Hatena::ブログ(Diary)

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店 日々のこと

September 30(Mon), 2013

(pre-tour) no.4 はいいろとオオカミ展 -INITIATION-

| 17:33




プレツアーということですが、展示はただいま開催中です。

是非、こちらをご覧になってから、来て頂くとより楽しめる内容で綴っていこうと思います。


それでは・・

はいいろとオオカミ展-INITIATION-出展作家さんのご紹介、4回目。


森田 MiW (絵と文)


MiWさんの描く[狼たち]。

何度か拝見していて、とても気になっていた存在。

MiWさんも題材としてよく描くものらしく、「何か気になる存在」っていうのが、この[狼たち]の本質にある様な気がします。


この[狼たち]。

擬人化された、とまではいかないまでも、本当にその姿に様々な感情を帯びて訴えかけてきてくれます。


f:id:haiiro-ookami:20130930172537j:image

『ゆうべ潜った話』


そして今回、出展して頂いた作品『ゆうべ潜った話』には[文]が添えられています。

それが、こちら。




『ゆうべ潜った話』


ゆうべ潜ったのは、たしかあの沼の底。

小さな小さなその潜水艇には、

可愛らしいこれまた小さな丸い窓。

外をそっと覗いてみるとね

少し離れたところに

まるで毛むくじゃらのワニみたいなオオカミ。

ギザギザギザの鋭い歯の間からは

ウヲヲヨヲ ウヲヲヨヲウ と

唸るような泣くような声が漏れていたのでした。

いやけれど。

ワタシが気になったことってのはね、

そんな淋しげな声ってのが

本当はナニを云いたがってるかってことでなく

ココが実は水の中なんかではなく森なんじゃないかってこと。

ワタシが来たかった場処が

まるっきり見当違いの場処だったんだってこと。

棲んでるドウブツも生えてるショクブツも

ナニからナニまで見当違い。

そのオオカミみたいなワニみたいなオオカミを

暫くの間ワタシは唖然と眺め、

やがて少しずつではあるけれど

ココが森だったんだと認識し直すことにした頃には

ほんのりと空が白み始めていました。

いつの間にか唸るのをやめ、

ワタシの方をチラと振り見たオオカミに

ようやくワタシは無性に話しかけたくなりました。

窓を開け、ヲヲイ ヨロシク ヲヲイ。





この作品の額は「はいいろオオカミ」から提供させて頂いたものなのですが、

[絵と文]ともに額まで一体となった素晴らしい作品を生み出してくれました。


額を用意させて頂きますと言っておきながら、お渡ししたのは船舶の窓。

それでも、この窓を観たときに森田MiWさんなら私の想像を超えた作品を描いてくれる、という確信はありました。


[文]の末尾にある様に皆様も窓を開けて、ぽつり佇むオオカミに声を掛けに来て下さいね。

お待ちしています。


森田 MiWさんは今回、ポストカードも4種類出展してくれています。

こちらにもオオカミ・おおかみ・狼・灰色。

展示のテーマにピッタリあった特別なポストカードとなりました。


f:id:haiiro-ookami:20130930172932j:image

森田 MiW 公式HP




2周年記念企画展

はいいろとオオカミ展 -INITIATION-

2013.09.28(sat) - 10.06(sun) ※10.02(wed)休み

open 13:00 - 20:00

参加作家(ブランド・店舗) :

黒川大介 (吹きガラス)・クロヌマタカトシ (木工)

Six COUPE DE FOUDRE (革) ・ den (染と縫)

bar cafca. (カクテル)・村松さちえ (照明)

森田 MiW (絵と文)・YOSHiNOBU (羊毛フェルト)

協力 :

写真 - 白石和弘 / 会場装飾 - 西別府久幸(flowers primitive)


-special event-

bar HAIIRO OOKAMI (協力 bar cafca.)

2013.10.01 (tue) 19:00 - 22:00

(はいいろオオカミオリジナルカクテル2種のみ提供予定)