ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Gust Notch? Diary RSSフィード Twitter

・ 映画作品の評価基準は2010-01-08の記事に書いてあります。

2006-04-30

[] 安楽椅子探偵と笛吹家の一族 (asin:B000EF7Z9K)

見ました。リアルタイムじゃないとやっぱり気合いが入らないなぁ、と思いつつ。

[] トニー滝谷 (asin:B0009Y2910)

とりあえず、本編を見ました。こちらは劇場でも見たのですが、メイキングは見れなかったので初めて。

[] 30日でできる! OS自作入門 4日目の途中

C言語での記述になりました。何も知識がないことを前提としているので、Cの説明も入ります。で、いわゆるCでの鬼門であるポインタの説明に入った。最初がアセンブラでメモリを意識しているので、ポインタの説明も素直に行く。ポインタというのは概念だから、メモリを意識しなくても理解はできる、という人もいるけど、やっぱりメモリを意識できる方がいいと思う。

2006-04-29 みどりの日

[] プレイズYMO / セニョール・ココナッツ (asin:B000EZ899A)

プレイズYMO(初回限定生産)

思った以上にフィーチャーされててびっくりですよ。YMOコーナーにあるのはいいとして、洋楽にコーナーにはジャケットおねえさんのポップはあるし、イージーリスニングコーナーにもお薦めでおいてあるし。

  • 2814 yen @ HMV

[] 安楽椅子探偵と笛吹家の一族 (asin:B000EF7Z9K)

綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(5) 安楽椅子探偵と笛吹家の一族 [DVD]

あいかわらず買ってしまってます。

  • 3800 yen @ HMV

[] IONOSPHERIC CALL / Koji Ueno Trio

「Electronic Music」が出ているかと思って行ったら、こちらは延期になっているそうです。今現在の予定では5月中旬とのこと。で、かわりにこれを見つけたので購入です。

[] トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男

トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男 [DVD]

数々のミュージシャンたちと仕事をし、彼のかかわった作品は数知れず。しかし、エンジニアである彼の名前を知るものは多くないはず。エリック・クラプトンを始め、数多くのミュージシャンに信頼を受ける彼は、実は原爆の開発にかかわった研究者でもあった。彼自身と、交友のあるミュージシャンたちへのインタビューを交えたドキュメンタリー。

私も彼の名前は知りませんでした。原題は「TOM DOWD & THE LANGUAGE OF MUSIC(asin:B00011ZBOS)」。邦題にまんまとはまってしまった私です。いや、見れて良かったと思うので、はまってよかったのですが。そういう意味ではGoodJob!です。

UPLINK X に行ったのは初めてだったのですが、ここで映画というのは正直辛い環境ですねぇ。音響は悪くないのですが、プロジェクター上映ですし、何よりも椅子が・・・。家にビデオルームとか作っちゃう人だったら、そっちの方が良い環境かも。ここと新宿ピカデリー4のどちらを選ぶかと言われたら、私はピカ4を選びます。

作品の方は一見の価値ありです。洋楽ファンならなおさら。

トラックバック割引というのをやってるようです。私は知りませんでしたが。

[] 初めてのSQL / クイープ / Alan Beaulieu (ISBN:4873112818)

初めてのSQL

とりあえず初心者向けのものを押さえてみた。「データベース実践講義(ISBN:4873112753)」はちょっとレベルが上みたいなので、まずは基礎を。

2006-04-28

[] メッコール

久しぶりに飲んだ。やっぱり後になるほどつらい。冷たいうちに一気に飲まないと。

2006-04-27

[] 奨学金その後

今日、学生支援機構に電話して確認してみました。

結論からいうと、私の場合は10%の報奨金が出るそうです。で、全額繰上返還することにしました。来月には確認の書類がくるはず。

受給時の制度が適用されるそうです。だから98年に貰い始めた私の場合は10%の報奨金になるそうだ。実際の引き落としは来月。実際に戻ってくるのは数ヵ月後です。

[] 30日でできる! OS自作入門 3日目の途中

32bitモードにいく所まで読んだ。

とりあえず、画面モードを指定してクリアするだけでは面白くないので、エラーメッセージ出力のあたりをコピーして、画面にメッセージを出すように加えてみた。

その後、キーボードの状態を検出しているので、その状態が「on」なのか「off」なのかを表示するようにしてみた。「off」と出るのは正しいわけだが、「on」の状態にならない。条件分岐の判断を間違えているかな・・・、まあ、いいか。

どうやら、CapsLockがうまく効いていないらしい。どっかのbitが立てばいいはずなので、Shiftキーを押してやるとonになった。

2006-04-26

[] 奨学金

繰上返還について確認しようと電話したらPHSからじゃつながらない。会社の電話を拝借しようかと思ったら、「ナビダイヤル」とかいうシステムで課金が発生する見たいなアナウンス。

じゃ、いつかけろと?それに、何時までOKよ?

