晴れた日はクラゲのように(HARE☆KURA) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-03-30

hacchaki2018-03-30

[]ティーンエイジャーの母

昨日母の写真を整理していて見つけたのです。


17歳のときの唯一の写真(これが一番若い写真)は

13歳の弟(ワイから見たら叔父さん)とのツーショット

まだ幼い少女の表情だが

紛れもなくワイの知っている母の顔だ。

そして弟が大好きだ、といわんばかりの姉の顔。

2、3枚目は21歳と22歳のときのもの

ワイは会うことが叶わなかったが

母のお父さん(祖父)とお母さん(祖母

それぞれとのツーショット

祖父は威厳ある昔の男の顔をしている。

武士の風情がある。

祖母はなんとも穏やかで優しげ。

あなたたちが存在したから

今ワイはこうして存在しているのです。

母は危篤状態になってから

ずっと「お母さんに会いたい」と言っていた。

ずっとその思いを胸に秘めながら生きて来たのだろう。

今頃三人で団欒しているといいな。


母は、自分から見れば確固たる「母」という存在だったけど

そんな母にも当たり前に少女時代があり、青春があり

大切な家族があり、屈託なく笑ったり思いっきり泣いたり悩んだり

友達と熱く語ったり、馬鹿話したりしていたのだなあと

そんなことを思うとなんとも熱いものが込み上げて来るのでした。

f:id:hacchaki:20180328082342j:image

f:id:hacchaki:20180328082340j:image

f:id:hacchaki:20180328085220j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hacchaki/20180330/p1
この日記のはてなブックマーク数