Hatena::ブログ(Diary)

はけの徒然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 05 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2015 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |
2018 | 02 |

2005-05-31(Tue)

動画配信 - インターネットの夜明け[前編]

ザウルスネタではありませんが……

「ニッポンの挑戦 インターネットの夜明け」

http://yoake.yahoo.co.jp/


伊藤さんのところ経由で知りました。

こういうの好きなんで思わず見入ってしまいました(^^ ARPANETとかJUNETとか名前しか知らない言葉が出てきて非常に勉強になります。よくよく考えればこれが動画配信で見られることってスゴイことなんですよね。

石田晴久さんと村井純さんのお姿も初めて拝見しました。

ブラウザ間のブックマークの移行と同期

5月11日の日記テキストブラウザw3mを導入しましたけど操作に慣れてきたので少し本格的に使用してみようと思いました。個人的にはタブによるページ切替の操作を覚えたことで、かなり使い勝手が良くなったと思います。

で、本格使用に際して問題となるのがブックマークなんですよね。いままで育ててきたOperaブックマークをそのまま移行できないかと考えてみたところ、w3mブックマークファイルは普通のhtmlファイルなのでNetscapeとかで使用しているブックマークがそのまま使用できそうです。そう思って見つけたのがWindows PC上で動作する以下のソフトです。


ブックマーク同期・変換ツールBookSync - Tatsu's room on the Web

http://homepage3.nifty.com/Tatsu_syo/index.html



このソフトは本来Windows PC上のNetscape 4/6,7・Netscape 8Mozilla/Mozilla FirefoxOpera 6-8のブックマークファイルIEのお気に入りを相互に変換・同期させるものですが、ザウルスの各ブラウザ間のブックマークデータでも変換可能です。ちょっと実験してみましたがIEのお気に入りデータの変わりにザウルスNetFrontのBookmark_Files以下のデータがそのまま使用可能なので、NetFrontOperaブックマークファイルの同期や一方からもう一方へのブックマークデータの作成なんてこともできちゃいます。


今回はOperaブックマークw3m(Netscape)とNetFrontブックマークデータの作成です。NetFrontの方はオマケでできちゃいました。手順は以下のとおり、詳細はヘルプを参照してください。ザウルス上でのファイルコピーはTree!Explorer QTが便利だと思います。

これで、c:\work\bookmark.htmlというファイルが作成されるので、ザウルスw3mブックマークファイル(/home/zaurus/.w3m-m17n/bookmark.html)と置き換えればOKです。なお、このファイルは文字コードがShift-JISなのでw3m上で新規にブックマークを追加させる可能性がある場合はZEditorなど使用してeuc-JPに変換しておかないと追加した項目が文字化けします。追加項目はブックマークの末尾に追加されました。


ちなみに上記の操作でC:\work\Bookmark_Files以下にIE(NetFront)用のブックマークデータが作成されるのでザウルスの/home/zaurus/Documents/Web_Files/Bookmark_Files以下にコピーすればそのまま使用可能です。

また、NetFrontのデータからOperaw3m(Netscape)のブックマークを作成したい場合には、opera6.adrやbookmark.html存在しない状態でC:\work\Bookmark_Files以下にNetFrontブックマークデータをコピーしてきて、[シンクロナイズ]ボタンを押すと作成できます。もちろん各ブラウザのデータが存在する状態で[シンクロナイズ]ボタンを押すと各データの同期になります。

2005-05-30(Mon)

保護シート購入、しかし……

あちこちで良く目にする“OverLay Brilliant”を東京へ行った知人に頼んで購入してきてもらいました。最近ザウルスでの手書きメモの頻度が上がってきたので、そろそろ必要かなぁと思っていたんですよね。

このテのものをつけるのはハジメテなのでドキドキしながら貼り付けたわけですが、中に空気が入って上手く張り付けできません、で、一旦剥がして再度トライなんてことをしていたらホコリがついて悲惨なことに……orz


値段が千円ちょいだけとはいえ、かなりショックです。一応もう一枚予備があるけれど、すぐに再トライする勇気がでないなぁ。なんか貼り付けにコツがあるのでしょうかね?

「洗って乾かせば何度でも使用可能」って絶対ウソだと思う(笑

MTcalcu - 基数変換機能付き電卓

G9さんのところ経由で存在を知りました。


TORITORITORI

http://www.geocities.jp/toritoritori/index.html

からVer1.2.0をインストールしました。


ザウルスでの計算は関数機能はあまり使用しないけど、10進と16進の変換だけは使うことがあるので、こういうシンプル電卓ソフトは使い勝手が良くて便利です。


面白いのはバックグラウンド実行機能です、操作マニュアルではMTcalcuを起動した状態でって書いてありますけど、高速起動ONにしてメモリに常駐させれば起動していなくても機能しますね。例えばZEditorなんかで

mtcalcu 3*(2+2)=

と書いてコピーペーストすれば計算結果の12が貼り付けられます。


キーで計算させる場合に右手側だけで単純な四則計算ができるようにキーを置き換えてみました。

[Launch2_mtcalcu]
O = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click 6"
I = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click 5"
U = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click 4"
K = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click 3"
J = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click 2"
H = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click 1"
M = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click *"
L = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click -"
P = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click +"
Q = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click U"
R = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click H"
Tab = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click P"
  • H−K,U−O:1〜6
  • M:乗算記号
  • L:減算記号
  • P:加算記号
  • Q:MC
  • R:MR
  • TAB:M+

Masaki@ざうるるMasaki@ざうるる 2005/05/30 13:15 はけさん、はじめまして。

洗って埃が着かないように拭かずに水きりすると綺麗に貼り直せますよ♪。私は2度ほど貼り直してます(^^;。。。

hakehake 2005/05/30 18:12 Masakiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
あー、やっぱり貼り直しできるんですね、上で書いたシートはあまりのヒサンな状態で捨てちゃいました(^^;
次は失敗してもリトライ頑張ります。

2005-05-29(Sun)

デザイン変更

気分転換にページのデザインを変更してみました。整形済みテキストブロックの一行の文字数が減ってしまいましたが、色の組合せとしてはこちらの方が文が読みやすいかな。

と思ったら、ザウルスのNetFrontだとデザインが崩れますね何でだろ?

