Hatena::ブログ(Diary)

庄司創のブログ

2016-12-10

漫画の第1話ネームを読んで感想をくださる方を募集

どうも庄司創です。

こちらの「サインハザード」という新作漫画のネームの感想を募集しております。ブログの更新はろくにしていないけれど! みなさまのお力がたよりです。

サインハザード扉絵

1.もしご興味がおありでしたら(あると助かります!)、

からご覧ください。いちおう、アプリが必要ですが読みやすいマンガボックスインディーズが推奨です。

2.お読みになったあとにこの記事のコメント欄か、ツイッター(@hajime_shouji)か、この記事へのはてブか、マンガボックスのコメント機能にてご感想をお書きください。

3.以下のことを書いていただけるとはなはだ幸いです!

  • 最近購入された漫画のタイトル (コメントをくださった方のお好みがわからないとあんまり参考にできないかもしれません。現在漫画を買う習慣がございませんでしたら、買ってる漫画なしとお書きください)
  • この作品の話の続きに興味が持てるか。(途中で読むのをやめられた場合は、途中でやめられたとお教えいただければ)
  • ダメ出し、要望、期待する展開など。(意味がわからなかったところなど、基本的なご指摘はありがたいです)

たぶん、上のことを書いてくださった何名様かのご意見を参考にネームを描き直し、もうちょっとキリの良い所まで描いて編集さんに持って行くと思います。(ネットでネームを見せてもいいということは一応許可をもらっています。)

なにかちょっとしたことでも言っていただけると、私のほうでいろいろ気がつくこともありますので、お気軽なご意見をお待ちしております。「鳥山明にくらべるとぜんぜんなってない!」というような、無責任にあーだこーだ言われる漫画になるのが目標です。


補足

なぜこういうことをするのかと言いますと、言い方がいいかどうかわかりませんが、やはり一般性を持たせるためですね。

私は言いたいことが先にある漫画描きで、とくにマニアックなことをやりたいという気もちはないんですが、だいたいだれが読むのかわからない、非常に売り出しにくい作品になってしまうことが多いんです。

言いたいことが言えればじつは中身はけっこうなんでもいいところがありますので、皆様のお声を聞きながら大胆に調整していければと思っております。

余談ですが普段のネームはもっと雑です。背景や微妙な表情などは字で説明してしまうのですが、今回は演出方向性をふくめてすべて絵で表現したので、おそろしく時間がかかりました。

さて、ご協力くださる皆様には以下のリスクがあります。

  1. このネームの続きは出ないかもしれない。
  2. 連載になった場合も、キャラやストーリーが変更されたものをもう一回読みなおすことになる。

方法がないのでこのブログで募集をかけますが、いつも私の作品を追いかけてくださって新刊が出れば必ず買ってくださるような皆様は、じつはあんまりご参加いただかないほうがいいかもしれません。

どうなんだろう。読みなおした時にキャラがちょっと変わってるとか、私だったらかなりイヤなんですね。

本当に意外と心の負担になってしまう場合もあるかと思いますので、くれぐれもご注意ください。ネームを公開なんかしてすみません。あと新作はこのくらい遅れてます。すみません。

ご意見をお待ちしています!


(12/16追記)数々のご感想・ご意見、本当にありがとうございます! こんなにいただけるとは思っておりませんでした。 お返事は割愛させていただきますが、プリントアウトして読み返しながら制作してまいります。

だれからも言及されなかったことによる、大ポカの発見などもございました。 あまりSFを読まれない方のご意見から、今回のネームではかすりもしなかった方々も想像してみます。

もう直しに入っておりますが、こういう展開を、とか、このキャラをもっと、等のご要望はありがたく受けつけております。最近ご購入された漫画か、なければご覧になったドラマ等なにか作品、それもなければご趣味等を教えていただけるとご意見に立体感が出てありがたいです。

それではひとまず失礼いたします。またお目にかかれる日を!

aukusoeaukusoe 2016/12/11 00:02 増田で知って、最後まで読みました。
いくつかの場所のお話が同時に進んでいて、世界が広く感じて面白かったです。

特に学生のグループの話は、なにが去年にあって、今年はなぜダメなのかが、気になる展開ですね。
「わたしたちが勝ちとった」という表現から、何かしらのエピソードがありそうで面白そうです。

