Hatena::ブログ(Diary)

はけの徒然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 05 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2015 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2006-02-28(Tue)

--prefix

Anthy-7427が公開されていたのでインストールパッケージ作成に挑戦。

make instalでパッケージ作成用のディレクトリインストールされるように--prefix=/hdd2/ipkg/anthy/opt/QtPalmtopとしてmakeしたところ、パッケージインストールしても動作せず。仕方がないので一旦--prefix=/opt/QtPalmtopとしてmakeした後に、--prefix=/hdd2/ipkg/anthy/opt/QtPalmtopでconfigureしてmake install。ところがこれでも動作せず、いろいろ調べてetc/anthy.conf内のパスを本来のインストール先のものに修正してパッケージングしたところ動作するようになった。


これで思ったのが、本来インストールする場所ではないところに暫定的にファイルインストールしたい場合にどうしたら良いのかということ。configureの際に何かのオプションを付ければ良いのかもしれないけど、どんなオプションが有るのかが分かりません。。。


追記

方法を教えていただきました。

make DESTDIR=hoge installとすれば良いそうです。上の場合は

./configure --prefix=/opt/QtPalmtop
make
make DESTDIR=/hdd2/ipkg/anthy install

このあたりについての参考サイト

2006-02-27(Mon)

emacsを使ってみる(その5)

徒然な覚書にてターミナルEmacsの2月26日版が公開されていたので入れ替え。

細々と気がついたこと

  • 上の入れ替えの際に知りました、以下の様に~/.bashrcに環境変数に設定すると色がつく、参考としてM-x list-face-display、M-x list-colors-display
export TERM=xterm-new
  • M-x infoでいろいろと説明が表示される、emacs-w3mやlookupの操作もここを見ればOK。Space/BSで前後画面前後項目移動、^で上の階層に移動。
  • C-x C-fでのファイルツリー表示での日本語ファイル文字化けさせないようにする方法
(set-file-name-coding-system 'utf-8-unix)  ; ~/.emacs冒頭の日本語設定に追加
  • 日本語ON/OFFに設定していたC-kが本来一行削除なのでC-c cに変更
; C-kを押すとC-\になるようにキー定義変更
;;(keyboard-translate ?\C-\k ?\C-\\)
; 日本語入力 on/off
(global-set-key "\C-cc" 'toggle-input-method)

Ruby Mode

標準だとrubyソースファイルに色が付かないけどこれを導入することで色分けがされるようになる。詳細はruby-mode.el他のファイル内の説明を参照、これらのファイルRubyインストールすると一緒にインストールされる。

  • M-x run-rubyirb(対話式Ruby)が起動する
  • M-x ruby-electric-modeでruby-electric-modeのON/OFFを行う

ruby-electric-modeをONにするとclassdefやifに対応するend、左かっこに対応する右かっこが自動で挿入されるようになります。あと多分、他のモードでも同じだと思うのだけど行頭にカーソルがある状態でTABを押すと適正な位置にインデントされるんですねー、ビックリです。


続きを読む

2006-02-26(Sun)

emacsを使ってみる(その4)

emacsw3mを使ってwebブラウズをさせてみました。

f:id:hake:20060226212348j:image

以下のサイトを参考にさせていただきました。


設定


emacs-w3mの起動

基本操作

その他はemacs-w3m 覚書が参考になる。

ザウルスだと単独でw3mを使用した場合に比べて動作が重いです(^^ゞ

でもファイル中のURL表示や検索エンジンによる語句の検索をする場合には便利です。画面が白黒で単調なので色が付くと嬉しいのですけどね。


続きを読む

2006-02-25(Sat)

emacsを使ってみる(その3)

MobileMemoさんのemacsで辞書を使おう(Lookup)を参考にして辞書引きができるようにしてみました。

f:id:hake:20060225213159j:image

これスゴイですねー、かなり使えそうです。



設定

自分の場合、SL-C3000の標準の辞書は削除してしまってZtenvを使用しているのでそれに合わせて変更

EB関連のライブラリ?はZtenvのものを使用しても問題なく動作しました。自分の環境ではMobileMemoさんのところで書かれているエラーは表示されませんでした(何故?)



