Hi! How are you today?


★twitter

★自主制作アニメ「遊星からの変な種(^o^)

2009-05-01 マンガの黙示録

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-f484.html
難波でのトークライブ「マンガの黙示録」に行ってきました。(はじめて竹熊健太郎さんを見た)イベントは時間オーバーしまくり、それでもたけくまさんはしゃべり足りないようで、第二回開催も予告して終了。たいへん面白かったです。特に後半のマヴォとか大学とかメディアの話!
でもトリビアなことも面白かった。サルまんの新装版は初版9千部。定価1680円。高い、にも関わらずたけくまメモからのアマゾンの売り上げが、2千部以上!上下巻あるとはいえ、アマゾン的にもかなり凄いらしく、竹熊さんが脳梗塞で倒れたときには、アマゾンからミネラルウォーターが届いたとか……。そもそもアマゾンから小学館への続編催促が行われたことによってサルまん2.0は実現したんだとか……。後半のほんとっすか!?
肝心の「マンガの黙示録」の趣旨は、マンガそのものの衰退と言うより、かつて隆盛した貸本屋が廃れていったように、現在のマンガの出版制度も終了するかも、というもの。マンガ雑誌の衰退は、最近色々な場所でよく聞く気がする。(単に個人的に気にしているからかもしれないが)でもその中でも竹熊さんが感動的に面白いのは、言うだけじゃなく、自分でマンガ配信のための新メディアたけくまメモマヴォ)を作る気まんまんで実際に作っているところじゃないでしょうか。そしてそこでデビューさせるための漫画家の卵を捜すため、毎週、多摩美術大学と精華大学、東京京都を新幹線で往復している! 体調のことを考えたら負担大きすぎなのは明らかだけど、もう利益を出すとかそういうのとはまったく無縁の夢を追いかける少年のようで、これは止められない……。初期に受け持った有望な学生が、卒業後、編集の目にとまらず他業界に流れたことを、かなり悔やんでいる様子でした。
最後の質疑応答、個人で使えるメディアとしてニコニコ動画のことを質問したかったけど、時間が押しまくってたので、できなかったー。
あー、マンガ描きたいー! いや普通に描く! そしてニコニコで垂れ流したいー! いや流す!
コミック マヴォ vol.01
http://taco.shop-pro.jp/?pid=11462029