わかりにくかった点として「AIチェッカー」とか「チェッカー」って単語が何なのかよくわからなかったです。
イメージ的にはAIを使いこなす人的な言葉ですかね? ただチェッカーがいないとAIが止まるというのもよくわからないですね。(こう観測する者がいないと自己を確立できない的なSFな感じかなあ、と漠然と思って読みました)
ただ、このわかりにくかった点というのも、連載の一話と考えると、別にそれはそれでよいのかもしれないですね。

ただ、アイスラテを買ってジュリを心配していた女性がいるじゃないですか、あの人妙にジュリと距離が近くて百合な感じで萌えてたんですが、死んじゃったんですかね?
イメージ的には、学生達がいる場所とジュリがいる場所が近いんだよってことを表す舞台装置的なキャラクタで、別に名前とか性格とかはないキャラなんでしょうか?
なんだかとても印象に残ったキャラクタなので、個人的にはこのキャラクタの今後の活躍度合いがとてもとても気になって気になってしょうがないですね。

最後に参考に書いて欲しいと書かれてた、最近購入した漫画です。
FSS(NT2017年1月号)、ワールドトリガー、ノーマーク爆牌党(電子書籍で書い直し)です。

hajime_shojihajime_shoji 2016/12/11 00:13 くわしいご感想ありがとうございます! とても参考になります。

hajime_shojihajime_shoji 2016/12/11 02:20 なんとなく感想を書くほどではないと思われたかた! この作品がイマイチしっくりこないあなた様のご意見もお待ちしています! 私ぐらいの知名度ですと、負のご意見がほんとうに貴重。

michsuzukimichsuzuki 2016/12/11 02:23 未来感があって面白かったです。
ただ、バトルのシーンが結果的によくある特殊能力勝負っぽくなっているので、未来っぽい戦い方を見てみたいなーと無責任に思ったりしました。

最近購入した漫画は『AIの遺電子』です。

hajime_shojihajime_shoji 2016/12/11 02:28 わあ、ありがとうございます!

elekieleki 2016/12/11 02:44 地球が氷ること、CEOの娘がどのような立場で地下のAIが何か、過剰な説明なく通り過ぎており、流石に連載作家さんだと思う気遣いが見られます。クライムサスペンス系としての説明は過不足なく行われていますが、気を回し過ぎで逆にもう少し絵で説明するほうが良いように思えました。例えばジェリと派遣されたアンドロイドのサングラス男(?)の下りは状況理解に一役買っていますが、彼ら自体に状況を理解させすぎてキャラに試行錯誤させるチャンスを失っているようにも思えます。これによって緊張感が半減していると感じましたし、説明過多とモノローグの多さも同様の問題を発生させています。この辺の状況説明の冷静さはもしかするとわざとなのでしょうか。そのくらい空気よりストーリーテリングを重視しているように見えました。アンドロイドとジェリが冷静すぎる、あるいは地下の男たちの描写に恐怖感が足りないなどにも遠因があります。例えばとっさに口をふさぐモーションをわかりやすくするあまりに、その説明にインパクトある演出が食われているなどです。画角も良くないと思いました。アクション時の俯瞰・望遠構図が多く、与える心理効果として冷静さに一役買っています。例を挙げるとP32付近のバス内に飛び乗る描写も距離の離れた画角から映し出しています。前ページからのスピード感を活かすなら転倒しながら入るくらいの勢いと超広角を使うスピード感などが欲しいです。
ブログ内の記事曰くのご要望に関しましては、昨今のアニメのように設定や未解決の謎をばらまくことによって解決まで読者の興味を足止めするタイプですが、漫画の本流というよりアニメの本流のような気がします。昨今漫画が日常系や飯物に流れすぎているので余計にそう感じるのかもしれません。実はここまで書きながら殆ど文句を言わなくても良いのでは、と思ってしまった次第です。レビューなどをしたためつつまっとうに読んでいる人の多くはそう判断するかもしれません。神経が行き届いていてダイナミックさにかける点だけが問題で、読者として大きな不満がないのです。ですから逆に漫画を読み込まない一般層の意見をもっと聞いたほうが良いかもしれず、その点からして玄人もどきが沢山いるはてなはあまり参考にならない気がします。
では続きが読みたいかといえば、続いていたらひとまず読みたいという印象でした。絶対に読みたいという訴求力と勢いには欠けます。理由は前述の通り説明し過ぎ・明かし過ぎだからです。読者は理不尽を消化したいと思って読む側面もあると思っています。今ある平和に侵入者がやってきて逃亡しながら方策を練るという体裁が、今の時代にリンクしているように思えなかった点もあるでしょう。設定に言及すればシンギュラリティ自体が新しく古い概念ですので、既視感から逃れられない点もあると思います。
それとネーム段階とは言え少々デザインが野暮ったいかなと思いました。アンドロイド(?)のグラサンやティベルの簡素すぎる外観など古い気がします。背景が入ればだいぶ印象が変わると思いますが、山本直樹先生が『僕らはみんな生きている』を連載していた時代のような空気も感じます。