[] QEMU

ソース取ってきて入れようと思ったらコンパイルできない。

[] 30日でできる! OS自作入門 2日目

QEMUがうまく入らないし、実ディスクがなくてもよくなったので、Windowsに移った方がいいだろうか?

とりあえず、プログラム部分は理解できたので、その前の省略されている部分が気になるので調べてみた。

この部分は、ブートセクタ中の「ディスクパラメータ」または「BIOSパラメータブロック」と呼ばれるらしい。サンプルはFAT12だけど、FAT16,FAT32,NTFSのを見つけた。

ついでにFATについてもおさらいしておく。FDの場合、16bitも必要ないので、FAT12になるわけか、ふんふん。

2006-04-25

[][] 30日でできる! OS自作入門 / 川合秀実 (ISBN:4839919844)

読みはじめてみました。1日目のブートフロッピーまでは作った。Vine上でやってたので、

  • dd bs=1024 count=1440 if=/dev/zero of=helloos.img

でファイルを作って、emacsのhexl-modeで書き込む。あとは

  • dd if=helloos.img of=/dev/fd0

フロッピーに出力。無事に動作。

アセンブラどうしよう、と思ったら、サポートページにLinux版開発セットというのがあるのを教えてもらった。

これで進めてみよう。

2006-04-24

[] 奨学金

そろそろくるだろうと思っていた残金の案内が来た。一年で20万しか減りません。そりゃ、それくらいづつしか払っていないのだから当り前なんだけど。

さて、残金は一応払える。しかし、その後の貯金の額などを考えるといろいろと考えてしまうわけで。でも、早く払えば報償金があるはずで。

まずは、明日あたり報奨金制度が残っているのか確認してみよう。なかったら無利子だから急ぐことないし。

2006-04-23

[] リドル・ロマンス―迷宮浪漫 / 西澤保彦 (ISBN:4087460347)

コメディ路線とダーク路線のどちらかといえばダーク方面なんだけど、そこはタイトルが示すとおり恋愛に関するエピソード。正体不明の「ハーレクイン」が悩める人々を導く。

異色な作品ですね。

[] 寝ずの番

寝ずの番 特別番 [DVD]

落語家の笑満亭橋鶴が亡くなった。門下の弟子達は通夜の晩に師匠の思い出を語り合う。その後、一番弟子とおかみさんも次々と亡くなり同じように通夜の晩をすごす。

寝ずの番」というのはそういう意味だったんですね。マキノ雅彦こと津川雅彦の第一回監督作品。本人は監督に徹してます。原作は中島らも

聞こえてくる話から、下ネタ満載でテレビでは放送できないという噂だったので、映画館で見ておきましょう。しかし、木村佳乃もこういう役をやるようになったんですね。話のつなぎにぎこちなさもありますが、面白いです。

客層を見ていると夫婦で来ている中年くらいの人が多かったですね。

2006-04-22

[] the EYE 2

彼に振られて自殺未遂を起こしたジョーイは、一命を取りとめたが霊が見えるようになってしまった。その後、彼の子供を身籠っていることがわかった。霊たちは出産時の胎児を狙い、輪廻転生をしようとしているのだった。

「theEYE(asin:B0000C8RA3)」と同じ監督で、いつのまにやら3部作になってました。前作は悪くなかったので時間があえば、と思っていたのですがちょうどいいので行ってきました。人数的にはあんまり混んでいなかったのですが、玄人さんが多かったらしくシネアミューズ・ウェストの前方に集中して座るという状態に。

作品の方は、ホラーとしては十分なレベルを超えているのではないでしょうか?まあ、ありがちな部分もありましたけど。なかなか目を離せない展開で、94分というのも丁度よい。

まったく情報を仕入れていかなかったので、主演がどっかで見たことある顔だなぁ・・・と思っていたのですが、途中で思い出しました。スー・チーでした。今年で30歳か。まだまだ綺麗ですね。すっかり前作のように新人さんでも使っているのかと思ってたのでちょっと意外でした。

来週から「the EYE 3」です。見れるかな?

