」のレベルだと思うのだけれど、たとえばアメリカ国民が「日本への原爆投下は間違ってた」とか「アフガニスタンイラクへの武力介入は間違っていた」と考えたり表明したりするのが何にも間違っていないのと同様、もっと言えば中国人民が「チベットやウィグルの人々の自治や人権を認めるべき」と考えたり表明したりするのが(以下同文)、ビルマ(ミャンマー)の人々が「軍事独裁政権による人権侵害弾圧に反対する」と(以下同文)、「竹島は日本の領土」という見解についてどう考えようと自由のはず。



そもそも、ここからが本当に言いたいことなんだけど、「反日」という言葉(類義語に「国益」)がここまで「無敵の言葉」―相手の主張を否応なしに封じ込め、思考停止を促す―になってしまっている現状がキモチ悪い。日本について少しでも批判すれば、あるいは日本の負の側面(いわゆる強制連行とか南京事件とか)に言及すれば、すぐ「反日」認定。「反日」とレッテル貼りすることで、その批判が妥当であるか真実であるかという検証は免除されてしまう。そういう「空気」がどんどん厚みを増している。


そういう意味では、今回の逮捕の件、至極当然だとは思うけれど素直には喜べない。少なくとも彼らの行為を肯定・称賛する人々が一定数いるというのは、彼らの目論見が半分以上達成されてるということだから。





ロート製薬容疑者からの質問に対して「(竹島は)日本の領土であるとする政府見解を支持しております」と回答している。 http://t.co/q09dyJPe

パブロン中毒パブロン中毒 2012/05/12 20:37 はじめまして、おじゃまします。
私は幽玄佐東さんの観察ブログを書いている者です。
ときおり(しばしば)グルグルさんのご発言も引用させていただいてしまっています。事後報告で申し訳ありません。
昨日は幽玄さんが関西学院大学4年生の女子大生に嫌がらせツイートをしておりまして、その模様なども書いております。無関係の教え子まで巻き込むとは、これはあまりにもひどいのではないかと思っております。
お気が向かれた際には、ぜひご来訪くださいませ。また、名古屋市東区の一部を除いては、コメント欄は解放いたしております。よろしくお願いします。おじゃましました。

guruguriangurugurian 2012/05/13 11:01 はじめまして…って、あれ、パブロン中毒さんって「みんなのシネマレビュー」にレビュー書いてるパブロン中毒さんですか?ブログ読みたいのでurlを教えて下さい。

パブロン中毒パブロン中毒 2012/05/13 19:06 お返事ありがとうございます。
シネマレビューは妄想とうわごとを書きなぐっているようなことで、お恥ずかしい限りです。
ブログのほうです。↓どうぞお越しください。
http://ameblo.jp/nothingrealymatters/

2010-12-12 ローザ・パークスと「彼」。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今より人種差別がもっと酷かった頃の1950年代アメリカで、一人の黒人女性がバスで白人に席を譲るのを拒否し、逮捕された。彼女の名前は、ローザ・パークス


http://www2.netdoor.com/~takano/civil_rights/civil_04.html


黒人が白人に座席を譲るのが「当然」だった時代、それを拒否するのは「非常識」な行為だっただろうし、その上危険でもあったろう。現に彼女は逮捕されたし、あるいは殺されて「奇妙な果実」として吊るされても不思議ではなかった。「黒人であるという理由で白人に席を譲ることを拒否する」という、今思えば実にささやかな、慎ましやかな行為は、その意味で無謀だったと言える。


それから50年以上経った現在の日本の話。「朝鮮人は出ていけー!」などとヘイトスピーチを公然と撒き散らす団体(在特会)の「デモ」に、たった一人で抗議のメッセージを掲げた在日韓国人の青年がいた。彼はその団体に集団リンチされ、その上(自分からは全く手を出していないにも関わらず)「逮捕された」。

D


事件直後、在特会に反対する立場にある人から「あんな『非常識』なやり方では在特会と同じだ。世間から白い目で見られてしまうし、反在特の流れの足を引っ張ることになる」という声があがった。


「非常識」?そうかもしれない。相手は暴力も辞さない危険な集団だし、実際あちこちで暴力事件を起こしている。そんな集団に一人で立ち向かうなんて「非常識」だし「危険」だし「無謀」だ。ローザ・パークスの行為がそうであったように。彼の行為がそういう言葉で非難されるなら、ローザ・パークスも同じ言葉で非難されなければならないだろう。


「世間から白い目で見られる」?そうかもしれない。特にニヒリズムがはびこり、「空気を読むこと」を良しとされる現代日本にあっては、彼の行為を冷ややかな目で見る人もいるだろう。ローザ・パークスの行為だってすべての人の共感を得たわけではない。


ちなみにローザ・パークスの一件がきっかけであのキング牧師が登場し、黒人によるバスのボイコットが始まった。そこから公民権運動が生まれた。NHKの某番組風に言えば「その時、歴史が動いた」。いや、正確に言うならば、彼女の勇気に打たれ、共感した人々が「歴史を動かした」のだ。


さて、「彼」に話を戻すならば、今問われるべきは「彼」の行為の是非ではなく、それを受けて「私たち」がいかなる態度を取るか、だ。歴史を、社会を動かし、変えていく主体的な個人として立ち上がるのか、それとも「世間」という衣をまとった顔のないノッペラボウのワン・オブ・ゼムとして傍観し、沈黙し続けるのか。


映画「サボテン・ブラザーズ」のあるシーンを思い出す。西部劇俳優の三人が本物のガンマンと間違われ、悪党と戦わざるを得ない羽目になる。こっそり逃げ出そうとする仲間に一人が「これは俺たちが『本物』になるチャンスなんだ!」と言い、地面に線を引く。「この線を越えたら本物だ、越えられないなら偽物、負け犬だ」。


今、「私たち」の足元にも、同じ線が引かれている。





「彼」の支援活動についてはこちらを参照。

12.4黒い彗星★救援会ブログ

吉外ぴえろ吉外ぴえろ 2011/01/05 07:45 お、復活なさったのですね。
お元気そうで何よりです。
今年もよろしくお願いいたします♪

坂本真一坂本真一 2011/04/23 12:59 復活祝いに、重要な文献を紹介しておきます。
?竹内康人氏が作成したpdfファイル「竹内康人作成・朝鮮人強制労働現場一覧」「朝鮮人強制連行期(1939〜1945)朝鮮人強制労働現場一覧/解説・参考文献」
竹内氏は「戦時朝鮮人強制労働調査資料集−連行先一覧・全国地図・死亡者名簿−」(神戸学生青年センター出版部、2007年8月、B5、234頁、1575円)を出版なさっておられる方です。上のpdfファイルは網羅的なもので、大変な労作です。
?CiNiiにて公開されている論文「足尾銅山・朝鮮人強制連行と戦後処理」「日本製鉄株式会社の朝鮮人強制連行と戦後処理 : 『朝鮮人労務者関係』を主な素材として」「朝鮮人強制連行問題の企業責任」。「朝鮮人戦時労働動員」(岩波書店)の執筆者の一人である古庄正氏の執筆した論文です。

坂本真一坂本真一 2011/04/23 13:07 (続き)
・雑誌「戦争責任研究」「統一評論」「在日朝鮮人史研究」。強制連行についての最新の研究・動向を知ることができます。記事の内容については国会図書館の「雑誌記事索引検索」で知ることができます。

2009-12-31

ごあいさつ

| 05:33 | ごあいさつを含むブックマーク ごあいさつのブックマークコメント


はじめまして。


もともと、歴史認識とかそういうめんどうくさい問題とは距離を置いていたのですが、「嫌韓流」ブームの煽りを受けて、大好きな映画「パッチギ!」が「捏造映画」呼ばわりされてむかついたので、朝鮮人戦時動員(強制連行)について調べたりしているうちに、気がついたらこういうブログをやっていました。





基本的にはアホでめんどうくさがりで、たいしたことは書いていませんが、↓の記事はそこそこいっしょうけんめい書いたので、読んでいただけるとうれしいです。


鄭大均「在日・強制連行の神話」を検証する(1)

鄭大均「在日・強制連行の神話」を検証する(2)

鄭大均「在日・強制連行の神話」を検証する(3)

鄭大均「在日・強制連行の神話」を検証する(4)

鄭大均「在日・強制連行の神話」を検証する(5)

鄭大均「在日・強制連行の神話」を検証する(6)

鄭大均「在日・強制連行の神話」を検証する(7)

関連:「強制連行」か「戦時動員」か?


おすすめ論文


外村大「朝鮮人強制連行―その概念と史料から見た実態をめぐって―」


外村大「朝鮮人強制連行―研究の意義と記憶の意味」


ブログタイトルの由来はこちら↓(1:39頃)。

D

パッチギ! (特別価格版) [DVD]

パッチギ! (特別価格版) [DVD]

パッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エディション [DVD]

パッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エディション [DVD]

inoueinoue 2009/05/13 03:01 歴史とは、新たな証拠の発見により、それまで定説とされていたものが覆される事例なんてザラなんですから、歴史とは時々刻々とパッチを当てられ「修正」されていくものに過ぎないんじゃないでしょうか?たとえば、今ではいい国作ろう鎌倉幕府、が誤りということは、半ば定説と化しているでしょう。だから、歴史は素直に修正されるもの、ととらえるのが健康的だと思いますよ。

>大好きな映画「パッチギ!」が「捏造映画」呼ばわりされてむかついた

というか、そもそも映画とはフィクションであり、実在の人物団体事件等とは一切関わりがないのが普通であり、ねつ造といいますか、嘘は必ず含まれるものですから、そんな言葉にいちいち目くじら立てるのも大人げないような。

guruguriangurugurian 2009/05/14 23:12 >inoueさん

通常「歴史修正主義」と言う場合、単に「歴史学上の誤りを訂正すること」を指すのではありませんし、「反歴史修正主義」もそういう意味での「訂正」に反対する立場ではありません(それこそ「朝鮮人強制連行」についてもそういう意味での「訂正」はなされています。上記の「鄭大均『在日 強制連行の神話』を検証する」の記事で何度も登場する金英達氏も先行研究の批判・訂正をしていますが、それをもってして金英達氏を「歴史修正主義者」とは言いません)。

それと「パッチギ!」に対する「捏造映画」とレッテルが貼られたのは、映画で「強制連行」についての描写があったからで、フィクション作品をフィクション作品と言われたから「ムカついた」わけではありません。

くせげ男くせげ男 2009/05/28 14:28 はじめまして。初めて貴ブログを訪れました。
過去のコメント欄などを含め、たいへん興味深く拝見しました。
熱狂的に嫌韓・嫌中を主張するいわゆる「ネトウヨ」青年たちは、
その滑稽な自分自身の姿を振り返り、いつか恥じる時が来るでしょう。
大人になって自己が確立されれば、盲目的な憎しみなど、実はどうでも良かった事に気づきます。
「強制連行」だろうと「納得の上での連行」だろうと、
「従軍慰安婦」だろうと「ただの売春婦」だろうと、
とにかく苦しんだ人間が居たのは事実。大きな権力の前に、被害を被るのはいつも弱者です。
「在日特権」などという、ありもしない喧伝をたやすく信じ込んだり、
ちっぽけな民族意識などに囚われたり・・・。
国境も宗教も天国も無い世界は、想像ではなくて、本当にあると思います。
では、また。がんばってくださいね。

m0t10nm0t10n 2009/11/01 14:19 ここも終わったな

uedaryouedaryo 2010/03/06 12:10  「くせげ男」のコメントはデタラメ。このブログでは

>「強制連行」だろうと「納得の上での連行」だろうと、
>「従軍慰安婦」だろうと「ただの売春婦」だろうと、
>とにかく苦しんだ人間が居たのは事実。

などとは書いてない。そんなことを言っている読む価値のないブログだと思わせて、読ませないことが目的だろう。
 ブログが更新停止状態にあるのをいいことに、こういう奴が現れる。みんなだまされるな。

ナナシーナナシー 2010/09/23 17:25 ウィキペディア-WikiScanner
http://ja.wikipedia.org/wiki/WikiScanner#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E8.AA.9E.E7.89.88.E3.82.A6.E3.82.A3.E3.82.AD.E3.83.9A.E3.83.87 .E3.82.A3.E3.82.A2.E3.81.AE.E5.A0.B4.E5.90.88

駐日アメリカ合衆国大使館から接続のIPユーザーが朝鮮の歴史の朝鮮近代史の項目を削除し、「朝鮮に歴史なし 昔から中国、日本、偏狭蛮族の属国」と書き込む[23][24]。


ウィキペディア-朝鮮半島を中国とみなす記述
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E3%82%92%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%99%E8%A8%98%E8%BF%B0




李鴻章が編纂した『通商章程成案彙編』(1886年)に描かれた大極旗には「大清国属高麗国旗」と書かれている。


清史稿に「属国一 朝鮮」とある。


毛沢東は『毛沢東選集』のなかで、朝鮮半島は中国固有の領土であったが帝国主義勢力によって奪われた、と書いている。


『明史』には朝鮮出兵について、「自倭乱朝鮮七載、喪師数十万、餉数百万、中朝与属国無勝算、至関白 死而禍始息(日本との七年に及ぶ戦争によって我が明は膨大な犠牲を強いられた。我が国と属国朝鮮に勝算は無かったが、関白豊臣秀吉の死によって戦争は終わった)」と記述している。


韓国で最も権威がある『韓国史大事典』(柳洪列監修、1996年・高麗出版社刊、1819ページ)には、朝鮮王朝(李朝)と中国(明)の関係については「朝鮮」という国号を明に選んでもらったことを指摘した後、さらに「従属の象徴として明の年号を使った」と説明している。また後の清についても「宗主国」とし、日清戦争で清が敗れた結果として「朝鮮が完全な独立国であることを確認するにいたり、政治的な従属関係はなくなった」と解説している。また日清戦争後、国号を朝鮮から「大韓帝国」に変えた経緯についても「清の属国から脱して独立し帝国として発展するという意味」があったと説明している。李朝の前の高麗時代に中国を支配した元との関係では「属国」との表現はないが、高麗王が六代にわたって必ずモンゴルの王妃を迎えるという従属的な「ふま国」となり「自主性を失った」としている。