truertruer 2016/12/11 08:44 アフタヌーン購読しているので先生の過去作も読ませていただいてます。
一話目として全体的に細かい説明は省いているのかな、という印象を受けました。
世界が大変な状況になっているということをまずは表現することで今後どう話が展開するか、二話目以降を見たくなった、というのが感想です。
気になった部分は25〜26ページのティベルがUDを掌握してナノマシンを薙ぎ払うところが初見ではちょっと分かりづらかったかな、と思いました。
続きが気になるので連載開始をお待ちしてます!

DOI4219DOI4219 2016/12/11 10:44 このジャンル少ない気がするから興味ありますが、色んな作品の分解再構築、詰め込み中途半端感がある。青空にとおくとかEDENとかあたりの系列だと、絵が没個性というか見劣り感がする。終わりどうするのって感じもあるので、テンポよく進んでまとまって終わるならいいが、中途半端だと読むの止めるかも。最近買った漫画は、こちらに http://d.hatena.ne.jp/DOI4219/searchdiary?word=%2A%5Bcomic%5D

hajime_shojihajime_shoji 2016/12/11 11:48 こんなに早くたくさんご感想をいただけるとは!とてもうれしいです。

>elekiさん
ご感想ありがとうございます。古いタイプの物語で企画がスタートしているのはたしかですね。こうしていくしかないだろう、というかんじで進めてきたのですが、ここで皆様の率直なご意見をいただきたくなった次第です。サングラス男は胸のホルスターに銃をしまっているだけで、アンドロイドではありません。絵がわかりにくいですね。

truerさん、DOI4219さん、是非参考にさせていただきます。

引き続きご意見お待ちしております!
「読んだ&ご購入情報」だけでも、どんな方が興味を持って最後まで読んでいただけたのかの参考になりまして、とてもありがたいです。

spsp 2016/12/11 12:25 正直、分かりづらい箇所が多く、後半まで集中力が持ちませんでした。
漫画は割と読む方で(3000冊ほど所有)、SFも好きです。

何か何か 2016/12/11 12:35 演出力不足だと思います。「このコマ、このシーンではこういう感情を伝えたい。読者をこういう感情にさせたい」のが伝わりません。
最初のシーンでもただ死ぬだけではなく、どう死んでいくのかを登場人物が感じたように描くと恐怖の伝わり方が違うと思います。

「なにがほんとに好きなのかをきめることよ」これはいいセリフだと思いますが、それなのに一般性で自分の好きなことを覆ってしまうのはもったいない気がします。好きなことを貫く技術力があれば題材はなんでもいいと思います。

最近買った漫画・灼熱の卓球娘、盾の勇者の成り上がり、神様のバレー、龍師の翼、お前ら全員めんどくさい

tel30tel30 2016/12/11 13:43 最近購入された漫画のタイトル 。
銀河英雄伝説 4巻
白暮のクロニクル 9巻
少女ファイト 13巻

この作品の話の続きに興味が持てるか。
無料の範囲で定期的に更新されるなら

ダメ出し、要望、期待する展開など。
セリフ回しについて。判りづらい箇所が多い。誰に向かって言っているか?
コマ割りについて。不自然な箇所が多い。
ワードセンスについて。予想の域を出ない。普通だしいかにもなSF設定と感じる。

ページ数使った割にあんまり話進んでない?

後半のピンチ演出は良かった。

次話への引き弱い。

通りすがり通りすがり 2016/12/11 15:09 あんま、こういうのにコメント残さない人ですが、面白かったので。
他のコメントにもありましたが、後半のドローンを排除するところが、どうやったのか、絵だけでイメージ出来なかったです。
あと、漫然と読んでると、許せなくて、というセリフの意味が取りづらかった。(バスのくだりと、セリフまでのコマが多い?)
素人意見でしたが、参考になれば幸いです。
最近買った漫画はソフトメタルヴァンパイア、あの夏に還して、です。
とりあえず、これが発刊されたら全巻買おうと思うくらいには好きな感じです。気長にまってます。

n_kasein_kasei 2016/12/11 15:23 はてな匿名ダイアリー経由でご周知を知りました。
折角の機会なので、的外れかも知れませんが感想を申し上げます。

