Hatena::ブログ(Diary)

0.7%ハロー

2010-09-02

2010吉誕企画2

13:45

巷では久々の飼育発企画で盛り上がっているようですが、僕はあえて吉誕企画の感想の続きを書こうと思います。前回から2作増えてたので。飼育のなりきり企画についてはまた後日。

キャバ嬢魔法使いを志す」

みやびちゃんが魅力的。心理描写がうまくて、みやびちゃんの言動が年相応で非常に可愛い。あと途中まで犯人梨沙子かと思ってたよw とっくにカムアウト済み、百々さんです(→参考記事)。カムアウトがなくてもこれは分かったなぁ。筋金入りの吉ヲタ百々さんが書くよっすぃ〜は、意外と特徴的。言葉遣いは昔の娘。小説の定番の男役だったよっすぃ〜に近いくらい男っぽい口調なのに、性格・思考・小説内での扱われ方は完全に「女子」なんだよね。リアルのよっすぃ〜の外面と内面を極端にデフォルメした感じ。

「アイスキャンディの功罪」

これは・・・! まさかのロテさんですかwwww ヲタ卒して界隈から姿消して2年、娘。小説を書きに戻ってくるとは! ところで、いつも思うけどロテさんの小説ってほんと萌えに特化してるよね。そういう娘。小説って大体、そのカップリングに興味ない人が読むとつまらないんだけど、ロテさんは巧みな文章力と構成力でぐいぐい読ませてしまう。そして萌える。あーーーちくしょーあやや可愛いよおおおおお!!!

そういえば前回、作者さんが誰なのか分からなかった作品について。「融点」は水彩さん(→参考サイト)、「1444回の愛してる」は百々さんでした(→参考記事)。

2010-05-25 2010吉誕企画1

7ヶ月半ぶりの更新になりますがwwwwww サボってる間に、僕の愛しのれいにゃあいぼんよっすぃ〜こんこんの誕生日が過ぎてしまいました。不覚。みんなお祝いできなくてゴメンネ>< おめでとう><

さて、娘。小説が廃れていくにつれて僕の情熱も冷めていってしまったわけですが、今年も個人で企画を開催してくれている人がいるようで。吉ヲタのパムさんなるお方です(企画はこちら)。ありがたいね、こういう人の存在は。今回も締切はあって無いようなもので、というか半永久的に作品を募集しているというおおらかな企画のようだ。せっかくだから、今のところ投稿されてる作品だけ感想を書いてみる。超絶ネタバレなので、まだ読んでない方はスルー推奨。

SOLDIER OF FORTUNE

まだ投稿途中みたいだから詳細な感想は言えないけど。これはポワンポワン大佐さんですね。彼は水板の自スレを何年も放置しているわりに、パム企画には毎回参加してる。しかも続きもので。この作者さんの場合、まだ娘。小説界隈で生きてるんだと思うだけで俺は感動してしまう。息が長いって素晴らしい。それにしても、この人いったい誰ヲタなんだろう。道重吉澤と藤本が好きなのは分かるが、なんかハロメンに対する姿勢が結構フラットなので、DDなのかもしれない。

「初体験」

出たwww やぐよしwwwwwww 「昔懐かしの娘。小説」っていうテーマだったから、投稿作品はいしよしよしごまばっかりになるんじゃないかと危惧、いや、予想してた。まさか8944が来るとは思わんかった。個人的にGJ! そして光井wwwwww 娘。メンの飼育での動向がそれっぽくて妙に納得してしまった。どうでもいいけど、この作品の中では娘。メンの中にまだ久住がいるんだね。確かに、パターンを豊富にするためには久住の存在は便利だなと思った。で、これはカムアウト済みですね。しゃらさんでした(→参考記事)。

融点

これ、作者さん誰だろう。タイトルのシンプルさと読みやすい文体で一瞬しゃらさんかと思ったけど、よく読むとしゃらさんより女性的な文章だ。というわけで、少なくとも女性作者さんだろうと予想しておく。しかし亀井がマジで可愛い。ムカつくくらい可愛い亀井のいやらしさがとても良い。この作品、もう1回読み返してみると怖いよね。亀井の彼氏と吉澤が元から関係があったと考えた上で、最初のシーンを読んでみると怖い。吉澤の言動に女の恐ろしさを感じるw

「1444回の愛してる」

最初に読み始めた時、ガチもんの「いしよし小説」かと思った。実際は、なんかいしよし小説のダイジェスト?みたいな感じ。どこかで読んだような、超ありがちないしよし小説の集合体!というネタ小説かw この作品の秀逸なところは、29レス目からの作者レスと読者レスの再現。あるあるwwwwwwwあったあったwwwwwwwwwと笑っちゃうくらい、レスの応酬がリアル。この作者さんは相当な古参だ。「昔懐かしの娘。小説」をリアルタイムで読んでたんだろうな。

「時計の館」

これも既にカムアウト済み(→参考記事)。Q_nutsさんが書く娘。小説は、短いのに濃いものが多い。それにしても、メンヘラチックな後藤は素敵だなぁ。さすがごまヲタ作者さん、後藤の魅力を分かってらっしゃる。いちごまは健気で可愛い後藤、こんごまは優しくてかっこいい後藤、よしごまはちょっと可哀相で執着心の強い後藤がしっくり来る。カップリングごとに違う性格の同一人物を書けるというのが、同人小説の面白いところ。

五月雨ロンリーガール」

うおおお。傑作が来ましたね。これもしゃらさん、カムアウト済み(→参考記事)。1作目の「初体験」は軽いジャブだったわけですね。欲を言うならあと5レスくらい引っ張ってほしかったけど、まぁ短編の範囲に納めるならこれくらいの長さでよかったのかもな。俺にはまだ結婚した兄弟はいないけど、この小説の梅さんの気持ちは分かる気がする。小さい頃から無条件に盲目的に憧れてた人がいて、でも環境の変化や自分の成長によって、その人の違う一面に気づいてしまって勝手に失望する、っていうね。それにしてもお題の使い方がうまい。降参。

2009-10-10 よっしゃーーー!!

