Hatena::ブログ(Diary)

リンゴの水やり?(はてな) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-11-19 木

[]デジコミュ秋田2015開催しました。


まずは日曜数学者の辻さんに来ていただいて良かったです。

ノラヤさんで開催された内容を見て、声をかけさせていただいたのですが、オーナーのid:monyakataさんからもプッシュしていただけて、快諾いただき感謝申し上げます。

折り紙を折るだけで三次方程式を説いているというのは不思議な感じでした。

今回のテーマ「覚醒」はノリでつけたところもあるのですが、しっかりとそのテーマに載って考えていただいてありがたいです。

なんとか正7角形も折れました。

LTでもチューリングマシンの話をしていただいて、とても楽しかったです。

辻さんも楽しんでいただけたようで何よりです。

f:id:gutskun:20151114133746j:image



いつもはARMセッションは自分でやっていたのでが、今回はとしきくんと阿部さんにお願いしたところ、こちらも快諾で内容も良かったです。冪等性という言葉は知らなかったし、商品に対する愛が足りないのもわかったし、WordBench Akitaも動き出すようです。

f:id:gutskun:20151114102853j:image

f:id:gutskun:20151114104437j:image



ゼロニウムの伊藤さんには、Oculus RiftのVRコンテンツ作成の秘話をしていただきました。

UnityUNREAL ENGINEを比較して最終的にはUNREAL ENGINEで作成したそうです。

昼休みにはOculus Rift体験できるように対応していただいたりありがとうございました。

f:id:gutskun:20151114125134j:image



武田さんの網元起動隊では、説明に従ってみなさん一通り体験できたんじゃないのではないかと思います。新メンバーも増えて来年秋田で開催することが決まっている東北IT物産展にも弾みがついたのではないでしょうか。

f:id:gutskun:20151114144054j:image



dぞさんは悩んでたみたいですが、ワークショップにしてもらって良かったです。

自分みたいに他人に話しかけるのが苦手な方には、誰とも話さずに帰ってしまうこともあり、グループになる事で誰とも話さずに帰ることはなかったのではないでしょうか。こういうセッションは1つは欲しいなと思います。

f:id:gutskun:20151114161332j:image



ビアバッシュでは小林さんからイングレスの話をしてもらいました。

自分も含めて知らない人がいたと思いますが、これをきっかけに始める方がいるといいですね。結構歩いたりしないといけないようなのでイングレスでダイエットなんて事もあるようなないような。

f:id:gutskun:20151114182331j:image



LTは若い人の参加が多く、また内容も時間配分も素晴らしく秋田もなかなかのもんじゃないかと思いました。

将来が楽しみです。

初参加の人にも楽しんでいただけたようでよかったです。

f:id:gutskun:20151114190741j:image

2015-04-01 水

[][][] StoryboardのコンパイルInterface Builder could not open the document [YourStoryboardFile.storyboard]" because it does not exist. が出た場合 その2

前回からのつづきです。

StoryboardのCompileでファイルが見つからないというエラーがでるのが、また再発するようになって、前の方法でも回避できなくなって、さらにその場合の回避方法がわかりました。

今作っているプロジェクトはRubyMotionでApple Watch対応のプロジェクトです。

Apple Watch用にもInterface.storyboardがあって、たぶんそちらが先にCompileされ、続いてiOSアプリ用のStoryboardをCompileするときに何かのはずみで失敗するようになるみたいです。

RakefileApple Watch のTargetを指定してるところを一旦コメントにしてiOS用のStoryboardだけをコンパイルさせるといいみたいです。

# Rakefile
Motion::Project::App.setup do |app|
  .
  .
  # ここを一旦コメントにしてBuildし、成功したらコメントを戻す
  #app.target "./watch_app", :extension
  .
end

Storyboardの変更がなければ次からCompileされないので、エラーがでなくなります。

Storyboardを変更した場合はまた上記の手順で回避します。

2015-03-24 火

[][][] StoryboardのコンパイルInterface Builder could not open the document [YourStoryboardFile.storyboard]" because it does not exist. が出た場合

RubyMotionでコンパイル中に突然以下のエラーが出るようになってしばらくハマりました。

   Compile ./resources/Storyboard.storyboard
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
	<key>com.apple.ibtool.errors</key>
	<array>
		<dict>
			<key>description</key>
			<string>Interface Builder could not open the document Storyboard.storyboard" because it does not exist.</string>
		</dict>
	</array>
</dict>
</plist>

Storyboardファイルが見つからないという内容のようですが、Storyboardファイルにはいっさい手をつけてなくて、git statusで確認しても変更されてないのが確認できているのですが突然このような現象が出てしまい…

MacBook再起動しても変わらずで

こちらを参照して

http://stackoverflow.com/questions/8968715/interface-builder-could-not-open-the-document-xib-because-it-does-not-exist

pkill ibtoold

を実行したらコンパイルできるようになりました。

めでたしめでたし。

RubyMotionに限らずXcodeでのコンパイルでも出るようです。

いつもいつもありがとうございます。 > stackoverflow


その2に続く

2014-09-26 金

[][] OS X 10.9.5 へ ruby-1.9.3 インストール

RubyMotion + iOS 8の環境でうまくいかないことを再現するために環境づくりをしてて、またもやrvmでのインストールでつまづく

CC=/usr/local/bin/gcc-4.6 rvm reinstall 1.9.3 --enable-shared

こちらを参照

http://stackoverflow.com/questions/8032824/cant-install-ruby-under-lion-with-rvm-gcc-issues

その前にbrew updateでつまずいてこちらを参照

http://d.conma.me/entry/20120301/1330613125


ありがとうございます。


追記

bundleでcocopodsのインストールでxcodeproj(0.17.0)で失敗。

An error occurred while installing xcodeproj (0.17.0), and Bundler cannot
continue.
Make sure that `gem install xcodeproj -v '0.17.0'` succeeds before bundling.

