Hatena::ブログ(Diary)

学校図書館ボランティアの読書記録

2013-05-14

『たからげた』

たからげた (日本の民話えほん)

たからげた (日本の民話えほん)

 日本の民話えほん第2集の4冊目。
 「ごんぞうむし」って何?とまず思いました。検索してみると、この『たからげた』のお話そのものが、『ごんぞう虫』という題名で、岡山県福岡県の昔話としてあるそうです。画像検索してみると、なんだかいろんな虫が出てきて、わけがわからなくなりました。「ダニ」「ダニの一種のツツガムシ」「米につくゾウムシ」「カメムシみたいなヤツ」・・・
 長新太の絵を見ても、とにかくきらわれるような虫だなという程度でしかわからない。子どもたちが突っついておもちゃにしているところが、「ごんぞうおじ」のなれの果てとしては、納得できるかなと思います。

 ごんぞうおじの家にいた猫も、どこに行ったのだろうと気になりました。ごんぞうおじが夢中で小判を出しているところ、どんどん小さくなって虫のようになっていくところをそばで見守っているねこの表情が印象的でした。

 哀れなごんぞうおじがその身に変えてだした小判は、おかあとむすこのものとなったようですね。

< おかあと むすこは
 こばんと いっぽんばの
 げたを だいじにして、
 ながく しあわせに
 くらしました。>