Hatena::ブログ(Diary)

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店 日々のこと

December 14(Sat), 2013

WIRROW Spring Summer 2014 Exhibition 開催後記

| 00:41


f:id:haiiro-ookami:20131215003112j:image


昨晩のソワレ手帳展に続き11月に開催された展示会の[あとがき]。

はいいろオオカミにとって初めてとなるファッションブランドの展示会となりました。


[WIRROW Spring Summer 2014 Exhibition]

開催後記


もともと、展示会の予定をしていなかったところに急遽、入って頂いた今回の展示。

限られた時間の中でのひとつの挑戦、それは当日搬入の当日オープン。

いつも展示には余計に時間を掛けてしまいがちな[はいいろオオカミ]にとってこれは、大きな賭けでもありました。

さらには初めてのブランドの展示・受注会ということで多少の不安はありましたが、綿密な打合せにより当日滞りなくオープンを迎えられたことは感謝に尽きます。


WIRROWはカットソーを中心とした2013 S/Sより始まった、まだ新しいブランドです。

コンセプトには「ライフスタイルに深く関わる日常着・・」とあります。


私事になってしまいますが、私が南青山に小さなお店を始めて、丸2年。

いままで、何気なくしてきた「消費そのもの」の考え方に少しづつ変化が芽生え、おそらく小さなお店を個人でやっているからでしょうか、何か必要なものを購入するとしても出来れば「創り手」や「お店」の顔が見えるところで・・と考えるまでになりました。


そう思い至ってから、なかなか買えるものがなく、実は服も2年以上同じものを着ているという怠慢に陥っていたのです。(それらをあろうことか私は作業着と呼んで誤摩化していました・・)


そこに展示の話をしに来てくれたのがWIRROWのお二人でした。

まさにこれからという状況もそうですが、二人の持つ空気感、そして何より創っている服に心惹かれ共感したことは言うまでもありません。


私の尊敬する建築家のひとり、中村好文さんは「普段着の住宅」というものを提唱しつづけていますが、それでは普段着というのは何でしょうか。

その答えがWIRROWの掲げるコンセプトの2行目に記されている様に思えます。


「着る程に愛着が深まる様な、生活の中で活きる服」


私がそうしてきた様な着古した服ではなく着活かした服のことでしょう。

きっとそれは愛着を持って、育てることの出来る服や空間。

古道具もそうですよね。

愛着を持って接しなければ、決して再び活きることのない過去の遺物となってしまいます。


少し話が脱線しつつありますが、私が何が言いたいかというと。

これは私自身も着てみて実感。

普段着に愛着を持てるという幸せを身近に感じているということです。

自分の身につけるものや身の廻りのもの、ひとつひとつに愛着を持って生活が出来るということは私が掲げる理想でもあります。

また、この潤いを[はいいろオオカミ]を訪れてくれる皆さんと共有できたということも、私にとって大きな幸せとなりました。


WIRROWはこれから実店舗を構えることや、ますますラインナップに磨きをかけることで、きっとどんどん皆さんの身近になっていく存在。


強くしなやかに、ふっと一息休める様な大きな木陰を作って、たくさんの人に愛される場を創りあげるその日を、皆さんと一緒に私も心待ちにしたいと思います。


最後に・・今回の巡り合わせを与えてくだっさったJTさんにも厚く御礼申し上げます。


2013年 12月15日

道具と雑貨 はいいろオオカミ 店主


f:id:haiiro-ookami:20131215004052j:image


WIRROW

公式HP

December 13(Fri), 2013

2014 ソワレ手帳展 -Giving off the stars- 開催後記

| 00:56


f:id:haiiro-ookami:20131214005537j:image


道具と雑貨 はいいろオオカミでは11月開催の展示会がなんと3回もありました。

その最後、黒川大介 吹きガラス展も好評のうちに幕を閉じ、今は久しぶりの通常営業の日々を過ごしています。


さて、だいぶ時間が経ってしまいましたが、落ち着いてきたところでそれぞれの展示の[あとがき]でもひとつ。


まずは福岡からオリジナルの手帳と文具を出展してくれたソワレの2014 手帳展から。


[2014 ソワレ手帳展 -Giving off the stars-]

開催後記


開催日前日まで、メールや電話での連絡だけで進めてきた今回の展示。

不思議と不安は感じず、いつも扱っている商品の様にすんなりとお店の空間に展示出来ました。

オリジナルの文具、手帳たちはどれも素材にこだわったシンプルなものばかりで、オリジナルの商品でなかなか、ここまで思い切ったことは出来ないなあというのが正直な感想でした。


オープンから二日間、在店して頂いているときにやっと直接お話も聞くことが出来たのですが、やはり作っている本人たちが使いたいもの、欲しいものを作るということも基本にある様で、その辺りは[はいいろオオカミ]とも共有出来る感覚のひとつだった様に思います。


[-Giving off the stars-星を放つ]


これは展示の副題にも添えられていた、2014年ソワレのオリジナル手帳のタイトルでもありますが、[星を放つ・・]これが、私にはとても力強い言葉に感じるのです。


手帳の中に描かれる山田一成さんが創りあげた星座の世界はほぼ全てが架空のもの。

だからこそ生まれてきた言葉だと思うのですが、今回、福岡を離れ東京[はいいろオオカミ]で発表をされたことと、無関係だとは考えられないのは私だけでしょうか。


はな・つ [放つ]

1 . 閉じ込められたり束縛されたりしていたものを自由に動けるようにしてやる。


自分のうちに知らず知らず蓄積されている良いものや悪いこと、それらを自由に解き放ちたいというのは誰にでもあって然るべき願望だと思います。


さて、私はというと今回が11回目の展示だった訳ですが、これは毎回、本当に思うこと。

新しく[何か]を考えて、多くの人の力、時間さらには作り手の精神、それら全てを内包して生み出される[作品]や[商品]を最後にお披露目頂く場に[はいいろオオカミ]を選んで頂いたことに敬意を払わずにはいられません。

