本の話がしたい


本・書籍 ブログランキングへ

2017-11-11

恒川光太郎「金色機械」

この気持ちはなんだろう―という合唱曲の歌詞を思い出し、

検索をしたら「春に」という曲名でした。

あまり春っぽくない曲に思えたのだけれど。

私の住む町は昨日から天気は大荒れで、

洗濯機の中にいるような気分でした。

強い風と雨、今日はついにあられが降りました。

それでも時折晴れ間があり、あたたかい光も差し込んで、

この本と、今日の天気の感じとぴったりだなぁとぼんやり思ったものです。



このブログでも何度か恒川光太郎さんの本の感想は書いていて、

そのたびに絶賛していますが、

この「金色機械」もこの本を読めて、本当に生きてて良かった思うほどに素晴らしかった。

長編でしたが一気読みでした。

はやく読みたいのに、読み終えたくない。


・・・・・・

人や動物に触れると殺すことができる力をもった少女、遥香。

医師の父親と、治る見込みのない苦しむ患者を安楽死させるためにその力を使っていた。

しかし、ある日自分を襲ってきた男を殺してしまう。そして、男から、本当は医師である父の子どもではなく、当時蔑まれていた流民の子で、本当の両親は殺されていたことを知る。


遥香は殺しをしてしまったことで育ての親に迷惑をかけることを危惧し、家を出るが、旅先で「金色様」と呼ばれている、金色の、人ではない神様のようなものに出会う…

・・・・・・

金色様、という月からきたという不思議な存在。

初めは感情のない、変な、規格外なもの程度に描かれていて、

ちょっと受け入れがたかったのに、

第四章で明らかになる金色様の過去には心の中では号泣。

ひたすら切ない。


金色様も遥香も、他のキャラクターもどこまでも魅力的。

構成もばらばらだった話がどんどんつながっていき、

本当に気持ちいい。



恵みでした。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hal-saku/20171111/1510416048