使用方法の基本

  • 調べたい語句の先頭でC-space、検索したい文字の次の文字にカーソルを置いてC-x y
  • qで閉じる
  • 上下矢印で検索項目の移動、Enterで検索語説明表示
  • spaceで検索語の説明一画面分スクロールアップ
  • DELで検索語の説明一画面分スクロールダウン

続きを読む

2006-02-24(Fri)

ブラウザのスタートページに検索欄をつくる

こちらの「ネットフロントホームページに設定するといいかもしれないhtml」で紹介されているGoogleの検索欄をスタートページに入れる方法を参考に、自分が良く利用するサイトの検索欄のみのページを作成。

f:id:hake:20060224213732j:image


Googleはそのまま利用させてもらって、AmazonWikipediaはてなのページのhtmlソースをみて検索用のformタグを抜き出して作成。やってみて気がついたのですが、各サイト毎に文字コードが指定されていて異なった文字コードhtmlファイルを作成すると検索語が文字化け?します。仕方が無いのでGoole&Wikipediaスタートページに追加して、他はリンクで指定するようにしました。でも同じページで全部の検索欄を追加できたほうが便利なので何か方法があれば良いのですけどね。

文字コードは以下のとおり

ちなみに確認はNetFront、Opera7.55、w3mで行ったのですけど、operaだけhttp-equivにcharsetを指定しないと文字化けしました。自動判別をしてくれないのかhtmlの解釈が厳密なのか……


続きを読む

2006-02-23(Thu)

emacsを使ってみる(その2)

M-x tetrisでテトリスが起動するんですねー、キャラクターベースだとかなり微妙ですけど(笑)

日本語入力方法にTamagoというのがあるというのを教えて頂いたので試してみました。


C-\について

どうやら日本語入力のON/OFFには一般的にC-\を使うみたい?です。ところがSL-C3000だとC-\が入力できない(自分だけ?)のでemacs上のキー定義でC-kを押したらC-\になるように設定。~/.emacsに追加

(keyboard-translate ?\C-\k ?\C-\\)

; 前のC-kの定義は;でコメントにする
;(global-set-key "\C-\k" 'anthy-mode)

Tamago4のインストール

(require 'egg)
(set-input-method "japanese-egg-anthy")
(set-language-info "Japanese" 'input-method "japanese-egg-anthy")

egg.elをパスに追加しなくて良いのかとか、anthy.elをロードしなくても良いのかとかの疑問がありますが、これで動作しました。

emacsを起動すると何故か日本語入力ONの状態で起動します……と思ったらプログラムソースファイルを開いた時にはOFFになりますね、どこで識別してるのだろう?


試行錯誤してわかったこと

  • ON/OFFするにはC-k(C-\)
  • 日本語入力ON中に半角英数字を入力するには、qキーを押す、C-gかEnterを押すまでは半角入力になる。全角英字の入力は不明
  • Spaceを押した後、仮名に戻す場合はDEL
  • 入力をjapanese-anthyに切り替えるには、C-u C-k japanese-anthy、元に戻すにはC-u C-k japanese-egg-anthy
  • 変換する文節の伸長は、C-o/C-iがそのまま使用できる
  • C-h tで起動するチュートリアル英語になってしまうので、/home/QtPalmtop/share/emacs/22.0.50/etc/TUTORIALを同じ場所のTUTORIAL.jaコピーリンクにする
  • C-sで日本語検できるようにするためにtamago-isearch-fix.elをロード

続きを読む

2006-02-21(Tue)

emacsを使ってみる

Anthyのコンパイルでせっかくインストールしたので入門を勉強してみました。

f:id:hake:20060221213718j:image


基本設定

MobileMemoさんのZaurusSL-C3000/初期設定/emacsその1から設定ファイル~/.emacsコピー

;; Japanese Setting
(set-buffer-file-coding-system 'euc-jp-unix)
(set-terminal-coding-system 'euc-japan)
(set-language-environment "Japanese")
(set-keyboard-coding-system 'euc-jp)
 
;; Menu ==> Raise menu in tty
(global-set-key [f11]  'tmm-menubar)
 
;; Sensible of pen tapping
(xterm-mouse-mode 1)

;; 1で画面上部にメニューバーを表示させる。
;; メニューバーの機能はMenuキーでも呼び出せる
(menu-bar-mode -1)

バックスペースを機能させるために~/.basrcに以下を記述。これはRuby(irb)の環境構築で既に設定済み

stty erase ^? 

最初に覚える操作は

チュートリアルをひと通り勉強すると基本操作はできるようになりました。キーを覚えるのが大変ですけどね。

ただザウルスだとC-xが入力し難いので同時押しでなく[Control]→[X]と順番に入力すれば良いようにkeyhelper.xmlを修正、同時押しでも入力可能です。修正後にKeyHeplerのリロードが必要。

<modifiers>

	<define key="Control" type="Control" toggle="True"/>

</modifiers>

続きを読む

2006-02-20(Mon)

生産完了?

パソコンショップコムロード上前津店のブログ

こちらによるとSL-C3100が生産完了になっているそうな。

いよいよザウルス終了!? いやいや価格コムの掲示板こんな話題も出ているので、SL-C3200が発売されると信じたいですね。発表があるとすれば新年度ターゲットに3月になるのかな?


