Hatena::ブログ(Diary)

庄司創のブログ

2013-03-22

庄司創短篇集「三文未来の家庭訪問」の感想で作者直筆イラストが当たるキャンペーン

三文未来の家庭訪問 (アフタヌーンKC)

おかげさまで今までの読み切り*1を集めた短篇集「三文未来の家庭訪問」が発売になりました。電子書籍化も同時です

凄腕デザイナー芥陽子さんの装丁と薫陶を受けまして、オビにはなんと萩尾望都先生にキャッチコピーを頂きまして、 オビにはなんと萩尾望都先生にキャッチコピーを頂きまして 、我ながら素敵な本に仕上がっております。しかも今までよりも、わりとお手元に届きやすい部数を刷っていただいてます。

ですが新人で連載も終わったところですので、どうしてもなかなか話題になりません。話題にならないというのは、それはもう鬼より恐いなんとやらで。そこで皆様のお力を頼りにしようという宣伝企画です。

絵が当たります

抽選で計5名様に、こんなイラストボードに描いた絵が当たります。(絵の内容はそれぞれ異なります。)

サインペンで描いたイラストの画像。カノセさんとリタのツーショット。

私は普段ペンタブでしか絵を描かず、漫画家として恥ずかしながらお絵かきの習慣もまったくありませんので、アナログで直筆のイラストは相当レアではあると思います。きっとなんらかの価値があります。

以下、応募から当選の流れです。

応募方法1:この記事のURLを広めていただく場合(2名様に当選)

この記事のアドレス(この記事へのリンク)を、ご自分のブログ等にアップしてください。URLは、http://d.hatena.ne.jp/hajime_shoji/20130322/campaignです。

応募方法2:感想を書いていただく場合(3名様に当選)

  1. まず短篇集「三文未来の家庭訪問」を読みます。(ありがとうございます。)
  2. 45字以上の感想や書評を、ご自分のブログTwitter等のサイトにアップします。
    • Twitterツイートの場合はハッシュタグ「#三文未来の家庭訪問の感想」をつけていただく事で応募となります。
    • ブログ等に書かれた場合は、sanmonmirai@kodansha.co.jpにその記事のURLをお知らせくだされば、それで応募となります。(このアドレスは応募受付専用なので、問い合わせ等はできません。)

感想を書いてくださる方、読んでくださる方、このキャンペーンを応援してくださる方、皆様に御礼申し上げます。

抽選の流れ

  1. 応募締め切りは4/22です。
  2. 私の担当の編集さんがハッシュタグが付いたツイートと、メールでお知らせいただいたブログを読みに行きます。私もURLを教えてもらって見に行くと思います。
  3. 厳正に抽選します。Twitterで当選した場合は、アフタヌーン編集部のTwitter(@afternoon_manga)がフォローしてお知らせしますので、相互フォローをお願いします(その後は編集部の方がDMでやりとりするそうです)。ブログ等での応募は、当選のメールでお知らせします。末尾「kodansha.co.jp」以外から当選メールが来たらニセモノです。またTwitterのDMでやり取りする場合も、DMで直接ご住所など個人情報を伺うことはなく、必ず「kodansha.co.jp」のメールアドレスか電話で送付先を伺うとのことです。発表は当選者へのお知らせを持って代えさせていただきます。

注意など

  • ステマになってなくて(こういうキャンペーンだとわかるように書かれて)大丈夫です。
  • 内容は酷評でも大丈夫です。読んでくださった方自身の感想や書評をお書きください。
  • 利用するのは普段お使いのブログ等のサービスで、サービス1つにつき応募方法1と2をそれぞれ1回(計2回)までのご応募とさせてください。
  • ブログ以外のホームページでも、なんでしたらいつもお使いの書評サイトで投稿して「これ書いたの自分です」と送ってくださってもいいんですけども、もしもの事を考えますとこちらからご連絡のつくサービスのほうが良いかと思います。
  • Facebookミクシィのようなクローズドなサービスは、編集さんや私が見に行けないのでご応募できません。ご了承ください。
  • 「この作品の絵がいい」とかいうご希望は反映できないかもしれません。一応書かれてみてもいいかもしれません。

ちょっと手探り感のあるキャンペーンですが、どうぞふるってご応募ください。

*1四季大賞受賞作「三文未来の家庭訪問」、宇宙人と地獄の漫画「辺獄にて」、古代海洋生物の漫画「パンサラッサ連れ行く」です。「パンサラッサ連れ行く」に10P加筆で、巻末に三文未来の4Pおまけマンガが入っています。加筆修正はほとんどパンサラッサのみとなっています。ちなみに「三文未来の家庭訪問」の作中に出てくる「はてなネタ」は、こちらの記事にまとまっています。

