貴方は「コミュニティ」で「越境」できていますか?

このエントリーは、『DevLOVE Advent Calendar 2014 「越境」』の、67日目の記事になります。

※詳しくはコチラ → http://devlove.doorkeeper.jp/events/14580

きくち ゆりさんの後を受け、DevLOVE Advent Calendar 2度目のエントリーです。なので自己紹介は省略します。詳しくは前回のエントリー『日本国外で自分のアイデアをぶつけるということ』をご覧下さい。


コミュニティ」と「越境」に昨今感じる「違和感」

今年度も敢えて2度目のエントリーをしたのは、コミュニティ」と「越境」という2つの言葉の関係に、個人的にある種の「違和感」・「ズレ」を強く感じるようになったためです。

その「違和感」・「ズレ」は、あくまで個人的なものに留まるものなのかも知れません。しかし、一度それを自分の言葉で自分なりに整理して見える化してみたいと思い、今回再エントリーさせていただきました。


なぜ「コミュニティ」に参加するのだろう?

既に多くの方が説明されている気もしますが、まず、イチ会社員が DevLOVE などの「コミュニティ」に参加することの意義について簡単に整理してみます。


私は基本的に、チームメンバーには「コミュニティ」への参加を推奨しています。

それは、特に社内に籠ってばかりいて視野が狭くなりがちなメンバーに自社以外の世界観を体感させることで、「脳みそのブレーキを壊す」倉貫 義人さん)経験を多く積ませたいからです。そう言う意味では私自身も、自分の思考が止まっていないかの確認に活用させていただいています。

また、自身の知見をぶつける場としても絶好の場所です。社外の人が相手だからこそ言えることもありますし。

私は以上の点に、会社の境界を乗り越えて「コミュニティ」に「越境」する価値を認めています。


なぜ「コミュニティ」の運営に携わるのだろう?

次に、ちょっと視点を変えて、イチ会社員が DevLOVE などの「コミュニティ」の運営に携わることの意義について簡単に整理してみます。


日頃お世話になっている「コミュニティ」から「人手が足りないのでちょっと手伝ってもらえないかな?」と言われれば、手伝うのが人情。別に悪いことではないです。

その一方で、コミュニティ」の「運営」には、人脈を広げたり運営ノウハウを得たりといった、イチ参加者の状態では得難いものに手を広げられる可能性があります。最近は、これらを得るために積極的に「コミュニティ」の「運営」に携わりたがる人も目に付きます。


なぜ「コミュニティ」に違和感を感じるのだろう?

コミュニティ」にある「参加」と「運営」の側面について簡単に整理してみましたが、私はそれぞれにいくつかの違和感を感じています。それを以下に書き連ねてみます。


1) 参加

2) 運営

以下の内容は、「コミュニティ」の運営自体を本業にされている方は除きます。


「越境」とは、成果を出すことにあり

改めて整理してみると、昨今の「コミュニティ」と「仕事」との関係に、「成果を出す」という要素が薄まっている/方向性にズレが生じていることが、私が感じている「違和感」なのかなと認識しています。

今回の DevLOVE Advent Calendar、テーマが「越境」になっていますが、私はこの言葉の意味を、「既存の枠組みを超えて成果を出すこと」と認識しています。

「越境」とは、成果を出すことにあり

これが出来ていない「コミュニティ」参加・運営を目にする機会が増え、モヤモヤした気持ちをぶつけてみた。それがこのエントリーのポイントですかね。


では、どのような「コミュニティ」参加・運営ならば「越境」だと言えるのか。自分なりの意見を以下にまとめてみます。


コミュニティ」よりも「仕事」を優先すべき

コミュニティ」の運営は「仕事」と同じ

結論

こんなこと書くとまた「社畜が」とか言われるんでしょうが、反応がないよりはマシ。このエントリーが、上記を再考するための機会になれば幸いです。


下記書籍は、業態こそ違うものの、上記の「越境」の実例に当てはまるものです。少しでも興味のある方には一読をオススメします。


次!

次は遊さんです。正直全く存じ上げない方なので、どのような文章を書かれるのか期待しています。

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
hageyahhoo
hageyahhoo

滾りまくる Agile Coach、The Hiro の妙技を味わうがよい!(ゆっくり更新