THE HIRO Says

2015-04-05

How to acquire CSP/「認定スクラムプロフェッショナル」の資格を取得する方法

f:id:hageyahhoo:20150224063550p:image:w640

アメリカ時間の2015年2月23日(月)Scrum Allianceから、認定スクラムプロフェッショナル」(Certified Scrum Professional、略称CSP)認定を受けました!


このことを公表して以来、非常に多くの方から「どうやれば取れるの?」という問合せをいただきました。そこで今回は、CSPの取得方法についてご紹介しようと思います。



取得手順概要

基本的には、Scrum Allianceの下記ページの説明の通りなのですが、若干長いので、ポイントを整理して説明します。

Get the Certified Scrum Professional® (CSP)
https://www.scrumalliance.org/certifications/practitioners/csp-certification

(1) 申請のための前提条件
  1. Certified ScrumMaster (CSM)Certified Scrum Product Owner (CSPO)Certified Scrum Developer (CSD)の、いずれかの現役有資格者であること(期限切れに注意!)
  2. 過去5年で、合計36ヶ月分スクラムアジャイルに関する(成功)経験を積んでいて、説明できる状態にあること。
  3. 過去3年で、SEUScrum Education Units、後述)を70ポイント以上取得していること。


(2) 申請手順

手順は、大きく次の4つに分類できます。ちなみに、全て英語で入力する必要があります。

  1. プロフィール情報を入力する
  2. 「Work Experience」(職歴)を入力する
  3. 「SEU」を登録する
  4. レビュー申請をする

以下、順番に手順を説明していきます。



1. プロフィール情報を入力する

(1) 「プロフィール情報入力画面」へ辿り着く方法

意外と分かり辛いため、敢えて明記します。

  1. Scrum Allianceのサイトログインし、自身のプロフィール画面を表示します。
  2. 画面上中央に表示されている自分の氏名の右側にある、「Edit Profile」のリンクを選択します。
  3. プロフィール情報の入力・更新ができます。


(2) 「Profile」タブの情報を入力する
(必須)General Information
項目 必須?意味 入力例
First Name 名前 Hiroyuki
Initial イニシャル
Last Name 名字 Ito
Company 会社名 Rakuten, Inc.
Title 役職 Agile Coach
Location (City, State/Country) 住所 Tokyo, Japan

※「Location (City, State/Country)」は、自宅住所か会社住所かは分かりませんでした。私の場合はどちらも同じだったので、特に気にしませんでしたw


(必須)Contact Information
項目 必須?意味 入力例
Main E-mail 主要連絡先のメールアドレスを入力する hageyahhoo@example.com
Phone Number 連絡先の電話番号を、国番号も含めて入力する +81-90-1234-5678
Website ブログなど、自分のサイトがあればそのURLを入力するhttp://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/

ちなみに、「Opt-Out of Renewal Reminder Emails」のチェックを外しておくと、各資格の有効期限が近づいてきた時にメール通知をしてくれます。


(任意)Other email addresses

上記の「Contact Information」以外へのメール通知が必要な場合は、メールアドレスを追加入力します。


(必須)Public Bio

自分のこれまでの経歴を、スクラムアジャイルに関連づけてアピールする欄です。まず最初は、ここで如何に自分の経歴が「スクラムアジャイルのプロ」としてふさわしいかを、存分に書き連ねてやりましょう。

※注意!
この部分だけ、なぜかWiki形式での記述が可能です。
但しプレビュー機能がないので、見た目を細かく調整したい場合は、
別画面で自分のプロフィール画面を開いて、更新する度に見比べるようにすると良いでしょう。

(必須)Work Experience

非常に重要かつ複雑なので後述します。


(任意)Picture

自身のプロフィール画像を指定します。


(任意)User Group Notices

ぼっちが嫌ならば「Yes」を。


(任意)Social Network

TwitterFlickrアカウントを持っていれば、ここに入力しておくと、プロフィール画面にTwitterFlickrの情報が表示されるようになります。


(任意)Links

FacebookSlideshareなど、共有したいリンクがあれば、ここに追加しておきましょう。



(3) 「Membership」タブの情報を入力する
(任意)Gender

さすがに選べますよね?