まず続きを読みたいかと言えば、是非読んでみたいです! 危機的状況をどのように鮮やかに打破するのか。今後、そういうカタルシスがあると読んでいて楽しいです。

気になったところ。作品世界における、一般社会の科学力はどの程度の水準なのか? これに関する描写が少しでもあったほうが、と思いました。いきなり規格外の危機的な科学が登場する。人々はそれに当惑するわけですが、では一般の人々の当為とする科学力はどの程度なのか? 眼鏡表示システムの描写はあるのですが、ドローンやその他の技術はどこまで社会に認識として広まっているのか。この辺りの「日常性」が子供達の見学パートの辺りにあると、それを崩壊させるクライシスに更にエッジが効くと感じました。あとはそれと関係して、冒頭や、人々が襲撃される場面で正体不明の攻撃を受ける「ヤバさ」「混乱」の描写がよりあると良いな、と思いました(ジョジョの新手のスタンド使いが出てくるあたりの感じ、みたいな)。

生意気なことを申してしまいましたが、このような機会に興味深く参加させていただきました。ありがとうございました! 益々の健筆をお祈りしています!

最近買ったマンガ
1:市川春子『宝石の国』6巻
2:尾玉なみえ『よい子のための尾玉なみえ童話集』2巻
3:麻生周一『斉木ψ雄の災難』19巻

Re-birthRe-birth 2016/12/11 15:40 初めまして
読ませて頂きましたが、あっさりした絵柄と舞台が外国っぽい所や、派手な描写に頼らずどちらかというと淡々とした感じ?がなにやらバンドデシネっぽい空気感がある作品だとおもいました。
登場人物達の導入と事件の幕開けを絡ませながら合わせていく流れは1話通して最終的に理解できるので読みやすく続きが気になるものでした。
学生達がわいわいしている下りで多分外国の小学生だからでしょうが”新入り”イジリのシーンには引っかかりがあり。今後伏線とならないのであればひっかったかなあと。クラスの競争ぽい描写、主人公の女子が他の子から一目置かれている行動力のある子だというイメージの把握がばっちりされていて期待感がありました。
黒髪のお姉さんと黒めがねさん含め基本的に頭の良さそうな方ががんがん行動するようはお話みたいなので、どういう意図を持って動いているかを読者がトレースして一緒に気持ちよくなれるような描写があると読んでいて気持ち良いのかなと思いました。
スミス先生いきなり死にそうだけど、1話の中で落とされてあげられてる描写とかさりげなくキャラを拾い上げてるところは結構好きです。
買ってる漫画はドロヘドロ、ハンターハンターとか…アメコミやバンドデシネは借りたりなんだりで読んでます。SFチックな話は好きなので続きは読みたいです。
長々とまとまりなくすみません。ブコメでは書き切れずこちらにお邪魔してしまいました。

ohsawayakanohsawayakan 2016/12/11 15:47 面白かったです。
ジェリさんとチカちゃんが非常に魅力的でした。
スクールバスに飛び込む一連の流れが好きです。

話は全体的に良いと思いますが絵が淡々としてるかもしれません。
微小兵器が体に入り込んで死ぬ時は派手に爆発するくらいショッキングな方がいいかなとは思います。(リアリティを考えるとあのような描写が妥当なのかもしれませんが)
ディベルと繋がって一気に薙ぎ払うシーンももっとなんかこうもう少し……。
視点なのかコマ割りなのかその他なのかは、素人なので上手くいえませんがそう感じました。
あとチカちゃんがほへーっと言ってますがあの場面であのほへーっは違う気がします。
別のセリフと表情に変えるべきです。(あのほへーっ自体は別のところで使って欲しい)
今後の展開としてはジェリさんやグラサン、チカちゃんやクラスメイトの個性が発揮され、人間的な成長を遂げるような話が読みたいです。
それからジェリさんがスポーツブラ姿でくつろぐ絵がみたいです。

ここ4,5年くらい漫画を読んでなくてまた少しづつ読むようになってきたのですが、
最近買った漫画は「レイリ」「めしにしましょう」「終電ちゃん」です。
SFは殆ど読んだことが無いのですが昔「WOMBS」は読んでました。

shira0211tamashira0211tama 2016/12/11 16:56 読みました。同業です。
連載物の冒頭として、ジャンルとして、不明な要素や謎を残している点を考慮しても読みにくいです。

