Hatena::ブログ(Diary)

はじめてのC お試し版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-02-06

時の中のアイドル

| 時の中のアイドル - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

 まっ赤なキャンドル きみを照らしながら短くなってく 早く吹き消さなきゃ


 少年ハリウッドは少年たちを主役にしたおかげで容赦なく「アイドルには賞味期限があるし君らはまだぜんぜんだけど若いから今はかろうじてアイドル」みたいなことをはっきり言っちゃうアニメに仕上がっていてすごい。

 しれっと登場する女子高生アイドル高杉ちえりは実際32歳だし、現社長はデビュー当時10歳くらいサバを読んでたしで、アイドルと若さというものの関係についてもうほんと身もふたもなくやっちゃう。シンデレラガールズとかミリオンの子とかと中村先生たちを比べたときに「ああ・・・」と思う気持ち。


D


 いやほんとすごいよ少年ハリウッド。あのね、Wake Up, Girls!の最初のPVのね、あのとてつもないエロスを覚えてる人ならきっと楽しめるよ。アイドルは減衰する。減衰して、いなくなるけど、花と散れ覚悟だ。

2011-07-14

海がきこえるを見て女子力対応能力を磨くライフハック

| 海がきこえるを見て女子力対応能力を磨くライフハック - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

 いよいよ今週のジブリは『海がきこえる』ですね! ジブリ作品の中でも群を抜いてマイナーな一本。未成年者の飲酒シーンが問題となったとかで長らくTV放映から遠ざかっていましたが、ついに封印が解けられた!

 高知の高校を舞台にした青春グラフィティ、みたいな体をして、その実はヒロイン武藤里伽子の尋常ではない女子力をウンザリするほど体験できるスーパーリアルヒロインアニメです! 

 

海がきこえる [DVD]

海がきこえる [DVD]


【見所】

 おそらくアニメ史上最も女子力の高いヒロインの繰り出す無茶振りと、主人公である杜崎拓の状況に応じた対応に注目しましょう。我々、恋に恋する男子勢にとって、多分に得るものがあります。


【実践】

 1) 副読本として、少し前に流行った↓の記事に目を通しておきます。

     男女のケンカで、男がやってはいけない9か条

 2) 視聴後、上の記事の伝えんとするものとは、「禁止」ではなく、あくまで「助言」であることに気づけるはずです。

 3) 親切にも、本作ではラスト直前にヒロインの名言まとめを流してくれるので、上記の記事のアドバイスに従い、それぞれについてどのように返答すれば良いか、演習しましょう。


【応用】

 さあ、昨日まで非モテオタクだったあなたも、わがまま放題な高女子力女子からメチャモテ間違いなし。

きまぐれオレンジ・ロード ?あの日にかえりたい [VHS]

きまぐれオレンジ・ロード ?あの日にかえりたい [VHS]


 なお、うっかり三角関係の頂点に立ってしまった時のために、同じく女子力の極めて高いヒロイン鮎川まどかの登場する『あの日に帰りたい』を見て、80年代末期のメチャモテ男の振り様を学んでおくと、ゼロ年代になって緑髪の看護婦に監禁されたり、クラスメイトにnice boatされたりせずに済むでしょう。

2011-07-06

 『True Tears』と『シュタゲ』に見る、お婆ちゃんの呪い

|  『True Tears』と『シュタゲ』に見る、お婆ちゃんの呪い - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

 『True Tears』と『シュタインズゲート』を並べて、雑感を。


*お婆ちゃん効果

 シュタゲのまゆしぃ、ttの石動乃絵、共に祖母を亡くしたことをきっかけに、ある種のシークエンスを引き起こしている。ここではお婆ちゃん効果と呼ぶ。

 肉親との別れを契機に、世界に確かに存在する「人の死」という絶対的な別離への恐怖に直面した子供が、何らかの夢想に閉じこもることで、当面の精神的危機を回避していたという舞台の前景である。