ぴかぴかぴかぴか 2013/04/14 09:23 はじめまして。いま、朝日新聞の読書欄でお見かけし、萩尾望都が帯を書かれてる!というのと、プチフラワーに載ってそうなという編集マンガ解説者南さんの言葉に、ブログにたどり着きました。早く、本屋で、手に取りたいです!『三文未来の家庭訪問』の表紙絵!!!良いです!!もう、すでにファンです。

hajime_shojihajime_shoji 2013/04/16 00:27 ぴかぴかさん、どうもありがとうございます。
プチフラワーはむかし母が買っていて、創刊号持ってますよ。私がリアルタイムで読んでいたのは西炯子先生が描き始めた頃ですね。

のぎのぎ 2013/04/16 08:09 辺獄にて、読了。
昨晩、タイトルも失礼ながら作者も分からず、書店の方に、朝日の書評欄に載ってたんです、だけで探していただきました。三省堂レジの方、ありがとう。
緊張感をもって読みとおすことができました。この線、好きですよ。

hajime_shojihajime_shoji 2013/04/17 03:17 のぎさん、読んでくださってありがとうございます。
本屋さんは朝日新聞の書評を参考にしていることが多いらしいですね。

はるはる 2013/04/17 20:11 書店で見かけ、萩尾望都さんの帯を見て買いました。
PP172・173がいいですね。また、買うべき本が増えました。

hajime_shojihajime_shoji 2013/04/18 02:22 はるさん、はじめまして。
ご感想どうもありがとうございます。

銀の三角銀の三角 2013/04/18 11:51 庄司さん、すばらしい作品をありがとうございます。
私もぴかぴかさんと同じように朝日新聞の読書欄で庄司さんの作品を知りました。今の時代演出過剰でグロい作品ばかりで辟易し、新刊に対する興味を失っていました。庄司さんの作品はほっとする空間を醸しながらも、知的なインスピレーションをたまらなく刺激してくれます。これからも繰り返し愛読させていただきます。

hajime_shojihajime_shoji 2013/04/19 13:37 銀の三角さん、たっぷりお褒めいただいてありがとうございます。楽しんでいただけてよかったです。

銀の三角銀の三角 2013/04/23 18:31 庄司さん、コメントありがとうございます。
「ヴォグ・ランバ」も通読させていただきました。元々このような世界観をお持ちだったのですね。
大変読み応えがあり数回通読致しました。
印象的なシーンが多数あり、頭に残ってリフレインされてきます。
しかし、私には這い回る脳と半竜の描写はちょっと気持ち悪かったかな・・最近の作品では、グロ描写や裸の描写が必須要件でしかたがないのかもしれませんが、もしそのような描写がお好きでないのなら、無理に入れずにストーリーと心理描写だけで構成してもいいのではないかと思いました。
(萩尾望都さんや竹宮恵子さんの過去のSF作品が好きなもので)
次回作も構想されていらっしゃると思いますが、御自分が願うものを描き切ってください。期待しております。

hajime_shojihajime_shoji 2013/04/24 22:00 励ましのお言葉ありがとうございます。
エログロナンセンスはむしろ70年代のほうが氾濫していたかと思いますが、そう言われてみますと少女漫画SFの花が開いたのもその時代で、ちょっと不思議ですね。世間一般の傾向に逆らうカウンターカルチャーだったのかもしれませんね。
まあ演出方法は好き嫌いにかかわらず引き出しがあるに越したことはありませんで、私もそんなに多芸というわけではございませんので、またグロいやつもやるかもしれませんが、どうぞご容赦ください。

君は美しい瞳君は美しい瞳 2013/05/16 00:11 はじめまして。
わたしも朝日新聞の萩尾望都とプチフラワーの言葉に引かれて手に取り、ヴォグ・ランバも読ませていただきました!
読んだ感想としては「プチフラワーじゃないじゃん!アフタヌーンじゃん(寄生獣を思い出しました)!」でしたが、いつになく興味深く愉しく読みました。
最初ヴォグは優柔不断でボンボンだなあって思いましたが、読み進めていくうちに、かっこよくみえるじゃないですか!
久々に「かっこいい男」をみました〜。そして久々に惚れたので、一番好きな人に無理矢理貸してしまいました。
まだ戻ってこないので詳細が再確認でない状況ではありますが、ヴォグのどの辺が勇者なのか、彼がわかってくれたらうれしいなあと思っています。
こんな気持ちにさせてくれた庄司様に心から感謝と敬意でいっぱいです!こういうのに出会うと生きててよかったなあと思います。
男子のバラエティ化もとっても賛成です!

hajime_shojihajime_shoji 2013/05/17 21:47 君は美しい瞳さん、はじめまして。
いい男、惚れたなんて言っていただけるとヴォグも勇者冥利(?)につきますね。
こちらこそ読んでくださって、どうもありがとうございます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hajime_shoji/20130322/campaign
Connection: close