話の本筋?として言いたい事を組み上げてる感じがしますが、それと読み手が「今」欲しい情報とに食い違いがあり、シーンごとに状況がブチブチ切れてて話を追うのに疲れます。
読者的には「この話でのメイン」が知りたいです。


・冒頭の逃走シーン
・子供たちの会話シーン
・ジュリと護衛のシーン
・事件発生→次話へのヒキ

それぞれでAIとかドローンに襲われているとか小さな繋がりはあれど直接シーンががっちり繋がる箇所がないので、メインが分かりにくいです。
個人的には「1話では」ジュリがメインだと思っていますが、シーンの分量的には違うかも?と思える余地がありますし、ジュリがメインであれば出て来るの遅すぎです。
(ジュリがメインでないならそもそも自分相手には演出失敗してます。)

あと全体的にネーム過多で目が滑ります。
そして過多なのに内容が絞れておらず、ルー大柴語みたいになっている箇所もあり疲れます。

読み返して理解する部分もありましたが、初見では冒頭からジュリが1Pアップになるページまでのネーム(冒頭モノローグ&明けの子供たちの会話、ジュリとグラサンの会話)が読者的には、ほぼ意味(必要性)の分からない無駄に感じる物で、かつ絵的に動きがなく、顔会話がずっと続くので(冒頭明け以降)P14までず〜っと滑りっぱなしでした。

多少なら謎の意味深な会話だな?で興味をヒキますが長すぎます。
読もう!と能動的に読んでいるので先に進めていますが、普通にパラと手に取るような感覚で開いた場合には早ければ冒頭8P、遅くともその後の子供たちの会話シーンのネーム量の多さで読むのをやめて読み飛ばし対象になります。


個人的には冒頭の追われているシーン→全滅からジュリとグラサンのシーンにつなげ、AIとかドローンの話だと提示し、子供たちと合流、そこで子供たちがその状況になるまでの回想と構成した方が繋がりがスムーズで読みやすいのではと思いました。
加えてそうなると子供たちの回想にそこそこヒキとなる要素が(今の提示されている物以外で)必要ですが、ないならバスで子供たちと遭遇して1話ヒキでいいのではいかなと思う次第です。

今のテンポや話の芯が定まっていない状態で33Pは長いかなと思いました。
24…せめて28くらいにはなりそうなネームかなと思います。


読む漫画の傾向は色々読みますが、読むのに疲れる(と言って通じるか分かりませんが)作品は話題になっていてもバッサリ切り捨てます。
読みやすい工夫をしっかりされている漫画を好みます。

この続きが気になるかについては申し訳ないですが気になりません。
ラストのヒキ(体調悪い子供)に対する効果的なフリが前までの段階でなかったですし、散々前述したとおり、早ければ冒頭8Pで読むのを辞めてますので。

色々言いたいことを並べず、1点に絞り、かつ冒頭のような何か起きてるーーーー!?!?の勢いのまま少なくとも1話は走り抜けるのが良いのではないでしょうか。
細かい説明は後々必要になった時にすれば良いかと。

ffx2painffx2pain 2016/12/11 18:12 私は普段ジャンプ系の作品を基本に多種多様な作品を読んでいますが、それらと比べても面白かったです。
1話としては引き込み方も説明も良いと思います。
ただ、表情や動きが多少分かりにくい点がありました。
少年漫画のバトルに慣れているせいかもしれませんが、機械の動きをもっと派手に分かりやすくすると迫力が増すのではないかと思います。
ただそれが描きたいものの本質ではないと漫画から印象を受けたので頭の片隅にでも置いていただければと思います。
また本当に個人的な感想としては一般受けを狙うよりももっと特化した作りの方が作品には合っているような気がしました。
一般受けを狙うならもっと極端にバトルか謎ときにシフトした方が分かりやすいので受けると思いますが、この作品はそれよりもバランスを重視して様々な方向から見たいと思う作品でした。
私としては表情と動きを見やすくしていただければ内容は特に変更をする必要はないと思います。
面白かったので是非作品として世に出してください、頑張ってくださいね!
それでは失礼します!