2006-04-21

[] amazon

アフィリエイトのレポートを見たら、めずらしく沢山買った人がいたらしい。

しかしながら、設置して約一年になるけど、紹介料は微々たるものです。まあ、あまり参考になる意見はかいてなくて、ただの備忘録ですからね。期待しちゃいけないというか。

2006-04-20

[] リドル・ロマンス―迷宮浪漫 / 西澤保彦 (ISBN:4087460347)

リドル・ロマンス―迷宮浪漫 (集英社文庫)

昼休みに買ったのですが、短編集なので、一編読み終わってしまいました。

2006-04-19

[] 本当は萌えるグリム童話 / 本田透 (ISBN:4847016440)

近所の本屋で並んでた。ちょっと覗いてみたところ、妹属性やツンデレ要素に萌えようという話のようだ。最近はなんでもアリだなあ。

2006-04-18

[] 交通博物館

神田秋葉原万世橋脇にある「交通博物館」が、さいたまに移転して「鉄道博物館」となるために5月14日で閉館する。それにともない閉館キャンペーンで色々なイベントがある。その中で「旧万世橋駅遺構特別公開」というのが気になったので行ってみた。

本当は予約してから行こうと思ったんだけで、一昨日確認したら2日前までに電話で予約となっている。ガーン、もう遅い。というわけで、当日分を狙って早めに行くことにした。

9時半開館のところに10時過ぎに着いた。そしたら既に長蛇の列。混んでいるとは聞いていたが予想以上だ。列の最後に並んだら、最終回の見学にギリギリ入り込めた。危ない危ない。予約できた時には、平日500枚配布している硬券もなくなっていた。平日なのに、老若男女が集ってます。いやはや。

なるほど、万世橋駅は交通博物館を併設することで独自性を出したわけだ。どおりで中で融合しているわけね。

いやー、面白かった。スタンプラリーもしてきてクリアファイルもらってきました。

今回見学できた部分は、「初代万世橋駅遺構」という部分と、ホームへの階段。約20分ですが、最終回だったせいか、もうちょっと長くいたような気がする。

遺構の方は、万世橋の上から交通博物館側を見た時のアーチ状の部分の内側になる。もらって来た「旧万世橋駅のうつりかわり」という資料を見ると、「3代目万世橋駅」という図が、今回入れた部分の構造そのままになっているのが分かります。中もアーチ状になっており、ここで万世橋駅に関しての短い映画をみせられる。天井には高架橋の鉄骨が見える。係の人に尋ねてみたところ、これは中央線ではなく、引込線の方の部分だそうだ。

で、ホームへの階段を登って行くと、外には出れないが上半分ガラス張りの状態になっていてホームが望める。今回のためにこの工事をしたのかわからないけど、以前はこうなってはいなかったらしい。すぐそばに、これは配置といい、このために作られたと思われる、新しめの駅標が置いてある。でも、読みは右から左へ。このホームへの階段の両側を、いまも中央線が走っていて、見学中も時おり通過する。

博物館内の1階休憩室が、昔の中央階段跡の部分を使っていて、階段も一部そのまま利用してある。今回、この奧からホームへと続く階段(旧中央階段、今回公開している方よりも造りが立派らしい)の部分もガラス越しに見れるようになっていたのだけど、天井は閉じてしまっているみたいで、こちらからはホームには出られないみたい。

[] ナスカ展

交通博物館を一通り見た後に、遺構見学まで時間があくので国立科学博物館でやってる「ナスカ展」を見に行ってきた。一応ここまでは予定どおり。新館がオープンしてから本館は工事中らしい。

ナスカといえば地上絵ですが、意外と土器や織物がたくさん出土していたんですね。しかもミイラもあるし、変わった習慣もあったようだ。今まで知らなかったことが沢山。

ついでに、常設展も覗いてみる。前回見ているけれど・・・と思ったらなんか全然変わっている。そうか、前回来たときには完全オープン前だったんだ。

さらについでに、朝永・湯川、両博士の展示もあったので見てきた。ノーベル賞のメダルが展示してありました。

[] アンビエント・ファインダビリティ / 浅野紀予 / Peter Morville (ISBN:4873112834)

アンビエント・ファインダビリティ ―ウェブ、検索、そしてコミュニケーションをめぐる旅

アキバのヨドバシに入ってきました。いやぁ、デカいね。上に有隣堂があったのでそこで買ってきた。

裏側はすっかり変わってしまって。ロビン電子とかあったとこは跡形もなく。

[] この数学書がおもしろい / 青木薫, 数学書房編集部 (ISBN:4826931018)

