THE HIRO Says

2012-10-25

2012年に関わったイベント一覧

※漏れが見つかったら随時更新していきます。

日時 内容 備考
2012/01/12-13Jim Coplien さんの認定スクラムマスター研修CSM を取得しました
2012/03/16 Agile Japan 2012倉貫さんの「脳みそのブレーキを壊せ」の言葉をいただいた日。あと SwA がこの日からスタート。
2012/08/13-17Agile2012 ManasLinkさんで記事を投稿させていただきました
2012/09/04 【DevLOVE】Agile Meetup Tokyo オール英語で Agile2012 について語る
2012/09/12 【DevLOVE】学び方を学ぶ〜オブジェクト指向の設計と実装を学ぶ〜
2012/09/15 XP祭り2012 Agile2012の参加報告をさせていただきました
2012/10/09 【DevLOVE】SIエンジニアの自分戦略‐急がば回れ、選ぶなら近道‐
2012/10/17 Jeff Pattonと平鍋健児が語る、価値創出のプロセス「ユーザーストーリーマッピング」レポートはコチラ
2012/10/18-19Jeff Patton さんの「情熱プロダクトオーナー研修」(CSPO 研修)CSPO を取得しました
2012/10/19 Agile Conference Retrospective登壇させていただきました
2012/10/20 Rakuten Technology Conference 2012ELTやったりManasLinkさんでレポートさせていただいたり
2012/10/21 ゲーム・開発・UXD情報交換会DevLOVE の一員として登壇させていただきました
2012/10/28 スクラム道 EXPO 2012
2012/11/04 POStudy Conference 2012スタッフ
2012/11/17 Ultimate Agilist Tokyoスタッフ&OpenJam
2012/12/15-16DevLOVE Conference 2012HangerFlight<

この他に、

  • Agile2012 の社内外報告を10回
  • 『Succeeding with Agile 読書会』を7回

それぞれ開催しました。

この経験を、どれだけ現場で活かし、またその学びを皆さんに展開できるか?

2013年は、もう数段階上を求められるでしょうし、それを提供していけるよう精進します。

2012-10-20

Nick さんらと Agile Conference を振り返ってきた

f:id:hageyahhoo:20121020095322j:image

2012/10/19(金)に、楽天タワーで開催された 「Agile Conference Retrospective」 というイベントに登壇してきました。


このイベントは、Agile2012Atlassian さんのブースを担当されていた Nicholas Muldoon さん(JIRA とか GreenHopper とかを開発されていた方です)が初来日をされるということで、Agile2012 に参加した日本人メンバーと、Agile2012 にまつわる意見交換を出来れば面白いですよね〜ということから開催の運びと相成りました。


ちなみに私は、つい1時間前まで Jeff Patton さんの CSPO 研修「情熱プロダクトオーナー研修」 を受講していて、上田さんと共に道玄坂をダッシュして開始10分前に「現場」に到着しました。渋谷品川シーサイド埼京線りんかい線で乗り換えなしで15分なので便利ですね〜


今回のイベントの流れは、以下のような感じです。

  1. 自己紹介&なぜアジャイルをやり始めたのか?
  2. パネルディスカッション
    1. アナログ vs デジタル(かんばんなどのツールについての比較)
    2. Enterprise Agile
    3. 日本 vs 海外
  3. クロージング
    1. なぜアジャイルなのか?
    2. みんなにどうしてもらいたいか?

後日スライドが公開されるらしいので、出来上がったらシェアさせていただきます。

→ 公開されました



Nick さんの発言&対話メモ

書きおこせた範囲で。

  1. 今回 Agile2012 に参加して、日本人の参加者の多さに驚いた。(30人前後)
  2. 欧米では、Agile・Lean は TPS(トヨタ生産システム)由来という認識なので、日本を「アジャイルの国」だと考えている
  3. アジャイルについて欧米では、Jeffrey Moore の Chasm を超えているが、Nick さんいわく日本はまだ Innovator の状態。
    1. 日本は失敗を気にしすぎじゃないか?WF や日本は、失敗をダメなものと認識するが、アジャイルではそれを学習と考える。(伊藤)
    2. インドは、英語圏で一次情報に触れ易いため、既に early adopter の段階まで行っている。
    3. 中国は、Innovator の段階にも至っていない。
    4. 英語の壁が、結局のところ日本でアジャイルの知識・認知度が広まりにくい元凶なのではないか?(川口さん)
  4. アジャイルは、マインドセットなのだと理解している。
    1. Nick さんが知っているオーストラリア?の金融系会社(28,000人規模)では、do agile から be agile へ変わるまでに2年かかった。(2006-2008)
  5. Nick さんは、2009年のシカゴでのアジャイルカンファレンスに初参加した。
    1. その時は、アジャイルについて学ぶことが目的で参加した。
    2. その時は、practitioner と learner の比率が50:50くらいだった。
  6. Nick さんの今回のイベントの参加目的は、日本でのアジャイルの様子を知ることと、Agile2013 へ参加しようよ!と言うこと。
    1. Agile2013 で会えたら Phenomenon だよね!