hmhm 2016/12/11 19:51 ティベル操作のUDが虫を倒す場面がイマイチ分かり辛かったですが、それ以外は(素人目ですが)続きを読みたいと思えるくらい普通に楽しんで読みました。
最近買った漫画は、
・レイリ
・あの娘にキスと白百合を
・アリスと蔵六
・波よ聞いてくれ
・恋愛ラボ
です。

kananakanana 2016/12/11 21:31 最初のほうでパンってなってるけど何か起きてるのかわからなかった
鼻に穴が空いた人はもっと前に出した方がいいのでは

akabekobekoakabekobeko 2016/12/11 21:41 感想を書いてみました http://akabeko.me/blog/2016/12/review-sign-hazard/

YZFYZF 2016/12/11 23:03 「これ自分の好きなジャンルだ!嬉しいっ」とすぐに分かる導入部分、これからどうなるのか展開がすごく気になります。
ただ、チェッカーの役目(意味も含めて)が分からなかったので、連載時には欄外等で補足説明的なものを入れて頂けるといいのかなぁと個人的に思いました。
最近購入した漫画は「AIの遺電子」「ソフトメタルヴァンパイア」「バカ姉弟」です。

hiroosahiroosa 2016/12/11 23:21 山田先生のツイッターより来ました。面白かったです。
・Macintosh 128Kを「発明」というと、そうだけど、そこまでかな……と(個人の感想です)
・警備員の人が後半予想以上にカッコよくなっていって、いいなと思いました。一番好きかもしれない。「助かる仮説」いいなあ
・帽子被った女の子がかわいいなと思いました。後半出番が少ないのが残念かなと。あと、ブレンダとの会話の内容がよくわからなかったです
・「も5年」ミス?
・ジェリさんの頭の飾りは、ない方が好みかなと
・「許せなくて」のところ、雰囲気いいなあと思いつつ、流れがよくわからず
・最後、ぶつ切り感がありました。続くのでしょうか

買った漫画は近い順に「AIの遺電子 4巻」「岡崎二郎SF短編集 ビフォー60」「虚構推理 4巻」です

sugnsugn 2016/12/11 23:38 ・最近購入した漫画
 単行本、新しいのから5冊『背すじをピン!と』『フルチャージ!!家電ちゃん』『夏に積乱雲まで』『キリカC.A.T.S』『とりぱん』
 雑誌、新しいのから5種、週刊少年サンデー、週刊少年ジャンプ、good!アフタヌーン、月刊ヤングキングアワーズ、月刊アフタヌーン

・作品の話の続きに
 興味あります。がちがちのSF方向だと嬉しいですがそれ以外でも読みたいです。

・意味がわからなかったところなど
 冒頭で、なぜ「おもちゃ」が例えに出てきているのか? ミリサイズのドローンとかはこの世界ではすでに玩具同然になっているけど、人を殺しまくっている何かは実はまったく別の物とかそういう展開なのでしょうか。
 あと、最後の方のバスが出てくるところで、ジェリ達とバスの位置関係で状況把握できるのか?(ARで情報収集できてた?) 意味がわからないというより画面の流れが気になって物語から意識が逸れました。

   2016/12/12 00:48 読みました
先が気になると思いました

私は前からずっと
ファンタジーを見れば「剣で倒せるゴブリンなんかより昆虫サイズの毒蜂みたいなモンスターのが厄介じゃないの」とか
歩兵が戦うSFを見れば「こんなものを作れる技術があるならゴキブリサイズの自走爆弾や猛毒のナノマシンでも放てば最強じゃないの」みたいに思っていたので
小型の殺戮兵器をメイン級で扱ってくれるのはとても楽しみですね

最近購入したマンガは「ワールドトリガー」「ジョジョリオン」ですね

778778 2016/12/12 00:54 読みました
先が気になると思いました

私は前からずっと
ファンタジーを見れば「剣で倒せるゴブリンなんかより昆虫サイズの毒蜂みたいなモンスターのが厄介じゃないの」とか
歩兵が戦うSFを見れば「こんなものを作れる技術があるならゴキブリサイズの自走爆弾や猛毒のナノマシンでも放てば最強じゃないの」みたいに思っていたので
小型の殺戮兵器をメイン級で扱ってくれるのはとても楽しみですね

最近購入したマンガは「ワールドトリガー」「ジョジョリオン」ですね

doublydoubly 2016/12/12 13:14 ・最近購入した漫画
  アリスと蔵六7巻、捻じ曲げファクター1、2巻
 (漫画ではありませんが、ヒュレーの海や自生の夢、ニンスレも。
  和製SF好きです)

