Hatena::ブログ(Diary)

2011-08-22

nginx_tcp_proxy_module を入れてnode.jsのsocket.ioを動かすnginxの設定

設定をメモ

node.js の、listenするあたりはこうしてみた。

// node.js(express)はunixソケットをlistenさせてみる。
var app = module.exports = express.createServer();
var sockPath = './tmp/sockets/express.sock';
app.listen(sockPath, function() {
  fs.chmodSync(sockPath, '777');
});

// socket.io はポート3001をlistenさせる。
var io = require('socket.io').listen(3001),

クライアントサイドで、socket.ioにつなぐコード

// 実際にはポート3001で動かしてるけど、
// 別のポート(3000)でふつうにnginxにリクエストして、
// tcp_poxy_moduleがsocket.ioの3001へプロキシする。
// こうしないと動かなかった
var socket = io.connect('http://example.com:3000');
socket.on('hey hey hey hey', function(data) {
  console.log(data);
});


nginxの設定

http {
  # 本当はhttpディレクティブのなかは他の設定もいろいろあるけど省略

  upstream node-js-myapp {
    server unix:/var/apps/myapp/current/tmp/sockets/express.sock;
  }

  server {
    listen 80;
    server_name example.com;
    root /var/www/myapp;

    location / {
      try_files $uri @node-js-myapp;
    }

    location ^~ /socket.io/ {
      try_files $uri @node-js-myapp;
    }

    location /websockets_status {
      check_status;
    }

    location @node-js-myapp { 
      proxy_set_header X-Real-IP  $remote_addr;
      proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
      proxy_set_header Host $http_host;
      proxy_pass  http://node-js-myapp;
    }
  }
}


tcp {
  upstream websocket-myapp {
    server 127.0.0.1:3001;
    check interval=3000 rise=2 fall=5 timeout=1000;
  }

  server {
    listen 3000;
    server_name example.com;

    proxy_read_timeout 200000;
    proxy_send_timeout 200000;
    proxy_pass websocket-myapp;
  }
}

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hadashia/20110822/1314017835