ホモファーベル庵日誌

2018-11-17 Saturday

[]「やってる感外交」の極みである「お笑い安倍北方領土交渉」(天木直人

f:id:gyou:20181117114355j:image


●「やってる感外交」の極みである「お笑い安倍北方領土交渉」(天木直人

http://kenpo9.com/archives/4419

外遊したとたんにビッグニュースだ。

 日ロ首脳会談で北方領土問題に大きな進展があったと言わんばかりのニュースが流れた。

 ついに安倍外交が成果を見せたか。

 そう思って今朝の各紙を読んでみると何のことはない。

 合意した内容とは次の三つだ。

 1.1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させる

 2.北方領土問題に終止符を打つという意思を共有する

 3.年明けに安倍首相が再びロシアを訪問しプーチン大統領と会談する

 何のことはない。

 いままでさんざん繰り返して来た事の繰り返しだ。

 つまり、北方領土問題の解決について合意したのではなく、交渉を続ける事を合意したのだ。

 そして、不毛安倍地球儀俯瞰外交にプーチン大統領が手を貸すことが合意されたのだ。

 まさしく、「やる」ではなく、「やってる感」でごまかす安倍外交の極みである

 しかし、内政問題で国民をごまかす事は出来ても、外交世界をごまかすことは出来ない。

 たとえ二島であっても、プーチン大統領が日本に領土返還する事はない。

 万が一、プーチン大統領が二島を返還しても、在日米軍を駐留させない事が大前提だ。

 それでも安倍首相が二島返還を受け入れるなら、トランプ大統領は安倍首相をクビにする。

 そんな事を安倍首相に出来るはずがない。

 そんなことは皆わかっているのに、メディアは大騒ぎをして、安倍「やってる感」外交の宣伝に躍起だ。

 笑い飛ばすしかない(了)