(任意)Mailing Address

自身の住所情報を入力します。以下、日本人であることを前提とした入力例を示します。

項目 入力例
Country Japan
State/Province Tokyo
State Not Applicable (check box if outside US/CA)チェックする
City Shinagawa-ku
Address Shinagawa Seaside Rakuten Tower, 4-12-3 Higashi-shinagawa
Zip/Postal 1400002(ハイフンなしで)

(任意)Login Information

特にパスワードを変更したい場合に入力しましょう。



2. 「Work Experience」(職歴)を入力する

「過去5年で、合計36ヶ月分のスクラムアジャイルに関する(成功)経験を積んでいる」ことを説明する欄です。

「プロフィール情報入力画面」で「Profile」タブを選択→「Work Experience」が該当します。「Add Work Experience」のリンクを選択して、必要な情報を追加しましょう。

なお、過去5年以内に転職をしている場合は、会社毎に以下の情報を入力する必要があります。


Basic Information
項目 意味 入力例
Company Name 会社名 Rakuten, Inc.
Country 会社のある国 Japan
City 会社のある区市町村 Shinagawa
State/Province 会社のある都道府県 Tokyo
Zip/Postal Code会社の郵便番号(ハイフンなしで) 1400002
URL 会社のHPURL(英語版があればそれが望ましい) http://global.rakuten.com/corp/
Role 会社での自身の肩書き Agile Coach
Job Began On この職歴はいつ開始したか? December 01, 2012
Job Ended On この職歴はいつ終了したか?(現職の場合は入力不要)December 01, 2014
Present この職歴が現職のものの場合にチェックします
Hide この職歴を一般公開したくない場合にチェックします
Scrum role この職歴でのスクラム上の役割 ScrumMaster
All job experience used Scrum全ての役割を経験している場合にチェックします
Scrum experience Began On この職歴におけるスクラムの経験はいつ開始したか? December 01, 2012
Scrum experience Ended On この職歴におけるスクラムの経験はいつ終了したか?(継続中の場合は入力不要)December 01, 2014
Present この職歴におけるスクラムの経験が継続中の場合にチェックします

Description

この職歴の概要を、スクラムアジャイルにおける成果・知見と関連付けて簡潔に説明します。ここで的確かつ簡潔に、自身の職歴をアピールしましょう。

※注意!
この欄は、何故かHTMLで入力しないと整形表示されないため、注意が必要です。
レビュアーのチェックの手間を考慮し、極力レビューしやすい書式としましょう。

Provide contact information of person(以下略)

この職歴が正しいことを証明できる人の情報を入力します。基本、自分の情報を入力しておけば大丈夫です。2016年初頭頃からチェックの規定が変わったようで、自分以外の人の情報を入力する必要があります。

項目 入力例
Contact name Hiroyuki Ito
Contact emailhageyahhoo@example.com
Contact phone+81-90-1234-5678

Please relate how your work experience on this job(以下略)

いつからいつまでの期間に、どのようなプロジェクト/サービスで、スクラムアジャイル的にどのような役割を演じて、どのような成果・知見を得られたかを記述する欄です。この「Work Experience」(職歴)の肝となる部分です。全力で自分をアピールしましょう!


3. 「SEU」を登録する

「SEU」とは「Scrum Education Units」の略で、PMI/PMPでの「PDU」(Professional Development Units)に相当するものです。

基本的なルールは、Scrum Allianceの下記ページの説明の通りなのですが、長い上に分かり辛いため、ポイントを整理して説明します。

Ways to earn SEUs
https://www.scrumalliance.org/certifications/practitioners/csp-certification/ways-to-earn-seus

[ポイント]

英語サイト読もうぜ!w



Category A

Scrum Alliance主催の公式イベント(Regional Scrum Gathering、Agile Conferenceなど)への参加時間を登録できます。

