Hatena::ブログ(Diary)

はじめてのC お試し版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-04-29

オラーそろそろシンフォニックレインアニメ化シロッコラー!

| オラーそろそろシンフォニックレインアニメ化シロッコラー! - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

工画堂スタジオ シンフォニック=レイン 普及版

工画堂スタジオ シンフォニック=レイン 普及版


☆はやわかりシンフォニックレイン

・ADVっぽい

・なんか雨降ってるぞ

・幼なじみの双子がヒロイン

・電話がない


☆登場人物☆

・トルタさん

 メインヒロイン。めちゃんこ献身家の上に嘘つきなのでわりと大変。


・アリエッタさん

 メインヒロイン。最初からめちゃんこ大変。


・ファルさん、リセたん

 爆発する脇道だが一度は爆発しなければならない。


・フェイ

 歌の妖精。えっ? なんだって?


☆空の向こうに

 こう白日の下に何もかもが明らかになった瞬間、ああそうだろうなあと腑に落ちてやけに愛おしくなり、なるほどファンタジーではなかったのかと理解し、それならばさっきまでいたあの子はいったい誰なんだと疑問になり、まあいろいろある。岡崎律子の遺作でもある。

パン焼きが趣味とな?あれは嘘だパン焼きが趣味とな?あれは嘘だ 2015/06/18 00:12 >電話がない
電話を掛けてもずっと話中で誰もでんわ。
>トルタさん
怪人2面相。もしくは猫リセット。
>アリエッタさん
怪人4面相。もしくは真の主人公。

「クリスのせいで全て台無しやわ、あー辛いわー。心の雨降るわー」
…ってことじゃねーの、これ?

2014-03-19

シンフォニックレインの思い出2

| シンフォニックレインの思い出2 - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

工画堂スタジオ シンフォニック=レイン 普及版

 僕がシンフォニックレインの犯人さがしにこだわったのは、それがあんまり哀しい話だったから、どこかに誰かの間違いがあるはずだと思ったからだった。

 誰かがどこかで手違いをしたので、結果があのようなおかしなことになったのだと、信じたかった。

 今はだいぶ時間が経って、気持ちも落ち着いたので、あるいはそうでもないんじゃないかと思うことができる。誰も悪くなかったし、なにも間違ってなかったけれども、あんなことになった。

 これはたぶんずっと事実に近くて、なので、ずっとつらくて厳しい受け止め方になる。だからやっぱり、シンフォニックレインは、あんまり哀しい話だ。


同じ年に生まれた男の子と、双子の女の子達は、家が近いせいもあって、自然に家族ぐるみのつきあいをするようになった。

男の子にはフォルテールの才能がたまたまあって、双子の妹には歌の才能があった。

しかし姉には、特に何もなかった

2011-01-02

冬にお勧めシンフォニックレイン

| 冬にお勧めシンフォニックレイン - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

 美少女ゲームには季節ものというジャンルがあります。春夏秋冬、それぞれの季節をモチーフにした作品のことですね。聴いたことがない? じゃあ今作りました。


D.C.Dream X'mas ~ダ・カーポ~ドリームクリスマス 初回特典版

D.C.Dream X'mas ~ダ・カーポ~ドリームクリスマス 初回特典版


 春で有名な作品といえばもう『D.C.』でしょう。え、初音島は年中桜が咲いているだけ? 瀬戸内のマリネラってことで年中春としていいことにしましょう。うん、あの作品も色々ありましたね。人ごととは思えません。で、今Amazonに見に行ったら噂通りシリーズがうじゃうじゃ並んでてわけがわからないので一番上のを取ってきましたがこれ冬バージョンって書いてある。この記事は早くもぐだぐだですね!


AIR ~Standard Edition~

AIR ~Standard Edition~


 夏の作品は傑作目白押しなのですが、あえて一つ選ぶならこれ、『AIR』を挙げます。だってあの「何もせずにひとりぼっちで過ごした夏休み」みたいな空しさはちょっと他で体験できるものではない。最後まで遊んだ人が口を揃えて「これは傑作だ、しかしもう結構」みたいなコメントを残すゲームも珍しい。あの不思議な夏の気配をアニメ化に成功したってだけで京都アニメーションは歴史的な偉業を成し遂げたと言えます。