『朝鮮王朝実録』245ページには、「第16代仁祖が城を出て、降伏する決心を固めると、(中略)朝鮮側の降伏条件を提示し、清軍陣営からは(中略)会談に応じた。(中略)条約を締結すると、(中略)仁祖は(中略)漢江を渡って漢城に帰ってきた。これでもって朝鮮は明との関係を完全に断ち切り、清に服属するようになるが、この関係は1895年、日清戦争で清が日本に負けるまで続く」と書かれている。


スペインの有力紙『エル・ムンド』(El mundo) は、朝鮮は建国時点である紀元前2333年から日清戦争の1895年までの4228年間にわたって中国の植民地だったと報道した。『エル・ムンド』は「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していたが、1910年の韓国併合までの15年間にわたって独立を味わったりもした」と報じた[1]。


CNNは韓国が元々中国植民地だったと報道し、ヒストリーチャンネルは平壌を中国植民地だと報道した[1]。


台湾政府の外郭団体である中国語ネットワーク教育センターは、ホームページ上に「歴史的に、韓国は中国の植民地だった」と掲載している[2]。


ヒストリーチャンネルはウェブサイトで韓国の全体の歴史が「日本と中国の従属国」だったと紹介し、「韓国は韓国の全ての歴史をひっくるめて中国と日本から強力な影響を受けた国家(Chinese and Japanese influences have been strong throughout Korean history)」と叙述し、また「韓国を最初に建国したのは中国の学者箕子で、韓国は中国の植民地から最初の国家が始まった中国の植民地国家だった」と叙述した。また、丙子胡乱以後は中国の植民地になり、外国との接触を絶って「隠遁の王国」に転落したと紹介した[3]。


韓国の国立民俗博物館(館長:金紅男)の中国語ガイドは「韓国は昔から中国の属国」と紹介している[4]。


韓国での中国人観光客に対応する中国朝鮮族や華僑の中国語観光ガイドは、「朝鮮は中国の属国だった」という説明を行っている[4]。


金完燮は、「朝鮮が明朝と清朝の属国だったことも事実であるから、朝鮮半島を明朝、清朝の領土というのも自然のことだ。朝鮮が独立国だったかのように教える韓国の教科書が異常なのだが、(中略)私たちが日本の助けで1897年に初めて独立国になったという事実を知らない」と述べている[11]。


盧武鉉元大統領は、2006年5月3日の民主平和統一諮問委員会にて「日本は中国(唐)のマネをして皇帝(天皇)をつくったため、その下に王が必要になって琉球や韓国を王にし、自分は兄貴風を吹かしてきたが、中国を兄貴と思ってきたわれわれにはこれはとんでもないことだ」と発言した[13]。


1478年から現在まで、アメリカをはじめ、日本、カナダ、中国など世界約50か国で教科書を出版しているオックスフォード大学の出版社が制作している中学校課程教科書は、古代中国の領土を表記した「古代の世界」の1ページで、朝鮮半島全体を中国領土に含ませている[5]。


外国教育機関、百科事典、博物館、図書館などで中国の漢、元、清などの歴史を紹介する世界地図が朝鮮半島全体を中国領と表記している。例えば、中国の国営放送CCTVのサイトは元の時期の世界地図に朝鮮半島全体を中国の土地として紹介し、米国のミネアポリス美術館のサイトも元の時代の朝鮮半島を中国の領土と表記している。また百科事典「グロリア」と歴史サイト「ハウ・ツー・フットワーク」、図書館サイト「アイビブリオ」は清の時代に朝鮮半島を中国の土地と同じ色で塗り、百科事典「ニュー・ワールド・エンサイクロペディア」をはじめとして学術機関「カルチャー・チャイナ」「ピッツバーグ大学」「ミネソタ州立大学」等のサイトは漢江北側を、中国紹介サイト「スーパートレース」と「NEN」などは全羅北道北側地域まで中国領としている[6]。


中国の有力紙「鳳凰資迅」は「韓国は1636年、朝鮮が清の属国になって以来、1895年日本の保護国、1910年日本の統治下に置かれたし、1948年からはアメリカによって過去の清朝からの位置をそのまま持って行っている」とし、「韓国はまだ徹底的な独立を成すことができなかった国」とし、「真正な独立ができない国家と国民の自己恥辱感が歴史的に伝わって受け継がれており、とても根が深い」という評論を掲載した[7]。


2010年5月27日中国社会科学院と韓国の慶熙大学が「韓国人から見た中国人のイメージ」に関して共同で調査を行った結果、韓国人は中国に強いマイナスイメージを持っており、中国に対する好感度も日本や米国よりかなり低いことが分かった。この調査結果に対して中国社会科学院アジア太平洋研究所の董向栄副研究員は、「中国が急激に台頭したことで、『昔のように属国にされるのでは』と脅威に感じている。中国に追い抜かれたことを認めたくないし、快く思っていないのだろう」「回答者は口に出して『羨ましい』とは言わなかったが、言葉の端々から中国に対する劣等感が伝わってきた」と分析した[8]。


北京オリンピックにおける反韓感情について中国専門家らは、中国国民の反韓感情を、「中国国民の歴史的観点」に求め、平沢大学校の中国学科長である池世樺教授は、「中国国民の反韓感情の根底にあるものを考えて見れば、中国人が韓国を見る根本的観点の問題だ」としたうえで、「中国人の考えの中には、韓国は過去『属国』だったという概念が定着しているのに、北京五輪などで韓国が上手くやっているので、こうした部分に対するコンプレックス的な思考の発露が起きたものだ」「これは中国国民の日本人に対する態度を見ればよく分かる。日本人が上手くやっても容易に受け入れられるが、私たち(韓国人)が上手くやることは容易には受け入れられない。このような中国人の(韓国に対する)根本的な情緒が底辺にあり、最近の一連の事件が現実に(反韓感情表出に)火を点けたわけだ」と分析した[9]。


韓国の翰林大学校の李三星教授は、韓国で中国脅威論が広がる理由について、中国が強大化した東アジア世界は韓国が属国だった過去と重なるため強い抵抗を感じるから、と分析した[10]。


世界銀行、イギリス公共放送局チャンネル4を含めた外国教育機関、教科書出版社、ポータルサイト、百科事典など34の機関の世界地図で韓国を中国領として表記している。例えば世界的なファーストフード会社のバーガーキングは自社のホームページで朝鮮半島を中国領として表記している他、アメリカの有名旅行情報サイトのゲート1トラベルは北朝鮮を中国領として表記している。また、ニュージーランドの茶販売会社ベル・ティー・カンパニーは、自社サイトで韓国を中国領としている[11]。


勝谷誠彦は自らのブログで韓国を「(中国の属国である)愛人国家」と発言している。この発言に対し、在日本大韓民国民団東京地方本部は、本人と所属事務所の吉本興業に抗議を行った[12]。


バロンズ社が発行しているアメリカの大学進学適性試験の教材は、新羅を朝鮮半島で初の国家と表記している[13]。


Yahoo!シンガポールはアジア地図で韓国を中国の領土と表記していた[14]。


2006年にCIAが国家情報報告において、「韓国は1000年間独立国家だったが、日露戦争により日本が占領した」と紹介した。これに対してVANKは、「これは西暦1000年以前は独立国家ではなかったという意味だ」と批判している。


中西輝政は「韓国はそんな大陸性文明の極致である中華思想の縁辺にあって、属国として虐げられた歴史を歩んできた。悲惨な韓民族の心を支えてきたのが『中華文明に属さない日本のほうが野蛮だ』という差別感である」と述べている[15]。


加藤徹は、著書で「東アジアで、日本ほど見事な対中外交を貫いた国は、他にない。匈奴やモンゴルは、軍事力が弱まると、中国に臣下の礼を余儀なくされた。朝鮮やベトナムは、ずっと中国から属国扱いされ、その屈辱に甘んじねばならなかった。日本以外の国は、強大な武力を持って漢民族を屈服させるか、逆に、甘んじて漢民族から属国扱いされるか、二つに一つだった」と書いている[16]。


平野聡は、著書『大清帝国と中華の混迷』で間島問題をさして「筆者のみるところ、この問題はおそらく「尖閣諸島や竹島のような小さな島をめぐる日韓・日中間の争いよりもはるかに根が深いものとして引き続くであろう」と警告を発している。


谷沢永一は、野球の北京オリンピック予選の日本対韓国戦を評して「韓国は不当な手段ででも無条件に日本に勝てば自尊心が守られる。そのような行動は朝鮮半島が2000年間、常に強大国から干渉を受けて来たからだ。日本に対する対抗意識は歴史的な恐怖心からくる」と発言している[17]。


古田博司は、「歴史上、朝鮮はシナの家来(李朝の王はシナの皇帝に『臣李某』と書簡を送った)で弟子といった存在だが、それは『礼』のような文化概念にまで及んだ。国風文化の覚醒を必要としないほど、小をもって大に仕えたのである。これを『孟子』梁恵王篇の章句からとって『事大主義』という。だが、弱者であるため、周辺に対する侮蔑は貫徹されず、虚栄心と見栄だけが歴史的個性となった。これを学界では『小中華思想』と呼んでいる」と述べている[18]。


桜井誠は、「常に歴代中華帝国の徹底的な蹂躙を受けてきた朝鮮半島では、自分たちを小中華と呼んで中華の正統な後継者と勝手に位置づけ、また中華文化圏からいち早く抜け出した日本などを東夷と呼んで蔑むことで、かろうじて崩壊寸前の精神の均衡を保ってきたのである」「韓国にまともな歴史や文化が存在しない事は、少しでもかの半島の歴史を勉強した方なら納得いくことだろうが、だからこそ屈辱にまみれた朝鮮の歴史を認める事が出来ない韓国人たちは、たとえ捏造してでも、自分たちがいかに誇らしき民族であるかを世界に示したいのである。韓国人の歴史や文化に対する劣等感は、日本人には想像できないほど凄まじいのである」と述べている [13]。


黄文雄は、著書で「これまで清国の伝統的な属国であったベトナムはフランスに横取されてしまったが、残る伝統的属国の朝鮮は、もう誰にも渡すわけにはいかない。(中略)そこで、新疆や台湾のように、朝鮮も中国の属領から正式な領土にするため『朝鮮省』を設立し、郡県制とする断行案を検討した。そうすることで、列強諸国に対して朝鮮は清国の絶対不可分で永久割譲の固有領土だとアピールした。(中略)呉長慶は、この反乱をうまく鎮圧できれば、『遼東三省と左堤右挈し、実に東方の一大塀障』、つまり中国の遼東三省と朝鮮半島で守りを固めれば怖いものなし、と考えていたのである。(中略)なかでも有名なのは、科挙状元出身のエリートで、呉長慶の幕下に身を投じて積極的な対外政策を論じてきた張謇の『朝鮮善後六策』である。それについては、田保橋潔氏(京城帝国大学教授)が大要をまとめているので、ここで引用したい。『1.漢四郡建置の例に従ひ、朝鮮国王を廃し、其地を清の一省とする。2.朝鮮国王を存置するとしても、周の例に従ひ、監国を置く。3.有力なる軍隊を派遣して。其海港を清の監理の下に置く。4.朝鮮の内政革新を断行する』これ以外にも、張謇は『六策』で次のようなことを言っている。『あるいは内政の自己改革と新軍の訓練を、我が東三省とつらねて、一気と為す』。清国の東三省から朝鮮省をも含めて『東四省』とし、(中略)張謇が提案した、清国が李朝国王を廃して監国にする、つまり、属藩扱いにするという政策は、清朝以前の早い時期にもあった。明の太祖朱元璋が、李氏朝鮮をつくった李成桂に対して監国の地位だけを下賜あい、国王の地位を与えなかったのもそのためだ。中国人からすれば、朝鮮は漢の時代から中国の一部なのだ。中国の歴代王朝の封国といえば、漢時代の「呉楚七国の乱」で知られる呉や楚が挙げられるが、それよりもさらに一段下の外藩、つまり外様大名ていどしか見なされていなかった。そもそも、朝鮮をつくったのは中国の箕子だと、中国人は主張するほどなのだから。そのため、張謇の『朝鮮善後六策』のような考え方は、中国人の一般的な伝統的朝鮮属国観なのだ。中国が中華民国になった近現代でも、この中国人の朝鮮版図観はたいして変わっていない。たとえば、蒋介石は、太平洋戦争後の対日処理を協議した1943年11月のカイロ会談に出席した当時、船上にてルーズベルト大統領に高麗の返還を要求している。もちろん、ルーズベルト大統領は、このとんでもない要求を拒んでいる。朝鮮人も属国であることにマヒしているため、『朝鮮省』の設置をむしろ、『小中華』から『大中華』への昇格だと喜び、中国を恨むどころか、恩恵と謝恩を感じるべきだと思っていた。とくに、これまで大中国人やら大中華人になりたくてもなれなかった支那人かぶれの両班にとっては、願ってもない恩寵なのである[17]」「長城外の夷狄だけでなく、西南のチベット系民族吐蕃でさえ中華世界を一度は征服するか、都を占領し脅威を与えているのに、朝鮮だけは中華の脅威になったことすらありません。朝鮮は大中華に君臣の礼、君父に忠のみだったのです。『四夷八蛮が皆中原に入ったのにただただ朝鮮だけできずにいる。こんな情けない国に長生きしていてもどうにもならない』と嘆きつつ亡くなった林白湖という儒者がいるほどです[19] 」と書いている。


韓国の朴正煕大統領は自著『国家と革命と私』『韓民族の進むべき道』『国家、民族、私』で朝鮮史における事大主義と従属国性を指摘している[20]。


教科書関連 [編集]


世界の1億人を対象にした教科書を出版しているピアソン・エデュケーションは、韓国を中国の属国に定義付ける世界史の試験問題を出題している[5]。


アメリカの世界史教科書では万里の長城が鴨緑江近隣までのびている地図が掲載され、「1640年代に韓国は中国・清王朝の属国になった」と記述されている[21][22]。