ま、いいか。

2005-05-28(Sat)

落としたっ

ついにやってしまいました、ザウルスの落下試験

ケーブルに足をひっかけて机の上から落としてしまいました、しかもアプリインストール中に。その高低差1メートルと少し


その瞬間さすがに顔が青くなりましたよ。

落としたはずみで閉じた蓋を恐る恐るあけて、電源ONするとインストールを継続。その後も機能に問題がなさそうで、ホッとしました。ザウルスって意外に頑丈なのね。

ザウルスの日本語入力について

あちこちのブログとか拝見させてもらっているとザウルス日本語入力手段として標準のもの以外ではQPOBoxを使用されている方が多いみたいで、私のようなIMKit-Anthyを使用されている方の記事は殆どみませんね。いまいちマイナーなんでしょうか。


標準の日本語入力がOperaで使用できないということが判った時点で、他の入力手段を探したところ、QPOBoxとIMKit-Anthyが見つかったわけで両方を試してみました。

QPOBoxの利点としては

  • 動作が軽い
  • スペルを全部打たなくても候補を確定できる

ということにあると思います。一方、IMK-it-Anthyでは

  • 動作がちょっと重い
  • 単語をフルスペルで入力する必要がある
  • 単語登録を行うには多少なりともLinuxの知識が必要

といった具合です。

では、なんでQPOBoxを使用しないかというと、初期状態での収録単語数の差もありますが、変換のさせ方が私には合わなかったというのが大きな理由になります。

例えば“今日は海へ行った”という文を入力する場合を考えると、QPOBoxでは、


“今日|は|海|へ|行った”


というタイミングで変換操作が必要になりますが、IMKit-Anthyでは


“今日は海へ行った”


一括で変換が可能です、そこまででなくても


“今日は|海へ|行った”


という操作で変換が可能です。これは私がPC日本語入力している変換タイミングと同じでできるということなんですよね。また変換が上手くいかない場合もPCと同様に[Shift]+左右矢印キーで変換範囲を調節することができます。

個人的な慣れの問題が大きいかと思いますが、ある程度長文をザウルスで入力する場合にはこの差が非常に大きな負担となってきます。今日も試しにQPOBoxを入れてみて入力してみたのですが、上の文の例だとうっかり“kyouha”まで入力して“今日”が出てこないことに気がついて"ha”を削除してから確定という操作を頻繁に行うことになって、本質である文章の作成に集中できなくなるわけで、ストレスが溜まるんですよね。

そんなわけで、私のようにPCでの変換と同じ感覚で入力をさせたい人や、長文を一括で変換させるクセがついている人で、標準以外の日本語入力手段を探している方には、一度お試しいただきたいと思います。




Walrus,Visit - Linuxザウルス開発メモ/IMKit-uim

http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?Linux%a5%b6%a5%a6%a5%eb%a5%b9%b3%ab%c8%af%a5%e1%a5%e2%2fIMKit%2duim#i7

から

  • imkit-anthy_0.4.5-1_arm.ipk
  • libimkit-qpe15_0.4.5-1_arm.ipk
  • anthy_5209-1_arm.ipk

インストールして再起動をすると、画面左下の日本語入力メニューからAnthyが選択可能になります。

実際には使い勝手を良くするための環境設定を若干行っています、その辺は過去日記に書いてありますので左側のメニュー中の[im]カテゴリで読んでいただければと思います。

サムサム 2005/05/30 17:39 私も長文入力派なのでQPOBOXにどうしてもなじめませんでした。
なのではけさんと同じくAnthyをいれたり。
最終的にはザウルス標準入力で学習機能オフで使ってます。
http://ochan4.blog.ocn.ne.jp/blog/2005/01/post_5.html

hakehake 2005/05/30 18:13 サムさんこんにちは。
標準の日本語入力って妙な学習さえなければ、結構賢いんですよね。私もOperaでの入力さえ出来れば多分使い続けてたんだろうなぁ。

2005-05-26(Thu)

IQNotes アップデート

二日続けての話題になってしまいますが、IQNotesがVer2.0.3j.3になりました。

今回のアップデートで個人的な実用度がかなりアップしました。

変更点


手書きメモ(Sketch)の簡易作成機能を要望としてあげさせてもらったところ、早速対応してくださいました、サム様どうもありがとうございます。PNG出力機能と併せて、昨日不満点にあげた外部との連携がかなり行いやすくなりました。


また同じく不満点として挙げた外部ファイルリンクも、外部アプリケーションの実行機能で解消です。qcop QPE/System 'execute(QString,QString)' で実現しているそうなので大抵のファイルを関連アプリで起動することが可能になると思います。

個人的にはHDD内に保存しているhtmlファイルOperaで起動、PortaBaseで管理している特定のデータベースを起動なんていう使用方法がメインになりそうですね。


とりあえず外部アプリ起動を行いやすくKeyHelperに登録

[Launch_iqnotes]
F = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click F11" "click Up" "click Up" "click Up" "click Enter" "wait 500" "click Enter"

余談ですが外部アプリ実行機能で、5月14日の日記に書いたヤフーニュースの自動取得や、5月18日の日記メール自動送受信のスクリプトの実行もできました(要アイコン登録)

多分、内部的のデータ処理のスクリプトの実行もできると思うので、他のアプリとの一段と深い連携なんていうのも可能になりそうです。

2005-05-25(Wed)

IQNotesを試す

サムさんのサイトでIQNotesが公開されましたので遅ればせながら試してみました。


通勤電車で地下探検Limited

http://ochan4.blog.ocn.ne.jp/blog/2005/05/iqnotesver203j2_696d.html


今回ダウンロードしたバージョンはIQNotesVer2.0.3j.2です。同じようなソフトとして現在EBtを使用していますが、それを踏まえて個人的に良い点不満点を挙げてみました。(本来比較するべきものではないのかもしれません。あくまでも私個人の使用方法でということです)

良い点

  • データの暗号化ができる(これがポイント高です)
  • ツリー型のデータ作成がシンプル
  • ノートメモ)のコピーや移動が直感的で分かり易い
  • データ構造がxmlファイル1個にまとまっているので、データの加工や他のアプリによる再利用が行いやすい
  • タスクやイベント機能で進捗の管理が行いやすい

不満点

  • 高速起動が使えない
  • Sketch(手書き)データもxmlファイルに取り込まれているので外部との連携ができない
  • 動画データ等の外部ファイルへのリンクができない
  • ごみ箱がない

総合的に考えるとテキスト入力主体でメモも管理を行う場合にはIQNotesがシンプルで良い気がします、しかし私が良く使用する手書きメモの作成と管理についてはEBt+InkWpの方が優れていて、個人的にはどちらも一長一短といった感じで非常に微妙なところです。要望だしてみようかなー


