Hatena::ブログ(Diary)

名付けられぬ領域のほとりにて このページをアンテナに追加

2017-08-22

出勤途中からのどに違和感があったので、念のため手持ちのカイゲンを服用しました。「夏風邪はバカがひく」という言葉が(関東ローカルかもしれないものの)あるのですが、状況は改善したのでおそらく夏風邪であった≒バカだったのかもしれません。涼しい夏が続いて睡眠はとれてましたし夏バテにはならずに済んでいたんすがどこかで拾っちまったのかも。

それはともかく、カバンに忍ばせておいて良かったなあ、と。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20170822

2017-08-21

条文には原則〇〇、なお△△の場合には、ってなことがかいてあってそれ以上の記載はなく、でも明示はされてないけどそれなりにルールがあってなんとなくはそのルールが経験則からわかることがあります。経験則で「そろそろかな」というものという見込みがあったもののいつまでたってもなんのレスポンスのないものがあって、「変だぞ」と思って問い合わせてみると経験則で原則どうりだろうと思っていたら「今回、なお△△の場合には、に該当する」って云われてしまい(故に時間がかかってる)、こちらに瑕疵があるとは思えなかったのでなおも食い下がり見込みを教えてもらったのですけど、なんだろ、不意に現れた不可解な状況に直面したせいか、ちょっとぐったりしました。

明示されない線引きというかルールが外部には明示されないまま変更になっていて、それになかなか気がつかずにいたのですけど、こういうとき予知能力とか透視能力ってのが欲しいよなあ、と思っちまいました。そんな限定的な超能力、あっても仕方ないんすけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20170821

2017-08-20

[]体の性と心の性が異なる場合の性別変更の許可

日本には「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」というのがあります。「性同一性障害者」の場合、戸籍を変更することが出来ます。ただし第3条に条件があり、二十歳以上であることや現に婚姻をしていないこと、現に未成年の子がいないこと、生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること、などです。条件に合致してる場合は家庭裁判所で家事審判を申し立てして家裁が許可をだし、戸籍の変更を行います。性別変更に生殖機能の除去等を前提としているのはおそらくなんすが戸籍上男である人が母になる事態がないように考慮してるのではないかと推測できます(元女性の男性が女性と結婚し戸籍上の父になったケースはあります)。

ここで生殖機能の除去を前提としないで戸籍上の変更を伴う性別変更を家裁が許可した(女性から男性へ)、ということが8月20日付の毎日東京版に載っていました。医療上生殖機能の除去が困難な症例ではあるのですが、生殖機能の除去を前提としなくても家裁が許可した、というのがいままでと違う変化です。もちろん法として整備されたものではなくてあくまでも家裁の判断に過ぎません。誰もが生殖機能があっても無条件で戸籍上の性別変更をできるわけではないはずです。が、しかし明らかに裁判所は動きつつあるなあ、という気がします。

私個人は性転換や性別変更とか一切関係ないものの、ちょっと唸っちまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20170820

2017-08-19

恥ずかしながら今夏は若干いそがしかったりします。土曜日も出勤していました。午後遅くになって右腕の上部がかゆくなりはじめ、退勤時にシャツの内側をのぞくと蕁麻疹でした。滅多にないことを経験すると弱気になってきます。なにが原因だったか思い当たるふしもなく、我慢できないことはないけどなんとなく悲観的になってきちまい上を通過する人に夕飯を作る約束をしていたのをキャンセルしようとしてメールをしたら「メシは外で喰おうよ」ということになり、夕飯はファミレスで済ませ風呂には入ったもののそれ以上のこともなく(それ以上のことってなんだよ)、アルコールもぬきでちょっとストイックな夜でした(ストイックじゃない夜ってなんだよ)。朝になったらかゆくもなんともなく蕁麻疹は消えていてそのことを報告すると「疲れてたんだろ」と。

ぐうの音も出ませんでした。

ぐう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20170819

2017-08-17

[]カバンの中身

十代のとき一度だけ警察手帳っぽいのを提示されて四ツ谷駅前で「カバンの中身をみせてもらってもいいですか?」という経験をしたことがあります。英検のテストのあとでしたから必要最小限のノートとか筆記用具しか入れてなかったのでほんとに確認しただけで終わりました。ただ小さなことなんすけどこのときのこの経験は「いつどこでカバンの中身を確認されるかわからない」ということを痛感させるには十分でした。えっちな本を買ったときに「カバンの中身をみせてもらってもいいですか?」って云われるのは嫌だなあという意識につながり、買うたびにおそらく変に意識していくらか挙動不審になってたはずです。社会人になってからは面の皮があつくなったのでそれほどではありません。が、同行者が大人のおもちゃをもってたときにホテルを出てから上野駅まで、頭の隅で「カバンの中身みせてもらっていいですか」ってあったらやだなあと、妙にどきどきしてました。たぶん「隠さなくちゃという意識」が「隠さなくちゃいけないと思ってる対象」をより意識させて人をより挙動不審にさせたりほのかに緊張させたりするのではないですかね、って話がずれた。

