ホモファーベル庵日誌

2013-12-09 Monday

[]朝崎郁恵(あさざき・いくえ)の奄美島唄

f:id:gyou:20131208195400j:image


今夜は「奄美美空ひばり」と呼ばれている朝崎郁恵さんの「あはがり」を聴きながら眠りにつきたい。この唄はNHK新日本風土記のテーマ曲で有名になりました。


奄美島唄口伝伝承されてきた口承民俗音楽。ただし、普通の「歌」とか「曲」の概念とはちょっと違う。伝承されているのは、いくつもの歌詞の断片といくつものメロディパターン唄者は、祝いや弔いのときにその場にふさわしい歌詞メロディ即興的に組み合わせて歌うのだそうです。

この曲は、朝崎さんと親交のある吉俣良さんが奄美島唄ベースにつくったオリジナル

「あはがり」とは奄美の島言葉で「すべてがあかるい」という意味

歌詞がすばらしい。

じっと聴いているだけで涙があふれてくるのを抑えることができない・・・(泣)

●あはがり

http://www.youtube.com/watch?v=RxiTGypwjYk

D


朝崎郁恵

あはがり

作詞朝崎郁恵

作曲奄美民謡

浮き世…仮島に 何時(いてぃ)がでぃむ 居らりゅむぃ

情けあれぃよ 仮那(かな) くぬ世ば うさむぃれぃがでぃ

節や水車めぐりあわそ

てぃきぬあはがりし たましゃ うどぅてぃ

いきしゃん くとぅあてぃむ 天と大地や

てぃきぬあはがりし たましゃ うどぅてぃ

(意訳)

この世は神様からいただいた仮の世

いつまでとどまって居られましょうか

命を敬い生きていきなさい この世の生をなし終えるまで

時はめぐる 水車のように だからまためぐり会える

月のあかりの下で 人々は喜び魂が踊り明かす

どのようなことがあろうとも 天と大地の間

月のあかりの下で 人々は喜び魂が踊り明かす


もう一曲。おぼくり〜ええうみ。これもすばらしい。この唄は細野晴臣の紹介によって脚光をあびた名曲


●おぼくり〜ええうみ 朝崎郁恵 Obokuri - Eeumi / Asazaki Ikue

http://www.youtube.com/watch?v=xbwJnUHdg4M