実験として高速起動オプションを追加させてみましたが、その場合にはデータファイル選択画面や“自動的にデータファイルを読む”機能が使用できないのですね。これらの同等の機能を実現させるスクリプトを作成して試しましたが、高速起動なしのオリジナルと速度があまり変わらなかったです、残念。

2005-05-23(Mon)

yahoonewsTTR 0.8.0公開

yahoonewsTTR (http://zaurus.gozaru.jp/)がアップデートされました。

昨日の日記で取得記事数を増やす細工をしましたけれども本体側で100件まで取得できるようになりました、やっぱり大量に記事が取得できるのは良いです。

変更箇所は以下

  • 取得記事数を100件まで取得できるように修正。
  • 日付を指定して記事を取得できるようにした。
  • 前回の保存方法を記憶して読み出せるように修正。
  • 階層指定文字を任意に変えれるように修正。
  • ネットワークの自動接続、自動切断に対応。
  • 地域カテゴリーを個別設定で取得できるように修正。

個人的にポイント高いのはネットの自動切断機能です、スクリプトで指定時刻に自動取得させていると取得記事数が多い場合にどのくらいの時間だけネット接続させて良いのかが決めにくかったのですが、そのような心配がなくなりました。



使用してみて一点問題点が、データの保存場所には本体を指定しているのですが、yahoonewsTTRを起動させる度にSDカードが選択された状態になってしまいます。とりあえずソースの133行目の次に1行追加して強制的に本体にするよう変更(rubyの文法として正しいかは全く自信無しです)

	load(@yhpathset + "yhttr.xml")
	@m1.setCurrentItem(1)		←追加

あと、529行目付近のgetyahoourl部分をいじると100件以上の記事取得もできそうですね。

作者作者 2005/05/23 23:20 通りすがりの作者です。

確かにSDカードに戻ってしまいますね。
Ver0.8.1で修正しました。情報ありがとうございます。

hakehake 2005/05/24 08:19 うわぁ、作者さまにご覧いただけるとはビックリです(^^;
早速修正していただいてありがとうございました。

2005-05-22(Sun)

書き込めない!!

最近アプリケーションから本体ディスクに書き込みができない状態が2〜3日に1回くらいの割合で発生しています。直接的には/hdd3がリードオンリーでマウントされているのが原因なんだけど、根本的な原因が不明で困っています。最初は再起動バックアップ時のタイミングマウント状態が変化するのかと思ったけれども、どうもそうではないようです。

とりあえず下記のスクリプトを5分間隔で実行させることで/hdd3のマウントの状態を監視、タスクバーに表示させるようにして、リードオンリーになっていたら、手動でリマウント再起動させていますが原因が判らないと気持ち悪いなー

#!/bin/sh

i=`/bin/mount | /bin/grep -e "/hdd3.*ro"`
if [ "$i" ]
then
   qcop QPE/TaskBar 'message(QString)' "!!!Mount RO!!!" 2>/dev/null 
fi
#!/bin/sh

/usr/bin/sudo /bin/umount /hdd3
sleep 2
/usr/bin/sudo /bin/mount -t vfat -o noatime,quiet,umask=000,iocharset=utf8 /dev/hda3 /hdd3

yahoonewsTTR - カテゴリの取得記事数を増やす

先日紹介させていただいたyahoonewsTTR (http://zaurus.gozaru.jp/)が結構気に入っていて、利用させていただいています。私の場合は朝に記事を取得して、後でオフラインで読むという使い方をしています。で、不満なのが各カテゴリの取得記事数が最大25件なんですよね、個人的にはもっと多くに記事を取得したいです。最初は何故25件に制限しているのかわからなかったのですが、ヤフー側で1ページに25件しか表示していないのですね、で、それより古い記事は別のページにあると。


なので、ソースを少しいじらせてもらって数ページ分の記事を取得するようにしてみました、ちなみに現在の使用バージョンは 0.7.0です。

例えばスポーツの場合は/home/QtPalmtop/bin/yahoonewsTTR.rbの360行目付近の

if @c1.isChecked then
	@e1.setText(QString::fromUtf8("スポーツ記事一覧取得開始"))
	getyahoourl('http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=spo&t=l','spo','off')
	yahoodat('spo')
end

if @c1.isChecked then
	@e1.setText(QString::fromUtf8("スポーツ記事一覧取得開始"))
	getyahoourl('http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=spo&t=l','spo','off')
	yahoodat('spo')
	getyahoourl('http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=spo&t=l&p=1','spo','off') ←2ページ目
	yahoodat('spo')
	getyahoourl('http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=spo&t=l&p=2','spo','off') ←3ページ目
	yahoodat('spo')
end

といった具合にコピペ、修正しました。他のカテゴリも同様です。

記事を取得したあとTTextReaderで閲覧するとスポーツのカテゴリが3つ作成されていて、各々に25件の記事が閲覧できるようになります。ニュース存在しないページは空のカテゴリが作成されるようですが閲覧に支障はないですね。


とりあえず問題なさそうなので、これで暫く使ってみたいと思います。



余談ですが、天気予報を取得してTTextReaderで閲覧しようとすると上手く表示されない場合があります、他の記事を見て再度天気を閲覧という操作を繰り返すとみることができるようになるのですが、なんでだろ?

2005-05-18(Wed)

cron_inet.rb - 自動実行時刻の詳細設定

指定時刻に特定の操作をさせたい手段として、QTラムーチョやautomailなどのアプリケーションがありますが、基本的に設定できる内容は指定時刻に実行あるいは定期間隔で実行というものでした、特定の時間帯あるいは曜日に実行したいなど、もっと複雑な時刻設定が可能なものがないか探したところcron_inetというRubyスクリプトを発見したので実験してみました。


NABE Hiki - SL-C700.cron_inet.rb

http://sun.dhis.portside.net/~sakira/wiki/hiki.cgi?SL-C700.cron_inet.rb


インストールパッケージは下記からcroninet_1.6d.0.81-1_arm.ipkをダウンロードします。


NABE Hiki - SL-C700.CronInet

http://sun.dhis.portside.net/~sakira/wiki/hiki.cgi?SL-C700.CronInet


Rubyスクリプトなので別途Rubyインストールする必要があります。

インストールするとCronInetというアイコンが作られますが、今回はこれは使用しません。したがってインストールパッケージからcron_inet.rbとcrontab.rbだけ取り出して持ってきても良いかもしれません。ちなみにアイコンクリックしてみたのですが、何故か起動しませんでした(Ruby/QteはインストールRubyのパーミッション修正済み)