・続きをみたいか
 今直ぐ読みたいです。

・ダメ出し等
1.「AIチェッカー」の語や概念、SFに親しんだ人はスっと理解出来ると思いますが、そうでない人には困難ではと思います。また指向やも含めた規範の設定者を「チェッカー」と呼称するのは違和感を覚えました。

2.同時並行的に起こっている筈ながら連続性が耐えている様に見受けられる部分がありました。例として、バス救出に向かう前に前出の子供らがそのバスに乗っている描写があったほうが良いのかなと感じました。

全体としては文句のつけようが無く食い入る様に大変楽しく読ませて頂きました。応援してます。

palispalis 2016/12/12 13:49 これは誰が主人公なのだろうというのが読んでる間ずっと気になりました・・・
鼻を押さえてた男性が主人公で、どうやって彼が危機を脱するかという話かと身構えて読んでいたのですが
そしたら彼は死んで?しまい、

さっきまで人が大勢死んでいた危機感のある状況から
気怠そうな女の子のアップに移り、ギャグ調の平和にはしゃぐ子供の興味を惹かない日常に切り替えられてしまったので
読み手としてはここでだいぶ読む気が失われました

もともと、最初に見たパニックホラーの雰囲気に惹かれて読みはじめたので
ここからのページは飛ばし気味に読みました
ページを見ていきながら、最初の男性は死んでしまっていることだし
それではこの1ページまるまる使って登場を強調した
この女の子が主人公なのだろう、と気を切り替え読んでいきました
すると、また場面が変わって、今度は髪の短い大人の女性を追っている視点になる
ではさっきの女の子も主人公じゃなかったのか・・・?と
どこに腰を据えればいいのかわからなくて字を追うのが面倒になってしまいました
最初から黒髪の女性だけが出てきて話が展開してたら疲れなかったとは思うのですが
私個人の感想で当てにならないのでアンチ意見と聞き流してください

それとサングラスの男がこれを受けとってくださいと言ってるのに
なんで壁かドアに体を半分隠して逃げ腰なんだろうと思ったら
あれが荷物だったんですね
前コマの小さい絵に注意がいきませんでした
ほんと読者の分際で申し訳ないです

ganmox3ganmox3 2016/12/12 17:52 楽しく読ませていただきました。続きが気になります。
最近買った漫画はレイリ、ヴァルガビンゴです。

ななしななし 2016/12/13 16:24 先生のファンで、過去の作品は全て読んでます。”辺獄にて”が一番好きです。
最近SFではイムリの20巻を買いました。
このネームにはハードSF、漫画、パニック物という大好物の要素が入っているので発売されたら買います。そもそも、ハードSF漫画というジャンルの漫画に良い作品が少なくて飢えているので、先生の存在はありがたいです。(ハードの定義は置いておいて起きます)

よかった点(個人的に萌えた点)
- ハードSFっぽい
- パニック物
- 演出のテンポ
- くたびれたおっさんと、若い知性の高い美人のタッグ
 ”辺獄にて”もこんな感じでしたね。自分がくたびれたおっさんなので萌えるシチュエーションです。先生は、女子高生書くよりこういうほうが向いていると思います。あと、女性の絵がレベルアップしましたね

改善できる点
- 世界観の作り込み (ネームなので仕方がないですが)
 冒頭のマック、水平思考AIというワード、AIのビジュアル が世界観を浅く見せているのが残念なん点です。イノベーションの例としてマックよりはもっとマイナーな例の方が玄人っぽくてかっこ良いかと思います。水平思考AIというワードは、いかにも適当にSFっぽい名前をつけたような感じがします。水平思考とはどういう意味でしょうか。AIの四角いビジュアルは80年代っぽくて古臭いです。未来の汎用型AIという設定なのですから、人間型かキャラクタのようなUIがあるのが妥当でしょう。
- UD UDはSFクラスタ以外からは、ベイマックスのパクリと思われてしまいそうですね。こういうのはよくあるのですが、、 重要なアイテムなのでひねりがあるといいのですが、 UDとストーリーの整合性も気になりました。UDのようなテクノロジを開発できるのであれば、小型のナノマシンによる大規模テロも当然想定の範囲内だし、何らかの対策もされてそうなものです.
- 新しさ 以前の作品と比べて、あまり設定やテーマに新しさを感じませんでした。ベーシックなストーリに売れそうな要素をちりばめた感じ。

まとめ
とても面白かったです!S評価にはならないかもしれませんが、B+以上の評価は固いでしょう
(上から目線ですみません)

おかおか 2016/12/14 01:07 ハリウッド映画を思わせるキャラや状況の演出で非常に面白く、続きが大変気になります。
個人的には十分ですが、一般向けとして気になるとすると、
キャラクターの登場の順序と長さが先ず一つ。
1番活躍するジェリの登場までが長く、学生の話をメインと思い込む人が居たら引っかかるかも?