アメリカの教科書には東洋の代表的文化といえば中国と日本だけしか書かれず、また、朝鮮は中国と日本の子分と書かれ、万里の長城が平壌まで引かれ、朝鮮が清朝の領土になっているという[11]。具体的には、「朝鮮は独自の豊かな文化をもつ東アジアの国である。その長い歴史の大半を、朝鮮は周辺の大国に支配されてきた。なかでも中国や日本は頻繁に朝鮮を政治的に支配してその文化に影響をおよぼした。(中略)朝鮮半島の北方地域は、中国皇帝の領土となった。西暦1年ごろから900年まで朝鮮は三つの王国にわかれていた。中国の文化は朝鮮半島の北方にある王国に強い影響をおよぼした。この時期に仏教、儒教、そして漢字が朝鮮半島に入ってきた。日本の文化は、南方にある二つの王国にたいして中国以上の影響をおよぼした。(中略)高麗の王たちは独自に朝鮮を治めていたが、モンゴル帝国に朝貢しなければならなかった。(中略)朝鮮人は、科挙制度をはじめさまざまな中国の文物を取り入れ、中国文化にのめりこんでいった。(中略)満州族の影響。朝鮮人は日本との戦いで疲弊した。その結果、1630年代、満州からきた新しい侵略者は全土をあっというまに征服した。李王朝の統治者は権力を維持したものの、満州族の政府に服属した。中国の満州族政府は日本の影響力が強まることを望まなかった。満州族は李王朝に対する統制をよりいっそう強固なものにしようとした。(中略)日清戦争終結後の1895年末、中国は朝鮮の独立を認めた。日本はこうして満州族の朝鮮支配を終焉させた。(中略)朝鮮は第二次世界大戦で日本帝国が敗れる1945年まで独立できなかった。現在も朝鮮は、中国、日本、アメリカのような大国の影響下から抜け出せずにいる」と書かれている[11]。


アルゼンチンの教科書には「韓国は中国語使用地域」と書かれている[23]。



「朝鮮は近代に至るまで、その国内での抵抗にかかわらず、中国と日本の属国だった」(オーストラリアの教科書)


「朝鮮は、その歴史の大部分で中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。日本は自由な新しい秩序を樹立することによって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」(フィリピンの教科書)


「朝鮮は中国の支配下に入り、これが19世紀まで続いた」(タイの教科書)


「朝鮮は中国の従属国」(アメリカの教科書)


「朝鮮は、数百年間中国の属国」(カナダの教科書)


「朝鮮は永らく中国の属国だった」(インドの教科書)


「紀元1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」(ポーランドの教科書)


「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀のことだった。その後300年、日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」 (ドイツの教科書)


「朝鮮を中国の属国」と記し、「朝鮮の文化と芸術は中国・モンゴル・日本文化の影響を受けた」「朝鮮は言論・宗教の自由が制約を受ける国」「北部はロシアが、南部はアメリカが占領している」(インドネシアの教科書)


「清は18世紀なかごろに(略)朝鮮・ベトナム・タイ・ミャンマーを属国とする大勢力となった」(日本・山川出版社 『詳説世界史』)


「いっぽう清国も、朝鮮を属国あつかいにした」」(日本・東京書籍 『日本史A』)


韓国の歴史教科書でも、以下の事が記されていた。


「(日清戦争で)日本の勝利となり、下関条約が結ばれ朝鮮の独立が認められた」(『中等世界史』 韓国・英志文化社 1959年)


「朝鮮は清の半属国だった(『高等世界史』 韓国・教友社 1962年)」


「サミュエル・P・ハンティントンは彼の著書『文明の衝突』で、わが国を中国の文明に抱含させている。外国人の目には、わが国の文化が中国とあまり差異なく見えるようだ。(『高等学校世界史』 韓国・教学社 2003年)」

通りすがり通りすがり 2010/10/23 03:40 ★朝鮮人強行連行説は左翼が在日の地位向上のために広めた大嘘★

http://www.youtube.com/watch?v=9NA22FXZDcY
宮台真司が左翼の嘘を語っている


宮台「在日の大半は韓国を捨て日本に一旗上げに来た連中
   韓国では在日は日本なんかにいきやがった裏切り者として差別の対象になる。
   左翼はそういった部分を覆い隠し
   左翼は弱者を守るということで在日が強制連行されたと嘘をついてきた
   在日のかたも都合がいいからそれに甘んじる」
   
  「在日の中には本当に強制連行されたと信じてしまって、それにたいして批判する人間を
   右だの国家主義だの批判をしてきたツケを浴びた」




●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」
●正論2003年6月号掲載  評論家 黄 文雄 
「誇り高き台湾少年工と「強制連行」どころか勝手に日本に殺到した朝鮮人の落差」
●朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。
『朝日新聞 1959年6月16日付』(「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」
●1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸は昭和16~19年の間は1万4514人。
「国民徴用令」による徴集は19年の9月以降の僅か4ヵ月間であるから、単純に計算しても、この期間に徴用された者は
16~19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人ほどにすぎない。昭和20年9月1日以前は679名であり、
それを加えた概算1889人ほどが、真に徴用の名に値する在日朝鮮人だという事になる。仮に「官あっせん」を
徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月~19年8月の来日者の推計数を全部加えても
約1万1300人ほどである。従って、在日全体の僅か0.5%未満にすぎない事になる。





★朝鮮人の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg

■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。



「これでは困る韓国」呉善花、崔吉城 1997 より

呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」



【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、
「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」と
たしなめる息子。ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで
見つかったのでリンクを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea

これはインターネットが普及する前に放送されたもので、確かフジ系列の「NONFIX」という深夜番組だったと思います。
最後に「うちの息子は思想がないの」といわゆる強制連行説が嘘であることを認めます。
強制連行なんか存在しない事がわかる貴重な資料です。



「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。」
1959年7月13日朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
1959年7月13日 朝日新聞






「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 89 原書房
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
現在の在日韓国・朝鮮人の大部分は強制連行と無関係
さらにここで指摘しておきたいことは、在日韓国・朝鮮人(その父祖を含め)と、 強制連行との関係である。朝鮮大学校編「朝鮮に関する研究資料(第四集)」によ れば、「日本に住んでいる大きな部分を占める朝鮮人は太平洋戦争中に日本の官憲 によって強制徴用され……」とあり、在日韓国・朝鮮人は口を開けば必ずのよう に、「われわれは日本政府によって強制連行されてきたものだ」と主張する。だが この表現は正確ではなく、むしろ事実に反するというべきだと思われる。 1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸年は上の表のようになっている(表省略・昭和20年9月1日以前の日本上陸者の内8万3030人の調査)。この表によると日本政府が朝鮮人の来日を取締まっていた昭和10年までに渡来したものが全体の53.7%と、半分以上になる。昭和11〜15年はまだ民間の自由募集の期間だし、次の昭和16〜19年の中でも、国民徴用令による徴集は昭和19年の9月以降のわずか4ヵ月間であるから、単純に計算すると、この期間に徴用されたものは昭和16〜19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人(全体 の1.46%)にすぎないことになる。これに、次項「昭和20年9月1日以前」 の679名(0.8%)を加えた概算1889人(2.3%)ほどが、真に強制連行の名に値する在日朝鮮人だということになる。かりに「官あっせん」を強制徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月〜19年8月来日者の推計数を全部加えても、約1万1300人余(14%)にすぎない。この推定は、昭和16〜19年間の月間 来日数を均等として考えたものであるが、実際には、関釜連絡船の運航は終戦が近 くなるにつれ次第に困難になりつつあったから、昭和19年後半の来日徴用者も減少し ているはずである。すなわち、どんなに強制連行の概念を広く解釈しても10%を大 きく超えることはまずあるまい。この数字は在日韓国人自体の調査によっても裏付けられている。1988年2月に 発刊された「”我々の歴史を取り戻す運動”報告書」(在日本大韓民国青年会中央本部)には、全国千百余人の一世から直接聞きとりした調査結果が収録されてい る。これによると、渡日の理由として「徴兵・徴用」は13.3%にすぎず、経済 的理由(39.6%)、「結婚・親族との同居」(17.3%)に次いで3番目で ある。この13.3%のうち、徴兵は0.5%で、残りが徴用ということになる。しかし、「渡日年度別に見た渡日理由」によると、徴用は1926〜30年に6 人、1931〜35年に9人、1936〜40年に51人とある。国民徴用令が公布されたのは1939年7月であって、これが朝鮮に適用されたのは前述のように 1944年9月であるから、この「徴用による渡日という」回答は思い違いによる ものと考えられる。従ってこの人数はのぞかねばならない。 1941〜45年の徴兵、徴用と答えた76人も、その大部分は記憶違いというよ りほかはない。徴用が実施されていた1944年9月以降終戦までの一年分だけを 前期の方法で算出すれば16人、すなわち全体の1.5%にしかならない。また、 法務省の数字のアンケート調査の場合と同様、官あっせんを徴用と考えても(1942年2月以降)59人=5.4%となり、徴兵を加えて5.9%である。  民団発行の「法的地位に関する論文集」(1987)にも「1世の大半が1930年代初期に渡航して永住するに至った経緯からすると……」と、みずから、徴用による渡来が僅少であることを認めている。このことは理屈の上から考えても当然のことであろう。着のみ着のまま徴集され、人里離れた炭坑や鉱山で虐待酷使されていた者が、日本に残ろうと考えることは想像しがたいことである。彼らは日本の一般社会とほとんど関係なく生活してきたのであって、言葉もろくに出来ず、日本で生活していく基盤ももっていない。彼らは日本に来て、一番長い者でも (官斡旋を徴用とみなしても) 5年そこそこなのであるから、故郷とのつながりは十分持続しているはずである。特に彼らは、妻子を置いて一人だけで徴用されており、その移動はきわめて容易であった。これら徴用された人々の大部分は終戦直後早々に、この、"恨みの島"から故郷へと飛ぶようにして帰ったものとみられる。


大半、自由意思で居住
────────────
外務省、在日朝鮮人で発表
────────────
戦時徴用は245人


在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。
一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。
一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。
戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、
現在、日本に居住している物は犯罪者を除き、自由意思によって在留したものである。(1959年7月13日 朝日新聞)
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg




在日一世の八割以上は、上陸年不詳。つまり密航者。

法務省編 在留外国人統計(1974年度版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm
ビラのHPより
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/



戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、
当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワー
クを 頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占
める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を
奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。

今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率
を占めている。日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で
密入国者に関しても寛大に扱った。

米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授
http://web.archive.org/web/20041010011826/http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/gaikokujinnno.html

在日一世のほとんどは、不法入国の犯罪者




http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)







第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる





昭和34年当時在日総数61万人
そのうち徴用(在日のいう強制連行)
で日本に来て日本にそのまま住み着いたのはたった245人だけ
他は自由意志で勝手に住み着いた連中

http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
(朝日新聞 1959年7月13日)
http://saturn-tv.net/~chinkoku/readres.cgi?i=on&bo=aho&vi=1140101042&rs=1&re=5
在日自ら強制連行の嘘を認め始める


  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゛    在日の方々はかわいそうな強制連行の被害者
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>     
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゛: Y;;f      そんなふうに考えていた時期が
   〜''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!    俺にもありました





密入国ソースの事実は下のビデオのpart1の46分35秒からの宮台の言ってること

宮台真司 vs 小林よしのり vs 菅野稔人
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日)part1
 http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/326/marugeki326-1_300.asx
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日 part2
 http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/326/marugeki326-2_300.asx






俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
「コリアン世界の旅」野村進 講談社 1996 より

強制連行された朝鮮人のほとんどは、戦後まもなく日本政府の計画送還で帰国していること。
在日一世の大半は、戦前から日本に住み続けているか、戦後密航で来たかのどちらかであるということ。
これらは研究者のあいだでは、すでに定説となっているのだが、
日本人一般には正反対の言説が「事実」であるかのように漠然と信じ込まれてきた。
その最大の原因は日本のマスコミの認識不足だが、
在日の特に知識人が往々にして「私たちは無理やり連れてこられた」といった言い方をしてきたことにも一因がある。




■韓国大統領・朴正煕は在日朝鮮人が密航者である事を公式に認めています(日韓条約批准書交換での談話 )
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19651218.S1J.html

親愛なる在日僑胞の皆さん! 現在60万人以上と推算されている在日同胞のこれまでの苦労が
どれくらいつらかったことかを,私は誰よりもよく知っています。

在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると,ひとえにそれは本国政府の責任となる他
ありません。
したがって,これまでに在日僑胞の一部が共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に加担するようになったのも
実は大部分本国政府が在日同胞をより暖く,より徹底して保護できなかった責任であるといえます。
これとともに私は,これまで分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留され,祖国のあるべき国民になれなかった
同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞
>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞
>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞

内務省調査
年代  在日朝鮮人居住人口
1917  14502人
1920  30189人
1920  在日朝鮮人の急増により、付近住民とトラブル→『朝鮮人内地渡航制限』を実施
1925  129870人
1930  298091人
1935  625678人
1939  『朝鮮人内地移送計画』始まる。32万人の労働者が渡日。この32万人は1945年からの帰国船で優先的に殆ど帰国する
1939  福岡のみで毎月200名余りの密入国者
1940  1190444人
1941  1469230人
1942  1625054人
1943  1882456人
1944  1936843人
1944  『朝鮮人内地渡航制限』撤廃
1945  2365263人
1946  日本敗戦により、密入国者(21420人)、強制送還者(15925人)が急増。(警察庁調)
1947  密入国者(6888人)、強制送還者(6296人)
1948  密入国者(8500人)、強制送還者(6207人)
1949  密入国者(1641人)、強制送還者(7663人)
1950  密入国者(3612人)、強制送還者(2319人)
1950  朝鮮戦争勃発により、多くの朝鮮人、韓国人が親類を頼って日本に密入国
1951  密入国者(4847人)、強制送還者(1172人)
1952  密入国者(3263人)、強制送還者(2320人)
1953  『外国人登録法」制定。日本経由の北の工作員対策で韓国政府が強く要請
1953  密入国者(1404人)、強制送還者(2685人)
1965  『朝鮮人強制連行の記録』出版。この本をきっかけに在日が強制連行と偽り始める
1998  特別永住者(=在日)52万8450人、一般永住者・2万6425人 (入国管理局調)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/03/h0305-1b.html

愛国者の元陸上自衛官@切込隊長愛国者の元陸上自衛官@切込隊長 2016/06/30 21:56 日本の愛国者の皆さん!!
今、巷で猛威を振るっている「土屋敏男を抹殺しよう !」と言う保守を偽装した反日ニートパヨク工作員の討伐にご協力下さい!!