はてな今週のお題が「カバンの中身」なのですが、いまは常に持ち歩いてるのはスマホや折り畳み傘、手帳と筆記用具とメモ代わりの小型リング式ノート、ポケットティッシュの予備にウエットティシュ、コンタクトのケア用品一式にメガネ、あとカイゲンと、クロレッツのキャンディなどで特筆すべきものは残念ながらありません。強いていえば風呂敷です。ある程度のまとまった資料を手持ちで持参するときなどに私物の風呂敷をつかうことがあります。もちろん使い終わったら畳んでカバンの中に入れておけばオッケイ。融通がきくし便利なんすけど、メジャではないかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20170817

2017-08-15

ローカルな話題で恐縮ですが東京は迷走台風のあとに晴れた日があったものの15日連続で降水ありです。降ってなくても湿気はわりとあったり。困っちまうのは洗濯ものです。乾燥機を持っていないので部屋干しの洗濯物を扇風機にあててみたりエアコンを除湿設定にしてみたり、ってなことはするのですが、やはり限度はあったり。駅の反対側のいちばん近いコインランドリーまで歩いて20分くらいかかるので一苦労です(私は目が悪いので自動車を持っていない)。

今週いっぱい雨が降りやすいっていう予報になっててちょっと頭抱えてるのですけど。

[16日追記]

晴れ間はほとんどなかったのですが、外に干したものはけっこう乾きました。ただ向こう4週の長期予報をみると平年に比べて晴れの日が少ないでしょうなんてでてるので、あんまり良くなさそうなのですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20170815

2017-08-13

信州へ土日に出かけて息抜きしておりました

【軽井沢】

f:id:gustav5:20170812111107j:image

軽井沢駅を降りて雲場池というところへ。軽井沢は浅間山のふもとにあり、火山の噴出物のおかげで水はけがよいので湧水があり、池ができるというのは理屈として理解できます。そういうことをさておき

f:id:gustav5:20170812111141j:image

池でつい立ち止まって水面をじっとみちまうのですが、なんとなく不思議なものに惹かれちまうようなところがあります。水のあんまりない雑木林の中で育ったからかもしれません。

f:id:gustav5:20170812111919j:image

しばらくして「クマ出没注意」の看板が。人間にとって居心地の良い場所はクマにとっても居心地のいい場所かもなんすけど。ただ雲場池を含めて軽井沢はなぜかおっそしく湿気の多いところで、おそらく植林したカラマツ等のおかげで陽が差さないのと標高が高くて気温は低めなのでなかなか気がつかなかったのですが、住むところに適してるかというと私だったら住まないかも、というのが実感です(貧乏人の負け惜しみっぽいですが)。

f:id:gustav5:20170812112247j:image

上を通過する人は街の見分け方として道がまっすぐだと新しい街、というのをよく言うのですが、軽井沢は人工的に作った街なのでまさしくそのとおりで笑っちゃうくらい道はほぼまっすぐです。

f:id:gustav5:20170812110215j:image

道の両側はずっとけっこう広い面積の別荘で、道からはわりと距離を置いてある別荘が多いです。敷地面積も広め。

f:id:gustav5:20170812140113j:image

軽井沢銀座のちょっとはずれたところにある、ユニオンチャーチというプロテスタント系の宗派を超えた共同教会です。そもそも軽井沢は日本に来た宣教師が避暑地として過ごしそこからキリスト教との関係が深くなるのですが、ユニオンチャーチも百年以上の歴史があります(空き家を買い取ったあとの改築にヴォーリスがかかわっていたりします)。外観の見学だけで済ますつもりでいたのですが堂内から音楽が聴こえて入ると米国の10代前半から30代前半までの若者による弦楽アンサンブルのコンサートで、教会ですからもちろん神に護られて曲を演奏する奇跡や喜びなどのスピーチが合間合間にはいるのですがバッハの主よ人ののぞみの喜びよであるとか、ホルストのセントポール組曲、ルロイ・アンダーソンのPlink, Plank, Plunkなど、予定を変更して時間ぎりぎりまで聴いていました。必ずしも技巧的に唸らされる演奏ではないのですが、「素敵な音楽」と「素敵じゃない音楽」のどちらかと問われれば絶対的に前者で、神様のいたずらのこぼれ幸いというか、ちょっと充実した午後のひと時を過ごせました。