実行させるスクリプトの登録は/home/root/.cron_inetrcに記述します。

 $cron_online = <<CronOnline
 * * * * * user {path}/command       ---(*)
 CronOnline

 $cron_offline = <<CronOffline
 * * * * * user {path}/command       ---(*)
 CronOffline

 $cron_suspend = <<CronSuspend
 * * * * * user {path}/command       ---(*)
 CronSuspend

“$cron_online”“$cron_offline”“$cron_suspend”はそれぞれネット接続時、電源ON(ネット未接続)、電源OFF(サスペンド)時という条件で(*)部分に実際に実行させたい時刻、コマンドを記述することになります。

/QtPalmtop/bin/automailというスクリプトを実行させたい場合は

 */20 * * * * zaurus /QtPalmtop/bin/automail
  毎時20分毎に実行
 5 4 * * sun zaurus /QtPalmtop/bin/automail
  日曜の4時5分に実行
 5,35 9-18 18 5 * zaurus /QtPalmtop/bin/automail
  5月18日の9-18時に毎時5分と35分に実行

となります、詳しい設定方法は末尾のManpage of CRONTABを参照です。

inet_cron.rbの実行と停止は

$ su
# cron_inet.rb 2>/dev/null &  ------- 実行
# killall cron_inet.rb        ------- 停止

となります。




cron_inet.rbはネット接続して何かをさせることを前提にしているので、$cron_offlineや$cron_suspendに登録した内容は実行の前後で自動にネット接続と切断が行われます。自分の場合、データのバックアップネットに関係ないことも行わせたいので自動ネット接続/切断を行わないようにしてみました。変更箇所はcron_inet.rbの620行目付近のINetConnectクラスの定義部分で

  class INetConnect
(中略)
    def card_exist?
      if (/function: [26] / =~ `#{$card_ident}`) then
	true
      else
	false
      end
    end

    def alive?
      if (/^0\.0\.0\.0\s+([^\s]+)\s/ =~ `/sbin/route -n| /bin/grep "^0.0.0.0"`) then
	if (@host_to_check == nil) then
	  ip = $1
	else
	  ip = @host_to_check
	end

	ping_str = `ping -c 3 #{ip}`
	if (/time=/ =~ ping_str) then
	  return true
	end
      end
      false
    end

  class INetConnect
(中略)
    def card_exist?
	true
    end

    def alive?
      true
    end

に書き換えました。ちょっと試したところ上手く動いているみたいなので良いと思います(多分) なおこの修正でスクリプトネット接続しているか確認にいくと常に接続していると認識するため、電源ON時の登録は“$cron_online”に記述することになります。また、当然ですがネット接続/切断させたい場合は登録させる各スクリプト側でその操作を記述する必要が生じます。

(追加)

975行目の以下をコメントアウトしないと、ネット接続しないスクリプトを電源OFF時に実行させると、すぐにサスペンドしてしまう。

	    @qcop.call($suspend)



テストとして電源OFFしている場合に20分毎にメールの送受信を行わせてみました。

実行スクリプト/home/QtPalmtop/bin/mail_sr.sh、これはautomailで使用しているメール送受スクリプトでも良いでしょう。

#!/bin/sh
export LD_LIBRARY_PATH=/home/QtPalmtop/lib
export QPEDIR=/home/QtPalmtop
export QPEGROUP=qpe
export QPEUSER=zaurus
export QTDIR=/home/QtPalmtop


# connect Network    ----- オリジナルのcron_inet.rb使用時この部分不要
while [ -z `/sbin/ifconfig | grep -e "^[^lo].*Link"`]
do
  ${QPEDIR}/bin/qcop QPE/Network 'connectRequest()'
  sleep 1
  ${QPEDIR}/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click Escape"
  sleep 20
done

# execute QTmail & Send/Receive & Quit
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/System 'execute(QString,QString)' qtmail
sleep 15
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/Application/qtmail 'sendrecv(QString)'
sleep 5
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/Application/qtmail 'quit()'
sleep 5

# disconnect Network    ----- オリジナルのcron_inet.rb使用時これ以下不要
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/Network 'stop()'
sleep 5
# suspend               ----- ザウルスのオートパワーオフ機能で代用可
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/Application/suspend 'raise()'

/home/root/.cron_inetrcに記述する内容は

 $cron_suspend = <<CronSuspend
 */20 * * * * zaurus /home/QtPalmtop/bin/mail_sr.sh
 CronSuspend

となります。



参考サイト

Manpage of CRONTAB

http://www.linux.or.jp/JM/html/cron/man5/crontab.5.html#lbAD

ruby入手先 (ruby_1.8.0-1_arm.ipk)

http://sourceforge.jp/projects/zaurus-ja/files/?release_id=5690#5690

セキュリティー対策って

なんか暫く見ないうちに価格コムがエライことになってますなー。先週末にアクセスした記憶があるので一応PCウィルスチェックを実施。まめにセキュリティパッチをあてているので問題はなかったみたいです。

そういえばPDAウィルスや対策ソフトってあるのでしょうかね? PCと比較してシェアが小さいので問題ないのでしょうか。ザウルスの場合は怪しいパッケージインストールしないのは当然として不要なポートに開放はしない、sambaを起動したまま野良電波を拾わないなんていう運用上の注意くらいなのかな。

2005-05-14(Sat)

yahoonewsTTR - ヤフーニュースの取得

すでにいろいろなところで紹介されていますが、ヤフーニュースデータを取得してTTextReader用の階層つきテキスト形式で出力するソフトです。


yahoonewsTTR

http://zaurus.gozaru.jp/


実際使用してみると良いですねこのソフト、以前紹介したDmBlogger等ではニュースの概要しか取得しませんでしたが、このソフトは記事を丸ごと取得してくれます、おまけに画像付きというのがポイント高いです。また各地の天気予報やトピックスなどの取得も簡単に追加できますね。

予め多めの件数を取得しておいて暇なときにオフライン環境で読むという使い方なんていうのが良いかも。


取得したデータは、本体/CF/SDカードのImage_Filesフォルダに置かれるようです、私の場合はImage_Filesフォルダに置かれるとマズイのでYahoo_Filesというフォルダを作成して、そこに置くようにしました。その設定変更の際に気がつきましたが、設定変更をしても一回データの取得を行わないと変更内容が保存されないみたいなので注意が必要です。

