晴れた日はクラゲのように(HARE☆KURA) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-02-02

hacchaki2017-02-02

[]母

逝ってしまった人のことはともかく

(という言い方もアレだけど)

残された母の心身のケア

しっかりしなければならない。

身勝手な親父に

散々振り回されて来た人生

それは同時に約60年間

配偶者の価値観の中だけで生きて来た

典型的昭和の女の人生でもある。

そんな母が夫を失った。

その心の痛手、喪失感

息子たちの想像

遥かに越えるものであろう。

どうか残りの人生

どうか穏やかに

安らかに過ごして欲しい。

そのために何をすべきなか

ただいま思案の最中に居るわけです。

から親父よ。

感傷に浸って居る場合じゃなくてごめんよ。


しかし「家族」っていったい何なんでしょうね。

f:id:hacchaki:20170202094854j:image

f:id:hacchaki:20170202094856j:image

f:id:hacchaki:20170202094857j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hacchaki/20170202/p1
この日記のはてなブックマーク数