こいつは国民が知らない反日の実態等の保守系サイトをひたすら荒らし回っていて、特に国民が知らない反日の実態では「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄を荒らしまくった末に封鎖に追い込む等の多大な実害も出しています。
そして荒らしを注意した人には「モーホー恨島工作員」等の意味不明なレッテルを張って執拗に粘着攻撃します。

こいつは一見保守を装っていますが、以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった為、その正体は反日パヨク工作員である可能性が極めて高いです。
純粋に保守の立場から国民が知らない反日の実態に疑問点があるなら理由を正直に言えば良いだけの事であり、それが出来ないと言う事は真っ向から国民が知らない反日の実態に反論しても歯が立たない低能反日パヨク工作員である事の何よりの状況証拠ですからね。

こいつは毎日の様に真夜中の3時や4時にも多くの書き込みをしている為、無職でニートのネット廃人と断定出来ます。

以下はこいつが「てきとう」と言うパヨクサイトを荒らした際に晒されたIPアドレスとホスト名です。

2016年4月24日:i125-203-84-222.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.84.222)
2016年4月30日:i60-34-118-180.s61.a013.ap.plala.or.jp(60.34.118.180)
2016年5月10日:i125-203-75-71.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.75.71)
2016年5月16日:i118-20-90-99.s61.a027.ap.plala.or.jp(118.20.90.99)
2016年5月17日:i125-203-72-47.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.72.47)
2016年5月23日:i125-203-86-91.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.86.91)

ハッキングの出来る方はこいつのIPアドレスとホスト名からこいつの個人を割り出した上で警察に通報して下さい。
こいつは過去の発言から察するに山口県在住である可能性が極めて高いです。

【モーホー恨島工作員連呼厨の正体とは!】

★山口県在住 旧名称は「般若ライナーズ」。
★重度のネット廃人で役立たずのニート。
★様々な保守系サイトに神出鬼没して、個人狙いでの荒しや誹謗中傷、ヲタク叩きを毎日している。
★卑猥な言葉や、その他、放送禁止(自粛)用語、「モーホー恨島wwww」等の意味不な発言を連発。
★以前にニコニコ動画やyou tubeでも大規模な荒しを行い、国民が知らない反日の実態@Wikiの「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄をとことん荒し、(コメ欄を)封鎖させたクソ野郎。
★愚かで下劣な馬鹿ニートパヨクで、生まれつき、脳みその思考回路がストップし、ぱよぱよちーん状態になった反日売国奴でもあり、成り済まし日本人(通称:ザパニーズ)の一人でもある。
★こいつの正体が保守で無くパヨクなのは以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった事で完全に証明されている。
★自衛隊を「モーホー自慰隊」と呼んで侮辱する等の明らかにパヨクとしか言い様の無い行為も繰り返している。

この反日売国工作員を見かけたら警察や他のプロバイダーへの通報を!
こいつに関する情報をお持ちの方は以下のスレに情報提供願います。

土屋敏男を抹殺しよう !と言う荒らし野郎
http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1404039312/l50

変態は日本が誇る文化変態は日本が誇る文化 2017/03/08 05:23 ねーねーサヨちゃん、そんなことより俺とエロサイト見ながらオナニーしようぜっ☆

http://sexygravure.blog.jp/
http://fanblogs.jp/juniaaidoru/

シコシコシコシコシコシコシコシコッ!

ンギモチイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイッ!

イクウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ!

ドピュピュピュピュピュピュピュピュッ!

どうも、イカシンジです。
アスカたんハァハァ!

どーでもいいけどテレビとかでAV女優を「セクシー女優」って呼ぶのやめろやwww
ただセクシーなだけでAVには出ない普通の女優と紛らわしいだろうがwww
「AV」が放送禁止用語だっていうなら機械の「AV」も放送禁止用語にしろや言葉狩りキチガイどもwww

2009-05-25 俺もマッコリ飲みたいナァ。

朝鮮人戦時動員ウィキ作りました。

| 00:12 | 朝鮮人戦時動員ウィキ作りました。を含むブックマーク 朝鮮人戦時動員ウィキ作りました。のブックマークコメント


今年に入ってからコツコツ手を入れていたサイトが、何とか形になったのでお知らせします。


朝鮮人戦時動員FAQ<試作版>

http://wiki.livedoor.jp/gurugurian/d/


まだまだ未完成で、もっと手を加えなくてはいけない状態ですが(なんせパソコンがなく、「携帯電話で入力・保存」→「ネットカフェ等で編集」という恐ろしく非効率的な作業でやってるもんで。あとウィキ記法とか、もぉワケわかんないし)、一応ネットにバッコする主な強制連行否定論に対する反論は押さえてあると思うので、「強制連行されたのは245人」とかゆってる人がいたら貼ったって下さい。

コメントを下さった方へ。

| 00:16 | コメントを下さった方へ。を含むブックマーク コメントを下さった方へ。のブックマークコメント


レスもせず放置しっ放しでごめんなさい。今、色々ありまして、精神的にあっぷあっぷでいっぱいいっぱいなもので。今週中にはお返事いたします。

通りすがり通りすがり 2010/10/23 03:41 ★朝鮮人強行連行説は左翼が在日の地位向上のために広めた大嘘★

http://www.youtube.com/watch?v=9NA22FXZDcY
宮台真司が左翼の嘘を語っている


宮台「在日の大半は韓国を捨て日本に一旗上げに来た連中
   韓国では在日は日本なんかにいきやがった裏切り者として差別の対象になる。
   左翼はそういった部分を覆い隠し
   左翼は弱者を守るということで在日が強制連行されたと嘘をついてきた
   在日のかたも都合がいいからそれに甘んじる」
   
  「在日の中には本当に強制連行されたと信じてしまって、それにたいして批判する人間を
   右だの国家主義だの批判をしてきたツケを浴びた」




●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」
●正論2003年6月号掲載  評論家 黄 文雄 
「誇り高き台湾少年工と「強制連行」どころか勝手に日本に殺到した朝鮮人の落差」
●朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。
『朝日新聞 1959年6月16日付』(「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」
●1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸は昭和16~19年の間は1万4514人。
「国民徴用令」による徴集は19年の9月以降の僅か4ヵ月間であるから、単純に計算しても、この期間に徴用された者は
16~19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人ほどにすぎない。昭和20年9月1日以前は679名であり、
それを加えた概算1889人ほどが、真に徴用の名に値する在日朝鮮人だという事になる。仮に「官あっせん」を
徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月~19年8月の来日者の推計数を全部加えても
約1万1300人ほどである。従って、在日全体の僅か0.5%未満にすぎない事になる。





★朝鮮人の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg

■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。



「これでは困る韓国」呉善花、崔吉城 1997 より

呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」



【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、
「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」と
たしなめる息子。ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで
見つかったのでリンクを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea

これはインターネットが普及する前に放送されたもので、確かフジ系列の「NONFIX」という深夜番組だったと思います。
最後に「うちの息子は思想がないの」といわゆる強制連行説が嘘であることを認めます。
強制連行なんか存在しない事がわかる貴重な資料です。



「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。」
1959年7月13日朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
1959年7月13日 朝日新聞






「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 89 原書房
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
現在の在日韓国・朝鮮人の大部分は強制連行と無関係
さらにここで指摘しておきたいことは、在日韓国・朝鮮人(その父祖を含め)と、 強制連行との関係である。朝鮮大学校編「朝鮮に関する研究資料(第四集)」によ れば、「日本に住んでいる大きな部分を占める朝鮮人は太平洋戦争中に日本の官憲 によって強制徴用され……」とあり、在日韓国・朝鮮人は口を開けば必ずのよう に、「われわれは日本政府によって強制連行されてきたものだ」と主張する。だが この表現は正確ではなく、むしろ事実に反するというべきだと思われる。 1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸年は上の表のようになっている(表省略・昭和20年9月1日以前の日本上陸者の内8万3030人の調査)。この表によると日本政府が朝鮮人の来日を取締まっていた昭和10年までに渡来したものが全体の53.7%と、半分以上になる。昭和11〜15年はまだ民間の自由募集の期間だし、次の昭和16〜19年の中でも、国民徴用令による徴集は昭和19年の9月以降のわずか4ヵ月間であるから、単純に計算すると、この期間に徴用されたものは昭和16〜19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人(全体 の1.46%)にすぎないことになる。これに、次項「昭和20年9月1日以前」 の679名(0.8%)を加えた概算1889人(2.3%)ほどが、真に強制連行の名に値する在日朝鮮人だということになる。かりに「官あっせん」を強制徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月〜19年8月来日者の推計数を全部加えても、約1万1300人余(14%)にすぎない。この推定は、昭和16〜19年間の月間 来日数を均等として考えたものであるが、実際には、関釜連絡船の運航は終戦が近 くなるにつれ次第に困難になりつつあったから、昭和19年後半の来日徴用者も減少し ているはずである。すなわち、どんなに強制連行の概念を広く解釈しても10%を大 きく超えることはまずあるまい。この数字は在日韓国人自体の調査によっても裏付けられている。1988年2月に 発刊された「”我々の歴史を取り戻す運動”報告書」(在日本大韓民国青年会中央本部)には、全国千百余人の一世から直接聞きとりした調査結果が収録されてい る。これによると、渡日の理由として「徴兵・徴用」は13.3%にすぎず、経済 的理由(39.6%)、「結婚・親族との同居」(17.3%)に次いで3番目で ある。この13.3%のうち、徴兵は0.5%で、残りが徴用ということになる。しかし、「渡日年度別に見た渡日理由」によると、徴用は1926〜30年に6 人、1931〜35年に9人、1936〜40年に51人とある。国民徴用令が公布されたのは1939年7月であって、これが朝鮮に適用されたのは前述のように 1944年9月であるから、この「徴用による渡日という」回答は思い違いによる ものと考えられる。従ってこの人数はのぞかねばならない。 1941〜45年の徴兵、徴用と答えた76人も、その大部分は記憶違いというよ りほかはない。徴用が実施されていた1944年9月以降終戦までの一年分だけを 前期の方法で算出すれば16人、すなわち全体の1.5%にしかならない。また、 法務省の数字のアンケート調査の場合と同様、官あっせんを徴用と考えても(1942年2月以降)59人=5.4%となり、徴兵を加えて5.9%である。  民団発行の「法的地位に関する論文集」(1987)にも「1世の大半が1930年代初期に渡航して永住するに至った経緯からすると……」と、みずから、徴用による渡来が僅少であることを認めている。このことは理屈の上から考えても当然のことであろう。着のみ着のまま徴集され、人里離れた炭坑や鉱山で虐待酷使されていた者が、日本に残ろうと考えることは想像しがたいことである。彼らは日本の一般社会とほとんど関係なく生活してきたのであって、言葉もろくに出来ず、日本で生活していく基盤ももっていない。彼らは日本に来て、一番長い者でも (官斡旋を徴用とみなしても) 5年そこそこなのであるから、故郷とのつながりは十分持続しているはずである。特に彼らは、妻子を置いて一人だけで徴用されており、その移動はきわめて容易であった。これら徴用された人々の大部分は終戦直後早々に、この、"恨みの島"から故郷へと飛ぶようにして帰ったものとみられる。


大半、自由意思で居住
────────────
外務省、在日朝鮮人で発表
────────────
戦時徴用は245人


在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。
一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。
一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。
戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、
現在、日本に居住している物は犯罪者を除き、自由意思によって在留したものである。(1959年7月13日 朝日新聞)
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg




在日一世の八割以上は、上陸年不詳。つまり密航者。

法務省編 在留外国人統計(1974年度版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm
ビラのHPより
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/



戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、
当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワー
クを 頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占
める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を
奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。

今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率
を占めている。日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で
密入国者に関しても寛大に扱った。

米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授
http://web.archive.org/web/20041010011826/http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/gaikokujinnno.html

在日一世のほとんどは、不法入国の犯罪者




http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)







第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる





昭和34年当時在日総数61万人
そのうち徴用(在日のいう強制連行)
で日本に来て日本にそのまま住み着いたのはたった245人だけ
他は自由意志で勝手に住み着いた連中

http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
(朝日新聞 1959年7月13日)
http://saturn-tv.net/~chinkoku/readres.cgi?i=on&bo=aho&vi=1140101042&rs=1&re=5
在日自ら強制連行の嘘を認め始める


  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゛    在日の方々はかわいそうな強制連行の被害者
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>     
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゛: Y;;f      そんなふうに考えていた時期が
   〜''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!    俺にもありました





密入国ソースの事実は下のビデオのpart1の46分35秒からの宮台の言ってること

宮台真司 vs 小林よしのり vs 菅野稔人
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日)part1
 http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/326/marugeki326-1_300.asx
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日 part2
 http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/326/marugeki326-2_300.asx






俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
「コリアン世界の旅」野村進 講談社 1996 より

強制連行された朝鮮人のほとんどは、戦後まもなく日本政府の計画送還で帰国していること。
在日一世の大半は、戦前から日本に住み続けているか、戦後密航で来たかのどちらかであるということ。
これらは研究者のあいだでは、すでに定説となっているのだが、
日本人一般には正反対の言説が「事実」であるかのように漠然と信じ込まれてきた。
その最大の原因は日本のマスコミの認識不足だが、
在日の特に知識人が往々にして「私たちは無理やり連れてこられた」といった言い方をしてきたことにも一因がある。




■韓国大統領・朴正煕は在日朝鮮人が密航者である事を公式に認めています(日韓条約批准書交換での談話 )
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19651218.S1J.html

親愛なる在日僑胞の皆さん! 現在60万人以上と推算されている在日同胞のこれまでの苦労が
どれくらいつらかったことかを,私は誰よりもよく知っています。

在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると,ひとえにそれは本国政府の責任となる他
ありません。
したがって,これまでに在日僑胞の一部が共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に加担するようになったのも
実は大部分本国政府が在日同胞をより暖く,より徹底して保護できなかった責任であるといえます。
これとともに私は,これまで分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留され,祖国のあるべき国民になれなかった
同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞
>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞
>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞

内務省調査
年代  在日朝鮮人居住人口
1917  14502人
1920  30189人
1920  在日朝鮮人の急増により、付近住民とトラブル→『朝鮮人内地渡航制限』を実施
1925  129870人
1930  298091人
1935  625678人
1939  『朝鮮人内地移送計画』始まる。32万人の労働者が渡日。この32万人は1945年からの帰国船で優先的に殆ど帰国する
1939  福岡のみで毎月200名余りの密入国者
1940  1190444人
1941  1469230人
1942  1625054人
1943  1882456人
1944  1936843人
1944  『朝鮮人内地渡航制限』撤廃
1945  2365263人
1946  日本敗戦により、密入国者(21420人)、強制送還者(15925人)が急増。(警察庁調)
1947  密入国者(6888人)、強制送還者(6296人)
1948  密入国者(8500人)、強制送還者(6207人)
1949  密入国者(1641人)、強制送還者(7663人)
1950  密入国者(3612人)、強制送還者(2319人)
1950  朝鮮戦争勃発により、多くの朝鮮人、韓国人が親類を頼って日本に密入国
1951  密入国者(4847人)、強制送還者(1172人)
1952  密入国者(3263人)、強制送還者(2320人)
1953  『外国人登録法」制定。日本経由の北の工作員対策で韓国政府が強く要請
1953  密入国者(1404人)、強制送還者(2685人)
1965  『朝鮮人強制連行の記録』出版。この本をきっかけに在日が強制連行と偽り始める
1998  特別永住者(=在日)52万8450人、一般永住者・2万6425人 (入国管理局調)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/03/h0305-1b.html

名無し名無し 2015/07/05 20:02 1944年4月の道知事会議では朝鮮総督府自身

「官斡旋労務供出の実情を検討するに労務に応ずべき者の志望の有無を無視して漫然、下部行政機関に供出数を割当て、下部行政機関も亦概して強制供出を敢てし、斯くして労働能率の低下を招来しつゝある欠陥は断じて是正せねばなりません」と指示

要するに、朝鮮の市町村などの行政機関が勝手に本人の意思に関係なしの強制的な人集めをしようとしてるんで、止めろと言っている

朝鮮総督府は日本の指示を伝えているので、日本が強制徴用してたというのが嘘とばれw
これは朝鮮の下っ端の行政機関が褒められたいか台湾との比較で面子のためやった行動で、総督府や日本とは関係ない話

1200人程度の徴用者の内無理やりと感じたのがいれば、当時の行政担当者を個人的に訴えろ
密入国に苦しんでいた日本を訴えるのはお門違い

当時の日本は朝鮮からの密航に悩まされており、何度も渡航禁止・制限令を出しており、1938年〜1942年までの間(1941年参戦)に19000人を朝鮮へ強制送還している
1人当たり2円とか3円とかの費用(総費用今の1−2億円以上)をかけて密航者を強制送還しているのに、朝鮮で”人狩り”などする必要はない

名無し名無し 2015/07/05 20:02 1944年4月の道知事会議では朝鮮総督府自身

「官斡旋労務供出の実情を検討するに労務に応ずべき者の志望の有無を無視して漫然、下部行政機関に供出数を割当て、下部行政機関も亦概して強制供出を敢てし、斯くして労働能率の低下を招来しつゝある欠陥は断じて是正せねばなりません」と指示

要するに、朝鮮の市町村などの行政機関が勝手に本人の意思に関係なしの強制的な人集めをしようとしてるんで、止めろと言っている

朝鮮総督府は日本の指示を伝えているので、日本が強制徴用してたというのが嘘とばれw
これは朝鮮の下っ端の行政機関が褒められたいか台湾との比較で面子のためやった行動で、総督府や日本とは関係ない話

1200人程度の徴用者の内無理やりと感じたのがいれば、当時の行政担当者を個人的に訴えろ
密入国に苦しんでいた日本を訴えるのはお門違い

当時の日本は朝鮮からの密航に悩まされており、何度も渡航禁止・制限令を出しており、1938年〜1942年までの間(1941年参戦)に19000人を朝鮮へ強制送還している
1人当たり2円とか3円とかの費用(総費用今の1−2億円以上)をかけて密航者を強制送還しているのに、朝鮮で”人狩り”などする必要はない

名無し名無し 2015/07/05 20:02 1944年4月の道知事会議では朝鮮総督府自身

「官斡旋労務供出の実情を検討するに労務に応ずべき者の志望の有無を無視して漫然、下部行政機関に供出数を割当て、下部行政機関も亦概して強制供出を敢てし、斯くして労働能率の低下を招来しつゝある欠陥は断じて是正せねばなりません」と指示

要するに、朝鮮の市町村などの行政機関が勝手に本人の意思に関係なしの強制的な人集めをしようとしてるんで、止めろと言っている

朝鮮総督府は日本の指示を伝えているので、日本が強制徴用してたというのが嘘とばれw
これは朝鮮の下っ端の行政機関が褒められたいか台湾との比較で面子のためやった行動で、総督府や日本とは関係ない話

1200人程度の徴用者の内無理やりと感じたのがいれば、当時の行政担当者を個人的に訴えろ
密入国に苦しんでいた日本を訴えるのはお門違い

当時の日本は朝鮮からの密航に悩まされており、何度も渡航禁止・制限令を出しており、1938年〜1942年までの間(1941年参戦)に19000人を朝鮮へ強制送還している
1人当たり2円とか3円とかの費用(総費用今の1−2億円以上)をかけて密航者を強制送還しているのに、朝鮮で”人狩り”などする必要はない

愛国者の元陸上自衛官@切込隊長愛国者の元陸上自衛官@切込隊長 2016/06/30 21:57 日本の愛国者の皆さん!!
今、巷で猛威を振るっている「土屋敏男を抹殺しよう !」と言う保守を偽装した反日ニートパヨク工作員の討伐にご協力下さい!!

こいつは国民が知らない反日の実態等の保守系サイトをひたすら荒らし回っていて、特に国民が知らない反日の実態では「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄を荒らしまくった末に封鎖に追い込む等の多大な実害も出しています。
そして荒らしを注意した人には「モーホー恨島工作員」等の意味不明なレッテルを張って執拗に粘着攻撃します。

こいつは一見保守を装っていますが、以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった為、その正体は反日パヨク工作員である可能性が極めて高いです。
純粋に保守の立場から国民が知らない反日の実態に疑問点があるなら理由を正直に言えば良いだけの事であり、それが出来ないと言う事は真っ向から国民が知らない反日の実態に反論しても歯が立たない低能反日パヨク工作員である事の何よりの状況証拠ですからね。

こいつは毎日の様に真夜中の3時や4時にも多くの書き込みをしている為、無職でニートのネット廃人と断定出来ます。

以下はこいつが「てきとう」と言うパヨクサイトを荒らした際に晒されたIPアドレスとホスト名です。

2016年4月24日:i125-203-84-222.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.84.222)
2016年4月30日:i60-34-118-180.s61.a013.ap.plala.or.jp(60.34.118.180)
2016年5月10日:i125-203-75-71.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.75.71)
2016年5月16日:i118-20-90-99.s61.a027.ap.plala.or.jp(118.20.90.99)
2016年5月17日:i125-203-72-47.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.72.47)
2016年5月23日:i125-203-86-91.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.86.91)

ハッキングの出来る方はこいつのIPアドレスとホスト名からこいつの個人を割り出した上で警察に通報して下さい。
こいつは過去の発言から察するに山口県在住である可能性が極めて高いです。

【モーホー恨島工作員連呼厨の正体とは!】

★山口県在住 旧名称は「般若ライナーズ」。
★重度のネット廃人で役立たずのニート。
★様々な保守系サイトに神出鬼没して、個人狙いでの荒しや誹謗中傷、ヲタク叩きを毎日している。
★卑猥な言葉や、その他、放送禁止(自粛)用語、「モーホー恨島wwww」等の意味不な発言を連発。
★以前にニコニコ動画やyou tubeでも大規模な荒しを行い、国民が知らない反日の実態@Wikiの「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄をとことん荒し、(コメ欄を)封鎖させたクソ野郎。
★愚かで下劣な馬鹿ニートパヨクで、生まれつき、脳みその思考回路がストップし、ぱよぱよちーん状態になった反日売国奴でもあり、成り済まし日本人(通称:ザパニーズ)の一人でもある。
★こいつの正体が保守で無くパヨクなのは以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった事で完全に証明されている。
★自衛隊を「モーホー自慰隊」と呼んで侮辱する等の明らかにパヨクとしか言い様の無い行為も繰り返している。

この反日売国工作員を見かけたら警察や他のプロバイダーへの通報を!
こいつに関する情報をお持ちの方は以下のスレに情報提供願います。

土屋敏男を抹殺しよう !と言う荒らし野郎
http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1404039312/l50

愛国者の元陸上自衛官@切込隊長愛国者の元陸上自衛官@切込隊長 2016/06/30 21:59 日本の愛国者の皆さん!!
今、巷で猛威を振るっている「土屋敏男を抹殺しよう !」と言う保守を偽装した反日ニートパヨク工作員の討伐にご協力下さい!!

こいつは国民が知らない反日の実態等の保守系サイトをひたすら荒らし回っていて、特に国民が知らない反日の実態では「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄を荒らしまくった末に封鎖に追い込む等の多大な実害も出しています。
そして荒らしを注意した人には「モーホー恨島工作員」等の意味不明なレッテルを張って執拗に粘着攻撃します。

こいつは一見保守を装っていますが、以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった為、その正体は反日パヨク工作員である可能性が極めて高いです。
純粋に保守の立場から国民が知らない反日の実態に疑問点があるなら理由を正直に言えば良いだけの事であり、それが出来ないと言う事は真っ向から国民が知らない反日の実態に反論しても歯が立たない低能反日パヨク工作員である事の何よりの状況証拠ですからね。

こいつは毎日の様に真夜中の3時や4時にも多くの書き込みをしている為、無職でニートのネット廃人と断定出来ます。

以下はこいつが「てきとう」と言うパヨクサイトを荒らした際に晒されたIPアドレスとホスト名です。

2016年4月24日:i125-203-84-222.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.84.222)
2016年4月30日:i60-34-118-180.s61.a013.ap.plala.or.jp(60.34.118.180)
2016年5月10日:i125-203-75-71.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.75.71)
2016年5月16日:i118-20-90-99.s61.a027.ap.plala.or.jp(118.20.90.99)
2016年5月17日:i125-203-72-47.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.72.47)
2016年5月23日:i125-203-86-91.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.86.91)

ハッキングの出来る方はこいつのIPアドレスとホスト名からこいつの個人を割り出した上で警察に通報して下さい。
こいつは過去の発言から察するに山口県在住である可能性が極めて高いです。

【モーホー恨島工作員連呼厨の正体とは!】

★山口県在住 旧名称は「般若ライナーズ」。
★重度のネット廃人で役立たずのニート。
★様々な保守系サイトに神出鬼没して、個人狙いでの荒しや誹謗中傷、ヲタク叩きを毎日している。
★卑猥な言葉や、その他、放送禁止(自粛)用語、「モーホー恨島wwww」等の意味不な発言を連発。
★以前にニコニコ動画やyou tubeでも大規模な荒しを行い、国民が知らない反日の実態@Wikiの「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄をとことん荒し、(コメ欄を)封鎖させたクソ野郎。
★愚かで下劣な馬鹿ニートパヨクで、生まれつき、脳みその思考回路がストップし、ぱよぱよちーん状態になった反日売国奴でもあり、成り済まし日本人(通称:ザパニーズ)の一人でもある。
★こいつの正体が保守で無くパヨクなのは以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった事で完全に証明されている。
★自衛隊を「モーホー自慰隊」と呼んで侮辱する等の明らかにパヨクとしか言い様の無い行為も繰り返している。

この反日売国工作員を見かけたら警察や他のプロバイダーへの通報を!
こいつに関する情報をお持ちの方は以下のスレに情報提供願います。

土屋敏男を抹殺しよう !と言う荒らし野郎
ttp://anago.open2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1404039312/l50

2009-05-03 でもよー 何度でも何度でもオイラに言ってくれよ

忠誠・同化を強要する論理

| 13:44 | 忠誠・同化を強要する論理を含むブックマーク 忠誠・同化を強要する論理のブックマークコメント


図書館で借りた「<日本人>の境界」をようやっと(返却期限ギリギリで)読み終えた。


「日本人」の境界―沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮 植民地支配から復帰運動まで

「日本人」の境界―沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮 植民地支配から復帰運動まで


で、k3altさんのブログを覗いてみたら「日本人って何だろう」という記事を書いておられて、奇妙な縁と共時性を感じると同時に、そのコメント欄を読みながら「今も昔も変わんねえな」と、しばし感慨にふけった。


タイトルにあるように、この本は明治以降「日本人」と「非日本人」の境界に置かれた人々―ある時は「日本人」として取り込まれ(包摂され)、ある時は「非日本人」として排除されたアイヌ沖縄台湾朝鮮出身者―の歴史について書かれている。自分が勉強不足なせいもあってか、初めて知った事実も多く(例えば、台湾朝鮮総督府がしばしば既得権を巡って本国―内地と対立・衝突していた、など)、非常に刺激になった。


この中に武力抗日闘争が沈静化した1920年代台湾のエリート青年層を中心に起きた「台湾議会設置運動」について触れた一章がある。彼らは穏健な態度で、独立ではなくあくまで日本による支配という枠の中で自らの権利を獲得し、地位を向上させようとした。また親日的であはあるが日本への「同化」を良しとせず、多元主義に近い立場を取って自らの漢民族としてのアイデンティティも保とうとしていた。そんな彼らに、台湾在住の公学校長(内地人)が次のようなことを言ったという。



台湾青年雑誌で君等は常に自由々々と乱叫するが、一体世には自由なるものゝあるべき筈がない。若しあるとせばそれは浅薄な西洋被りの考である。……大和魂は即ち献身服従の大精神であつて自由を許す理がない。然るに君等は好んで自由を云謂するは誠に不謹慎の極みである。……君等は既に日本臣民になつた以上はそれを改めねばならぬ。二十六年以来の善政のお陰で君等は何れ程慶沢を受けたであらう。今後も一切の施設を内地人官民が従来と同様に着々処理経営して行くのであるから、君等は宜しくそれに信頼して云はれる儘に随いて行きさへすれば必ずより大なる幸福を亨けるに違ひない。……台湾人漢民族であるから〔日中の〕親善を謀る媒介として最も適当であると云ふ、それは全然誤謬である。台湾人が自分等は漢民族であると思ふからには決して日本に好意を抱く理がない。……何時までも漢民族で在りたいならば馬関条約当時に二ヵ年の猶予期間を与へたのに何故に支那へ還らぬか。二十六年後の今日になつて我は漢民族であると称へて憚らないのは勝手過ぎである。これは、我は数千年の歴史ある朝鮮民族であると名告るものと同一系統であつて不逞鮮人に対するそれは不逞台人となるべき者である。台湾人たるものは一日も早くその漢民族たるの観念を忘却し、大和民族の一員となることに向つて全力を尽さねばならぬ。