TText Readerを単体で使用する場合はデフォルトだと文字化けするので、[menu]→オプションで文字コードをeucJPにする必要があります。



ネット接続〜取得〜ネット切断を自動で行うスクリプト

#!/bin/sh
export LD_LIBRARY_PATH=/home/QtPalmtop/lib
export QPEDIR=/home/QtPalmtop
export QPEGROUP=qpe
export QPEUSER=zaurus
export QTDIR=/home/QtPalmtop

while [ -z `/sbin/ifconfig | grep -e "^[^lo].*Link"`]
do
  echo QPE/Network 'connectRequest()' > /var/spool/inputhelper/qcop
  sleep 1
  ${QPEDIR}/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click Escape"
  sleep 20
done

${QPEDIR}/bin/qcop QPE/System 'execute(QString,QString)' yahoonewsTTR.rb
sleep 20
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click G+CTRL"

sleep 600(データ取得時間により適宜修正)

${QPEDIR}/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click S+CTRL"
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/Network 'stop()'

このスクリプトをautomailに登録、あるいは「ホーム画面設定」でアイコン登録(VGA最適化のチェック外す)後にQTアラムーチョに登録すれば指定時間に自動実行が可能になります。(要InputHelper)

関連HP:

automail

http://mmo-zaurus.hp.infoseek.co.jp/automail/automail.html

QTアラムーチョ

http://www.hadeco.co.jp/r&d/sl/alamucho/alamucho.htm

kimicooldadkimicooldad 2005/05/14 22:50 hakeさん、こんばんは。しばらく前から話題になっていますが、なんか良さそうですね。私はPHSデータ通信とか持っていないので、自宅で取り込んでおいて、オフライン閲覧する用途を考えていますのでピッタリかも。画像付きで取り込むということは、取り込み時間って長くなるのでしょうね。選択するニュースジャンル数によるでしょうが、取り込み時間は例えば10〜20分くらいでしょうか?

hakehake 2005/05/14 23:17 kimicooldadさん、今晩は。画像といっても大きいものではないのでその分の時間は気にならないと思います。自宅の無線LANで取得しましたけど、カテゴリ7個(各25件取得)+天気予報2地域で5分程度というところでした。もっともネットの混み具合で多少の変動は出ると思いますが。

kimicooldadkimicooldad 2005/05/14 23:56 了解しました。Yahooの天気予報は好きでずっと利用していましたが、Yahooニュースは利用していません。このソフトを機会にYahooニュースもトライしてみようかなと(笑)。5分程度なら(仮に10分前後でも)気になりませんね。情報、どうも有難うございました。

2005-05-13(Fri)

InputHelper Applet - ローレベルキーイベント

InputHelperのローレベルキーイベントについて実験してみました。

ところで、ローレベルってlow levelで良いのでしょうかね?


keyhelper.confにて

[Launch2]
X = @text(TAB)abcd
Y = @text(TAB)efgh
Z = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click x" "click y"

と定義した場合、エディタなどを開いて各キーを押すと

  • [X]キーを押した場合、“abcd”の書き込み
  • [Y]キーを押した場合、“efgh”の書き込み
  • [Z]キーを押した場合、“xy”の書き込み

が行われます。

ちなみに[Launch2]セクションはkeyhelper.xmlにて

	<extensions>
		<define key="All" kind="launch2"/>
	</extensions>

と定義している、ランチャー起動キーを使用しない1キー起動の定義を記述するセクションです。


ここで、[Z]キーの定義を

Z = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "click x 0 1" "click y 0 1"

と変更してみます。

この状態で[Z]キーを押してみると、先ほどの“xy”ではなく、“abcdefgh”と書き込まれます。つまり[Z]キーが押されたことで[X]キーと[Y]キーを押されるキーイベントが発生して、更に[X]キーと[Y]キーに定義された機能(この場合は“abcd”と“efgh”の書き込み)が起動しているわけです。ここでポイントは“Z=”の行で記述されている“x”と“y"が小文字ということです。




次にkeyhepker.confにて

[Launch]
I = Applications/netfront3

定義しているとします。自分の場合、ランチャー起動キー(User1)を[Address](F10)キーにしているので、[Address]+[I]でNetfrontが起動することになります。このキーを押して起動する手順を書くと

  1. [Address](F10)キーを押す
  2. [I]キーを押して離す
  3. [Address](F10)キーを離す

という手順になります、これをローレベルイベントを用いて[Z]キーに定義してみます。

[Launch2]
Z = @qcop(TAB)QPE/InputHelper key(QString) "press F10 0 1" "click i 0 1" "release F10 0 1"

この状態で[Z]キーを押してみると、[Address]+[I]キーを押したことと等価になり、Netfrontが起動します。



この機能について活用の用途がイマイチ思いつきませんが、このような機能があるということでメモメモ

2005-05-11(Wed)

w3m - テキストベースブラウザ

私家版携帯端末考さんのページでw3mに興味を持ったのでインストールしてみました。


私家版携帯端末考 - w3mで吊革ネットサーフィン

http://www.geocities.jp/howtomobile/linuxzau/slc700_w3m.html


インストールするファイルyや方法については上記サイトに詳しく書かれているので、説明に従ってインストールします。qpe-embeddedkonsoleは日本語入力にIMkit-Anthyを使用しているのでワイドパッケージインストールしました。このコンソールは[Fn]+[Q]を押して出るメニューでカラーフォントの選択が可能です。通常のターミナルでの操作時はバックが黒、文字は白を選択しているのですが、今回は逆でバックが白、文字が黒を選んだ方がが良いみたいですね。フォントは小さい程一覧性が良くなるので見難くならない程度に小さなものを選択します、今回はlcfont mediumを選択しました。


ネットに接続した状態で起動してみます。

$ w3m http://d.hatena.ne.jp/hake/

ちゃんと表示しますね。一旦[Shift]+[Q]で終了ます。w3mは、/home/zaurus/.w3m-m17n/というディレクトリに設定ファイル等を置きますがSL-C3000ではこの領域の容量が少ないので本体ディスク上に移動させてリンクを張ります。

$ mv .w3m-m17n ./Documents/
$ ln -s ./Documents/.w3m-m17n .w3m-m17n

使用してみた感想は思ったよりも良いです。テキストベースなので画像は表示しませんしCSS等にも対応していませんが、その他についてはしっかりとレイアウトを保って表示してくれていますね。幾つかのニュースサイトはてなのページ、掲示板などをまわってみましたが閲覧に支障があるということはありませんでした。あ、あと検索エンジンの日本語検索も問題なしです。画面上でのカーソル移動によるリンク選択が自由に出来る分、テキストベースのページに限っては普段使用しているOperaよりも快適かもしれません(笑)


標準のままですとキーアサインが使いづらいので上記ページを参考にkeymapをOperaライクにちょっと修正

  • a : 次のリンク文字列へ(NEXT_LINK)
  • q : 前のリンク文字列へ(PREV_LINK)
  • z : 前のURLへ(BACK)

あとは

  • [Cancel]+[a] : ブックマーク追加
  • [Cancel]+[b] : ブックマーク表示
  • R : 再読み込み
  • Q : 終了
  • g : ページ先頭へ
  • G : ページ最後へ
  • [Fn]+[↑][↓] : ページスクロール

あたりを覚えれば、とりあえず操作に支障ないかな?