【裏話】Nick さんとの対話

何度か Nick さんと直接お話させていただけたので、その時の様子をば。

  1. 私の Nick さんへの挨拶は「Welcome to Japan! I'm honored to meet you again!」
    1. ちなみに、ダラスで名刺交換をさせていただいていました。
    2. 名刺をお見せしたら、私のことを覚えていてくれました。
    3. 「Rangers のダルビッシュユニホームを着ていて、テンガロンハットかぶっている人だよね!」という認識をされていましたw 定着してんのかw
  2. 「来年 Agile2013 に参加するよね?」と訊かれたので、「もちろん!カントリーミュージック演奏しますよ!」と回答してしまいました。さてどうしようw
  3. Redmine 以外のツールにも興味を持ちはじめて、2週間前から JIRA・GreenHopper を試していて、同僚にも勧めていることをお伝えしたら、とても喜んでくれて、ユーザーグループ入らないか?と誘っていただけました。ありがたいことです。
  4. GREE でイベントやったら、20人マネージャ、20人エンジニア、QAが3人だったとのこと。アジャイル系のイベントにマネージャがそんなに参加するのか!


最後に

イベントを設定してお話させていただける機会を設けていただいた Sean さんぱぱんださん、日本に来日してお会いしてくれた Nick さん、お忙しいところ参加していただいた皆さん、そして Rakuten Technology Conference 2012 の準備でお忙しいなか場所を提供して下さった楽天の皆さん、本当にありがとうございました。

2012-10-10

10/19(金)にアジャイルカンファレンスのふりかえりをやります

f:id:hageyahhoo:20121010220217j:image:w360

JIRA などのツールで有名な Atlassian さんと、価値創造契約などで有名な永和システムマネジメントさんの粋な計らいで、”Agile Conference Retrospective” というイベントでお話をさせていただくことになりました。

Agile2012 に実際に参加して気付いたことやアジャイルの最新動向、日本の IT 業界において我々エンジニアはどうやって闘っていくべきかなど、皆さんのエンジニアライフのプラスになる情報を発信できればな〜と思っています。で、私も皆さんから色々と学びたいと思っています。


さて、今回のイベント前後は結構タフなのです。なぜならば…

日時 イベント
10/18(木) 10:00-18:00Jeff Patton さんの CSPO 研修
10/19(金) 10:00-18:00Jeff Patton さんの CSPO 研修
10/19(金) 19:00-21:00Agile Conference Retrospective
10/20(土) 11:00-20:00Rakuten Technology Conference 2012
10/21(日) 13:00-17:30ゲーム・開発・UXD 情報交換会

(((( ;゚д゚))) シヌヤン!

そういうスケジューリングをしたのは私の責任なので、これを乗り越えられるよう現在体力増強中です。

当日は、体力増強してみなぎっている私が見られるか、それともやられきってやつれた私が見られるか、そこもお楽しみにしていただければと思います(笑)


If you smell what the Hiro is cooking!!!

2012-10-08

英単語のストックはこう増やせます

f:id:hageyahhoo:20120127192416j:image:w360

ジェフ千葉のサイトから引用させていただきました。


皆さんいつもお世話になっているであろう「スペースアルク」

このスペースアルクiPhone/iPad アプリで、「i 英辞郎」というものがあります。

こいつがかなりできる子です。

今回は、この「i 英辞郎」を使って英単語のストックを増やす方法をまとめてみます。皆さんの英語の勉強の参考になれば幸いです。



1.英和辞典としての機能

起動直後の画面。ここで検索ワードを入力すれば、該当する単語が表示されます。ちなみに日英両方の検索に対応しています。

f:id:hageyahhoo:20121008224121p:image:w360


例えば「agile」で検索をかけてみると、こんな感じになります。

f:id:hageyahhoo:20121008224119p:image:w360


検索結果から「agile」の語を選択してみるとこの通り。スペースアルクと同じ内容で表示してくれます。

f:id:hageyahhoo:20121008224116p:image:w360


また、以前検索した単語は、このように履歴として残ってくれます。もう一回調べたい時に便利です。

f:id:hageyahhoo:20121008224114p:image:w360



2.単語帳としての機能

先の検索で気にいった単語は、単語帳として残しておくことができます。具体的には、単語の上にある「+」ボタンを押せば単語帳に記録されます。

f:id:hageyahhoo:20121008224112p:image:w360



3.【重要!】小テスト機能

先の単語帳で、気にいった単語に印をつけておくと、小テストをすることができます。

f:id:hageyahhoo:20121008224111p:image:w360


この単語の意味はなんだっけ?