でも変更内容がコンテンツの充実とHDDの容量アップぐらいだと多分買わないと思います。せめてUSB2.0の対応はして欲しい(容量は大きいのでバックアップに時間がかかって仕方がない)のと、できればRAMの増量。無線LAN内蔵はHDDと一緒じゃ難しいかなぁ。

w3mのダウンロード先

ザウルスではテキスト系のページを巡回することが多いのでブラウザw3mをメインに使用しています。ところがw3mダウンロードすると~/以下にダウンロードされます。

ご存知のとおりSL-C3000はこの領域が広くないので大きなファイルダウンロードできないんですよね、設定を眺めてもダウンロード先を指定するような項目はないし使えないなーと思っていたのですが、実はカレントディレクトリダウンロードされるということに今日気がついた……なんてこったorz

q2ch - ディスクの掃除

今日は定例の本体ディスクバックアップを行いました。差分のみバックアップしているにしても、やはりそれなりに時間がかかります。気がついたのですがトータルで同じサイズでも小さなファイルが沢山の方が転送に時間がかかるんですよね。

というわけで要らないファイル削除の一環としてq2chのログフォルダ整理をしたのですが、まぁ細かいファイルがあること。

q2chのログは本体ディスク以下のnavi2chフォルダに保存しているのですが構成はこんな感じ

navi2ch
  サーバー名フォルダ
    板フォルダ
      infoフォルダ	スレッドの情報データ?細かいファイルが沢山
      ??????????.dat	スレッドデータ本体(?は数字)
      article-summary	不明
      subject.txt	取得したスレッド一覧リスト

現在巡回していない板にはdatデータが無いのでフォルダ丸ごと削除。次にinfoフォルダ以下のファイルですがこれがスゴイ、定常的に巡回している板のフォルダには800個近いファイルがありました。とりあえずdatと同じ数字のファイルのみ残して後は削除、数が多すぎるてGUIから削除はやってられないのでターミナルから一括削除。

具体的なサイズを調べ忘れたけど、これで大分スリムになったと思います。

この作業は定期的にやった方が良いのだろうけど面倒ですね、自動的に掃除するスクリプトでも作ってみようか……

2006-02-19(Sun)

ウィジェットに名前をつける

Ruby/Qte勉強 その38

りなざうテクノウさんの掲示板に話題があったので実験。

個々のウィジェットにはsetName(string)で名前をつけることができる、名前を読むにはnameメソッドを使用する。トップレベルのfocusWidget.nameで現在フォーカスのあるウィジェット名を取得できる。

下のプログラムではLineEdit(@e1,@e2,@e3)にフォーカスが当たった場合にその名前と書かれている内容を@e4に表示する、内容が空白の場合はnilを表示。ボタンフォーカスがあるときには何もしない。

続きを読む

2006-02-18(Sat)

Anthyのコンパイル(続き)

昨日の続き

エラーの件は、Anthy-devの過去ログにて環境変数TMPDIRが設定していなかったのが原因と判明。ext3な領域に設定して再度コンパイル

$ cd /hdd2/zaurus
$ mkdir tmp
$ export TMPDIR=/hdd2/zaurus/tmp
$ cd anthy-7413
$ make

これでコンパイルは正常終了した模様。



辞書の強化

read ../cannadic/gcannaf.ctd
read ../mkworddic/anthy-name.ctd	←ここから4行を追加
read ../mkworddic/anthy-org.ctd
read ../mkworddic/anthy-place.ctd
read ../mkworddic/anthy-proper.ctd
$ cd mkworddic
$ make clean
$ cd ..
$ make
$ su
# cd /home/QtPalmtop/share/anthy
# mv anthy.dic anthy.dic.org
# cp /hdd2/zaurus/anthy-7413/mkanthydic/anthy.dic .
# chown root anthy.dic
# exit
$

変換を確認してみる。今まで直接変換できなかった「どこもさーびす」→「DoCoMoサービス」が変換可能になった。



専用辞書の作成

「ざうるす」→「SL-C3000」と候補が出るようにしてみる。

ざうるす #T35 SL-C3000

  • mkworddic/dict.argsを編集
read ../mkworddic/placename.t
read ../mkworddic/test.t	←追加

確認してみると、ちゃんと「ざうるす」の候補で「SL-C3000」が出るようになった。

元の単語ファイルフォーマットイマイチ良くわからないけど、これで専用の辞書ファイルが作成できそうです。

2006-02-17(Fri)

