ホモファーベル庵日誌

2017-09-06 Wednesday

[]超巨大ハリケーン「イルマ(IRMA)」がフロリダに接近中

f:id:gyou:20170906182911p:image

http://www.nhc.noaa.gov/refresh/graphics_at1+shtml/234935.shtml?cone#contents

超巨大ハリケーン・イルマ(IRMA)がフロリダに向けて接近中とのこと。

過去80年間でも巨大ハリケーンに分類される5段階中最強の「カテゴリー5」だそうです。

テキサス州上陸したハリケーン「ハービ−」の洪水被害がまだおさまらない今、追い打ちをかけるように今度はさらに巨大なハリケーン

ここ数年、観測史上初めての・・・、数十年ぶりの・・・といった異常気象がやけに多くなりました。


気象兵器が使われているのかもしれません。などと書くと、幣ブログから蜘蛛の子を散らすように逃げ出すのが見えます

しかし、


まんざら「荒唐無稽だ」と断定することはできません。


その証拠に、気象兵器軍事的使用禁止する条約があります

環境改変技術軍事利用禁止条約」と略称されているが、正式名称は、「環境改変技術軍事的使用その他の敵対的使用禁止に関する条約」。

津波地震台風進路変更ダム破壊等を人工的に引き起こし軍事的に利用することを禁止するための条約。1978年に発効している。我が国での効力発生までの沿革は以下のとおり。

1977年5月18日:ジュネーヴ作成

1978年10月5日:効力発生

1982年6月4日:国会承認

1982年6月9日:我が国について効力発生

まり日本もこの条約締約国であり、現在この条約有効。ちなみに、アメリカ合衆国締約国です。


条約の全文(日本語訳)は同志社大学東京大学サイトから入手して読むことができます

第2条に「環境改変技術」の定義規定されている。

環境改変技術」とは、自然作用意図的操作することにより地球生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む。)又は宇宙空間構造組成又は運動に変更を加える技術をいう。


ところで、2013年の「ロシアの声」の記事にこんな↓のもありました。

The Voice Of Russia

CIA、天候操作研究に63万ドル投下

23.07.2013, 17:38

http://japanese.ruvr.ru/2013_07_23/118413073/

CIAは天候を操る技術の開発に関心を注いでいる。

Mother Jonesというサイトデータによると、CIA気象工学への投資を行う。たとえば太陽光線の制御大気中の炭酸ガスの減少についての研究予算が割かれる。総額63万ドルが投じられる。

このプロジェクトには国立アカデミー海洋気象研究所NASAも参加する。

参加の目的についての質問に、CIA代表者は「国家安全保障のため」と答えている。しか真意不明。様々な疑惑を呼びそうだ。

2013/07/27 11:52


さらに、エジソン研究家でも有名な元外務大臣政務官浜田和幸氏も「気象兵器環境改変兵器)」は存在すると言っておられます

国会で「地震津波兵器存在国際政治軍事における常識である」と発言して(ネット界で)話題になりました。

このYoutube画像はまだ削除されていないようですね。

●国が認める人工地震2011年7月11日衆議院復興特別委員会浜田政務官.flv

D