Hatena::ブログ(Diary)

はけの徒然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 05 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2015 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2005-06-21(Tue)

現在のトラブル

現在、私のSL-C3000が抱えているトラブルは2件

  • 無線LANが一発で接続しない、接続してもpacket lossが多発
  • 本体ディスク(/hdd3)が突然に書き込み不可(roマウント状態)になる。

どちらも対策打ってなんとか凌いでいるけど原因が良くわかりません。ところがMasakiさんのエントリーを拝見していたらMD交換で無線LAN接続が調子よくなったとのこと。

もしかして私のザウルス君もMDに問題あり?

データのバックアップ

上のエントリーMDを疑っているからというわけではありません(^^; 過去PCで痛い目をみているので、データバックアップは毎日寝ている間に自動で行うようにしています。

対象はザウルス標準のPIMのデータEBtデータ仕事で使用するものと、ブラウザブックマークデータやIMKit-Anthy(日本語入力)の辞書のみをtar+gzipで圧縮させてます。ザウルス標準のバックアップを使用してもよいのですがアプリや内部的な設定も丸ごとバックアップしてくれるので容量が膨大(現在70MB程度)になってしまってストレージの容量が無駄になってしまうからです。

圧縮したファイルHDDSDカードと(挿さっていれば)CFの2(3)ヶ所にコピーをおいています。これならば出先でいずれかのデータトラブルが生じても対処可能になります。

といってもザウルスでは今までに通常使用でデータがとんだことは幸運にも無いですが。。。


ザウルス標準のバックアップはだいたい週1回と、あと怪しいアプリインストールする前に実施しています。

ボタンを無効にする

Ruby/Qte勉強 その6

なにかの処理をさせている間、誤ってボタンを押さないように無効にしたい場合がある。その場合は

@pb1.setEnabled(false)

の様にすると無効化できる。

昨日のスクリプトボタン@pb2を追加して@pb1の有効/無効を変化させてみる。@pb1の状態を@en_pb1に設定して以下のメソッドctrl_pb1で@pb1の有効/無効を反転させる。このメソッドを@pb2に関連させてみる。

@en_pb1 = true

@pb2 = QPushButton.new(tr("ボタン2"),self)
@pb2.setGeometry(425,5,100,30)
connect(@pb2,QSIGNAL("clicked()"), self, 'ctrl_pb1')
def ctrl_pb1
   @en_pb1 = !@en_pb1
   @pb1.setEnabled(@en_pb1)
end

これでボタン2を押すごとにボタン1が有効/無効状態が反転する。

#!/usr/bin/env ruby

require "qte"
require "qpe"
include Qte
include Qpe


class SampleWindow < QMainWindow
   def initialize()
      super()
      setCaption(tr("サンプル"))
      @msg = QLabel.new(tr("これはサンプルプログラム"),self)
      @msg.setGeometry(10,10,300,30)

      @ebox1 = QMultiLineEdit.new(self)
      @ebox1.setGeometry(0,160,635,120)
      @ebox1.setText(tr("あいうえお"))

      @ebox2 = QMultiLineEdit.new(self)
      @ebox2.setGeometry(0,280,635,120)
      @ebox2.setReadOnly(true)

      @pb1 = QPushButton.new(tr("ボタン1"),self)
      @pb1.setGeometry(320,5,100,30)
      connect(@pb1,QSIGNAL("clicked()"), self, 'copy_ebox')

      @en_pb1 = true    #ボタン1の初期状態:有効

      @pb2 = QPushButton.new(tr("ボタン2"),self)
      @pb2.setGeometry(425,5,100,30)
      connect(@pb2,QSIGNAL("clicked()"), self, 'ctrl_pb1')
   end

   def copy_ebox
       naiyou = @ebox1.text.local8Bit.to_str
       @ebox2.setText(tr(naiyou))
   end

   def ctrl_pb1
      @en_pb1 = !@en_pb1        #ボタン1の状態を反転
      @pb1.setEnabled(@en_pb1)  #ボタン1に反映させる
   end
end

$defaultCodec = QTextCodec.codecForName("utf8")
app = QPEApplication.new([$0]+ARGV)
app.setDefaultCodec($defaultCodec)
QApplication.setFont(QFont.new("lcfont",18))
app.showMainWidget(SampleWindow.new)
app.exec