警報を発したのは人かティベルか。
多分人だと思うのですが、AIの限界と可能性を台詞以外でももっと見たかった。

人と犬以外は無事なのかどうか。
人口密集地にも当然いる鳥や魚など、どこまで被害が出ているかの境界の視界が無かったこと。

2話以降で自ずと描かれる点でもあるかと思います。
読み落としもあれば失礼ですが、もし参考になれば。
これからも期待しております。

最近読んだ漫画はこうの史代、紫堂恭子、とりみき、小原愼司など色々です。http://booklog.jp/users/hgsoka

miyukisummiyukisum 2016/12/14 01:35 はじめまして、サインハザード第一話拝読いたしました。
簡単ではありますが、率直な感想を書かせていただきます。

キャラ描写がとても良かったです。特にチカとブレンダの関係性は簡潔ながら良く伝わってきて、早く続きを読みたいと思わせてくれました。

一方で彼らが巻き込まれたハザードや舞台にあまり魅力やリアリティを感じられませんでした。
UDのような高度に見える技術と比較的ローテクなハザードの非対称性も気になります。ティベルには何が出来て何が出来ないのか、AIチェッカーの仕事とはなにか?など読者として知りたいことが多かったので、パニックシーンは舞台説明のあとでも良いのかなと感じました。
ハザードには何か新しさを感じられる要素が欲しいです。従来のパニックものと何が違っているのか、どのような点が脅威なのかを感じられればますます面白くなると感じました。

好き勝手書かせていただきましたが、サインハザード大変楽しく読ませていただきました。特にブレンダには感情移入してしまって、早く続きを読みたいという気持ちが押さえきれません。

最後に最近購入した漫画ですが、「波よ聞いてくれ」「双亡亭壊すべし」「老女的少女ひなたちゃん」「AIの遺電子」などです。

参考になるか分かりませんが、庄司先生の新作が誌面で見られることを心よりお祈りしております。

ウイローウイロー 2016/12/15 12:57 庄司先生はじめまして。いつも作品を楽しませていただいてます。
私はパニックものやホラーものが大好きなので、その観点から感想を書かせていただきますね。
今回のネーム、率直に言えば大筋ではとても面白かったです。特に「人体の穴から侵入して内部を破壊する」という脅威の生理的な嫌悪感はカンディルや膝の皿のフジツボ伝説にも通じるインパクトですね。とても続きが気になります。
欲を言うと人死に描写がもう少し執拗だといいなと思います。世界の各地などマクロな視点よりも、近くの人間がだんだん死んでいく様子が克明に描かれると共感度が増します。死も毎回即死よりは手を変え品を変え死に様を描写していただけるとパニックホラー好きとしては嬉しいです。
あとはより絶望感が増えると個人的には最高です。未来都市の盤石な安全さから地獄へ叩き落される落差が大きいほど楽しいです。災害についての情報は小出しで、しばらくはその全貌も解決の糸口も見つからず未知の恐怖に怯える人たちが順々に描かれていく様で一巻分は楽しめます。
先生の作品はSF的な世界観もキャラクターもとても魅力的ですので、ストーリーはあまり進めなくても極限状況における行動をじっくり追うだけで安定した面白さが得られると思います。
不躾な感想、失礼しました。私の最近買ったマンガは「ダンジョン飯」「ゴブリンスレイヤー」「食糧人類」などです。作品楽しみにお待ちしております。

hajime_shojihajime_shoji 2016/12/16 08:25 数々のご感想・ご意見、本当にありがとうございます。
お返事は割愛させていただきますが、プリントアウトして読み返しながら制作してまいります。
だれからも言及されなかったことによる、大ポカの発見などもございました。

いつもよりコメント公開が遅れて申し訳ございませんでした。
またどうも講談社の編集さんと思しき匿名の方のコメントはふせて保存だけさせていただきました。ご了承ください。

これでもう直しに入ってしまいますが、こういう展開を、とか、このキャラをもっと、等のご要望はありがたく受けつけております。最近ご購入された漫画か、なければご覧になったドラマ等、なにか作品を教えていただけるとご意見に立体感が出てありがたいです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証