起動は通常はURLをつけて起動しますが、いちいちURLを入力するのが面倒なので

$ w3m .w3m-m17n/bookmark.html

として、これをエイリアスに登録して起動させた方が便利かもしれません。ブックマークファイルは普通のhtmlファイルなので別に編集して追加することも可能です。


あと

$ w3m .(ピリオド)

で起動するとディレクトリツリーが表示されるので内部のhtmlファイルを閲覧する場合はこちらが便利です。


通常のネットのブラウズには画像や機能の面でOperaNetFrontに劣るかもしれませんが、テキストベースで明らかに動作が軽いので3月17日の日記で書いたように丸ごと取得してきてHDDに置いたhtmlのドキュメントや小説を読むような用途にはw3mを使用したほうが良いかもしれません。

通りすがり通りすがり 2005/05/12 11:44 $ w3m .w3m-m17n/bookmark.htmlの部分は、
w3m -Bのほうがスマートかな、と。
キーボードショートカットや起動時に使える引数の説明は、w3m実行中に”H”で表示されますので、操作に迷った場合はそこをみるといいです。

hakehake 2005/05/12 19:42 ご指摘ありがとうございます。やっぱ機能としてあるんですねー、マニュアルはちゃんと見ねば(^^;

2005-05-10(Tue)

Linuxってこと

今日は書店で、ISBN:4774122610というシェルスクリプトの本を買ってきました。

元々HP200LXを使用していてMS-DOSの知識があったので、ネット上のLinux情報を拾い集めてなんとかやってきましたけれども、やっぱちゃんとした本も一冊くらいあったほうが良いと思って購入しました。ザウルスの中のスクリプトファイルを読んでも良くわからない部分もありましたしね。


Linuxを本格的?に使い始めたのはこのSL-C3000が初めてなのですが、使って感じたのはシェルスクリプトってすごいなぁということです。はっきりいってC言語だのJAVAだのを使いこなせるスキルは全くない自分にもシェルスクリプトコマンドを組み合わせることで、ある程度の機能が実現できてしまうのですからオドロキです。作ったシェルスクリプトが思い通りに動いたら結構嬉しかったりします(笑)

もっともこれもいろいろなツールを公開してくださっている作者の方々がいてこそなのですけれどもね、これがLinuxのすばらしさということでしょうか。

2005-05-09(Mon)

スペシャルカーネル v18a

りなざうテクノウさん経由で、スペカのv18aが公開されているのを知りました、早速導入。

今回は

「NWFPEの新しいコードを適用したことで浮動小数点演算が約10%高速化されました。」

とのことなので、ZBenchで計測してみました、以下は3回計測の平均です。

v17i 
The average with 3 times.
[    Integer     ] time is  5.246 sec
[ Floating point ] time is  7.604 sec
[   Draw Text    ] time is 14.615 sec
[  Draw Graphic  ] time is 12.742 sec

v18a
The average with 3 times.
[    Integer     ] time is  5.226 sec
[ Floating point ] time is  6.867 sec
[   Draw Text    ] time is 14.379 sec
[  Draw Graphic  ] time is 11.449 sec

確かに[ Floating point ]で10%ほど速くなっています、すごいすごい!

おまけでグラフィックの描画もすこし速くなっていますね。


参考HP

Hack on the Linux

http://tetsu.homelinux.org/zaurus/

ネット接続失敗時の自動リトライ

4月19日の日記でスペカ導入したらネット接続に失敗する割合が減ったと書きましたが、最近また調子が悪くなってきました。確率としては一発で接続成功する方が少ないくらいです。有線LANやダイアルアップ接続ではこんなことないので、やっぱ無線LANカードに問題があるんだろうか?


マニュアルで接続する場合は接続操作をやりなおせば良いわけなのであまり気にしませんが、昨日の日記の例のように寝ている間に自動で実行させたい場合に差し障りがあるので、対応を考えました。

通常ではスクリプト内のネット接続の記述は

echo QPE/Network 'connectRequest()' > /var/spool/inputhelper/qcop
sleep 1
/home/QtPalmtop/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click Escape"

としています、ちなみにInputHelperで[Cancel](Escape)を押しているのは画面右下に表示される接続ダイアログ表示を消すためです。これをネット接続が確立するまで繰り返すようにさせたいと思います。

ネット接続が成功しているかいないかを知る情報が何かないかと調べたところ、ifconfigの出力が使えそうです。ネット接続していない場合はifconfigの出力は、lo (loopback)のみになりますが、例えば無線LANネット接続している場合はwlan0が追加されます。これを利用して

while [ -z `/sbin/ifconfig | grep -e "^[^lo].*Link"`]
do
  echo QPE/Network 'connectRequest()' > /var/spool/inputhelper/qcop
  sleep 1
  /home/QtPalmtop/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click Escape"
  sleep 20
done

としました。while文のループ条件は、ifconfigの出力中に「行頭が“lo”でなく、かつ、“Link”を含む行」が存在しない場合という意味です。grepで使用している正規表現が正しいかはイマイチ自信がありませんが、うまく動いているっぽいので良しとしましょう。

sleep 20は毎回のネット接続失敗が確定するまでの待ち時間20秒です。

2005-05-08(Sun)

DmBlogger - RSSの取得

cooldadさんのモバ日記id:kimicooldad)の4月の日記を拝見してDmBloggerというものに興味を持ち試してみました。RSSって一体何?状態だったのですが、ブログニュースサイトのトピックを拾ってくるソフトという認識で良いのかな?