一通り目を通してみた。面白そうなというか、気になる本がいくつかあるなぁ。読んでも分かんないものもあると思うけど。

これだけ数学書が並ぶ中で、妙な推薦書を出している先生もいて、それはそれでなかなかよろしい。

出てきた中で読んだことがある本は2冊。どちらも数学書ではないというのが微妙な感じ。

2006-04-17

[] 「神田川」見立て殺人 / 鯨統一郎 (ISBN:4094080783)

さっそく読み終えました。作者お得意の連作短編ってのはいいんですけど、形式にこだわりすぎたかなぁ、という感じ。推理ものとしても、ギャグものとしても物足りない。

[] 開発の現場 Vol.004 効率UP&スキルUP エンジニアのための実践ソフトウェア技術誌 / SE編集部 (ISBN:4798110760)

開発の現場 Vol.004 効率UP&スキルUP エンジニアのための実践ソフトウェア技術誌

出てたのは知ってたんですが、近所の本屋にはなかなかならばなかったんです。

[][] 現在公開中の作品

映画生活のフォーマットが変わったみたいなので、それに対応。

2006-04-16

[] 録画失敗

予約はしてあったのだけど、録りためていたのを見た後に電源をOFFにし忘れていて録画予約状態になっていなかった・・・(; ;)

マッキーには縁がなかったということで。エルポポはこれからチェックしていくしかないか。

[][] ピアノで弾き倒す華麗なるロック・クラシックス / 三柴理 (ISBN:4845609878)

ピアノで弾き倒す 華麗なるロッククラシックス with CD

こんなものが出ていたというのをつい先日知ったので、チネチッタに行ったついでに山野楽器のGUITAR SPOTの楽譜売場を覗いてみたらあったので購入。

目当ては楽譜よりもCD。

  • 2625 yen @ GUITAR SPOT

[] かもめ食堂

かもめ食堂 [DVD]

フィンランドに日本食の食堂「かもめ食堂」を開店して1ヶ月になるがお客がまったくこない。やっと来た第一号は日本かぶれの青年。彼に「ガッチャマン」の歌詞を知らないかと尋ねられ、どうしても思い出せなくて悶々としていたとき、一人の日本人観光客を見つけ声をかけてしまう。

小林聡美もたいまさこ、ということで、これで室井滋がいたら「猫が好き」だぞ!というキャストにひかれて見にいきました。舞台はフィンランドだけど、別に日本でもいいんじゃないかと思えるくらい、なにげない日常の一部を切り取った、まったりとした作品。

おもしろいか?と聞かれたら、うーん?とちょっと考えるかもしれない。でも、つまらないか?と聞かれたら、NOと即答できる。なんだかわからないが引き込まれてしまうのだ。そんな不思議な作品でした。

原作は群ようこで、そちらの方ではもっと背景も含めて詳しいらしいのですが、それをバッサリとなくした映画版は、独特の作品になっていることでしょう。ちょっと原作の方も気になりますね。

っていうか、見てるとパンが食べたくなったりコーヒーが飲みたくなったりするわけですよ、これが。

[] 広瀬正

数年ぶりに2chSF板を眺めていたら広瀬正スレッドがまだ存在していた。いつまで読んだか忘れてしまっていたが、とりあえず途中から読んで見た。

やはり探している人はいるらしい。本屋に行くとチェックしていたのだけど、ほとんどの書店で在庫は尽きているみたい。前回の再販から10年ですから。

私が広瀬正の本と出会ったのは中学生の時で、高校生の時には図書館で全部借りて読んだ。そのあたりのことはここにまだ残してある。

さて、2chのスレでは絶版ではないかという雰囲気のようですが、集英社のサイトでは検索するとひっかかる。目録にあるということはまだ絶版とはいわないのじゃないかな?逆に絶版じゃないから、重版の見込もあるってことだし。

さて、広瀬正についてなら、以下のサイトがオススメです。

[] 渋谷の書店

そうそう、渋谷の某大型書店が9月で閉店っていう噂は本当ですかね?

