Hatena::ブログ(Diary)

はけの徒然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 05 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2015 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |

2010-08-28(Sat)

後方参照のレベル - Ruby1.9の正規表現

「正規表現」に無限のパワーを与える"田中哲スペシャル" - Atzy->getLog() を拝見して、田中スペシャルというのを知りました。


対応する括弧やタグマッチが簡単にできます。いやぁ、正規表現って奥が深いっす。

# coding: windows-31j

s = '<a><b>text1</b>text2</a>'
re = /(?<xml><(?<elem>\w+)>\g<xml><\/\k<elem+0>>\g<xml>|\w*)/
p re =~ s #=> 0
p $&       #=> <a><b>text1</b>text2</a>

で、後方参照にレベルを指定できるって書いてあったので上の例を修正して試して見ました。既にサンプル文字列XMLの体を為していないですが……

# coding: windows-31j

s  = '<a><b><>text1</>text2</b>'
re = /(?<xml><(?<elem>\w*)>\g<xml>(<\/\k<elem+1>>|)g<xml>|\w*)/

p re =~ s #=> 0
p $&       #=> <a><b><>text1</>text2</b>

レベルを+1すると内側(ひとつ下?)の\k<elem>のマッチ結果を持ってくるようです。


でも、この機能ってどんな場面で実用になるのだろう?

2010-08-21(Sat)

Ruby on Railsのインストール

興味再燃。以前購入した入門書は訳がわからずに挫折したので、2ちゃんRailsスレで最新のRails対応?していると紹介されていた入門書を購入。

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本


この本には既にRailsインストール済みの状態から書かれていたので、インストール方法をメモ環境Windows XPです。

続きを読む