要するに「権利だ自由だ言う前に日本に感謝しろ、忠誠を誓え」「それが嫌なら帰れ」「日本人になり切れないなら『不逞』のレッテルを貼られても(≒差別されても)仕方がない」ということだろう*1


これって現在の嫌韓*2の、在日コリアン(日本国籍取得者を含む)に対するメンタリティとあまりにそっくりで、何だかゲンナリしてしまう。こういうのも一種の「温故知新」なんだろうか。

*1:念のために言うと、当時の日本人が皆こういう考え方だったわけではなく、多元主義的な立場から民族性の保持を容認あるいは尊重する意見もあった。ただいずれの立場でも、日本による支配・日本の優位性を前提にしている点は同じだった。

*2嫌韓の中でも特に、自分のことを嫌韓差別者だと思っていない層。「自分にも在日の友人がいるけれど」という文句をマクラにするのが特徴。

ひとみひとみ 2009/05/11 10:48 権利ってなんだろうと思い調べてみると、(見当違いかもしれないけど)尊厳という文字が見え、
差別してはいけませんって意味なんだろうと理解しましたが。

でも、思いやるも好きも嫌いも全部差別なんですよね。
Aさんが一番好きって事はBさんは2番目に好きってことになったり、
誰かを思いやるのも「この人はこういう人だから・・・」とか考えなければ思いやることはできないし。

じゃあ思いやるのをやめろとなると、なんだか日本人のアイデンティティを棄てろと言われてるような気もする。
難しい話です、差別とか権利とか。
全てを平等にするなんて果たしてできるのかと思ってしまいます。

障害者のひとがよく言いうことですが、優遇するよりも平等にしてほしいって聞きます。
そういうのを聞くと平等に近づくヒントになりそうな気がします。

話がちぐはぐですね(笑)

本題ですが、RCの歌詞の一部をプロパガンダに利用されると、ちょっと不愉快です。
それだけ、ちょっと考えてみてください。

neverdieneverdie 2009/05/12 14:49 差別は別としても、在日の抱える諸問題は帰化することでほとんど解決する。

なのに何故か帰化しない。
帰化を強要しているのではなく、移民先の国籍を取得するのは、その国で一生生きて行くつもりなら極自然な選択だろう、何故しないのだ?ということ。
国籍を変えたとしても民族まで変わらない。韓民族としてのアイデンティティーの維持は十分可能なはずなのに

ところが、何でもかんでも原因を日本人側の差別に帰結して議論を終わらせてしまうのが左翼の悪い特徴。

inoueinoue 2009/05/13 02:38 >彼らは穏健な態度で、独立ではなくあくまで日本による支配という枠の中で自らの権利を獲得し、地位を向上させようとした。また親日的であはあるが日本への「同化」を良しとせず、多元主義に近い立場を取って自らの漢民族としてのアイデンティティも保とうとしていた。

ダライラマの立場と似てますね。

というか、そもそも多文化共生なんて至難の業ですから、現地人を虐殺しつつ、本国から次々と入植させる、あるいは、適当な部族を優遇しつつ特権階級につけ、その部族とその他の部族を対立させ、自分たちへの不満をそらしつつ支配する、という形での間接統治が、他地域を支配する上でメジャーな手段となるわけですが、なぜ日本はこれらの手法をとらなかったのでしょうか?
直接統治なんて骨が折れて大変なのに。(実際、中国は朝鮮を属国にすれど、併合して直接統治することはなかった。)

guruguriangurugurian 2009/05/14 22:38 >ひとみさん

>RCの歌詞の一部をプロパガンダに利用されると

というのはこの記事のことでしょうか。別にこの記事はプロパガンダではありませんし、また「利用」もしていませんよ。

guruguriangurugurian 2009/05/14 22:50 >neverdieさん

>差別は別にしても

いや「諸問題」のほとんどは「差別」に根を発していると思いますが。

>なのに何故か帰化しない。

帰化にどれだけの手間と費用がかかるかご存じですか?それに帰化しない理由は様々で、単に「手続きが面倒だから」とか「不便を感じないから」という人もいれば、政治的信念から帰化を拒む人もいます。

それに帰化する在日は年間一万人くらいいます。これ、少ないように見えますが、比率で言うと日本人が年間200万人ずつ日本国籍を離脱しているようなものですから。

guruguriangurugurian 2009/05/14 22:57 >inoueさん

>なぜ日本はこれらの手法をとらなかったのでしょうか?

その辺り、まさに「<日本人>の境界」で言及されています。実際、コスト面から間接統治を主張する人は少なくなかったようです。結果的に「同化」が促進されたのは様々な要因がありますが、その中でも「国防」という要素が大きかったようです。詳しくは「<日本人>の境界」を読んでみて下さい。

abduluzzaabduluzza 2009/05/16 23:18 >>inoue氏
>実際、中国は朝鮮を属国にすれど、併合して直接統治することはなかった

近代欧州由来の秩序における植民地支配や保護国と中華秩序での宗主国・属国では、その従属度には極めて大きな開きがあることを無視した意見だと考えます。

QQ 2009/05/17 01:04 >>帰化にどれだけの手間と費用がかかるかご存じですか?
どれくらいかかるんでしょうね。
手間と費用がかかるから帰化しない…
だから地方参政権よこせ、と
どう考えても、地方参政権要求の方が無駄な手間をかけているようですが。

>>政治的信念から帰化を拒む人もいます。
普通そんな人には参政権なんか渡したくないと思いますね。

mizuki_yumizuki_yu 2009/05/19 02:25 >>Qさん
>普通そんな人に参政権なんか渡したくないと思いますね。
横レス失礼します。Qさんは参政権、つまり政治に参加する権利なるものについて何か根本的に誤解しているのではないですか?
参政権は基本的人権の一部であり、そうであればそれは近代の民主主義社会においては誰かが誰かに「渡す/渡さない」という性質のものではまったくなく、人間であれば本来生まれながらにして一人一人が持っているものですよ。

もちろん混乱を避け、合理的になるべく平等に人々を政治に参加させるためには一定の「取り決め」、つまりXX(国政または地方自治)という特定の政治分野に関しては「誰」が「どういう手順で」「どういう範囲で」というのは必要でしょう。例えば「日本の国政および地方自治に関与するには日本国籍がないとだめ」とか「国政はだめだけど地方自治はいい」とか「被選挙権はないけど選挙権は自由でいい」とか「そもそも国籍ってそんな重要な条件?」とか・・・・・・
 しかしその「取り決め」は当然議論の対象・変わる可能性を孕むものでなくてはなりません。例えば以前は「『一定の税金を払えない者』『男性ではない者』『白人ではない者』には参政権なんか渡したくない」という思想が幅を利かせていましたが、今では大方否定されているように。決して「普通」という言葉で済ませてはいけませんね。

私はQさんの思想信条によって参政権の<行使>を制限されるのは当然という意見には賛同できませんが、「特定の政治分野」に対して参政権を<行使>するには「一定の条件」が必要と言うのは自由です。「条件」の中身についての議論も自由です。(「帰化しないまま参政権を<行使>したいという主張もありで、それが実現される可能性も捨ててはいけないように)
 しかし特定の誰かの独占物ではありえない参政権をあたかも自分が誰かに「分け与える」ことが可能かのように「渡したくない」と言うのは(「渡してあげたい」と言うのも同様に)、大変傲慢な言い方だと思い一言入れました。Qさんが「渡したくない」というのとは関係なく、在日コリアンも当然参政権という権利自体はすでに持っているのですよ。

あと一言
>>手間と費用がかかるから帰化しない…
だから地方参政権よこせ、と
(Qさんが日本国籍を持っている、Qさんのやる気さえあれば地方参政権を自由に<行使>できる、投票所に行けば一票を投票できる境遇にいると仮定して言いますが)Qさん自身は自分が地方参政権を<行使>するためにどんな手間と費用をかけたのですか? Qさんが日本国籍を持っているのはQさん自身がどんな苦労をしたからなのですか?

QQ 2009/05/19 17:37 >>mizuki_yuさん

横ヤリどうも
mizuki_yuさんこそ参政権について誤解なさってるのでは?
確かに基本的人権には精神的自由権など人間が本来生まれながらにして持っている権利があります。参政権も憲法が保障する国民の基本的権利のひとつです。
しかし参政権は国家という枠組みの存立をその前提としています。そして「国民固有の権利」であるという日本国憲法第15条1項の条文からも解るように、参政権は国家の構成員である国民のみに保障されています。
その解釈として最高裁判決(H7.2.28)は、「この規定は権利の性質上日本国民のみをその対象とし権利の保障は我が国に在留する外国人に及ばない」としています。
つまり国家という枠が有る限り、どこの国に身をおいていても、参政権というものは国籍を持つ国民であるからこそ、その法に因り付与される性質のものであり、精神的自由権のように外国人にも等しく保障されているような権利ではないということです。
少なくとも日本の最高裁はそのように判断しています。
さらに言えば、選挙権を国政か地方かで分けて考える理由はないです。
上記判決では「憲法93条2項にいう『住民』とは地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当である」としていることから、たとえ地方自治体の選挙であっても「国民固有の権利」として、日本国民にしか権利行使が認められないのは当然です。
また同判決では「永住外国人に地方自治体レベルに限定して選挙権を付与することは憲法上禁止されず、国の立法政策に委ねられている」としていますが、これを素直に読めば、あくまで立法政策の問題であり、逆に参政権を付与しなくても不当ではないということになります。
だから立法権への権利行使として地方参政権付与に我々国民が反対しても別に不当とは言えませんね。
ちなみに「固有の権利」は英語ではinalienable right その意味は「譲り渡すことが出来ない権利」と訳されます。
「渡したくない」が駄目なら「譲り渡すことが出来ない」とでも書けばよかったでしょうかね。

>>在日コリアンにも当然参政権という権利自体はすでに持っているのですよ。
韓国の憲法規定は知りませんが、在日韓国人に参政権があるとするなら、上で述べているのと同じ理由で、それは韓国の参政権を持っているということです。日本の参政権を持っているわけではありませんね。
それに韓国では2012年から在外韓国人にも選挙権行使が認められる法案が可決しました。これは在日韓国人も含まれます。
政治的信念から日本に帰化しないのであれば、どうぞ韓国国民として母国の権利を御自由に行使してくださいということです。
ただ、二重国籍者でもないのに韓国の選挙権を持ちながら、同時に日本の選挙権も二重に取得するのは論理的におかしくないですか?という話です。

>>手間と費用がかかるから帰化しない…
>>だから地方参政権よこせ、と
と批判したのは、それでは手順がおかしくないか?ということです。
手間と費用がかかるというのであれば、例えば特別在留者は届出だけで帰化を認めるようにするなど、帰化条件の緩和を要求するのが筋ではないですかということですよ。
参政権を求めている在日コリアンの方がこのような条件緩和の要求をしていますか?

rubio1919rubio1919 2009/05/25 20:50 >>Qさん
>ちなみに「固有の権利」は英語ではinalienable right その意味は「譲り渡すことが出来ない権利」と訳されます。
>「渡したくない」が駄目なら「譲り渡すことが出来ない」とでも書けばよかったでしょうかね。

参政権を在日外国人に認めても、日本国民に参政権が保障されることに変わりがありませんから、譲り渡すことになりません。

>在日韓国人に参政権があるとするなら、上で述べているのと同じ理由で、それは韓国の参政権を持っているということです。日本の参政権を持っているわけではありませんね。

在日外国人も日本の参政権を”基本的人権”として持っているにもかかわらず、日本国が、まだ、それを認めていないだけです。

QQ 2009/05/26 18:48 >>rubio1919さん

>>在日外国人も参政権を゛基本的人権゛として持っているにもかかわらず、日本国が、まだ、それを認めていないだけです。
「まだ、それを認めていないだけ」などと、参政権を認めることがまるで世界の「普遍的」常識であるかのように書くのは止めて頂きたいですね。
これでは韓国に行ったことのない我々日本人でさえ、韓国の選挙権を持っていることになってしまいます。おかしいでしょう?