娘。小説はちょいちょい読んでたけど、あまりに更新しなさすぎてブログの存在を綺麗さっぱり忘れてた!

アク解もカウンターもつけてないから、このブログ読んでる人がいるのかどうかも分かりませんが、暇ができたらまた娘。小説の感想を書こうと思います。

ではまた从*` ロ´)ノシ

nanashinanashi 2010/02/21 23:52 从*` ロ´)ノシ

haburareinyahaburareinya 2010/05/26 01:12 ( ‘д‘)ノシ

2009-05-19 草1

草板はみんな短くて感想書くのが楽だなぁ。と思って一応上のほうから読み始めたんだけど、上にあるスレ5個くらいが見事に全部ベリキュー小説だったので、やっぱり下のほうから読むことにした。だってベリキューものってみんな同じに見えるから感想書きにくいんだもおおおん!!!!! 今のベリキュー小説は全盛期のいしよし小説と同じで、作者みんながお互い作風を真似し合ってるような、オリジナリティのない小説ばっかりになってる。ブームだとこうなるのは仕方ないのかな。

「屋根まで飛んで」

言わずと知れた最近の問題作。最近っつっても1年以上前だが。飼育のほうは修正点がたくさんあるとのことなので、作者サイトのほうで手直しされたものを読んだ(参考リンク→あんじゃぱす)。まず凄いと思ったのは、語り手吉澤で進んでいく現在の話はずっと平和な展開のはずなのに、それでも最初からずっと不穏な空気が漂ってるところ。何か落とし穴があるんじゃないか、いつ突き落とされるんだろうか、と読者はびくびくしながら読み進めていくことになる。ラストは衝撃的だったけど、読者もある程度バッドエンドを予想してるから、あぁそういうことかと妙に納得してしまうのだ。実質たった150レスの小説でここまで濃いものが書けるのは凄い。

「きらきらひとみ。」

みきよしとかwwwwwwwwww 高速スクロールで流し読みしちゃったけど、とりあえず作者が藤本好きってことは分かった。しかし藤本吉澤が高校生設定って久々に見たなぁ。そして、藤本吉澤がいるのに石川後藤が出てこない小説は初めて見た。全体をざっと読んで思ったんだけど、この作者さんは2006年頃の娘。が好きで、それ以前・それ以降の娘。にはあんまり興味がない気がする。

「臆病者の衝突」

屋根まで飛んでと同様、このスレもマジヲタに文句言われたみたいですね。あーうぜーうぜー、マジヲタは娘。小説なんか読むなっつーの。問題になった最初の短編「車輪と唄」、素直に面白かった。吉澤と田中の関係も最後までねちっこくなくて、地の文も多くを語らず、この題材で深い話をさらっと書けるのは作者さんの力量だと思う。「ひだりんとミキの翼」はちょっと泣きそうになった。嘘です、泣きました実際。なんかアンデルセンの童話みたいだ。狼の某ネタスレを知ってても知らなくても引き込まれる話だと思った。こういうのが書ける人は凄いなぁ。

2009-05-10 森3

今日は森板です。長編にしろ短編にしろ、すでに更新が終わってるスレを狙い撃ち。

「いつかどこかでだれかが」

愛理ちゃん愛理ちゃん。CPといえばCPなんだけど、エルダメン×ベリキューって感じで新鮮でした。青春小説だねこれは。部活の話は色々と考えさせられた。小春うぜー。栞菜ちゃんカワイソス。多分ここで書かれてるような小春みたいな子って現実には存在しないタイプなので、栞菜のほうに感情移入しちゃう。あと吉澤がちゃんと女性っぽく描かれてて良かった。つーか吉澤って娘。小説だと総攻めキャラみたいに使われてるけど、実際は誰に対しても受け身で繊細な人だよね。その辺がちゃんと書かれてる小説は好きだ。

子猫のように微笑んで」

誉さんが本気で書いた小説は、娘。メンの心情がいちいち凄いリアルで面白い。明らかに適当に書いたっぽい誉作品(「あの山に登ろう」とか「預かりもの」とか)は、俺はあんまり好きじゃない。「子猫〜」は前者みたいで、かなり引き込まれて読んだ。特に、新垣の高橋への気持ちとか光井の思考回路は面白かった。ちなみに個人的には、光井って俺らが思ってるよりずっと賢いけど、俺らが思ってるほど何かを真面目に考えることはない子だと思っている。

「たまご雑炊」

短編集。っていうかしゃらさん。「飼育のスレにうpしたやつは未熟すぎるからサイトのほうで読んでくれ」と言われたので、サイトで読みました(参考リンク→あんじゃぱす) みんなネタがよく練られてて面白かったけど、特にうおおおお!と思ったのは「扉」「弁護士」「連鎖」。その発想はなかった!と感心してしまった。表現がうまいわけじゃないんだけど、ネタの面白さで読ませる文章。あと「仲間はずれ」「予告状」「新ユニット」辺りのパズル系は凄いと思った。よくハロメン内でこういうの見つけられるよなぁ。