Hatena::ブログ(Diary)

雑食主義 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-26

ジャンル「俳句・川柳・短歌」

正直、俳句短歌はアマチュア物書きがやるには難しい様に感じて、何でも書く私だけど、暫く、このジャンルには手を出せないでいた。

しかし、エッセイ、詩、小説と書いてみて、どれも大して手応えを感じる事は出来ずに、何か新しい事をやってみようと思って、俳句川柳短歌にも挑戦する事にした。

そして、やる前に感じていた印象と、やってみて感じた事で大きかったのは俳句の面白さ。

やる前は俳句が一番、ハードルが高い様に感じて、ちょっと私には楽しめる様な感じはしていなかった。

制約が多過ぎて、ちょっと窮屈な印象もあったからである。

しかし、実際にやってみると、あら、意外。

俳句が一番、面白い。

確かに、難しい事は難しいんだけど、思っていたより、ずっと窮屈さは感じなかった。

寧ろ、制約がある事で表現の広がりを感じたりもする。

逆に川柳短歌は事前のイメージよりも難しい印象。

川柳は、五七五にすればいいだけ、と思っていたが、その五七五が中々、出来ない。

短歌俳句より文字数は多いし、季語が必要ない分だけ楽かと思っていたら、案外にそうでもなかった。

俳句季語を入れなければならない。

やる前はそれがハードルを高めていたけど、やってみると季語がある事で取っ掛かりにはなるんだよね。

要するに、どの季語を入れるかで、大体の全体像がイメージ出来るんだ。

季語のない川柳短歌はイメージが中々、固まらなかったりする。

勿論、俳句季語知識が必要で、より良い作品を作ろうと思ったら、それだけ知識も重要にはなってくるだろう。

そういう面での難しさはある。

ただ、実際にやってみて、俳句の方が初心者向きなのかな、と。

やる前は俳句自体が上級者向けの様に思っていたんだけどね。

私は俳句川柳短歌に挑戦をしてみて、今はそんな風に印象が変わりました。

勿論、人によって向き不向きがあるとは思います。

でも、それは実際にやってみてからにして欲しいかな。

私は事前に俳句には窮屈さを感じていたが、やってみたら、そうでもなかった。

やってみても、窮屈さを感じる方もいるでしょう。

また、そんなに悪い印象がなくても、やってみて嫌になる方もいるかもしれません。

ただただ、食わず嫌いだけは勿体ないなぁ、と。

今はそれだけを思います。

皆さんも機会があったら、是非にでも挑戦をしてみて下さい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gushax2/20160926/1474853404