Canvas ~セピア色のモチーフ~ DVD版

Canvas ~セピア色のモチーフ~ DVD版


 秋は僕の好みで『CANVAS』を。女の子達と触れ合って自分を取り戻す18禁恋愛SLGです。いや僕が言ったんじゃなくてAmazonにそう書いてある。妙なコピーはともかくF&C製とは思えないくらい奇跡的に良くできたシナリオを持つソフトで、主人公の過去をキーワードに、だいたいのところで全部のストーリーがうまく結びつきます。パステル可愛い絵のくせに、中身は打ち切りを食らわなかった可能世界の『水月』くらいの完成度。


Kanon ~Standard Edition~

Kanon ~Standard Edition~


 そして冬です。『White Album』『天使のいない12月』等々、夏と同じく傑作揃いのシーズンですが、やはりここは間違いなく『KANON』を挙げなくてはなりません。KEY作品の代名詞、収斂していく平行世界の金字塔麻枝さんのポエジーと読者理解が高度にバランスしたこと自体が奇跡の一品。

 で、そんな『KANON』に不満を感じたことがある人、いませんか? 不幸な連中ばっか、この街なんか呪われてんじゃね? 女の子揃って頭おかしいような。ちょ、お前そこ生き返ってくんなよ、うぐぅじゃねえだろ・・・。呟いた人いるでしょう。

 はい、そんな人にお勧めしちゃうのがこの、『シンフォニック=レイン』です!


 dpcwp04


 みんな楽しそうですね! きっと明るく朗らかなゲームなんですね!


あらすじ

クリス君は故郷に恋人のアルがいるというのに新しい彼女捜しを始めた!
ツンデレのトルタや美人生徒会長や萌え萌え下級生やアーシノがクリスに迫る。


 2004年の春に光画堂から発売された、全年齢向け美少女系PCゲーム。やたら地味な作品で、あんまし売れませんでした。パッケージまで地味。


工画堂スタジオ シンフォニック=レイン 普及版

工画堂スタジオ シンフォニック=レイン 普及版


 実のところ、美少女ゲームというジャンル区分からして嘘くさい虚偽まみれのミステリで、雨の降り続く街を舞台に交錯する少年少女たちの思惑を通して人の相互理解不能性について実体験する素敵な作品です。

 本編から若干、抜粋してみましょう。


           ☆          ☆


 


 冬の日差しは、強くもなく、弱くもなかった。

 窓辺に置いてある鉢植えから、ローズマリーの香りが風に乗って漂ってくる。

 そんな陽気な午後のひとときを、クリスからの手紙で過ごしている。


 


 本当に綺麗な、青い空だった。

 この空は繋がっているはずなのに、クリスの元では、雨が降り続いているという。

 信じられないような話だったけど、それは真実だった。


 


 だから私は、その日が来るのが怖いのだ。

 ——雨が降り続けば良いのに。嘘が本当になってしまえば。

 この世界が、私のついた嘘のように、優しくなってしまえば良いのに。


           ☆          ☆


 ぜんぜん朗らかじゃねえ! しかも、湿っぽいのか乾いてるのかわかんねえ!


 待降節、クリスマスを待つ四週間から始まって、新年1月の末、渇ききった冬の、何でもないある朝に終わる物語。雨が降っているのかいないのか、よくわからない街の出来事です。

 肝心の内容はと言えば、ちょっと切ない三角関係もの。泣かせる基本に忠実な筋書きで、好感が持てます。心地よい哀しさに浸りたい人には間違いなく向いてます。


 声優陣も中原麻衣、笠原弘子、浅野真澄、折笠富美子とえり抜きの実力派揃い。

 あと、岡崎律子さんの楽曲を聞いたことがあって、それが好きだって人は多いでしょう。このゲームの使用曲は全曲彼女の歌で、つまり、その意味では彼女の歌を多重的に編成したリリカルオペラですから、岡崎さんのファンなら絶対気に入るはず。


D


 岡崎律子さん作、『シンフォニック=レイン』の使用曲。『空の向こうに』『I'm Always Close to You』『秘密』『涙がほおを流れても』のピアノメドレーです。

 シーンを思い出すだけでちょっと涙腺が緩むのは、僕がいよいよおっさんになってしまったからかもしれません・・・。

 

For RITZ

For RITZ


 というわけで、冬休みにお勧めの一本、シンフォニックレインを紹介してみました。はじめてのCが全力でプッシュする、オールタイムベストです。値段も安い。

 良かったら、上のプレーヤーで曲だけでも聴いてみてください。たぶん気に入ると思います。そしてもし遊んで貰えたら、一緒にあの結末についてお話しましょう。

 心をこめて、心から!