昨日もある本を探して、そこも含めて渋谷で3軒回ってみたんですが見付からず。私の探す本はそこにある確率が一番高かったので、そこに無いってことはある意味全滅で、予想どおり見付かりませんでした。

#新刊なんですけどね

そういうわけで、渋谷で、私の買うジャンルが一番揃っているのはそこなのですが、それが無くなると本を買うために新宿か池袋まで足を伸ばす必要がでてくる。ちょっと不便になるなぁ。

2006-04-15

[] 歯医者

3ヶ月ごとのクリーニングに行ってきました。

去年虫歯を抜いた結果、噛み合わせのなくなった奥歯の抜歯を薦められた。実はもう一本別のワケアリ歯があって、それもあわせて薦められたのだけど、とりあえず保留にしておいた。

[] ラストデイズ

ラストデイズ [DVD]

人気絶頂の中、精神を病んでいたアーティストのブレイクは、リハビリ施設を抜け出し森の中を彷徨っていた。彼の周囲にはいろんな奴等が居ついていた。彼の家にも常に居候がいる。彼は一人になるために庭にある小屋に籠る。

1990年代前半に活躍したバンド、ニルヴァーナのボーカルであるカート・コバーン自殺をする前の数日間についてを描いた、あくまでもフィクション。状況の説明もなく、叙情的に物語は進む。なもので、人物の関係がよくわからなくて困る。見終っても良くわからなかったし。

うーん、私自身、そういう内容だということで気になったので見にいったわけですが、ニルヴァーナは「Nevermind(asin:B000003TA4)」しか持っていないので詳しいわけではない。見る前に予習していった方がいいかもしれない。

内容はあまりにも淡々と進むので一瞬寝てしまいそうになりました。見に行ってから気づいたんだけど「エレファント(asin:B0002XG8KQ)」の監督さんですよね。なるほど、手法が同じだ。

[] 「好きだ、」17年前に忘れてきたもの〜ユウのいた風景〜 (asin:B000CNEDO4)

好きだ、~PROLOGUE~ [DVD]

サントラはでてないようなので、これ買ってみた。

5分しかないので、映像つきサントラシングルって感じ。曲も2曲だし。値段も。エンディングの例の曲がちゃんとフルコーラス入ってます。

予告編(未公開ロングバージョン、2分40秒)がボーナストラック。ポストカードつきです。

  • 979 yen @ HMV

[] 「神田川」見立て殺人 / 鯨統一郎 (ISBN:4094080783)

「神田川」見立て殺人 (小学館文庫)

先月の小学館文庫新刊だったらしいのだけど、見落としていたので購入。先月の新刊の割には店頭在庫が少ないのは何故?

  • 650 yen @ 中原ブックランド

[] ミステリアス学園 / 鯨統一郎 (ISBN:4334740472)

こちらは早くも読み終えました。設定は面白いと思うんだけど、話はどうかと言われるとちょっと微妙かな。

「仮題・中学殺人事件(ISBN:4488405134)」に似てますね。

[] 「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック / 中村俊介, 植村元雄 (ISBN:4798109428)

こちらは、やっと読み終えました。まあ、個人的に気になる点は大体説明がされていて、やっぱりそうだよね、といったところです。

私はこの本でいうところの「開き直りタイプ」で作成してました。まあ、個人的には、ダメならダメで、某鼠園や某芸能事務所のように、警告を出してくれた方が対応がはっきりしていていいですね。あるいは、使用許諾の手続きなり窓口が明確になっているというのがいい。どちらかというと後者の方が理想。ガイドラインが示されるという点で。

さて、こちらの本については、以前コメントをいただいた柴田さんのページもこれから読んでいこうと思ってます。

柴田晴廣柴田晴廣 2006/04/17 13:00  拙稿紹介してくださりありがとうございます。

2006-04-14

[] もつれっぱなし / 井上夢人 (ISBN:4062753626)

講談社文庫の新刊に井上夢人があったので、「おっ!」と思ったのですが、文春文庫(ISBN:4167636018)の再販でした。

たのむから新作を!

[] エル・ポポラッチ

初めて見ました!話題のエル・ポポラッチ。オンエアバトルの後に流れました。鈴木京香のやつでした。

ホームページによると、明日の深夜に5話まとめて放送があるらしい。その後の音楽の遺伝子の再放送と一緒に録画してしまえ。

2006-04-13

[] 体調不良

午前中からなんか変だな、と思っていたのだけど、午後になって節々が痛くなってきた。

定時で帰ってきました。寝ます。

2006-04-12

[] πの歴史 / 田尾陽一, 清水韶光 / ペートル・ベックマン (ISBN:4480089853)

πの歴史 (ちくま学芸文庫)