【野辺山】

翌日は国立天文台の野辺山観測所へ。

f:id:gustav5:20170813114306j:image

写真は直径45メートルのアンテナを持つでかい電波望遠鏡です。電波望遠鏡はなにかっていうと、可視ではとらえれられない微弱な電波を発するガス等(物質ごとに周波数が異なる周波数の電波を出しています)をとらえることが出来ます。電波望遠鏡としては世界最大級の施設で、わりと有名なのは毎秒1000キロで高速回転するガスの円盤が存在することを観測によって突き止めていてブラックホールが存在することの手がかりとなっています。いまはいくつかの機関と連携して生まれたての星の多い天の川のあたりの(星になる前の)冷たいガスからなる分子雲の分布を観測しよう(≒将来的に星の誕生のメカニズムを研究に資する)、というプロジェクトが進んでいます。超高感度の望遠鏡ですが残念ながら解像度はよくなくて・全体像をとらえるのは得意ですが細かいところは苦手であったり。

でもって夏は湿気が多く、微弱な電波が水蒸気に吸収されて衰減するので観測していません。ゆえに上を向いています。

f:id:gustav5:20170813104716j:image

直径10メートルのアンテナを持つ電波望遠鏡を6個つないで最大直径600メートルの電波望遠鏡に匹敵する観測能力を持つミリ波干渉計というものです。ざっくり書くと天体のえらい細かい観測は大得意ですが全体像をとらえるのは苦手です。いまは南米に新しい望遠鏡ができたので10年前に1台を除き現役を引退しています。1台だけSPART望遠鏡というものに変え大阪府立大学が火星や金星における太陽の活動の影響などを調査しています。簡単に説明できるかどうかわからないのですが念のためチャレンジすると、太陽の黒点ってきいたことがあるかとおもいますが黒点は太陽内部の磁場が太陽表面にまで出てくる部分で、そこで磁場のエネルギーが蓄積され突発的にエネルギーが解放される現象である太陽フレアってのがおきます。そのときに電波や電子や陽子などの電気をおびた素粒子が飛び出してきちまい、それらの素粒子は地球に少なくとも2日後までに飛んできちまい地磁気を乱します(北極圏や南極圏でオーロラがきれいになったりもするのですが)。で、磁気嵐というのですが猛烈に強いのがまれに来て北極圏や南極圏以外でも通信ケーブルや送電設備がやられたりします。でも地球は磁場があるのでそれら太陽の発するそれらの厄介な影響は限定的です。しかし金星や火星は磁場がない・大気が薄いのでもろに影響を受けます。火星や金星を観測することによって磁気嵐を筆頭に太陽活動の副作用に関して地球ではわからない知見を得ることができるのではと期待されています。

f:id:gustav5:20170813120146j:image

ちっちゃいアンテナが並んでるのがわかるかと思いますが名古屋大学の電波ヘリオグラフという太陽観測の電波望遠鏡で、広大な敷地内にT字に84台ほど設置されてます。太陽の表面の電波状況を画像というか映像として記録し太陽の表面の観測を行います。野辺山での観測資料などを含めて5年くらい前から太陽の北半分と南半分では同期してないことがわかっています。およそ11年周期で黒点が増えたりなどの活動極大期があるとされてるのですが、北半分より遅れて南半分は極大期となり、いまのところ太陽の北半分は黒点が緩やかに減少しているのに対し南半分は急速に減少して既に黒点のない日も存在し、っていう状態が続いています。私が学生だった頃の状況とは研究の結果か異なってきていて、今後も継続的に観測が必要っていう結論になるのですが。

f:id:gustav5:20170813115354j:image

でもって未知の世界の探求が現在進行形で進んでいることと、知識として知ってることのいくつかが(ただし実生活には何の役にも立たないのですけど)ここで得られたのか、と思うとちょっと感慨深いものがありました。

f:id:gustav5:20170813132624j:image

残念ながら八ヶ岳は見えず。そばを食べてもうちょっと遊んでいたいのを封印して帰京しました。

[]気色悪いこと

気色悪いことを書きます。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20170813