f:id:hageyahhoo:20121008224109p:image:w360


「もてあそぶ」とかであってたか〜!

f:id:hageyahhoo:20121008224106p:image:w360


こんな感じで小テストができます。ちなみに単語右上のオン/オフで、小テスト対象か否かを選択できます。

なお、この小テストの単語数は自分で任意に設定できること、また各単語に★をつけて習熟度を自分なりに記録することができるので、どの語は覚えたか・どの語はまだ覚えが足りないのかが一目瞭然です。



4.i 英辞郎を使い倒す方法

私が日々 i 英辞郎を使い倒している内容を以下にまとめます。

  1. 英語の本を常時読むようにして、気になった単語はどんどん検索して単語帳に残していく。
  2. 小テスト対象を、常時10個に絞っておく。
  3. 毎朝出社時の電車内で小テストを行い、覚えていたものをメモ帳に記録。キチンと覚えられているかを試す。(可能なら夜の帰宅時も)
  4. 計3セットやって、覚えたなというものはクリア、ダメだなと思ったものはもう3セットやるようにして、体で覚えるまで繰り返す。
  5. 1〜2か月くらいしたら、以前やった単語を覚えているかを再度チェックする。

これをしつこくしつこく3〜4年くらい続けると、英単語のストックは自然と増えています。

ちなみにセット数や実施頻度は、自身の体調や習熟度に応じて色々試してみて下さい。これが1つの絶対的な方法ではないです。私自身も単語数を20個や30個にしたり、セット数を変更したり、テスト結果をなぜか vi で書いたりと、色々と試しています。

必要なのは、勉強を継続すること、勉強を楽しむこと、そして必要な改善を続けることです。

2012-10-07

英語はまず語順に慣れろ!

TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~ "I don't money" とか言ってないよね?

Agile2012 に参加して、実際に会話やワークショップなどをすることができたので、多少は英語ができるようになった模様です。そこで、英語に詰まっている人が少しスキルアップできる情報を、少しずつ出していこうと思います。


最初に知っておくべきこと

まず最初にお伝えしたいことは、きわめてシンプルです。それは、「英語の語順に慣れろ」ということです。

英語は、そもそも日本語とは言語体系が違います。なのでまず最初に、この英語のルールに慣れることが必要です。

ここを分かっていない人が結構多い。かく言う私も初めはそうでした。


全ての基本は「名詞+動詞」!

英語の基本ルールは、きわめてシンプルです。それは、「誰が+何をする」、「名詞+動詞」が基本的な語順だということです

よく中学・高校で「S+V」とか教わるアレです。英語は、必ずこのルールで構成されています。


例えば、「Scrum Alliance」の「What Is Scrum?」のページを見てみましょう。

http://www.scrumalliance.org/pages/what_is_scrum

最初の一文の

Scrum is an agile framework for completing complex projects.

は、「Scrum(名詞)」+「is(動詞)」の形ですよね。

その後も、疑問形が「動詞+名詞」で逆転している以外は、全てこの語順になっていることが分かるはずです。


実は、このことが分かってしまえば、大概の英語は何とかなるんです。

話す時も、「何を(名詞)」を最初に言って、その次に「何をする(動詞)」を言えばよいことが分かれば、何から話せば良いのかの「何から」の負荷が随分と減ることに気付くはずです。

なので、まずは英語の基本は「名詞+動詞」の語順であるということを徹底的に体得しましょう!


これを読もう!

上記のような話は、下記の書籍に非常に詳細かつ丁寧に書かれています。私もこの本と『Effective Java (2nd)』をそれぞれ5週くらい読んで、徹底的に体に覚えさせました。英語がよく分からないな〜という方は、まずこちらからトライしてみて下さい。多分これでご自身の課題に気付ける人は多いのではと思います。


ついでに Java プログラマなら、是非こちらもおススメします。Java が好きな人ならば5週はできます。

Effective Java (Java Series)

Effective Java (Java Series)

2012-10-01

アジャイルカンファレンスへ行く方法

f:id:hageyahhoo:20120812102747j:image

先日 Agile2012 に参加したことで、アジャイルカンファレンスへ行くための具体的な方法や金額などについて質問を受けることが増えてきましたので、ここで必要な情報をギュッとまとめてみようと思います。



