IPIC (invisible player invisible cheers)

2005-06-09

[]カスタム・チャイルド(壁井ユカコ

…これはご都合主義というやつなのでは。
むろんご都合主義とそうでないのとの間に明確な線など引けない。ただ、おれのご都合主義判定デーモンが動作したのは事実。

死んだ者を死んだままにしておかない物語に対して、評点が辛くなる傾向は自覚している。たぶんそういうことなんだろうと思うが、でもそれを言うなら「キーリ」1巻目もそうなのだが、あちらはデーモン動かなかったんだよなあ。
ファンタジーとはっきり割り切れる「キーリ」と違い、こちらは移植臓器の記憶という仕掛けが途中から見えて、なおかつそのトンデモすれすれの設定に「えー?」と思った、というのがデーモン動作のひとつの要因だろう。現実世界の理屈を物語に適用するなら、現実世界のシビアさも一緒に適用してほしい。

というわけで期待ほど楽しめなかったのは、この作者の小説だけに残念だった。
あと、キーリ及びこの本の一連の作者紹介から受けた印象から、主人公の性格づけは作者のそれがだいぶ投影されてるのかななどと馬鹿読者的な感想が湧いたのだが、これは妄想ということで捨ておく。でもこの主人公、ハーヴェイとも性格上の共通項あるよな。

[]深淵にひそむ飛騨権現

このところ上記「カスタム・チャイルド」と「荒野の恋」1巻と「UMAハンター馬子完全版」2巻をちゃんぽんで読んでいる(た)のだが。「馬子」1巻はだじゃれ落ちが少なかったのに、2巻最初の話は四重だじゃれで落としやがった。ダゴンまで持ってくるとは思わなんだよ。
残り2冊は引き続き読書中。

[]IT戦士、奮闘中

ITmedia「SNS「mixi」が支える恋――オタクとキャリアの物語」なる記事の話。記事内容はキャリア女とおたく男がどうのこうのというどっちでもいい話の取材だったが、記事の終わりの記者感想みたいなのの書き出しがいきなり

アルテイシアさんの発言は一部、オタクの恋愛観を描いた「電波男」(本田透著、三才ブックス)とそっくりだった。

これ(アルテイシアさんというのは件のキャリア女性のHN)だったので吹いた。無前提に持ち出してOKなほど、ITmedia読んでる層と「電波男」読んでる層がかぶってるとも思えないのだが。それに「オタクの恋愛観を描いた」という表現はなにやら誤解を招きそうなのだが。いやそれより電波男読んでいたのか。そりゃ読んでるか…

[]安田記念の結果

5歳暮れにオープン入り、前走で6歳にして初重賞という馬(アサクサデンエン)が勝ったことが、どうも腑に落ちない。でも2着スイープトウショウにしろ(かつてのイクノディクタストーワダーリンがこんな感じだった)、3着4着の香港勢にしろ、決して弱い馬ではないし。タイムも水準以上だし。本格化、なのかなあ。
それよりサイレントウィットネスに突っつかれっぱなしだったローエングリンが不憫で…

[]エプソムCの出走馬

ウインジェネラーレの右目失明を知ったときは驚いた。驚いたというより胸が痛んだ。G1ではひたすら不振のタマモクロス産駒だが、この馬がもしかして払拭してくれるかもと期待していたし、今も期待している。狙いは有馬だ。頑張れ。
もう一頭好きなカンファーベストは今回は3着という気がする。少なくとも掲示板は鉄板だろうけど。

Connection: close