確定申告

行ってきました。

昨年は地区の役所の支所の申告会場に言ったのですがメチャ混みで何時間も待たされたので今年は税務署の申告会場に行きました。

また待たされるのがイヤだったので8時半には到着するようにしたら10番台の整理券をとれて、9時開始で9時20分には終わってしまった。家で下書きを作成していったというのもあったけれど、こんなに早く済むのなら去年もこっちに来ればよかった。

Anthyのコンパイル

いつもAnthyをザウルス用の作成公開されているdipusさんの徒然な覚え書経由で白井さんのelisp (など)置き場にAnthyの辞書強化があるのを発見したので試してみようと思います。

まずは普通にコンパイルができるかの確認。

$ su
# cd /hdd2
# mkdir zaurus
# chmod 777 zaurus
# chown zaurus:qpe zaurus
# exit
$ cd /hdd2/zaurus
$ cp /mnt/card/anthy-7413.tar.gz .
$ tar zxvf anthy-7413.tar.gz
$ cd anthy-7413
$ ./configure --prefix=/opt/QtPalmtop
$ make
  • スワップを設定しているにも関わらず逆引き辞書を作成するところでメモリ不足で落ちてしまうので、逆引き辞書を作成しないように設定。mkworddic/dict.argsのbuild_reverse_dict行をコメントアウト

再度コンパイルするも、anthy.wdicの書き出しでエラーになってしまう、何故だろう???

2006-02-12(Sun)

意外と簡単?

そろそろ確定申告の季節です。

昨年は申告会場で全部お任せしてしまったのですが、やはり自分でも理解していないとダメかなと思い国税庁の作成コーナーでひと通り作成してみました。昨年の申告書の控えと源泉徴収表をニラメッコしながら、昨年と同じ項目についてはなんとかなりそうですね。でも今年から追加する項目についてはやはりよく分かりません、この辺はまた会場で聞くことになりそう。

国税庁ホームページhttp://www.nta.go.jp/

確定申告特集ページ(http://www.nta.go.jp/h17/kakutei/index.htm

徒然と

dipusさんの徒然な覚え書にてAnthy 7411が公開されていたので入手、7303であった問題が修正されたそうな。

zvolの作成を機会に少しCとC++について勉強してみようかと思い、入門になるサイトを検索して見つけました、時間があるときに見させていただこうと思います。やっぱ本を買った方がいいのかなぁ

目指せプログラマー!(http://www5c.biglobe.ne.jp/~ecb/index.html

2001+5 星野之宣スペース・ファンタジア作品集

2001+5―星野之宣スペース・ファンタジア作品集 (アクションコミックス)

2001+5―星野之宣スペース・ファンタジア作品集 (アクションコミックス)

2001夜物語幻の番外編収録ということで購入、その他にもいままで未収録だった作品や未完の連載が収録されています。どれも星野之宣が出ている作品ですねー。ちなみに幻の番外編はKARC船長その後の話でした、個人的には2001夜物語がきれいにまとまっていると思うのでこの作品は今ひとつでした。

MOON LIGHT MILE

MOONLIGHT MILE 11 (ビッグコミックス)

MOONLIGHT MILE 11 (ビッグコミックス)

既刊分11冊を一気買い、現在2巻まで読了。宇宙開発SFということでプラネテスに似てるけれども、こっちの方が現実味と人間臭さがあって面白いです。

しかしこの背表紙のデザインは作者名を忘れてたら絶対本屋では見逃すと思う(事実暫く気がつかなっかたし)

2006-02-10(Fri)

zvol 0.0.2

SHOUTcast Playerにて音量調節を行う際にTKvolの代替物として作ったのですが、なにやらサムさんのところで単体としてお使いいただいている模様。記事を読ませていただき、う〜ん、やっぱり絶対値指定があった方が良いですよね。

というわけで以下の様に変更してみました。別館のSHOUTcasyPlayerのページからダウンロードして下さい。

  • 絶対値による音量指定を可能にした

指定する数値に+/−の記号を付けると相対値、記号なしだと絶対値になります。

$ zvol 50   ←音量を絶対値指定(範囲は0〜100)
$ zvol +10   ←音量を相対値指定

続きを読む

2006-02-07(Tue)

SHOUTcastPlayer 0.2.4 & zvol 0.0.1

忙しさにかまけて久々の更新になってしまいました(^^ゞ

時間がとれたのでSHOTcastPlayerをアップデートしました。変更点は以下です。

  • キーによる音量調節でzvolを使用可能にした。

TKvolの入手先が閉鎖?されていましたので代替の音量調節のパッケージを用意しました、といってもZPlayerソースをそのまま利用させてもらっただけなんですけね(^^ゞ

本当はRubyソース内で記述できれば良いのですが、やり方が分かりません。


続きを読む