DmBlogger

http://wiki.digitalmorning.net/?DmBlogger


から必要なソフト(複数)をインストール。取得されたファイルは/home/zaurus/.dmblogger/以下に置かれますがSL-C3000はこのエリアの容量が少ないので、これを/home/zaurus/Documents/.dmbloggerへ移動させて、本来の位置にリンクを置きました。

$ mv .dmblogger ./Documents/
$ ln -s ./Documents/.dmblogger .dmblogger

RSSサイトを幾つか設定して取得してみたところいずれも失敗、???状態だったのですがザウルス再起動させないとダメみたいですね。再起動後の取得は成功しました。


記事の詳細画面でNetFrontで開く機能がありますが、普段Operaを使用しているのでOperaを起動させるようにソースを変更しました。/home/QtPalmtop/bin/dmblogger/gui/berryrssdescviewwidget.rbの52行目のsystem関数?の中のnetfront3をoperaに変更でOKでした。メニューも修正したい場合はこのファイルの冒頭の記述を修正すれば良いと思います。


取得先が複数ある場合は時間がかかるかも知れないので

#!/bin/sh
export LD_LIBRARY_PATH=/home/QtPalmtop/lib
export QPEDIR=/home/QtPalmtop
export QPEGROUP=qpe
export QPEUSER=zaurus
export QTDIR=/home/QtPalmtop

echo QPE/Network 'connectRequest()' > /var/spool/inputhelper/qcop
sleep 1
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click Escape"
sleep 20

${QPEDIR}/bin/qcop QPE/System 'execute(QString,QString)' dmblogger.rb
sleep 20
${QPEDIR}/bin/qcop QPE/InputHelper 'key(QString)' "click A+CTRL"

sleep 60(必要に応じて適宜時間を調整)

${QPEDIR}/bin/qcop QPE/Network 'stop()'

のようなスクリプトを作成して、早朝の時間などに自動実行させれば良いかもしれませんね。


参考HP

RSSサイト

http://www.work-at.co.jp/rabbit/rss.html

kimicooldadkimicooldad 2005/05/08 22:02 hakeさんこんばんは、cooldadです。トラバありがとうございます。最近はRQRに一生懸命で(笑)、DmBloggerを使っていませんねー>私。Operaに変更されたんですね。hakeさんの活用法の続編、楽しみにしています。

hakehake 2005/05/09 20:44 コメントありがとうごいます、情報いろいろ見させていただいていますよー。RQRの記事、熱が入っていますね(笑)こちらも参考にさせていただきますね。

kimicooldadkimicooldad 2005/05/10 15:00 はい、RQR熱が入ってしまってます(笑)。作者様のレスポンスが早いので、それに応えようということもありまして。ほんと有り難いことです。以前はOperaを入れていましたが、一度ハードリセットかけてからは入れてません。私もまたインストールしてみようかなぁ?

2005-05-06(Fri)

EBt 0.2.0-1 公開

おかださんのココログにてEBtの新バージョンが公開されていました、以前のバージョンとの変更点てんこもりですね。


無茶な実験室ココログ出張

http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/2005/05/ebt_version_020_1125.html


個人的に一番おおきな変更点はショートカットキーが/home/zaurus/Settings/ebt_key.confを編集することで可能になった点です。これで危険なソースいじりの作業を行う必要がなくなりました。ショートカットキーには[Ctrl]だけでなくて[Alt]も使用可能でしたので以前にソース変更で追加した設定をそのまま生かせそうです。なお、高速起動ONにしている場合は設定変更を反映させるために、一旦高速起動をOFFして起動させる必要があります。

ebt_key.confは各行とメニューの機能の対応がわかりづらいのでコメントを追加させたかったのですが、試しに追加したら全て削除されてしまいました、残念。

対応についてはこちらを参照


EBt キーカスタマイズ用資料

http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/2005/05/ebt__3170.html



その他不満に思っていたメニュー構造や、新規(空画像)で自動的にイメージノートが起動なども変更されていてかなり使いやすくなったと思います。


なお、以前追加した「高速起動でホーム画面表示」「InkWpとの連携」は設定を変更することなくそのままで使用できました。

カレンダーの祝日設定

カレンダーを眺めていたら来年以降の春分の日秋分の日祝日になっていないのを発見、たしかにメニューの「オプション」で個別の休日設定はできるけれど、それで設定しろというんじゃないだろう思いつつ調べてみました。(アプリケーションマニュアル2005年までしか設定していない旨の記述がありました)


で、祝日の設定ファイルは/home/QtPalmtop/etc/holiday.datであることが判りました、内容は以下

# あくまでも日本の祝日法にあったものでしかありません
# Sは施行された最初の年、Bは Happy Monday に変わった年
# 春分の日、秋分の日は Lの年まで表示
L=2005
X "振替休日"
Y "国民の休日"
S=1949 M=1 D=1 "元日"
S=1949 B=2000 M=1 D=15 W=2 I=1 "成人の日"
S=1966 M=2 D=11 "建国記念の日"
S=1949 M=3 D=21 F=spring_equinox "春分の日"
(以下略)

3行目の注釈をみると“L”に設定する値で春分の日秋分の日を表示させるか否かを決定しているみたいです。実際“L=2010”としたら2010年までの春分の日秋分の日を表示するようになっていました。なぜこんなことをしているのか推測すると春分の日秋分の日は前の年(多分です)にならないと確定しないのでSL-C3000が発売された時点で2006年以降の設定ができなかったためだと思います。


春分の日秋分の日は固定した日付ではないのでholiday.datには基準日(春分の日では3月21日)を仮に記述しておいて、その日と異なる年については同じディレクトリにあるspring_equinox.dat(春分の日)とautumn_equinox.dat(秋分の日)に記載されています。参照するファイルはholiday.dat内で“F=”で指定しています。ですから次の年のカレンダーが決定されたら、このファイルのデータを確認する必要がでてきます。


試しに

S=1949 M=5 D=12 F=test "テスト"

という行を追加して、test.datというファイル適当に日付データを与えたところ、そのとおりの祝日設定ができました。


余談ですけれども、「X "振替休日"」「Y "国民の休日"」の行頭に“#”をつけてコメントアウトしてみたところ、それぞれ振り替え休日と5月4日が休みではなくなりました。


なおカレンダーが高速起動オンになっていると設定変更が反映されないので一旦オフにする必要があります。



せめて来年以降の春分の日秋分の日を設定する方法を公開してくれれば良いのに、シャープさんはどういうつもりなのでしょう? PIMで祝日が設定してないというのは大きなマイナスポイントだと思うのですけれどもね。SL-C3000より前に発売されたザウルスでも同じだったのでしょうか気になるところです。