ああああああああ 2011/01/11 07:55 これが岡崎律子さんの遺作となってしまった、ご冥福をお祈りします

ゲーム的には最後のシーンの解釈とか当時ピュアだった私には印象に残るものでした
音ゲー部分がなにげにタイピングの練習に使えそうでもある

2010-07-11

シンフォニックレインは面白いよ

| シンフォニックレインは面白いよ - はじめてのC お試し版 を含むブックマーク

工画堂スタジオ シンフォニック=レイン 普及版

工画堂スタジオ シンフォニック=レイン 普及版


 シンフォニック=レインってデジタルノベルがあるんですよ。2004年の春に光画堂から発売された美少女系PCゲーム。やたら地味な作品で、あんまし売れなかった。

 当初からすごいすごいって叫んでる人々はいたんですが、「痛い」って言葉が先行しちゃったのがまずかったのかも。少なくとも僕は躊躇しましたもん。

 実際、当時を思い返すと、別の意味で痛々しい学園物ゲームの群れに食傷気味だった人は多かったのでは。そう、「クライマックス」と「主人公の意味不明な葛藤」を取り違えるような・・・。

 肝心の内容はと言えば、ちょっと切ない三角関係もの。

 泣かせる基本に忠実な筋書きで、好感が持てます。心地よい悲しさに浸りたい人には間違いなくお勧めできる作品で、どんな風にかというと、こんな感じ。冒頭を引用しましょう。


同じ年に生まれた男の子と、双子の女の子達は、家が近いせいもあって、自然に家族ぐるみのつきあいをするようになった。

男の子にはフォルテールの才能がたまたまあって、双子の妹には歌の才能があった。

しかし姉には、特に何もなかった


 なんとなくポロっと悲しみを感じた人には、きっと楽しめる作品です。


D


■一人称視点の妙

 興味深いことに、本作において事実が客観的に述べられる部分は上記冒頭の他に存在しません。この後、読者は全ての描写、全ての結末を、常に誰かの視点を通じて受けとることになります。

 一人称視点作品の習いに従い、主人公の視点が描く現実は、真相が暴かれるにつれて信憑性を失って行きます。ご丁寧にも、最終的には、枠組み自体の虚偽まで明らかになります

 だからこそ、序文の持つ哀しさは一際際だつのでした。作中において疑い得ぬ事実は、どうやらこれだけだからです。


■グランドフィナーレの謎

 巷にグランドフィナーレと呼ばれる結末では、作中に一度も登場したことのない少女が登場します。

 待ちに待ったハッピーエンド。みんな大喜び。

 ただ、なぜそれが彼女だと確信できるのか、その点について考えてみると、この物語はもう一度、別の顔を見せてくれる。僕はそう考えています。

 だって、誰かが別の誰かであることについて、この物語は様々な角度から描き続けた。

 ではなぜ、僕らは彼女が今度こそ本当に彼女であると確信できるのか。


■「神さまって信じてる?」

 物語序盤、トルタが不意に発する問い。

 返答はいずれにせよ否定されるし、また、結末にはなんら影響を与えません。

 しかし、それは姿を変えながら物語の中に常に繰り返されていて、そしてその極地こそ、あのグランドフィナーレに他ならないと、僕は思うのです。

 どちらかが真ということはおそらくありません。いずれにせよ真相は分からない。そう、神がいるのかどうか自体は、僕らには永遠に分からないでしょう。

 だからこそ、なぜそう思ったのか、なぜそう信じたのか、なぜそう信じたいのか、様々な局面において自問すること、それ自体が、シンフォニック=レインという物語に隠された本当のミステリーではないでしょうか。


■まとめ

 全体として、僕にはとても気に入る内容の作品でした。

 声優の演技、仕掛けの多いシナリオ、岡崎律子の音楽、どれもが味わい深い世界を生み出しています。

 深読みすれば、上述のような楽しみもありますし、もっと欲張るなら、学校で習うカントの道徳律、キルケゴールの実存問題なんかについて、今ひとつティンと来ない人の副読本としても、おすすめできる内容でしょう。

 もちろん、そんなことはおまけ。

 面白いですよ。