ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

旧聞アトランダム

 全記事391日一覧のリンク

2015-09-13

[歴史] 戦時学童集団疎開(4)−4 東京大空襲 併記、鬼怒川の氾濫

今回の茨城県鬼怒川決壊で石下地区の大水害は迫真のTV画像からも自然災害のもたらす脅威のエネルギーを目の当たりにして、近年多発する地球温暖化による過激な自然災害が日本列島にも忍び寄りつつ在る事が明白になってまいりました。 昔の東京を知る私にとっては毎年の大水(水害)は台風シーズン恒例でしたが敗戦後、近年の東京地区の治水の完璧性は特筆的と云えます。現在の隅田川を核に縦横に巡らされた河川の堤防、水門、ポンプ場、防潮堤などと、首都圏を囲む大河川の防備に巨大堤防が整備され、その効果の充実が顕著に表れております。
一方、茨城の鬼怒川、小貝川一帯は敗戦後の復興期以来毎夏の台風水害被害の常連地帯で河川決壊洪水も当時は特別の事態と考えた記憶はありません。 私の知っている当時の石下は完全な農業地帯で「自然」との戦い、即ち、毎年の気象災害に対応するのが「農業経営」程度の一般認識しかなく、また、今回の事態は辺鄙な田園地帯に新住民の参入という新生活パタン、現代のモータリゼーションによりもたらされた変化がクローズアップされた結果かと思います。
昔日と大差のない当地の河川インフラ整備は、どちらかと云えばお座成りだったのでしょうか?、…画像に見える決壊堤防付近の土手上に2,3軒の民家が存在していたり?、蛇行激しい河川流路が露呈しております。この水害常習地が国庫歳入の”金城湯池”東京都心部と距離的には近いとは云え、完全に隔離された外側、利根川対岸の支流鬼怒川沿岸という限定的ロケーションによる疎外が河川整備格差の悲哀となったのかも知れません?。……
しかし、現実の自然災害の問題点は都会生活者にも更に逼迫、増幅した生命危機が存在します、…農村部地帯と対比して驚異的な危険を示唆しているのです。大正12年(1923)の関東大震災の東京地域大火災の人的被害は10万5千人世界屈指の記録の筈です、東京空襲の大火災でも火炎に追われ追われて遂に退路を失い焼死した大群衆の様子は、現実の東京都の大地震発生で再現が必至とされ、数万人規模以上の犠牲者が予測されており、大地震発生時の火責め、各所の堤防決壊は必死で、0m地帯の浸水水攻めの災厄は田園地帯の比ではないでしょう。……何処に住むのが安全、幸せなのか?………

Photo…元警視庁カメラマン石川陽三氏

f:id:hakyubun:20150913204829j:image:w360:left
……本題に戻りまして、昭和20年3月10日の東京大空襲時、疎開小学生6年生は卒業の為に帰京します。深川に住む従兄弟2人も親許に戻り一週間後に空襲被災、一人は行方不明で死亡、一人は家族共々運河に浸かり助かっております。…結果として学童集団疎開は東京下町に住む5年生以下の子供達多数の生命が救わた結果がありました。……
さて、空襲翌日親戚の安否確認に世田谷から電車を乗り継ぎ東京駅に到着しました、駅、電車も被災せず運行していたのです。もとより市街電車など走る筈もなく永代通りを深川に向かう途中の丸の内、日本橋界隈は被災の跡はなく、白木屋や 高島屋デパートも無人の佇まいでありますが、周囲に立ち込める独特の焼け跡の臭いから異常の緊迫が身にせまります。…辿り着いたアーチ型永代橋からの展望は道路だけが残り燻るガスが立ち込める一望の焼け跡が続くばかりで、目標物の無い道路は歩く距離で勘案するしかありません。

Photo…元警視庁カメラマン石川陽三氏

f:id:hakyubun:20150913204828j:image:w360:right
門前仲町交差点付近から道路上に黒焦げたものが点々としており、実は焼死遺体です、運河の対岸牡丹町に入りますと橋脇の防空壕から火炎に焙られ這い出る状態の焼死者、また空き地には着衣はそのまま母親が幼児を抱かかえ座った状態は火炎による酸欠か、遂には橋のたもとで道を覆いつくす焼死者群に遭遇します。退路を絶たれ逃げ場を失った人達でした。その後数回被災地を訪ねましたが、焼死者はそのまま放置され4、5日後動員作業員により公園その他空き地に埋葬しており、戦後暫くの間、記録漏れの埋葬地がしばしば発見されたりしております。……詳細記事はバックナンバー《東京都市災害と空襲》へ…http://d.hatena.ne.jp/hakyubun/20110402/1301728885

なお門前仲町近辺で被災しなかった地域は相生橋の高等商船、水産講習所、陸軍糧秣廠、地域として佃島、月島、月島対岸の築地小田原町、聖路加病院、新富町、など可なり在りますが、アメリカ人が建設した大病院聖路加を空襲爆撃の標的から外した説がありました。…なお、富岡八幡宮、深川不動尊は共に罹災しており、深川不動尊の玉垣で囲われた本堂焼け跡脇に焼死者遺体を山の如く積み上げてあったのを目撃しており、不思議な事に犠牲者遺体の場所状況など記憶は明確に残っているのです。私の親戚関係の犠牲者は2家族で母親2人、子供3人でしたが、焼死遺体の状況から犠牲者の確認は皆無でした。戦災犠牲者は両国の東京都慰霊堂に関東大震災犠牲者と共に納骨されております。…おわり…    ……前へ戻る

《戦時学童集団疎開》
(4) 東京大空襲 併記、鬼怒川の氾濫
(3) 東京空襲とB29爆撃機の実態
(2) 戦時の小学生
(1) 昭和19年戦時小学生(国民学校)

ブログ記事の表示はこちら。

最近の更新 2017 12 11 埼玉県行田市(4 )埼玉県名発祥の行田市と忍の地名由来

メールもよろしくく
宛先はこちらからどうぞ。