基本的人権といっても、誰でも無制限に行使できる訳ではなく、こと参政権においては国境の無い社会、いわゆる「世界市民社会」が実現しているならばともかく、現状に於いては、国ごとによって政治制度やその事情もそれぞれ違うのですから、日本が「国籍」というカテゴリでその権利の範囲を日本国民に限定していても何ら不当ではありません。
世界を見渡しても、外国人に対して参政権を無条件に認めている国の方が、むしろ例外と言えるほど少数なのです。

重ねて言いますが、在日が参政権を行使したければ自国の選挙で行使すればいいのであって、日本で政治に参加したいのであれば帰化すればいい、それだけのことです。
そもそも外国人に参政権を付与しても、我々日本人が得られるメリットは何一つ無いわけですから、当然、それに積極的に賛成する理由も無いわけです。
しかし逆に言えば、最もメリットのある在日韓国人の方たちが極度の「反日」でなければ…、
加えて言うなら韓国が世界で唯一の「反日民主国家」でなければ、恐らくここまで我々(反対派)が参政権付与問題に拒否(危機)感を持つこともなかったでしょうね。

rubio1919さんをあちこちのブログでお見かけしますが、既に帰化されている元在日の方のようですね。
そこでお訊ねしたいのですが、在日団体、特に民団が地方参政権付与に熱心なことについてどう思われますか?
それとrubio1919さんご自身は、この参政権付与問題を日本国民としてどのように考えられていますか。
帰化を届出制にするのでは足りない、あくまで参政権付与が必要だと思われますか?

rubio1919rubio1919 2009/05/30 00:27 Qさん

参政権は基本的人権ですから、在日外国人定住者が日本における参政権があるのは自明であり、日本国がいまだそれを認めていないという事実も否定のしようがありません。 事実そのとおりなんですから。 あなたが私の発言をどのように解釈されようが自由ですが、私があなたに「事実を書くな」と言われる筋合いはありません。 また、韓国に言及されたので言いますが、韓国はすでに数年前に在韓外国人に地方参政権を認めましたから、日本人でなくても外国人なら誰でも韓国の住民になれば(もちろん一定の条件を満たせばですが)、地方参政権は付与されます。

「外国人に対して参政権を無条件に認めている国の方が、むしろ例外」とのことですが、地方参政権に関していえば、先進国といわれる国は、日本で生まれた在日のような存在に対しては、国籍選択権か参政権のいずれかを認めており、両方とも認めない日本のような国のほうが少数派だそうです。 例えば、スウェーデンやノルウェーなどの北欧の国は、EU統合拡大以前の早い時期から外国人定住者の地方参政権を認めていましたし、また、イギリス、フランス、ドイツなどの国は、EU市民ではない外国人には参政権を認めていませんが、イギリスは国籍の付与が出生地主義であり、フランス・ドイツは永住者の子供には国籍選択権を付与しているので、参政権どころか国民と全く同等の権利を外国人二世以降に保障しています。

在日に対する参政権の付与について、あなたがどのような意見を持とうが個人の自由ですが、「在日韓国人が極度の反日」かのような物言いは、在日を知らない根拠のない偏見だと言っておきます。 また、「在日は国籍国で参政権を行使せよ」とのことですが、参政権は生活を送る場で与えられてこそ意味があるのです。 在外邦人には日本の地方参政権がありませんし、国政についても長らく認められていなかったように、本来、参政権とは、居住地において保障されるべきものなのです。

さて、あなたの質問ですが、「民団が地方参政権の付与に熱心なことについて」は、私には何の問題もありません。 「在日の法的地位の向上を目指す」という彼らの存在趣旨からすれば、当然の要求でしょう。 「日本国民としてどうか」とのことですが、定住外国人に対する参政権の付与は、彼らの人権保障の見地から必須のことなので、そのようなことについて、私が日本国籍であるかないかは何の関係もありません。 また、特別永住者に対する日本国籍選択権(届出制)と外国人参政権の問題は別個の問題だと認識しています。 両方とも、早急に実現されるべきだと思います。

QQ 2009/05/30 11:35 rubio1919さん

貴方が例に出したヨーロッパですが、過去、確かに移民を積極的に受け入れてきました。
しかし、犯罪率や失業者の増加等による社会不安により、民族間の対立を煽ってしまい、その結果、各国で右翼勢力の台頭を招くことになってしまいました。
その反省から、近年、欧州諸国では外国人に門戸を閉ざす政策に舵を切っているのです。
rubio1919さんは知らなかったのでしょうか?

あのデンマークでさえ、移民排斥を唱える国民党が政権を取りました。
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~yamawaki/kyosei/kanrennews.htm

オランダ
http://www7.atwiki.jp/epolitics/?cmd=word&word=%E6%AC%A7%E5%B7%9E&type=normal&page=%E5%A0%B1%E9%81%93%E8%A8%98%E4%BA%8B%2F%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%81%AE%E7%A7%BB%E6%B0%91%E9%96%A2%E9%80%A3%E5%A0%B1%E9%81%93

イギリス
http://www7.atwiki.jp/epolitics/?cmd=word&word=%E6%AC%A7%E5%B7%9E&type=normal&page=%E5%A0%B1%E9%81%93%E8%A8%98%E4%BA%8B%2F%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%A7%BB%E6%B0%91%E9%96%A2%E9%80%A3%E5%A0%B1%E9%81%93

ドイツ
http://www7.atwiki.jp/epolitics/?cmd=word&word=%E6%AC%A7%E5%B7%9E&type=normal&page=%E5%A0%B1%E9%81%93%E8%A8%98%E4%BA%8B%2F%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%AE%E7%A7%BB%E6%B0%91%E9%96%A2%E9%80%A3%E5%A0%B1%E9%81%93

つまり、欧州の移民政策は失敗だったわけです。
日本も欧州の失敗に学ぶべきでしょう。

QQ 2009/05/30 11:38 もうひとつ、韓国では外国人に地方参政権を認めているとおっしゃってますが…、
韓国で外国人参政権を持つ日本人は51人
東南アジア系は在韓80万人の内わずか11人

貴方も韓国の参政権付与に条件があることをご存知のようですが、一応書いておきますね。

◇永住権を獲得して3年以上経過した19歳以上

永住権を取得するには
?50万ドル以上を国内に投資、韓国人を5人以上雇った者
?先端技術分野及び特定能力保持者、又は特別功労者
?年間所得が前年度一人当たり国民総所得(GNI)の4倍以上
?12年韓国に居住していて韓国人一人当たり国民所得以上の収入を得ている者

これでは、制度上は参政権を認めていますが、運用面では事実上、外国人を排除しているのと同じではありませんか?
上とまったく同じ条件を、在日に課してもいいとおっしゃるのであれば考えなくもないです。(笑)

kiost-cornkiost-corn 2009/06/01 12:18 頑なに帰化を拒否してる時点で反日でしょうよ。

rubio1919rubio1919 2009/06/01 22:44 >>Qさん
>貴方が例に出したヨーロッパですが、過去、確かに移民を・・・
>近年、欧州諸国では外国人に門戸を閉ざす政策に舵を切っているのです。
>rubio1919さんは知らなかったのでしょうか?

論理のすり替えですか? 移民政策の話をしていたわけではありませんよ。 あなたが「外国人に対して参政権を無条件に認めている国の方が、むしろ例外」と仰ったので、外国人に参政権や国籍選択権を認めている国を例示して、先進国といわれる国の中で、在日のような存在に対して国籍選択権も参政権もともに認めない日本のような国は少数派だと言っただけなんですが。

>もうひとつ、韓国では外国人に地方参政権を認めているとおっしゃってますが…、

これも、あなたが「これでは韓国に行ったことのない我々日本人でさえ、韓国の選挙権を持っていることになってしまいます。おかしいでしょう?」と仰って韓国に言及されたので、韓国では永住者にはすでに地方参政権を認めているという事実を言ったまでです。 百歩譲って、仮にもし韓国が在韓永住者に参政権を付与していなかったとしたら、私は同じように、「在韓外国人も参政権を゛基本的人権゛として持っているにもかかわらず、韓国がまだそれを認めていないだけ」と言いますよ。 先のコメントでmizuki_yuさんが仰ったように、近代民主主義国家において「参政権は基本的人権である」との観点に基づいてね。

>◇永住権を獲得して3年以上経過した19歳以上

韓国で参政権が付与される条件がそのとおりなら、日本の成人特別永住者は全員が参政権を持つ条件をクリアしていることになりますね。

>永住権を取得するには
・・・・・
>上とまったく同じ条件を、在日に課してもいいとおっしゃるのであれば考えなくもないです。(笑)

またまたこれも、「永住権を取得するには」って、永住外国人に参政権を付与すべきかどうかの話を、永住権取得条件の話とすり替えですか? 外国人の在留資格は、日本国内においても、日本国籍者から、特別永住者、永住者、定住者、在留特別許可、観光ビザ等、個々人の日本滞在の経緯・事情の差異によって様々なんですよ。 ましてや国情の異なる他国の在留資格との比較は、あまり意味がないと思うのですが? それとも、在日のような経緯で韓国に定住している外国人が一人でも韓国にいるんですか?

springirlspringirl 2009/06/01 23:54 >在日のような経緯で韓国に定住している外国人が一人でも韓国にいるんですか?

在日のような経緯とは、どのような経緯でしょう?
この際ハッキリしてください。

QQ 2009/06/02 12:05 >>論理のすり替えですか?移民政策の話をしていたわけじゃありませんよ。
あのですねえ、在日はどう見ても移民(難民)です。それに欧州における外国人参政権とは、EU相互主義によるものであり、そのほとんどの国がEU市民であることを参政権付与の条件としているのですよ。
それをそのまま日本と韓国に当てはまめて論じるのが間違いです。
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/data-table.htm

それからrubio1919さんは何か勘違いしてませんか?
在日をフランスに永住しているドイツ人やイギリス人などと同じに考えられているのかもしれませんが、それらと比較するのがそもそもおかしいんです。むしろドイツのトルコ人移民、オランダのモロッコ人移民等と比較するべきでしょう。
在日問題は本来、移民政策の問題として論じるべきです。

>>韓国で参政権が付与される条件がそのとおりなら、
>>日本の成人特別永住者は全員が参政権を持つ条件をクリアしていることになりますね。
日本で韓国と同じ条件を課したら、参政権以前に在日の大半が永住権を得られないでしょう。
それから話のすり替えではなく、韓国では、永住権付与条件と参政権付与条件が一体化しているという話です。

rubio1919さんのおっしゃっている「国籍選択権」ですが。今ひとつ意味が分かりませんね。
終戦前から居住する在日の人達に対して、韓国・朝鮮籍もしくは日本国籍の好きな方を選択できる国籍選択権を与えるべきだったという話ですか?
当時は、そういった提案に対して韓国政府が拒否的態度を示し、在日朝鮮人自身も消極的態度だったようですので、この点をとりあげて選択制度をとらなかった事は不当であると解釈するのは無理があります。
まあどっちにしても、戦後日本に渡ってきたニューカマーの在日は適用外でしょう。

また在日には「帰化制度」という事実上の国籍選択権が与えられているのですが、それでは不満なのでしょうか。貴方の言う国籍選択権とはどのようなものですか?
帰化の届出制度と何か違うのですか。

QQ 2009/06/19 11:37 権利は一度与えると奪うことはできません。

いずれ特別永住者がすべて同化していなくなればいいのでしょうが、それでも特定国の人があまりにも多すぎる。
外国人への参政権付与に賛成する人達は、ハワイ王国がどのようにアメリカに併合されたのかを今一度考えてみて欲しい。

rubio1919rubio1919 2009/07/11 16:06 Qさん

>欧州における外国人参政権とは、EU相互主義によるものであり、そのほとんどの国がEU市民であることを参政権付与の条件としているのですよ。
 
そうでもありません。 世界で国籍を限定せずに外国人に選挙権を付与している国は、以下24カ国です。(外国人参政権 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)
・国政かつ地方レベル:ニュージーランド、チリ、ウルグアイ、マラウィ
・地方レベル(国内全域):アイルランド、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランド、ハンガリー、スロバキア、スロベニア、ロシア、リトアニア、エストニア、ベネズエラ、韓国、イスラエル
・地方レベル(一部地域):スイス、オーストラリア

これらのうち、12カ国が欧州連合加盟国です。 EU諸国の半数近くが国籍を限定しないで外国人に参政権を付与していますから、あなたの主張は間違いです。

>貴方の言う国籍選択権とはどのようなものですか?
>帰化の届出制度と何か違うのですか。

「帰化の届出制度」です。

MUSKAMUSKA 2009/08/19 10:18 【大阪】タクシー盗んだ韓国人逮捕、「どけや、ばばあ!」と通行人に悪態をつきクラクション、現金見つけると「よっしゃー!」と声[08/18]
 大阪市北区でタクシーを盗んだとして韓国籍の35歳男を逮捕
 大阪市北区で13日、タクシーを盗んだとして、韓国籍の男が逮捕された。FNNが独自入手した車載カメラの映像には、犯行の一部始終が映っていた。
 タクシー車内を映し出すカメラ映像の中で、突然、窓ガラスをたたき割り、Tシャツ姿の男が乗り込んできた。外にいた運転手が、タクシーが奪われたことに気づき、「こら! 誰じゃお前!」と叫んで走って追いかけたが、男は逃走した。
 男は、「どけや、ばばあ!」と通行人に悪態をつき、クラクションを鳴らした。男は、運転手が置いていた制服を物色し、中にあった現金を見つけると、「よっしゃー!」と声を上げた。
 13日に大阪市北区で起きたタクシー泥棒の一部始終が、車載カメラに映っていた。
 この映像が動かぬ証拠となり、自称リサイクル業で韓国籍の金博司容疑者(35)が窃盗の疑いで逮捕された。
 乗り捨てられたタクシーには、証拠を消すためか、消火剤がまかれ、売上金およそ3万円がなくなっていた。さらに、タクシーが奪われたおよそ30分後には、近くで女子中学生がかばんをひったくられる事件が起きている。ひったくり犯は、タクシーを運転していたということで、大阪府警は、金容疑者の犯行とみている。金容疑者は、警察の調べに対し、「今は何も話せない」と口を閉ざしている。
 ソース:FNNニュース (08/18 18:54 関西テレビ)
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00161229.html
 タクシー窃盗で男を逮捕 ひったくりに使用か 大阪府警
 大阪市北区で13日、駐車中のタクシーが盗まれた事件で、府警捜査3課と大淀署などは18日、窃盗容疑で大阪市城東区関目、自称リサイクル業、金博司容疑者(35)を逮捕、送検したと発表した。
 市内では7月から8月17日までに、乗用車によるひったくりが29件発生。13日もタクシー窃盗から約30分後に、北区内でこのタクシーを利用したとみられるひったくりが発生しており、府警が関連を調べている。
 逮捕容疑は、13日午後0時55分ごろ、北区長柄東の路上で、運転手が離れたすきに、駐車してあったタクシー(トヨタクラウン、現金3万円在中)を盗んだとしている。金容疑者は「何も話せません」と、容疑を否認しているという。
 ソース:MSN産経ニュース 2009.8.18 16:25
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090818/crm0908181626016-n1.htm
 ▼動画
 【Youtube】タクシー強盗 在日韓国人の手口 大阪 2009.8.18

家賃0円家賃0円 2009/10/18 23:35
<選挙直後>↓に向かって読んでください
民主党:待ちに待った日がやってまいりました!
有権者:在日に選挙権をあげたりする?
民主党:そんなことはありません!
有権者:財源はちゃんと確保されてるんだよね?
民主党:当然です!
有権者:投票した人たちを裏切ったりする?
民主党:いいえ、決してそんなことはいたしません。
有権者:景気をよくして雇用も所得も増やすんでしょ?
民主党:もちろんです。どんどん増やしますよ!
有権者:赤字国債は発行するの?
民主党:永遠にありえません!
有権者:日本人が住みやすい国にしてね
<選挙45日後>↑に向かって読んでください

