Hatena::ブログ(Diary)

Alone Like a Rhinoceros Horn

2012-01-07

今年の抱負 - Vimプラギン編

抱負を述べるには時期を逸した感があるものの、こういうものは一応でも言っておいた方が、一年を通してほどよいプレッシャーになっていいと思うのでw

alignta

去年やるはずだったのにできなかった、

  • 前回の整列を繰り返す機能
  • unite-alignta と連動した履歴の機能
  • ヘルプの英訳

これらの ToDo に引き続き取り組む。

後、自分で使っていて、「あれ、そうじゃないって(汗」という局面がまだまだあるので、そういう整列の細かい挙動などを少しずつ改善していく。

整列方法の指定書式はこれ以上増やしたくないが、既存の書式で「こう揃えたい」を表現できないとなれば、何か加える可能性はある。*1

(取り組む本人が)面白そうな ToDo としてこんなのもある。*2

後、コードをもっとすっきりさせたいし、プロファイルをとって少しでも速くしたい。機能の追加が控えているうちは多分手を付けないと思うけど、その辺までいければ今年は御の字といえる。

unite-outline

今年の課題はずばり以下の2つ。

他にも細かい ToDo はいろいろとあるけれども、この2つに比べれば瑣末といえる。また、この2つの課題をクリアするためには、中核部分はほとんど書き直しに近い変更が必要になると思うので、それまで他の ToDo はとりあえず塩漬けになると思う。

現在のバージョンに対しては最低限のバグフィックスのみを行うようにし、別ブランチで新バージョンを開発、みたいな流れかな。具体的にどうやって進めていくかはまだ決めてないけど。

GitHub で最初に公開したバージョンからずっと、見出しの抽出は「現在のバッファ」と密に結合していて、かつ「同期的」だった。昨年はこれらの問題点が明らかになった年で、今年はそれらを解決する年としたい。

*1:とはいえ、あまり複雑にし過ぎると暗号のようになり、「覚えいにくい」「使いにくい」といったことになるので、その辺のバランスは難しい。

*2:ヘルプの英訳よりはやく終わるかもw

リンク元