2006-04-11

[][] ヘネパタとパタヘネ

えーと、先日買った「コンピュータの構成と設計(ISBN:482228266X)(ISBN:4822282678)」ですが、私、ずっとこれも「ヘネパタ」だと思ってました。で、こんなタイトルで書いてたりしました。

ところが、どうやらこちらは「パタヘネ」で、「コンピュータアーキテクチャ(ISBN:4822271528)」を「ヘネパタ」というようです。スラッシュドット読んで知りました。

まえがきを読んでみたら、ちゃんとそう書いてあったよ。orz

スラドにあるように「ヘネパタ」の方も改訂邦訳を出して欲しいですね。あの版型だと買うのも読むのも躊躇してしまいます。

2006-04-10

[] ペーパーバック・エディション キャッチャー・イン・ザ・ライ / 村上春樹 / J.D.サリンジャー (ISBN:4560090009)

新書サイズに落ちたようですが、文庫にまではならないかなぁ・・・。

2006-04-09

[] Song to fly / 菅野よう子 (asin:B00005GXKU)

Song to fly

なんか作品によってはTOWER RECORDS独占販売契約になってるらしいのですが、覗いたらあったので購入。

[] 立喰師列伝

立喰師列伝 通常版 [DVD]

戦後の混乱期の立食蕎麦に現れた「月見の銀二」。彼以後、飲食店と立食師との過酷な争いが展開されることとなった。これは、立食師と呼ばれた人々と店主との壮絶な記録である。

えー、押井守監督の最新作なのですが、予告で思い出したのは市川崑監督の「新選組」。そちらは結局見れなかったのですが、これはどんな感じなのかなと思って見てきました。感想はというと、ある側面から見ると面白いのですが、普通にみた場合は一般受けはしないだろうなあ、という感想です。どうやら押井ファンの人らしかった二つ隣にいた人も途中で寝てしまってました。

一言で言い表せば、昔フジの深夜にやってた「カノッサの屈辱」を「ファーストフードの客」というテーマで2時間にわたってやった感じです。ナレーションがほとんどで、映像的にも新しい部分はわずか。

結構いろんな人がかかわっているらしく、乙一大森望という名前もクレジットされてました。

[] George Winston

チケット買ってきました。結局は関内ホールの。残り座席がほんとにわずかだったので、2階席。できれば手元も見たいところなので、やや左よりで。

川崎のチケットぴあまで行ってきました。映画のついでですし、ここだと空席確認と座席指定ができるとのことだったので。

2006-04-08

[] 停電

今朝方停電がありました。ビデオの時計は大丈夫でしたが、電子レンジとオーディオタイマはリセットされました。

留守電はまだ確認してません。

[] ゲームプログラミングのための数学と物理 / 加藤諒, 秋山謙一, 杉山明, 中村達也 / DANNY KODICEK (ISBN:4939007898)

ゲームプログラミングのための数学と物理

結局買いました。こんなにでかい本だとは思ってなかった。A5くらいかと。

[] The Art of Computer Programming (3) / Donald E.Knuth (ISBN:4756146147)

The Art of Computer Programming Volume 3 Sorting and Searching Second Edition 日本語版 (Ascii Addison Wesley programming series)

でてたので買ってきました。予定外でしたけど、手持ちがあったので。

[] 映画検定公式テキストブック / キネマ旬報映画総合研究所 (ISBN:4873762715)

映画検定公式テキストブック [改訂版]

今のところ受ける予定はありませんが、ネタとして買ってみました。

[] ホテル・ルワンダ

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]

1994年、ルワンダではフツ族ツチ族との内線は和平協定を結び、終息を向かえているかのように見えた。しかし、大統領の暗殺をきっかけにフツ族によるツチ族の大量虐殺が勃発。キガリのホテル「ミル・コリン」には難民となったツチ族が続々と避難してきていた。支配人のポールはフツ族だったが、妻はツチ族。彼は、ホテルの中ではツチ族フツ族も関係ないとして皆を受け入れていた。

正直、ルワンダアフリカのどこにあるのかというのも把握してませんでした。この虐殺があったころ、自分は何やってたかなぁ、このニュース知ってたかなぁ、と思い返すと全然気にしてなかったのんきな大学生だったかも。

この作品、3部門でアカデミー賞にノミネートされていながらも、署名運動の成果でやっと公開にこぎつけたという経緯を持っています。公開劇場はじわじわとひろがっていますので、機会がありましたら是非。