手作業でインストールしてからなら大丈夫

gem uninstall cocoapods
gem install xcodeproj
gem install cocoapods

http://stackoverflow.com/questions/24779871/error-when-installing-cocoapods

2014-09-19 金

[]RubyKaigi 2014 2日目

RubyKaigi 2日目参加してきました。

朝一でまつもとさんのキーノートがありましたが、昨日と同じ時間帯と思い込んでて、会場入りしたらがらんとしてて…

案の定遅刻で半分は聞けませんでした。Ruby 3.0について話してるようでしたが、置いてけぼりで…後で録画(公開されたら)見ます。

今日のセッションでは、LEGO Mindstorms をmrubyで処理する話Cookpadのdeployの話が面白かったです。

LEGO Mindstormsは昨年セミナーに参加したんですが、かろうじて倒立歩行(?)が出来たくらいで中断してしまってましたが、EV3ではセンサー内にCPUが載っていて通信で値を持ってくるだけと変化してるとのことでした。

そのためmrubyでも処理が出来るとの事で、。


Cookpadでは140台サーバーを立ててるそうで、そのdeployには数十分かかっていて(それでも十分早いと思いますが)mamiyaというツールを作って大幅に改善した話でした。1台あれば十分間に合う事しかしてないので当面は無関係ですが、mamiyaは一度は試してみたいです。


別件で15:00で離脱したのですが、受付のDoorkeeperのポールさんにはアカウントの統合など朝から面倒見ていただいてありがとうございました。

最終日も残念ながら出れないのですが、また次回を楽しみにしてます。

2014-09-18 木

[]RubyKaigi 2014 1日目

めずらしく2日続けて書きます。

受付

RubyKaigiは毎年ノベルティが楽しみなんですが、今年もすてきな内容でした。

f:id:gutskun:20140918231254j:image

買い物、勉強会と事ある毎にRubyKaigiトートバックを使いまくってて、すり切れるまで使いますよ。お気に入りの折り畳み傘がかなりよぼよぼになってて、おまけにカバーをこの間紛失してしまって潮時かなと思ってたので傘はタイムリーでした。軽くて持ち歩きに便利そうです。

書籍

ジュンク堂書店RubyKaigi店では今年は買うつもりがなかったんですが、

サイン会とHeroku Tシャツにつられて買ってしまいました。

電子版*1持ってるんですけど思いつつ、紙の方が見やすいんだよなとか今年はLaunchできるかもとか理由付けて買っちゃいました。

f:id:gutskun:20140918232206j:image

C Magazineセット販売が気になってしまった

セッション

セッションで興味を注がれたのがEgison Pattern Matching in Rubyでした。パターンマッチングというと正規表現とか思い浮かべてて苦手なんだよなと思いつつ入ったんですが、麻雀の上がりを判定するパターンマッチングがかけたりする物でした。

ゲームはほとんど書く事ないですが、これがあればかなり判定が楽になりそうで一度は試してみたいと思いました。Egisonあとでやる。

HerokuのOda Keikoさんの話も面白かったです。

Herokuで応答が長いとH12エラーが出るらしいんですが、見た事ないと思いつつ、iOSからアクセスしてる処理では30秒以上かかってるのがあるはずなのに、エラーになってなかったなと思ったんですが、リダイレクト後のステータスで見てるから気づかなかっただけかなと今思ってます。

UniconとかWebサーバーを選択できるのは知らなかった。書籍買ってよかった。(電子版買ってたけど)

パーティ

パーティでは新しい方との出会いはほとんどなかったんですが、Doorkeeperの人と話ができてAkita Ruby Meetingでお世話になってる事を伝えられて良かったです。大場さんありがとう。

皆さん急がしそうで少ししか話せませんでしたが、毎年会場で運営してくれてる方々に感謝します。

その他

iRubyKaigiの事は聞かないで下さい。

*1:電子版販売終了になってました

2014-09-17 水

[]RubyMotion Kaigi 2014で発表しました。

武田さんブログを書くまでが勉強会に影響されて久しぶりに書きます。(前は書いてたんですけどね)


地理的な関係でRubyMotionの情報はこの期間しか得る事がないので、迷わずRubyMotion Kaigi 2014に参加してきました。

会釈程度でしたが、Laurentが顔を覚えてくれててうれしかったです。

iOS8対応やAndroid対応と今後が楽しみなRubyMotionです。

Android全バージョン対応との事なので、曳山の時に購入したAndroid端末が生かせるのがうれしいです。

さて、@watson1978さんから声をかけてもらってちょうどCDQのpull request出したりしてたのでCDQ(とruby-xcdm)について発表することとなりました。

資料はこちら。

https://t.co/dBRwAxYYVW

最後にマイグレーションについてattributeの名称を変えた場合の質問をされたんですが、attribute自体は変更になるので問題ないような事を言ったのですが、データの事はすっかり忘れてたので、データをロストしてしまいます。

renameじゃなく、あたらしい名称を一旦追加してコードで移行して、ある程度期間が経ってから不要になったもとの名称をdropする感じになると思います。

Mapping modelファイルを用いてデータロスする事なくmigrationする事も出来るのですが、Lightweight Migrationを用いる様にしてるので、Mapping modelファイル作っても反映されないようですね。