*True Tearsの場合

 祖母の「お前の涙をお空に持っていってあげよう」の言葉を信じたことで一旦は救われたものの、祖母は空の上にいると仮想し、再会を期して高み(木の上とか)に登る手段を求めるはめになった石動乃絵。

 慎一郎との出会いを通して、人間的な上昇という次元の存在を知ると共に、彼との別れによって、別離の悲しみを実感した彼女は、ついに、木の上から墜落して現実に激突する。

 人間はお空に飛び上がれないこと、すなわち祖母はもういないということを認めた乃絵は、失っていた涙を取り戻し、ヒロインの座からは転げ落ちたものの、物語の主人公の栄冠を得る。


*シュタインズゲートの場合

 一方シュタインズゲートにおいては、祖母の死に憔悴するまゆしぃを見て、彼女がどこかへ行ってしまうのではないかと心配したオカリンがこれを発症する。

 自分を狂気のマッドサイエンティストであると仮想して、その人質であるまゆしぃはどこへも行かせないし、行ってはならないという設定を構築したのだが、彼女はあっさりと逝ってしまう。


*涜神的な選択(と、おしおき)の果てに

 まゆしぃの死、つまり世界線の収束による、不可避の事態の回避が中盤以降のシュタゲの目的となる。他の事象はメール一つでたやすく変化するにもかかわらず、彼女の死という事実だけは、頑として動かない。

 平たく言えば、そこでは「死という不可避」の回避が描かれている。それは「神の創り出した世界」の絶対であり、挑戦は冒涜となるであろう。よって助手ルートの結末では、あのような屁理屈が選択されざるを得なかった。


*意外にも敬虔な教訓

 シュタゲはパラレルものとしては異色である。

 『ひぐらしのなく頃に』を例に取るまでもなく、基本的にパラレルものは、可能世界の数をこなすことで最善の世界の構築を試みるものだ。逆説的に、現状はワーストとされるはずなのだが、あまり気にされない。

 シュタゲを最後まで遊んだ人にとって、それが上のような構造を持つ作品ではないことは明白だろう。アニメも放映中なので詳細は省くが、ライプニッツ好みの世界観である。つまり、ありうるかぎり最良の世界だという。

 結局のところ、死は不可避なのだ。今回首尾よくまゆしぃを救ったオカリンは、果たして次回、何か不測の事態で彼女が再び死を迎える時、あらためてタイムマシン機器を再稼働するのだろうか。

 中年を迎えたオカリンが、糖尿病で死に瀕しているまゆしぃ(中年)を救うためにタイムリープ・・・。これはこれで面白そうではあるものの、たぶんホラーか、よくてコメディ作品となるだろう。


*はた迷惑なお婆ちゃんの呪い

 是非もなき現実の肯定と、もしそれに少しだけ不満があるのであれば、認識を変えれば世界は変わるよ、という、いくらかエヴァンゲリオン風味のアドバイスをもって、幕を閉じるシュタインズゲート。

 人は必ず別れを経験するし、そんなときは哀しくて涙がでるものです、とあけすけに語るTrue Tears。

 共通するのは、現実とはこのようなものだという、一種の諦観(の脅迫的な押しつけ)かもしれない。好き嫌いはあってしかるべきだろう。だとしても、共に、我々の生きる世界の摂理を、まっすぐに描いた姿勢は評価されるべきだと思う。

 ただし、手痛い教訓を食らいまくって成長したオカリンと、振られたあげく木から墜落して現実の痛みを知った乃絵、それぞれの経験には差違はあるものの、お婆ちゃん効果からの脱却には、なかなかにショック療法が必要のようだ。

2010-12-04

アマガミOPのお尻の謎

| アマガミOPのお尻の謎 - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

 世間はクリスマスを控えたこの頃、ついに最終綾辻シナリオに入ったアマガミSS。中盤の不振を吹き飛ばすような名エピソードの連発でメインヒロインの格を誇示している黒辻さんですが、それとは別に少し気になることが。