通りすがり通りすがり 2010/10/23 03:42 ★朝鮮人強行連行説は左翼が在日の地位向上のために広めた大嘘★

http://www.youtube.com/watch?v=9NA22FXZDcY
宮台真司が左翼の嘘を語っている


宮台「在日の大半は韓国を捨て日本に一旗上げに来た連中
   韓国では在日は日本なんかにいきやがった裏切り者として差別の対象になる。
   左翼はそういった部分を覆い隠し
   左翼は弱者を守るということで在日が強制連行されたと嘘をついてきた
   在日のかたも都合がいいからそれに甘んじる」
   
  「在日の中には本当に強制連行されたと信じてしまって、それにたいして批判する人間を
   右だの国家主義だの批判をしてきたツケを浴びた」




●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」
●正論2003年6月号掲載  評論家 黄 文雄 
「誇り高き台湾少年工と「強制連行」どころか勝手に日本に殺到した朝鮮人の落差」
●朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。
『朝日新聞 1959年6月16日付』(「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」
●1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸は昭和16~19年の間は1万4514人。
「国民徴用令」による徴集は19年の9月以降の僅か4ヵ月間であるから、単純に計算しても、この期間に徴用された者は
16~19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人ほどにすぎない。昭和20年9月1日以前は679名であり、
それを加えた概算1889人ほどが、真に徴用の名に値する在日朝鮮人だという事になる。仮に「官あっせん」を
徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月~19年8月の来日者の推計数を全部加えても
約1万1300人ほどである。従って、在日全体の僅か0.5%未満にすぎない事になる。





★朝鮮人の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg

■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。



「これでは困る韓国」呉善花、崔吉城 1997 より

呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」



【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、
「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」と
たしなめる息子。ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで
見つかったのでリンクを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea

これはインターネットが普及する前に放送されたもので、確かフジ系列の「NONFIX」という深夜番組だったと思います。
最後に「うちの息子は思想がないの」といわゆる強制連行説が嘘であることを認めます。
強制連行なんか存在しない事がわかる貴重な資料です。



「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。」
1959年7月13日朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
1959年7月13日 朝日新聞






「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 89 原書房
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
現在の在日韓国・朝鮮人の大部分は強制連行と無関係
さらにここで指摘しておきたいことは、在日韓国・朝鮮人(その父祖を含め)と、 強制連行との関係である。朝鮮大学校編「朝鮮に関する研究資料(第四集)」によ れば、「日本に住んでいる大きな部分を占める朝鮮人は太平洋戦争中に日本の官憲 によって強制徴用され……」とあり、在日韓国・朝鮮人は口を開けば必ずのよう に、「われわれは日本政府によって強制連行されてきたものだ」と主張する。だが この表現は正確ではなく、むしろ事実に反するというべきだと思われる。 1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸年は上の表のようになっている(表省略・昭和20年9月1日以前の日本上陸者の内8万3030人の調査)。この表によると日本政府が朝鮮人の来日を取締まっていた昭和10年までに渡来したものが全体の53.7%と、半分以上になる。昭和11〜15年はまだ民間の自由募集の期間だし、次の昭和16〜19年の中でも、国民徴用令による徴集は昭和19年の9月以降のわずか4ヵ月間であるから、単純に計算すると、この期間に徴用されたものは昭和16〜19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人(全体 の1.46%)にすぎないことになる。これに、次項「昭和20年9月1日以前」 の679名(0.8%)を加えた概算1889人(2.3%)ほどが、真に強制連行の名に値する在日朝鮮人だということになる。かりに「官あっせん」を強制徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月〜19年8月来日者の推計数を全部加えても、約1万1300人余(14%)にすぎない。この推定は、昭和16〜19年間の月間 来日数を均等として考えたものであるが、実際には、関釜連絡船の運航は終戦が近 くなるにつれ次第に困難になりつつあったから、昭和19年後半の来日徴用者も減少し ているはずである。すなわち、どんなに強制連行の概念を広く解釈しても10%を大 きく超えることはまずあるまい。この数字は在日韓国人自体の調査によっても裏付けられている。1988年2月に 発刊された「”我々の歴史を取り戻す運動”報告書」(在日本大韓民国青年会中央本部)には、全国千百余人の一世から直接聞きとりした調査結果が収録されてい る。これによると、渡日の理由として「徴兵・徴用」は13.3%にすぎず、経済 的理由(39.6%)、「結婚・親族との同居」(17.3%)に次いで3番目で ある。この13.3%のうち、徴兵は0.5%で、残りが徴用ということになる。しかし、「渡日年度別に見た渡日理由」によると、徴用は1926〜30年に6 人、1931〜35年に9人、1936〜40年に51人とある。国民徴用令が公布されたのは1939年7月であって、これが朝鮮に適用されたのは前述のように 1944年9月であるから、この「徴用による渡日という」回答は思い違いによる ものと考えられる。従ってこの人数はのぞかねばならない。 1941〜45年の徴兵、徴用と答えた76人も、その大部分は記憶違いというよ りほかはない。徴用が実施されていた1944年9月以降終戦までの一年分だけを 前期の方法で算出すれば16人、すなわち全体の1.5%にしかならない。また、 法務省の数字のアンケート調査の場合と同様、官あっせんを徴用と考えても(1942年2月以降)59人=5.4%となり、徴兵を加えて5.9%である。  民団発行の「法的地位に関する論文集」(1987)にも「1世の大半が1930年代初期に渡航して永住するに至った経緯からすると……」と、みずから、徴用による渡来が僅少であることを認めている。このことは理屈の上から考えても当然のことであろう。着のみ着のまま徴集され、人里離れた炭坑や鉱山で虐待酷使されていた者が、日本に残ろうと考えることは想像しがたいことである。彼らは日本の一般社会とほとんど関係なく生活してきたのであって、言葉もろくに出来ず、日本で生活していく基盤ももっていない。彼らは日本に来て、一番長い者でも (官斡旋を徴用とみなしても) 5年そこそこなのであるから、故郷とのつながりは十分持続しているはずである。特に彼らは、妻子を置いて一人だけで徴用されており、その移動はきわめて容易であった。これら徴用された人々の大部分は終戦直後早々に、この、"恨みの島"から故郷へと飛ぶようにして帰ったものとみられる。


大半、自由意思で居住
────────────
外務省、在日朝鮮人で発表
────────────
戦時徴用は245人


在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。
一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。
一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。
戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、
現在、日本に居住している物は犯罪者を除き、自由意思によって在留したものである。(1959年7月13日 朝日新聞)
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg




在日一世の八割以上は、上陸年不詳。つまり密航者。

法務省編 在留外国人統計(1974年度版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm
ビラのHPより
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/



戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、
当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワー
クを 頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占
める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を
奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。

今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率
を占めている。日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で
密入国者に関しても寛大に扱った。

米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授
http://web.archive.org/web/20041010011826/http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/gaikokujinnno.html

在日一世のほとんどは、不法入国の犯罪者




http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)







第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる





昭和34年当時在日総数61万人
そのうち徴用(在日のいう強制連行)
で日本に来て日本にそのまま住み着いたのはたった245人だけ
他は自由意志で勝手に住み着いた連中

http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
(朝日新聞 1959年7月13日)
http://saturn-tv.net/~chinkoku/readres.cgi?i=on&bo=aho&vi=1140101042&rs=1&re=5
在日自ら強制連行の嘘を認め始める


  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゛    在日の方々はかわいそうな強制連行の被害者
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>     
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゛: Y;;f      そんなふうに考えていた時期が
   〜''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!    俺にもありました





密入国ソースの事実は下のビデオのpart1の46分35秒からの宮台の言ってること

宮台真司 vs 小林よしのり vs 菅野稔人
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日)part1
 http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/326/marugeki326-1_300.asx
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日 part2
 http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/326/marugeki326-2_300.asx






俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
「コリアン世界の旅」野村進 講談社 1996 より

強制連行された朝鮮人のほとんどは、戦後まもなく日本政府の計画送還で帰国していること。
在日一世の大半は、戦前から日本に住み続けているか、戦後密航で来たかのどちらかであるということ。
これらは研究者のあいだでは、すでに定説となっているのだが、
日本人一般には正反対の言説が「事実」であるかのように漠然と信じ込まれてきた。
その最大の原因は日本のマスコミの認識不足だが、
在日の特に知識人が往々にして「私たちは無理やり連れてこられた」といった言い方をしてきたことにも一因がある。




■韓国大統領・朴正煕は在日朝鮮人が密航者である事を公式に認めています(日韓条約批准書交換での談話 )
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19651218.S1J.html

親愛なる在日僑胞の皆さん! 現在60万人以上と推算されている在日同胞のこれまでの苦労が
どれくらいつらかったことかを,私は誰よりもよく知っています。

在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると,ひとえにそれは本国政府の責任となる他
ありません。
したがって,これまでに在日僑胞の一部が共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に加担するようになったのも
実は大部分本国政府が在日同胞をより暖く,より徹底して保護できなかった責任であるといえます。
これとともに私は,これまで分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留され,祖国のあるべき国民になれなかった
同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞
>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞
>>分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留された同胞

内務省調査
年代  在日朝鮮人居住人口
1917  14502人
1920  30189人
1920  在日朝鮮人の急増により、付近住民とトラブル→『朝鮮人内地渡航制限』を実施
1925  129870人
1930  298091人
1935  625678人
1939  『朝鮮人内地移送計画』始まる。32万人の労働者が渡日。この32万人は1945年からの帰国船で優先的に殆ど帰国する
1939  福岡のみで毎月200名余りの密入国者
1940  1190444人
1941  1469230人
1942  1625054人
1943  1882456人
1944  1936843人
1944  『朝鮮人内地渡航制限』撤廃
1945  2365263人
1946  日本敗戦により、密入国者(21420人)、強制送還者(15925人)が急増。(警察庁調)
1947  密入国者(6888人)、強制送還者(6296人)
1948  密入国者(8500人)、強制送還者(6207人)
1949  密入国者(1641人)、強制送還者(7663人)
1950  密入国者(3612人)、強制送還者(2319人)
1950  朝鮮戦争勃発により、多くの朝鮮人、韓国人が親類を頼って日本に密入国
1951  密入国者(4847人)、強制送還者(1172人)
1952  密入国者(3263人)、強制送還者(2320人)
1953  『外国人登録法」制定。日本経由の北の工作員対策で韓国政府が強く要請
1953  密入国者(1404人)、強制送還者(2685人)
1965  『朝鮮人強制連行の記録』出版。この本をきっかけに在日が強制連行と偽り始める
1998  特別永住者(=在日)52万8450人、一般永住者・2万6425人 (入国管理局調)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/03/h0305-1b.html

愛国者の元陸上自衛官@切込隊長愛国者の元陸上自衛官@切込隊長 2016/06/30 22:01 日本の愛国者の皆さん!!
今、巷で猛威を振るっている「土屋敏男を抹殺しよう !」と言う保守を偽装した反日ニートパヨク工作員の討伐にご協力下さい!!

こいつは国民が知らない反日の実態等の保守系サイトをひたすら荒らし回っていて、特に国民が知らない反日の実態では「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄を荒らしまくった末に封鎖に追い込む等の多大な実害も出しています。
そして荒らしを注意した人には「モーホー恨島工作員」等の意味不明なレッテルを張って執拗に粘着攻撃します。

こいつは一見保守を装っていますが、以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった為、その正体は反日パヨク工作員である可能性が極めて高いです。
純粋に保守の立場から国民が知らない反日の実態に疑問点があるなら理由を正直に言えば良いだけの事であり、それが出来ないと言う事は真っ向から国民が知らない反日の実態に反論しても歯が立たない低能反日パヨク工作員である事の何よりの状況証拠ですからね。

こいつは毎日の様に真夜中の3時や4時にも多くの書き込みをしている為、無職でニートのネット廃人と断定出来ます。

以下はこいつが「てきとう」と言うパヨクサイトを荒らした際に晒されたIPアドレスとホスト名です。

2016年4月24日:i125-203-84-222.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.84.222)
2016年4月30日:i60-34-118-180.s61.a013.ap.plala.or.jp(60.34.118.180)
2016年5月10日:i125-203-75-71.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.75.71)
2016年5月16日:i118-20-90-99.s61.a027.ap.plala.or.jp(118.20.90.99)
2016年5月17日:i125-203-72-47.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.72.47)
2016年5月23日:i125-203-86-91.s61.a013.ap.plala.or.jp(125.203.86.91)

ハッキングの出来る方はこいつのIPアドレスとホスト名からこいつの個人を割り出した上で警察に通報して下さい。
こいつは過去の発言から察するに山口県在住である可能性が極めて高いです。

【モーホー恨島工作員連呼厨の正体とは!】

★山口県在住 旧名称は「般若ライナーズ」。
★重度のネット廃人で役立たずのニート。
★様々な保守系サイトに神出鬼没して、個人狙いでの荒しや誹謗中傷、ヲタク叩きを毎日している。
★卑猥な言葉や、その他、放送禁止(自粛)用語、「モーホー恨島wwww」等の意味不な発言を連発。
★以前にニコニコ動画やyou tubeでも大規模な荒しを行い、国民が知らない反日の実態@Wikiの「日テレの不祥事年表」のページのコメント欄をとことん荒し、(コメ欄を)封鎖させたクソ野郎。
★愚かで下劣な馬鹿ニートパヨクで、生まれつき、脳みその思考回路がストップし、ぱよぱよちーん状態になった反日売国奴でもあり、成り済まし日本人(通称:ザパニーズ)の一人でもある。
★こいつの正体が保守で無くパヨクなのは以前「何故お前は自称保守なのに保守系サイトの国民が知らない反日の実態を攻撃するのか?」と保守系サイト攻撃の理由を質問された際にはぐらかすばかりで何も答えられなかった事で完全に証明されている。
★自衛隊を「モーホー自慰隊」と呼んで侮辱する等の明らかにパヨクとしか言い様の無い行為も繰り返している。

この反日売国工作員を見かけたら警察や他のプロバイダーへの通報を!
こいつに関する情報をお持ちの方は以下のスレに情報提供願います。

土屋敏男を抹殺しよう !と言う荒らし野郎
ttp://anago.open2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1404039312/l50