とっちとっち 2005/05/08 15:23  はじめまして。気になっていた情報だったので、コメントしてしまいました。
 自分のりなざうはSL-C760なのですが、今年の春分の日が祝日になってなかったので、前からちょっと気になっていたのですが、このページにその祝日について詳細にかかれていて、とても参考になりました。ありがとうございます。
 ちなみに、私のSL-C760のholiday.datのLの値は2004になってました。ただ、spring_equinox.dat、autumn_equinox.datも2040年くらいまで値が入っていました。はけさんがおっしゃっているとおり、まだ正式な祝日として決まっていないから、こういう仕様になっているのでしょうね。
 気になっているということで、参考までお知らせしました。

hakehake 2005/05/08 21:39 コメントありがとうございました、ということはSL-C系のザウルスはどれも同じっぽいですね。そのままになっているということは、この件についてシャープに苦情がそんなになかったのでしょうかね。

2005-05-02(Mon)

クロックダウンしてみる

昨日の日記のとおり移動中に音楽を聞いていることが多いですが、バッテリの持ちを良く出来ないかと考えて動作クロックを低く設定させてみました。とは言っても実務使用時に今よりも遅くなってしまってはどうしようもないので蓋を閉じて音楽をきいている場合限定です。実際のところ音楽を聴くだけなら416MHzなんて必要ないのですよね。


スペシャルカーネルはCCCRとVCOREで動作周波数とコア電圧を変更することができるので、ぴろさんのところで公開されているqclockchange-for-c3000_0.1_arm.ipkをインストールして変更してみます。今回は音楽再生に支障なく、かつ、区切りの良いということで半分の周波数である208MHzで実験してみました。clockchange-for-c3000でL値を8に設定します。この値ですと画面にノイズが出るのでLCD値を1にしてLCD周波数を52MHzから104MHzに変更しました。CCCRに設定する値は0x0A000208となります、なおコア電圧は標準(0x09=1.3V)のままとしました。


この設定と標準の設定で画面OFFさせた状態で音楽を再生させてみます、再生中にバッテリ残量をログに記録させるため以下のスクリプトも同時に起動させます。

#!/bin/sh

while [ -e /proc/apm ]
do
   cat /proc/apm >> /home/zaurus/Documents/battlog.txt
   date >> /home/zaurus/Documents/battlog.txt

   sleep 60
done


今回は測定時間短縮のためにバッテリを使い切る時間ではなく、残量が100%から85%になる時間を測定してみました。

SL-C3000 SpecialKernel(v17i)

ノーマル(412MHz,CCCR=0x02000210,VCORE=0x09)
BATT 100% >> 85%  :  104min

クロックダウン(208MHz,CCCR=0x0A000208,VCORE=0x09)
BATT 100% >> 85%  :  145min

この結果から単純計算を行うとクロックダウンによってバッテリの持ちが約1.4倍になっています。各部の周波数やコア電圧をもうすこし細かく調節すればもっと良い結果がでるかもしれませんね。

この設定値を、ぴろさんのところで公開されているBatteryPlusに登録すれば簡単にメニューから変更できるようになります。



qclockchange-for-c3000_0.1_arm.ipk - ぴろのページ(カーネルパッチforC3000)

http://www.piro.hopto.org/~piro/pukiwiki/pukiwiki.php?%5B%5B%A5%AB%A1%BC%A5%CD%A5%EB%A5%D1%A5%C3%A5%C1forC3000%5D%5D


batteryplus_1.1.6_arm.ipk - ぴろのページ(BatteryPlus)

http://www.piro.hopto.org/~piro/pukiwiki/pukiwiki.php?BatteryPlus

D.C.D.C. 2005/05/03 23:48 なかなか興味深い結果ですね。自分もSL-C1000で電池の持ちをよくするためにコア電圧をV1.15まで落として使ってますがクロックダウンした方が持ちが確実に良さそうです。
自分の環境で0x0A000208で挑戦してみたのですが、曲の変わった直後にたまに瞬間的に音飛びしたり、音の複雑な部分で音飛びしたりしてますが電池の持ちがいいのなら我慢しそうです。
コア電圧の変化による電池の持ちとクロックダウンによる電池の持ちのデータがもう少し集まってはっきり電池の持ちがよくなることがわかれば人にも薦められそうです。

hakehake 2005/05/06 11:10 コメントどうもありがとうございます(^^
以前クロックアップでバッテリの持ちが悪くなったので反対ならばどうかなと思い実験してみました。0x0A000208で音とびしましたか、個体差や音楽の種類でバラツキがありそうですね。たぶん208MHzまで落とさなくても260MHz(L=10)くらいでもそれなりの効果は出るのではと思います。
コア電圧は1.15Vまで落とせますか驚きました。二つの効果を合わせれば相乗効果でもっと節約できそうですね。

D.C.D.C. 2005/05/06 17:00 自分の環境では624MHzが1.40Vでも問題なく動いているので石が当たりだったからかもしれません、1.15Vで動いているのは。312MHzでもときどき音飛びしたりするので電圧が低すぎるのが原因かもしれないです。それと208MHzだとZplayerの起動が遅くなりますね。電圧を1.25Vにして260MHzで動かして少し様子を見てみます。
いい結果が出ればまた報告したいと思います。

2005-05-01(Sun)

音楽とバッテリの持ち

昨日は土曜にもかかわらずの出張、しかも片道4時間を一日で往復せにゃならんということで朝早くでて夜遅く帰宅、疲れたー。

で、その間SL-C3000で音楽を聴きながら資料読みなどしていたのですが、帰宅してから

$ cat /proc/apm

で確認してみたところバッテリ残量が58%でした、スペシャルカーネルだと標準のカーネルよりも細かくバッテリ残量が表示されるみたい。条件はクロックデフォルト使用、LCDオフで蓋を閉じての使用です。シャープのデータでは同じ条件での持続時間が12時間20分とあるので、途中中断があったことを考慮すると8時間で58%というのは大体スペックどおりの性能ではないかと思います。


音楽はずぅーっとランダム再生機能で聞いていました、この機能前のバージョンからあったのか覚えていないのですけれどもなかなか良い感じです。音楽を聞くのがメインでなくて、BGM的に流していたい場合に流れに飽きがかないのが好きです。ちなみにヘッドホンはリモコン標準のものではなくてSONYのMDR-EX71というのを使用しています、インナーイヤー型っていうのでしょうか耳の中にまで入るタイプで、バス電車で移動などの際に周囲の雑音をシャットアウトしているので自分の仕事に集中したいときには最適です。