[] George Winston

ジョージ・ウィンストンのコンサートツアーのCMを見た。土日らしいし行ってみようかな。

2006-04-07

[][] 本屋大賞

今年の本屋大賞が「東京タワー(ISBN:4594049664)」に決まって、結果に落胆の声があちらこちらで聞かれます。

たしかに、本屋大賞の設立の経緯を読むと、ベストセラーが選ばれるのは間違っているように思えます。

で、書店員でもなんでもないけど、本屋にはよく行く私から見ると、こちらの意見が結構共感できます。書店員だからといって、本を読んでいるわけではないだろう、と。

ついでにいうと、本の扱いがぞんざいで、買う側としては、をいをいと思う書店員もたくさんいます。結局、ただのバイトや本を売る仕事と思っている人の方が多いのではないかと思っています。

話を本屋大賞に戻すと、設立の経緯を反映するためには、単純に、ノミネート可能な発行部数に制限を設けるとか、投票資格に読書量のノルマを付けるとかするだけでそこそこ機能するのではないかと思うのです。少なくとも、本に触れる機会が一般の人よりは多いはずの書店員ならではの選択への期待は捨てたくないというか。

東京タワー」は文庫落ち待ちです。

2006-04-06

[] 食わず嫌い王決定戦

珍しくタカさんのほうに男性ゲスト。大抵は女性ゲストはがつくのに。

2006-04-05

[] capsle

なんか設定が「CUBE(asin:B0000DJWJE)」っぽいな。嫌いじゃないけど。

2006-04-04

[] 「駅すぱあと」風雲録―ヴァル研究所の開発者魂 / 柏崎吉一, 須藤公明 (ISBN:486130153X)

なるほどねぇ、ヴァル研究所ってもう30年も歴史があるんだ。正直「駅すぱあと」しか知らなかったもので。この本に限らず、本になってる部分ってのは読んでおいしい部分が選ばれているとは思うんだけど、成功したところってのは伝説の人がいるもんだねぇ。

前半は「駅すぱあと」開発にかかわる話で、後半はそれ以前のヴァル研究所の歴史。結構面白かったです。

2006-04-03

[] 花見

ちょっと風が強くて寒かったですけど、花は咲いてました。

[] オタカラウォーズ―迷路の町のUFO事件 / はやみねかおる (ISBN:4061487140)

なるほど、「都会のトム&ソーヤ(ISBN:4062120631)」につながる下地は既にここでできていたわけね。

2006-04-02

[] サウンド・オブ・サンダー

サウンド・オブ・サンダー デラックス版 [DVD]

2055年、タイムトラベルが可能となる。この技術を独占しているTIMESAFARI社は、白亜紀恐竜ハンティングを売り出した。社長のハットンはタイムトラベルの危険性を訴えるソニア・ランドには聞く耳を持たない。しかし、突然異常気象になり、植物が異常に成長しはじめた。どうやら、前回のタイムトラベルで過去を変えてしまったらしい。

原作はレイ・ブラッドベリタイムマシンものということでとりあえずチェックです。

内容はまさに◯◯◯◯◯・エフェクトって感じ。まあ、タイムトラベルの常識の範囲内ってところですか。

映画としての感想はというと、おおざっぱな作りでした。CGをかなり使っているのですが、ムラが大きい。個々の動物に関しては緻密だなと思えば、マット処理が雑だったり。さらに、主人公たちのタフなこと。2階から落ちたり木の上に落ちたりしているのに、対した怪我もせずに動きまわっている。

まあ、あまり難しい内容ではないので、お気楽に見てください。

[] 入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語 / 向井淳 (ISBN:4839919623)

入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語

面白そうなので買ってみました。

[] この数学書がおもしろい /青木薫, 数学書房編集部 (ISBN:4826931018)

この数学書がおもしろい

情報処理関係だと「コンピュータの名著・古典100冊(ISBN:4844318284)」とか「ハッカーになるための必読書103選(ISBN:4887188625)」とかあって、さすがに自分の畑だけに誰が書いてるかとかで選べるんだけど、数学書って多過ぎてどれが適切なのかわからないところがあるんですよね。

[] 特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話 / 大森望 (ISBN:4327376965)

特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話

中身も気になるし、挿絵がとり・みきだし、サイン本だったので。

ところで、「カバーはおつけしますか?」ときかれたので、「そのままでいいです」と答えたら、ほんとに袋にもいれずにそのままくれた。鞄持ってたのを見てたのかもしれないけど、外は雨が降っているので袋には入れるのが普通じゃないのかな?と思った。

