Hatena::ブログ(Diary)

名付けられぬ領域のほとりにて このページをアンテナに追加

 | 

2018-02-09

[]チョコ売り場

世の中いろんな人がいると思うのですが、他の人が可能なことでもできないことがあります。高校生の文化祭のとき、後輩に壁ドンされて「かーわいー」といわれて以降、男らしくありたいというのがあって、ここらへんすごく病的であると自覚してるのですけどたとえ冗談でも女性っぽい口調ってのはマネでもできません。当然、女装もできないです。異性から顔をまじまじと観察され「目が大きいし化粧したら似合うかも」と云われたこともありますが、そんなことをするくらいなら舌を噛んで死んだ方がマシです。

しかし「女装出来たら楽だろうな」と思ったことが無いわけではありません。この時期のチョコ売り場にチョコを買いに行くときなどはやはりそう思っちまいます。惚れた相手が同じものがついていて、もちろん「くれ」とか「欲しい」とか云われたわけではないけど、甘いものが嫌いではないことを知っているので用意しておいた方が喜ぶであろうな、というのは想像できて(貰ったこともあるので)、覚悟を決めて買いに行っています。当日はムリなので逢うのは・一緒に喰うとしたら今週末ですが。

f:id:gustav5:20180209210901j:image

はてな今週のお題が「バレンタインデー」なんすけど、バレンタインデー前のこの時期のチョコ売り場、スーツ姿で突撃するとやはり居心地がちょっと悪かったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20180209/p1
 |