最大45ポイントまで申請可能です。



Category B

CSM/CSPO/CSD研修、およびREPによる公式研修の受講時間を登録できます。



Category C

Scrum Alliance主催ではない、スクラムアジャイル関連のイベントへの参加時間を登録できます。

最大15ポイントまで申請可能です。



Category D

Scrum関連のイベントでのボランティア活動時間を登録できます。

最大15ポイントまで申請可能です。



Category E

上記以外の書籍・記事の執筆、読書時間を登録できます。

最大15ポイントまで申請可能です。


※注意!
・SEUは、小数点以下が切り捨てられます。
・SEU入力欄は、セレクターの値を保持できません。そのため、一度保存して再修正する際には、セレクターの値が正しいかを都度チェックする必要があります。
・SEU入力欄のTextAreaは、改行ができません。そのため、読みやすい分量で要領よく書くことを心がけましょう。


4. レビュー申請をする

上記の手続きをクリアすると、CSPのレビュー申請が可能になります。勇気を出して、プロフィール画面の左下のリンクをクリックして、申請を行いましょう。


(1) レビュー用の情報入力
Add personal statement of Scrum experience and how it has changed your world of work

先に入力した「Public Bio」などとは別に、スクラムアジャイルの経験でどう仕事を変えていったのかを入力する必要があります。基本的には、「Public Bio」をベースに簡潔にまとめれば十分です。


Add/adjust SEUs
  • 先に入力したSEU項目のうち、どれを今回の申請でレビューしてもらうかを選択します。
  • ちなみにここで選択したものは、更新時(後述)には選択できなくなるので注意が必要です。


(2) レビュー代の支払い

レビュー申請の際、100ドルを支払う必要があります。これを支払えば、レビューが開始されます。



(3) レビュー中

申請したSEU項目についてコメントが入るので、それに対して補足が必要であれば適宜修正しましょう。

また、レビュアーのコメントについては、修正が不要であってもお礼のコメントを残すと良いでしょう。



(4) レビュー通過後

レビューが通ると、「CSP Application Approval and Next Steps」というタイトルのメールがScrum Allianceから届きます。メールの文面に従って追加で150ドルを支払うと、正式にCSPホルダーとして認定されます。(この際、保持しているCSM/CSPO/CSDの有効期限も併せて更新されます。)

ちなみに、申請してから承認を得られるまで、平均3週間かかるとのことでしたが、私の場合は5日程度でパスしました。記述内容のレベルやレビュアーの忙しさなどによって、時間はかなり前後するようです。



CSPの更新方法

CSPの有効期限は2年です。2年おきに、更新手続きが必要になります。

ちなみに2015年3月下旬に、更新手続きに変更があった模様です。

Renew your CSP with SEUs
https://www.scrumalliance.org/certifications/practitioners/csp-certification/renew-your-csp

[ポイント]

  • 更新時は、40ポイントのSEUが必要になります。
  • Category A-Eの制約や上限はありません。
  • 前回の申請に使用したSEU項目は使用できなくなります。
    • つまり、2年毎に新たに40ポイント分のSEUを取得する必要があるということです。
  • 更新費用は、250ドルです。
    • 更新すると、CSM/CSPO/CSDの有効期限も併せて更新されます。

そう考えると、Regional Scrum Gathering への参加やイベントのボランティア、執筆・講演活動といったことを継続的にこなしていくことが必要になってきます。よくCSP保持者がイベント開催に積極的な理由の一端が分かった気がしました。



このページの情報が、新たなCSPホルダー誕生のプラスになれば幸いです。


補足

次の方が、このブログをある程度参考にCSPを取得されたそうです。おめでとうございます!

2017年05月07日現在、+25名)

守田守田 2015/11/28 22:57 "All job experience used Scrum" は「すべての仕事をスクラムでやりました」という意味ではないでしょうか?
(つまり期間入力不要)

寺島 秀樹寺島 秀樹 2016/02/24 15:59 > Provide contact information of person(以下略)
> この職歴が正しいことを証明できる人の情報を入力します。基本、自分の情報を入力しておけば大丈夫です。

2016/2現在 、「自分以外のだれかを記載して」と審査の際に指摘がありましたので共有します

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

リンク元