あけてくれ - おれカネゴンの「算数できんのやっぱり気にしすぎとや」日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

[あけてくれ]

お知らせ

技術系ブログ「TechRacho(https://techracho.bpsinc.jp)」で
hachi8833という名前で毎日記事書いてます。
どうぞおいでませ。

なお個人ブログはnote に引っ越しました。不定期更新です。詳細
Tumblrではリブログしてます。

●日記の内容をくれぐれも本気にしないでください。ほぼ何にも調べずに書いています。

●何を言っているのかよくわからない場合はとりあえず用語集を参照してください。

●時々同じ事を何度も書いています。心配するだけ無駄だと思うけど。

●敬称略。

●おしゃべりがどうしても治りません。

●日記を書いていないときは何も考えていません。

●リンクは御自由に(リンクを外すのも含め連絡不要です)。

●ここに書かれていることや文章の形式などはごっそりパクっても構いません。

●万一ここに書いてあることが何かの間違いでありがたく見えてしまうときは【あるわけなかろうおれカネゴン】、あなたの精神力が弱っていますので視聴を控えてください。危険です。

●もしここからリンクされると格が下がる/貫目が落ちるとお嘆きの場合はご連絡いただければ外します。

●日記インポート時のエラーがそこここに残っていたり恥ずかしくていたたまれない箇所があったりするので、折に触れて過去の日記も書き直しています。

●こんな日記を読むより、最上の日々最尤日記研修用資料active galactic科学と技術の諸相の方をお勧めします。

●twitter: hachi8833

●tumblr: orekane.tumblr.com


2000年 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2001年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2002年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2003年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2004年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2005年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2006年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2007年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2008年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2009年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】【12月】

2010年【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2011年【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2012年【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2013年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】

2015年【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【7月】(終)


 | 

2005年06月19日(日)

今日の頭音:「くるみ割り人形:花のワルツ」チャイコフスキー(Key=D)

昨日書いた統計学的な有意性検定の意味のなさの続き。有意性検定に代わる手法にはいくつかあるらしいのだけど、その代表有力な候補の1つが赤池情報量規準(AIC)というものだとか。カネゴンど素人なので「規準」という言葉があまり見慣れないのだけど、criterionの訳語らしい。そのAICJavaScriptでデモするページ発見

もう「それが好きで得意だから」というだけではやっていけなくなる

色川武大自分と同じ劣等生に向けて語った「うらおもて人生録 (新潮文庫)」で、およそ次のようなことを書いていた【またまたそれかおれカネゴン】。例によって記憶から。

劣等生は劣等なのだから、主流の分野で勝とうと思わない方がいい。本線は捨ててしまうんだ。ただしこれは優秀な人についても言えるのだが、「典型的な何か」を目指すということは、一見安泰なようでいて、実は他人に喰われる道をまっしぐらに進んでいるんだな。事の良し悪しは別にして、たとえば劣等生がヤクザを目指すとしよう。このとき、そのヤクザが典型的なヤクザを目指したら、遅かれ早かれ誰かに喰われてしまうだろう。相当優秀であっても、典型的な何かというのは実はもっとも取替えの利く人材なのだから。公務員ならともかく、同じ能力なら、若くて給料の安い者にその地位を奪われるのは当然だ。

もしも本気で生き残るつもりであれば、もっともヤクザらしくないヤクザを目指すことだ。どんな分野であっても、自分の力で生き残るためには、ずば抜けて優秀であるか、絶対に取替えの利かないユニークさか、そのどちらかが必要なんだな。ぼくもまったくそうなのだが、君たち劣等生は優秀さにおいて太刀打ちできないのだから、ユニークさか、せめて生きることを許してもらえる愛嬌を会得する必要がある。

ぼく自身、博打ばっかりやってきたように思われることが多かったけど、編集者をやったり炭屋の小僧をやったり愚連隊をやったり東映のストに参加したり乗馬をやったり文学の同人に参加したりと、いろんなことに手を出してきた。そして自分自身は何者でもないのだと常に思い続けていた。当時はそこまで考えていたわけではなかったのだけど、典型的な何者かにならないという道を本能的に自分の嗅覚で選び取っていたのかもしれなかったですね。

もしかすると個性とかユニークさというものは、生活が満ち足りたついでに空しさを埋めるためにカルチャースクールで習うような余興ではなく、優秀さという必殺の武器を持たない者が生き延びるために最後にすがらざるを得ない、非常に厳しいものだったのかもしれない。カネゴンはついここに出てきた「ヤクザ」を他の言葉に置き換えてみてしまう。ハッカーらしくないハッカー、学者らしくない学者、野球選手らしくない野球選手。

色川武大の場合、いかにも博打で生き残った人らしく、その分野で「最も優秀な人」以外は全員劣等生に分類しているはずなので、屈折した形で普遍性が保たれていることになる。ここに書かれていることは、専門職ほど該当しやすいと思う。勉強して学べることや本に書かれていることなどは、他の人によってあっという間に追いつかれてしまう。かといって努力しないとますます引き離される。「生きることを許される愛嬌」というのも、要するに対人能力ということになる【そこが欠損おれカネゴン】。

この日記では有名サイトへのリンクはあまりしないようにしているのだけど、昨今はリンクしただけで自動トラックバックが相手のサイトに勝手にスタンプされてしまうことがあるので少々困ってしまう。まことに勝手な言い分だけど、トラックバックされないお気軽なリンクポイントもあってくれればと思う【頼んで寝るとはおれカネゴン】。

yomoyomoyomoyomo 2005/06/19 15:52 >リンクしただけで自動トラックバックが相手のサイトに勝手にスタンプされてしまう

リンクする相手がはてなダイアリーを使っている場合は、例えば http://d.hatena.ne.jp/./yomoyomo/ のように.を間に挟むことで自動トラックバックの送信を止めることができます

うりかねぐんうりかねぐん 2005/06/19 16:13 情報ありがとうございます。そんな手があったんですね。

RyuRyu 2005/06/20 20:30 >カネゴンはついここに出てきた「ヤクザ」を他の言葉に置き換えてみてしまう。

音楽をやっていた頃、「一目見てミュージシャンであることを看破される」ことが一番嫌だった。
だから、絶対に音楽をやってるようには見えるような格好はしなかった。
そしたら、ホントに音楽の世界からドロップアウトしてしまった(笑)
程度っつぅもんがあるわけだな、アハハ。

今はおとなしく諦めて、アウトドアズマンに見える格好で暮らしておりますです、ハイ

うりかねぐんうりかねぐん 2005/06/21 07:50 どうもです。N.Z.に渡った時点でもうユニークですよ。最初は何でなのか全然わからなかったし。

 | 
最近のコメント