Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

袖ケ浦公園 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007年05月15日 銭湯の思い出 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今日の天気 晴れ


f:id:h-kawa0619:20070515093814j:image:left

f:id:h-kawa0619:20070515094341j:image:right















銭湯、懐かしい言葉です。

小さい頃、内湯があった家はほとんどなく銭湯に行っていたものです。

子供にとっても社交の場所だったのかもしれません。洗髪は別に料金をとられたような気がします。坊主頭なのにどうして大人のように料金をとられるのか不満に思った時もあります。

風呂からあがったとき、湯タオルで体を拭いているのを見て、あんな大きなタオルが欲しいなぁと思ったこともあります。


壁には富士山の絵が描かれており、それを湯船につかりながら見たものです。

ほかの銭湯に行っても壁に描かれている絵は富士山です。銭湯にはなぜ富士山が多いのか不思議でした。

脱衣場には大きな鏡がありました。この鏡は男女の脱衣場の隔壁の役目をしており、かなり大きなものでした。

どうしてこんな大きな鏡が必要なんだろうと思いました。

自分の裸体はもちろんのこと、他人の裸体もばっちり映ってしまう大きな、大きな鏡です。

ここで自分の顔とニラメッコしたり、全身をチェックしたり、他人の体と比較したりしたものです。この鏡は美男子美男子に、醜男は醜男に、何の修正もしないまま正しく映る鏡でした。お腹のでている大人はこの鏡に己の醜い肉体をみて、油汗をたらり、たらりとながし痩せる努力をしているオジサンもいました。

女性側の鏡も無修正のまま映る鏡であったと思います。


番台にはいつもお婆ちゃんが座っていました。

若い女性でしたら、恥ずかしくて裸になれなかったかもしれません。青春時代でしたから。

お婆ちゃんでしたから、どうどうと裸になれたものです。これは何故かわかりません。


今は銭湯が「健康ランド」にかわり、番台もなくなり入湯券は機械から求める時代になりました。富士山の絵はいつの間にかなくなり、露天風呂に入って自然をお楽しみくださいということになりました。番台に座っていた御婆ちゃんは、若い女の子たちになり「いらっしゃいませ」と愛嬌をふりまいています。番台は受付になりました。

 

昨日も健康ランドに行ってきました。内湯よりの〜んびりできます。

手足を思いっきり伸ばしても浴槽に届きません。誰も浴槽にいなかったらひと泳ぎしたくなります。先日、温泉が大好きな孫と一緒に来た時、孫が浴槽で泳ぎました。孫に注意をしました。

「ここはプールじゃないから泳いじゃだめ。熱くてもじっとしていなさい」

孫が泳ぎたくなる気持ちがわかります。

徳さん徳さん 2007/05/15 20:08 銭湯 本当に懐かしいことばでっすね。内湯があっても銭湯の方がよくて行ったものです。今私の実家(寒川町)の隣が京成の経営の「笑顔の湯」です。隣のよしみで時々入湯券をくれるので入りに行きます。昔の銭湯とは趣が変わりましたが広い浴槽はいつになってもいいものです。隣にこんなお風呂屋があれば内湯は要りませんね。正月も初風呂の招待券がきます。富士山の壁画はありませんが・・・・・。

徳さん徳さん 2007/05/15 20:13 あっ忘れていましたが、お陰さまで「千の風」千人で歌う企画成功しました。感激しました。迫力ありました。伴奏にも力が入りました。ブログを見てください。

ひーろーですひーろーです 2007/05/16 07:08
徳さんへ
そちらは「笑顔の湯」ですか。こちらは「かずさの湯」です。あちこちに「何とか湯」って、ありますね。
時々、君津まででかけ「君津の湯」に入ってきます。
 
「千の風になって」大合唱、大成功。おめでとうございます。癖になってしまいそう。それにしてもいろいろなところでご活躍。素晴らしいことですね。

めぐんですめぐんです 2007/05/16 08:50 昼間にお日様の光が窓越しに入るような時間に
のんびり入りたいといつも憧れます。が
”何とかの湯”にわざわざ行くと言う事を
まだ日常の中で思いつきません。
そのうち行って見ようかな・・・。

ヒーローですヒーローです 2007/05/17 16:42
めぐんさんへ
上の写真は「アヤメ」です。花菖蒲と同じようですが、よく見ますと少し違っています。
花菖蒲と漢字で書いて「アヤメ」とカナを振っているところもあります。なんだかわからなくなっちゃいますね。

陽がさしているときにお風呂に入るのはなぜか落ち着きます。そして贅沢に感じます。お近くに徳さんが書いてある
「笑顔の湯」がありますね。そのお風呂に入りますと
自然に笑顔がでて、お肌もピチピチと若返ります。
今以上に若返ってもどうってこともないでしょうが、試してみてください。癖になります。

めぐんですめぐんです 2007/05/17 21:29 有難うございます。
これは”アヤメ”ですね。
以前、アヤメと菖蒲の違いを聞いたことがありますが
忘れてしまいました。

うっちゃんうっちゃん 2007/05/17 22:08 鏡に映ると冷汗が流れるので銭湯(何とかの湯)には余り行きませんがゴルフの後のお風呂は同じ様に最高の気分です 日本人のよき習慣だそうです

ひーろーですひーろーです 2007/05/18 04:54
めぐんさんへ
忘れたことを思い出そうとすることは、脳の活性化につながるんだそうです。毎年、脳の活性化ができるんだから実にうらやましいです。
あれっ、脳の活性化が図られるんだったらどうして忘れるんだろう。これっておかしいなぁ。

うっちゃんへ
ゴルフに行く時は、ゴルフより風呂に入るのが楽しみでした。今はゴルフは行きません。何故って、お風呂屋さんが近くにあるからです。