1.必要なタスクのリスト

具体的には、以下の手続きが必要になります。

(1)パスポートの取得

(2)海外で扱えるクレジットカードの取得

VISAMasterCard を入手しましょう。

(3)アジャイルカンファレンスの参加申し込み

時期になると、公式サイトで参加登録の受付が開始されますので、画面の案内に従って入力しましょう。

(4)ホテルの予約

  1. アジャイルカンファレンスの参加申し込み後、カンファレンスが開催されるホテルに安く泊まれる案内が出るので、これを利用すると吉です。
  2. Expedia で予約するのも便利です。

(5)飛行機のチケットの予約

  1. Expedia で予約すると便利です。

(6)ESTA の申請

アメリカ入国の際に手続きが必要です。コチラで申請を行い、申請内容をプリントアウトしておきます。

(7)持っていく荷物の準備(後述)



2.費用

下記の他にタクシーやお土産代なども勘案すると、トータルで60万円前後かかります。

項目 費用 備考
アジャイルカンファレンスの参加費用2000ドル原則、朝昼晩の食事が付きます
ホテル 約10万円 7泊8日で換算
飛行機のチケット 約25万円 お盆の時期の価格です
ESTA 14ドル


3.持っていく荷物の準備

基本的には、藤原大さんの『世界の技術カンファレンスへ飛び立つために必要な準備まとめ』を見ていただければOKです。この他に必要になるものを、以下にまとめます。

(1)入れ物系

  1. スーツケース (後述)
  2. 機内持込用バッグ (後述)

(2)備品

  1. パスポート
  2. パスポートのコピー (あると無難です)
  3. パスポートケース
  4. 財布
  5. ドル (トラベレックスなどで、円をドルに両替しておきましょう)
  6. 地球の歩き方 (バイブル!)
  7. ESTA の書類
  8. 飛行機の予約書類
  9. ホテルの予約書類
  10. PC 類(後述)

(3)アメニティ系

  1. 薬 (必要な場合)
  2. 歯磨きセット (ホテルにはありません!)
  3. 綿棒 (ホテルにはありません!)

ちなみに、ハンドタオル・バスタオル・石鹸・シャンプー・リンス・ドライヤー・アイロン・ハンガーは、ホテルに用意されているので持込不要です。


◆スーツケース

f:id:hageyahhoo:20120723215735j:image:w640

衣類や帰りのお土産などを入れるのに必要です。空港などで結構乱暴に扱われること、また空港の管理官が中身をチェックすることがあるため、PC 類や財布を入れるのは NG です

滞在期間が1週間を超える場合は、Lサイズ(大型、80〜105L)にした方が無難です。(お土産などが結構バカになりません)

ちなみに、重量が23キロを超えると、飛行機持ち込み時に追加費用を請求されるので注意が必要です。

参考までに、私が購入したスーツケースの情報を以下にまとめます。

項目 内容
型番号 SP-0624-74
材質 ポリカーボネイト
外寸 73.5 cm × 54 cm × 32 cm
総外寸 80 cm × 57 cm × 32 cm
重量 6.0 Kg
容量 100 L
TSA ロックSub Shell Lock
価格 \22,000 @ヨドバシカメラ

TSA ロックは、あった方が無難です。


◆機内持込用バッグ

f:id:hageyahhoo:20120728170149j:image:w640

PC 類や財布を入れるために必要です。

ちなみにサイズの基準は以下の通りです。

100席以上45 cm × 35 cm × 20 cm
100席未満50 cm × 40 cm × 30 cm
重量 10 Kg 以内

今回、写真のバッグ(左)ヨドバシカメラで6,660円で購入し、以下のものを入れましたが、サイズ・重量ともに問題なしでした。

  1. ノート PC(20 cm × 30 cm × 5 cm、3.2 Kg)
  2. iPhone
  3. iPad
  4. 充電器
  5. Wi-Fi
  6. 貴重品
  7. 地球の歩き方

◆PC 類

ノート PC については、アダプターが 110V に対応しているかを確認して下さい(アメリカは 110V です)。「100〜240V」のような記述をされていればOKです。もし対応していなければ、変圧器を用意しましょう。

また、iPhone&iPad は、充電器が 100〜240V に対応しているため、そのままアメリカでも使えます。

また、カンファレンス会場およびホテルには無料の無線 LAN が用意されていますが、結構頻繁に切断されるため、海外用の Wi-Fi ルータをレンタルしても良いかも知れません。



上記は、実際にカンファレンスに行く前に書き溜めて、行く間際まで何度もチェックしていたものです。上記の内容で何とかなったので、皆さんもきっと何とかなるはず!w

もし質問事項などがございましたら、コメントをいただければ回答させていただきますです。