 


 OPテーマ「君のままで」の後半に登場するこのお尻、いったい誰のなんでしょう。


 


 少し後に登場するこのお尻を見てみましょう。髪の毛の長さと形状から、綾辻さんのものだとすぐにわかります。シャツの丈が長くてリアルですね。紳士ビューたまりませんね。


 それはそうとして、つまり、冒頭のお尻にはそうしたキャラのアイコンが示されていません。傍証から探っていくほかないことになります。以下に、OPのキャラ別登場シーンをまとめました。


【キャラ別登場回数】

 アマガミシート


 綾辻さんと逢ちゃんの回数が一つ多いのは事前の人気の反映でしょうか。登場回数的にはほぼ横並びになっていますが、あいにく完全に横並びというわけではなく穴埋め式攻略は失敗。


【消去法にて】

 体格的な理由から梨穂子はあり得ません。腰つきが違いますし、手が肉に食い込むでしょう。また紗江ちゃんはこっそりプニ系ですし、なにより彼女が小気味よくお尻を左右に振る理由が思い当たりません。


 


 ヒップラインのシャープさから逢ちゃんも疑われますが、直後に彼女の水着カットがありますから、体操着では若干被ってしまいます。同様の理由で、続くシークエンスで(冒頭の)お尻を見せる綾辻さんも除外しましょう。


 残るはもじゃ子、そしてラブリー先輩。もじゃ子には否定する理由こそ見当たらないものの、特に思い当たる節がない。一方、ラブリー先輩には第2話で無意味にブルマを披露した前科がありますし、いかにもお尻を振りそうなキャラです。本命として検証してみましょう。


【ラブリー検証】

 


 気になってくるのは、ラブリー先輩のトレードマークである、ロングのパーマヘア。結構長いはずですが、この構図で写り込まないものでしょうか。作画ごとに誤差があるため、過去の同様のシーンに当たります。


 

 


 もとい。


 

 

 

 

 


 真っ暗でよくわからないので色調をいじりました。ラブリー先輩の髪は、腰上くらいまで届くようす。実に微妙なラインですが、やはり是非を断言できるほどではありません。


【ケツ論】

 OPでの事前人気キャラ登場回数優遇、ブルマで乱入の前科、ラブリーターンに見られる奇妙な振る舞いなどから、件のお尻の持ち主がラブリー先輩である可能性は高いと言えますが、必ず彼女のお尻であると断定することはできませんでした。残念です。


【おまけ】

 アマガミSS


 ついでながらOP最後のシーン。中央右上で異彩を放っている逢ちゃんの顔ですが、これはきっとテレビで見たアフリカの部族の挨拶でリアクションを取っている橘さんを生暖かく見つめている時の表情でしょう。


 女目線でアマガミ実況してみる 【クールな後輩ルートその3】 ‐ ニコニコ動画(原宿)


 マジキチ。個人的に、アマガミSSでの七咲逢ルートで一番残念だったのは、序盤、彼女が橘さんの頭おかしい振る舞いの数々をしげしげ観察するシーンがあまり描写されなかったことです。


 逢ちゃんと綾辻さんルート双方の主人公は、いわゆる「ハハッ系橘さん」なのですが(遊べばわかります)、彼女たち二人はじっくり観察した後、この「ハハッ」に狙いを定め、何らかのリアクションをしてくる。


 具体的には、「こいつ頭大丈夫か」と見つめるが逢ちゃんで、たぬきみたいな目で面白がるのが綾辻さん。ジト目で言葉責めしてくるのが逢ちゃんで、「ヘラヘラ笑ってんじゃないわよ」と言ってしまうのが綾辻さん


 そういうところをですね、ゲーム版では注目してもらうと、より楽しめるかと思います。


 

エビコレ+ アマガミ(通常版)

エビコレ+ アマガミ(通常版)


追記

絢辻「あと、名前みんな間違ってるから」

次回 「獣と化した逢ちゃん」