白澤社ブログ このページをアンテナに追加

2018-04-20

[]『復元 白沢図』二刷出来

本日、品薄になっておりました佐々木聡著『復元 白沢図――古代中国妖怪と辟邪文化』の重版(二刷)が出来あがってまいりました。

これもご愛読いただいた読者の皆様のおかげです。あつく御礼申し上げます。

f:id:hakutakusha:20170112144539j:image:right

『復元 白沢図』概要

[書 名]復元 白沢

[副書名]古代中国妖怪と辟邪文化

[著 者]佐々木聡 著

[体 裁]四六判上製、176頁

[定 価]2,000円+税

ISBN978-4-7684-7964-3 C0014 \2000]

書評

スポーツ報知2017年1/27付「本屋さんのイチ押し」(評者・阿部祐子氏)

週刊文春2017年4月13日号「文春図書館」(評者・立花隆氏)

『月刊東方2017年6月号』「ブックレビュー」(評者・高戸聰氏)

東方宗教130号』(評者・坂出祥伸氏)

まったく想定外だったのは江口夏実鬼灯の冷徹』(モーニングKC)ファンの皆さまによる怒涛のツイートでした。

おかげさまで漢字の多い専門書が初版刊行から一年あまりで重版となりました。

内容

中国の伝説上の帝王・黄帝は、神獣・白沢の言葉を記録して、あらゆる鬼神を撃退する知識が書かれた書物白沢図』を編んだとされる。

この書物は、禍を避け福を招く辟邪(へきじゃ)呪術を伝えるものとして珍重されたが、今から約一千年前の北宋時代に散佚したと考えられる。

この幻の奇書を、最新の研究成果をもとに復元。平易な訳文と解説を付した。

現代の妖怪文化の源流の一つである辟邪文化の原像を探る貴重な手がかりがここによみがえる。

2018-02-23

[]ビースタ『よい教育とはなにか』三刷出来

本日、品薄になっておりましたガート・ビースタ著、藤井啓之・玉木博章訳『よい教育とはなにか』の三刷が出来あがってまいりました。

本書は教育哲学の理論書であるにもかかわらず、2016年の刊行後、藤井佳世先生(横浜国立大学)執筆の「図書新聞」(2016年6月11日号)、神代健彦先生(京都教育大学)執筆の『教育』(2016年9月号)と、書評記事にも恵まれて、同年中に重版(二刷)し、それも昨年から品薄気味になっていたため、今年、ついに三刷にいたりました。

これもご愛読いただいた読者の皆様のおかげです。あつく御礼申し上げます。

f:id:hakutakusha:20160104163719j:image:right

なお、ビースタ『よい教育とはなにか』は、一部のネット古書店では定価の2倍から3倍近い高値がついておりますが、同書は新刊書店さんで定価で購入できます。

現在、在庫は十分にありますので、店頭に見あたらなければ書店を通してご注文下さいますようお願い申し上げます。

2017-04-25

[]『三木清『人生論ノート』を読む』重版出来!

本日、ご好評いただいております岸見一郎著『三木清『人生論ノート』を読む』の重版(二刷)が出来あがってまいりました。

f:id:hakutakusha:20170425122544j:image:w360

これもご愛読いただいた読者の皆様のおかげです。あつく御礼申し上げます。

岸見一郎さんのEテレ「100分de名著」での名解説で、忘れられかけていた現代の古典がふたたぴ広く知られるようになったことも出版人としてうれしい限りです。

なお、岸見一郎著『三木清『人生論ノート』を読む』は、某大手オンライン書店では今なお品切れ状態が続き(2017年4月25日12時時点)、ネット古書店が4000円以上の高値を付けていますが、同書は現在も新刊書店で流通しております。

新刊書店での定価は、本体1800円+税です。

読者の皆様にはお手数をおかけいたしますが、最寄りの新刊書店さんを通してご注文いただければ幸いです。

『三木清『人生論ノート』を読む』の在庫は、あります。

同著者による続編『希望について――続・三木清『人生論ノート』を読む』ともどもご愛読いただきますようよろしくお願いいたします。

もちろん、『希望について――続・三木清『人生論ノート』を読む』の在庫もございます。

2017-02-27

[]『ティマイオス/クリティアス』二刷出来

本日、品薄になっておりましたプラトン著、岸見一郎訳『ティマイオス/クリティアス』の重版(二刷)が出来あがってまいりました。

f:id:hakutakusha:20151019110056j:image:right

これもご愛読いただいた読者の皆様のおかげです。あつく御礼申し上げます。

長年プラトン研究を続けてこられた訳者岸見一郎さんの静かな情熱と、手軽に読めない古典を読めるようにしたいという小社の思いが出会って生みだされたのが本書『ティマイオス/クリティアス』でした。

それにしても、難解な哲学の古典が刊行後わずか一年で重版になるとは、さすが古典中の古典と感じ入りました。

ところで、もうすぐホワイトデーですね。

プレゼントには定番のお菓子もいいですが、本もすてきな贈り物になります。

とくにバレンタインデーのプレゼントに『復元 白沢図』をいただいた方は、お返しにぜひ『ティマイオス/クリティアス』を!

きっと喜ばれます。

2016-10-07

[]ビースタ『よい教育とはなにか』二刷出来

本日、品薄になっておりましたガート・ビースタ著、藤井啓之・玉木博章訳『よい教育とはなにか』の重版(二刷)が出来あがってまいりました。

f:id:hakutakusha:20160104163719j:image:right

これもご愛読いただいた読者の皆様のおかげです。

あつく御礼申し上げます。

また、本書は「出版ニュース」3月中旬号を皮切りに、藤井佳世先生(横浜国立大学)執筆の「図書新聞」(6月11日号)、神代健彦先生(京都教育大学)執筆の『教育』(2016年9月号)と、書評記事にも恵まれました。

ご高評くださった「出版ニュース」ご担当者、藤井佳世先生、神代健彦先生に、この場を借りてあらためて御礼申し上げます。

なお、ビースタ『よい教育とはなにか』二刷は、明後日10月9日(日)に東京大学で開催される教育哲学会・第59回大会に何冊かお持ちしてお披露目します。

教育哲学会・第59回大会のご案内はこちら↓

http://pesj.matrix.jp/taikai.html