Hatena::ブログ(Diary)

名付けられぬ領域のほとりにて このページをアンテナに追加

2018-03-08

[]マシュマロのこと

俗にシュガーロードというのですが江戸時代から長崎から博多にかけて、長崎に入ってくる砂糖と北部九州の卵をふんだんにつかう菓子を作られてきました。たとえば長崎のカステラと佐賀の丸ぼうろです。でもって博多には鶏卵素麺という和菓子があります。卵黄と氷砂糖をつかった黄色い麺状の甘い、でも江戸期から続く名物です。博多に石村萬盛堂という和菓子屋がありそこはいまでも見事な鶏卵素麺を作っています。その石村萬盛堂が流行らせたといわれてるのがホワイトデーです。石村萬盛堂は卵黄をつかう鶏卵素麺を作りますから卵があるわけで・卵白はあるわけで、その卵白をつかってマシュマロ菓子を作ってて、そのマシュマロの消費拡大のために戦後「ホワイトデーにマシュマロを」ということをはじめたのだそうで。酒の席で聞いたのでどこまでほんとかは保証の限りではありませんが、ホワイトデーのホワイトはどこから来たのか考えたことが無かったのと、あんまりにも良くできた話ではあるので妙に腑に印象に残ってます。ただ石村萬盛堂には悪いのですが、でもってはてな今週のお題が「ホワイトデー」なんすが、義理であっても一度たりとてマシュマロで返礼したことはありません。マシュマロのあのどっちつかずの食感と舌ざわり、それに味がちょっと苦手なせいもあります。

別にてめえが喰うわけでもないのでそんなことしなくても良いのですが、義理であってもそうでなくてもなにかしら返礼したりというときに、せめてもの礼儀としてその製品を一度くらいは食べてからにしてます。もし石村萬盛堂の目論見どうりにホワイトデーがマシュマロを贈る日であったならマシュマロを口にせねばならぬわけで、おそらく「ホワイトデー粉砕!」を掲げて同志を募りマシュマロ工場襲撃の武装ゲリラ活動を行っていたと思うのですが、幸いにして武装ゲリラならず今に至ります。

でもなんでホワイトデー=マシュマロが定着しなかったんですかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gustav5/20180308/p1