[] オタカラウォーズ―迷路の町のUFO事件 / はやみねかおる (ISBN:4061487140)

オタカラウォーズ 迷路の町のUFO事件 (講談社青い鳥文庫)

久しぶりに児童書コーナーをチェックしたら、はやみねかおるの旧作が青い鳥文庫になっていた。これもとり・みきが挿絵を。

[] 「駅すぱあと」風雲録―ヴァル研究所の開発者魂 / 柏崎吉一, 須藤公明 (ISBN:486130153X)

「駅すぱあと」風雲録

ビジネス書を買うのは珍しい。「超発想集団ナムコ(ISBN:4569213278)」と「遊びのチカラ(ISBN:4861301017)」以来かも。

[] 建築探偵の冒険 東京篇 / 藤森照信 (ISBN:4480023712)

いやぁ、予想以上に面白かった。これは当たり。

20年前の本ですが、東京の街中を歩きたくなってくる。まさか建築の本でカルピスに行き着くとは思わなかった。

それに、解説を書いてるのが山下洋輔だったり、著者は小田和正と同窓生だったり、とトリビアもたくさん。

2006-04-01

[] ハッカープログラミング大全 (攻撃編) / 愛甲健二 (ISBN:4887188676)

ハッカー・プログラミング大全 攻撃編

  • 4410 yen @ あおい書店

[] 好きだ、

好きだ、 [DVD]

野球部だったヨースケは、最近川原でギターを弾いている。まだへたくそで、いつも同じフレーズばかりを繰り返している。ユウは彼のことが気になるが、素直になれない。それに、ヨースケは姉のことが気になるみたいだ。同じフレーズばかり繰り返しているので、彼の曲を覚えてしまった。

tokyo.sora(asin:B000069B7Z)」の石川寛の作品。

宮崎あおいが素晴しい。「NANA(asin:B000CEVX1E)」は見れなかったので、久しぶりに見たけど、格段にうまくなってる。もともとうまかったけど、ますます今後が楽しみ。

作品の方はというと、静かに進む。いわゆる、日本映画的な静かな描写。ダメなひとはダメかも。そのかわり、ハマる人はハマる。「tokyo.sora」もこんな感じだったのかな?見れなかったので。

音楽は菅野よう子でした。サントラ買ってもいいかも。

[][] Let’s!TVプレイCLASSIC ナムコノスタルジア1 (asin:B000E5N38W)

Let’s!TVプレイCLASSIC ナムコノスタルジア1

買ってみました。専用ケーブルが必要なのがイマイチだけど。

  • Let’s!TVプレイCLASSIC専用AVケーブル&アダプターセット (asin:B000E5N3AK)

とりあえず、普通のゼビウスをちょっとやってみましたが、基本的にはファミコン版だと思ってもらえばいい。違いはといえば、

  • タイトルロゴがきれい
  • デモ画面でもタイトルがでる
  • 名前入れがある
  • 地上絵がある
  • ドーアギレネスが浮遊する。でも、キャラパターンはファミコン。箱などの絵はアーケード版のを使っている。
  • 難易度が高くなってる。エリア1序盤からトーロイドがスパリオを撃ってくる。地上物がスパリオを撃ってくるタイミングが微妙に早い。
  • しかし、地上物が撃ってこなくなるラインは少し上
  • マップはファミコン版をベースにしているようだが、地上物の配置は微妙に違っているところもあるような気がする
  • カラーパレットは変えてあるらしく、ソルバルゥの立体感はでている
  • 森のパターンに隙間が多い
  • ソルバルゥの当たり判定が厳しい
  • 空中物の出現パターンが違う。エリア12でゾシーがバックアタックしてこない。っていうか、ゾシーの出現アルゴリズムがちょっとダメダメ。
  • バキュラの数が盛り沢山
  • 幻の46本目のソルはないみたい。エリア1の隠しメッセージは当然ありません。
  • SEの音が違う。地上物の爆破音とエクステンドは確実に変わってると思う。
  • ソルは完全に出現してからでないと壊せない
  • コンティニューがある

といったところです。

ちなみに、マッピーの方も、ファミコンと同じ5階建。敵のアルゴリズムが微妙に違うような気がする。ちゃんとデモがあります。

2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
小説 ゼビウス―ファードラウト サーガ スーパーゼビウス ドッツ ゼビウス ゼビウス ソルバルウ (NONスケールプラスチックキット) BGAMEナムコクラシックシリーズ03 / ゼビウス