Hatena::ブログ(Diary)

gyaro-tiの日記

2009-07-21

聖地チベット展と侵略された聖地チベット - ポタラ宮と天空の盗まれた至宝

04:06

9月から上野の森美術館「正式名称=財団法人日本美術協会 上野の森美術館」で行われる「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝展」。

特設ページはコチラ。

http://www.seichi-tibet.jp/index.html

主催:財団法人日本美術協会・上野の森美術館朝日新聞社TBS、大広、中華文物交流協会、中国チベット文化保護発展協会

後援:中国国家文物局、中国大使館

出品協力:中国チベット自治区文物局、中国文物交流中心

そしてこちらの動画を見ていただきたい。

「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝展への抗議支援を呼びかけるStudents for a Free Tibet NY本部の副所長Tenzin Dorjee氏から日本のチベット人チベット支援者たちへのメッセージです。 」

http://www.youtube.com/watch?v=G5aPUtCFGco

内容書き起こし:

皆さん、こんにちは!Students for a Free Tibet副代表のテンドルです。

このメッセージを日本の全てのチベット人とその友人、チベット支援者、そしてチベット支援団体に送っています。

賛否両論の分かれているチベット美術の展覧会が現在日本を巡回中です。

この展覧会は中国政府の手によって催され「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝展」と呼ばれています。

中国政府はこのような展覧会を政治的宣伝として利用しチベット支配を正当化しようとしています。

この展覧会は中国の政治的宣伝政策の一つでチベットに関する誤った情報を与えています。

中国が正当なチベットの支配者である、と世界中に納得させようとしています。

そして中国政府チベット文化を保護する努力をしていると人々を欺こうとしているのです。でも現実はその正反対です。

私たちはこの展覧会に反対します。そしてみなさんもこの展覧会に抗議するよう支援を呼びかけます。

なぜこの展覧会にたくさんの問題があり非難を招いているのか、そしてチベット支援活動を台無しにしているのか。

聖地チベット展に抗議するウェブサイトで読んでください。

www.seichi-tibet.com

ウェブサイトに行けばなぜこの展覧会に問題があるのかが分かるし、人にも広めることが出来るし、他の人にも声をかけてなぜこの運動に参加して抗議すべきなのか教えることも出来ます。

このキャンペーン活動にぜひ賛同し参加してください。

このメッセージをStudents for a Free Tibetから「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝展」または「聖地チベット-盗まれた至宝展」を抗議する国際連盟の一員としてお送りしました。

www.seichi-tibet.com




「聖地チベット - ポタラ宮と天空の盗まれた至宝」サイト

http://www.seichi-tibet.com

まさかこの期に及んで中国政府が正当にチベットウイグルを保護し、あくまでも「暴徒鎮圧のために止むを得ず暴力で制圧している」なんて弁を信じてる愚か者はいないと思いますが、念のため。

今日のチベット、明日の韓国、明後日の日本、などということが起こりえないためにも。

最終的な判断はご自身で。

Connection: close