それらと真正面から向き合って、その作品の意図や本質を捩じ曲げることなく来店して頂く皆様にお伝えしなくては・・と、気負いにも近い感覚で臨んでいます。

そして、どこまで届くかは分からずとも果てのない夜空に向かって[放つ]のです。


ほんの少しでいい、半身でいいから外に出してあげるだけで、随分と動きやすくなるものです。

今回、この展示で放たれたものが皆様の自由に少しでも繋がってくれれば幸いです。


2013年 12月14日

道具と雑貨 はいいろオオカミ 店主



f:id:haiiro-ookami:20131214005647j:image

ソワレ

公式HP

December 06(Fri), 2013

残り二日〜12/8(日)まで開催 七 耀 星 [シチヨウセイ] 黒川 大介 吹きガラス展

| 20:31


f:id:haiiro-ookami:20131206201755j:image


11/29から開催されてきた展示会、七 燿 星 [シチヨウセイ] も残すところ、あと二日の会期です。


今回はぐい呑みを中心に出展された、さながら[ぐい呑み展]の様相を呈した展示販売会となりました。

新作の作品を始め、今迄のラインナップも益々洗練された、出展作品ひとつひとつが本当に一点ものに思える程の密度で200点以上。


会期中に在庫の少なくなったものも追加納品を頂いているので、今週末でもまだまだ多くの作品を眺めることが出来ます。

(もちろん、一点ものの作品などで売約済となってしまっているものも御座いますので、あしからず・・)


様々な表情や形を持った多くの作品の中から、自分だけの一点を見つけて頂けたなら幸いです。




□作品紹介




f:id:haiiro-ookami:20131206202352j:image

月夜 [Moonlit night] 月夜のうつわ/変形・カット


f:id:haiiro-ookami:20131206202419j:image

木星 [Jupiter] 七燿星オリジナル/ぐいのみ


f:id:haiiro-ookami:20131206202445j:image

火星 [Mars] 一点もの/ぐい呑み no.39


f:id:haiiro-ookami:20131206202509j:image

水星 [Mercury] 七燿星 新作/ ぐい呑み


f:id:haiiro-ookami:20131206202834j:image

銀河 [Galaxy] 球体/花器


f:id:haiiro-ookami:20131206202920j:image

月のうつわ/片口・銀河/台付きぐい呑み


撮影-はいいろオオカミ


道具と雑貨 はいいろオオカミ


七 耀 星 [シチヨウセイ]

黒川 大介 吹きガラス展


2013.11.29(fri) - 12.08(sun) ※12.02(mon)休み

open 13:00 - 20:00

作家在廊日:11/30・12/1・4・7・8





ガラス展/ぐい呑み/宙吹きガラス/

December 02(Mon), 2013

〜12/8(日)まで開催 七 耀 星 [シチヨウセイ] 黒川 大介 吹きガラス展

| 22:01


12/2(月)は展示も中休みを頂いてました。


明日からまた12/8(日)まで6日間。

皆様のご来場をお待ちしております。


今回、ひとつひとつじっくりと観て頂きたい渾身の作品ばかり。

同じタイプの作品でも細かな表情の違いや大きさや形の好みなど総作品数200点の中から自分だけのお気に入りの作品を選ぶ楽しみが存分に味わえます。


今日は展示もお休みさせて頂いていたので会場の様子をご紹介致します。



f:id:haiiro-ookami:20131202215414j:image


f:id:haiiro-ookami:20131202215457j:image


f:id:haiiro-ookami:20131202215524j:image


f:id:haiiro-ookami:20131202215601j:image


f:id:haiiro-ookami:20131202215646j:image


f:id:haiiro-ookami:20131202215718j:image


撮影-はいいろオオカミ

道具と雑貨 はいいろオオカミ


七 耀 星 [シチヨウセイ]

黒川 大介 吹きガラス展


2013.11.29(fri) - 12.08(sun) ※12.02(mon)休み

open 13:00 - 20:00

作家在廊日:11/30・12/1・4・7・8


ガラス展/ぐい呑み/宙吹きガラス/

November 29(Fri), 2013

七耀星 [シチヨウセイ] 黒川大介 吹きガラス展 開催中

| 20:06


f:id:haiiro-ookami:20131129195618j:image


七 耀 星 [シチヨウセイ]

黒川 大介 吹き硝子展


2013.11.29(fri) - 12.08(sun) ※12.02(mon)休み

open 13:00 - 20:00

作家在廊日:11/30・12/1・4・7・8


小さな器にどこか深淵な世界を描くガラス作品。

今回はぐい呑みを中心とした酒器が並びます。

硝子が織りなす[宇宙]を巡り、無限に広がる天体の世界へ。


ぐい呑みを中心に力作ばかりが約200点以上も届きました。

本日より展示販売会開催中です。


明日、明後日と黒川大介さんも在店してくれます。

不思議なガラス表現や気持ちのこもった作品を観に、ぜひ足をお運びください。

ご来場お待ちしております。



f:id:haiiro-ookami:20131129200205j:image

[土/Saturn] - black&black/ぐい呑み




f:id:haiiro-ookami:20131129200459j:image

[太陽/sun] - 熔岩/ぐい呑み



f:id:haiiro-ookami:20131129200349j:image

[月/moon] - 月のうつわ/ぐい呑み



お酒の美味しい季節です。


f:id:haiiro-ookami:20131129200641j:image

Connection: close