(元)うつ病患者の独り言 for はてなダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

・ページビュー:2666248(2004/8/8設置)

★ここ(はてなダイアリー)は、自身のポータル(自己紹介、リンク集)
 および、Twitterの自分のタイムライン記録保管用に運用しています。

★更新はこちらで行っています。
 ・Twitter( https://twitter.com/HAL_dynast
 ・Togetter( http://togetter.com/id/HAL_dynast
 ・Instagram( https://www.instagram.com/hal_dynast/

※2017/5/3:マストドン始めました。
 ・friends.nico〜Mastodon( https://friends.nico/@HAL_dynast

 ・ニコニコ動画公開マイリスト「★VOCALOID私的超ベスト」
   ( http://www.nicovideo.jp/mylist/45046924
 ・ニコニコ動画公開マイリスト「★VOCALOIDツーリングBGM曲」
   ( http://www.nicovideo.jp/mylist/49958219
 ・ニコニコ動画公開マイリスト「★niconico歌える曲」
   ( http://www.nicovideo.jp/mylist/54951027

☆更新休止中
 ・はてなブログ( http://hal-dynast.hatenablog.com
 ・ブロマガ( http://ch.nicovideo.jp/hal-dynast
 ・@ウィキ〜初音ミク最強雨女伝説V4X
   ( http://www27.atwiki.jp/mikuamev4x

※過去に運用していたページ(リンク備忘録)
・HALのHomePageはこちら(閉鎖、ドメイン保持継続)
 ( http://hal-dynast.net/
・旧HomePageはこちら(更新終了、2018/8/14閉鎖)
 ( http://www5f.biglobe.ne.jp/~hal_dynast/
・「悟り」を啓いた人のリンク集はこちら(更新終了)
 ( http://hal-dynast-satori.at.webry.info/

※コメントおよびトラックバック機能は停止しました。
 記事への反応は、Twitterまたははてなブックマークで
 お願いします。(過去のコメントは閲覧出来ます)

2010/03/13 - Saturday 休日更新

今日のWeb 21:32

(47NEWS:http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031301000031.html

第10回冬季パラリンピックバンクーバー大会は12日(日本時間13日)、バンクーバー市中心部の屋内競技場、BCプレースで開会式を行い、10日間の障害者スポーツの祭典が開幕した。

 冬季大会史上最多の44カ国から500人を超える選手が参加。


asahi.comhttp://www.asahi.com/olympics/paralympics/news/TKY201003130216.html

 カナダで初の冬季パラリンピック開催。開会式のテーマは「One Inspires Many」(たった一人が、みんなを動かす)。


(YOMIURI ONLINE:http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2010/news/paralympics/news/20100313-OYT1T00722.htm

 開会式では歌と踊りのアトラクションが3時間近くにわたって行われ、冬季大会史上最多の44か国・地域から参加した約500人の選手は、スタンドを埋めた6万人の観客とともに見守った。


Yahoo!ニュース〜トピックス:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/paralympic/

・開会式は、NHK教育のダイジェストで見ました。
マスコミの扱いは「オリンピックのおまけ」同然...もっと大きく扱ってしかるべき。身体だけでなく、いろいろな面でハンデを持つ選手が、オリンピックと同じ大舞台で戦うのだから。
・僕はNHKのダイジェストで、オリンピックと同じようにフォローする予定。

(YOMIURI ONLINE:http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100312-OYT1T01273.htm

 夏季の北京大会から、パラリンピック五輪組織委員会が正式に開催することになった。冬季ではバンクーバーが初の、五輪との一体開催だ。「もう一つの五輪」ではなく「五輪後半戦」と呼ぶ方がふさわしいかもしれない。


 長野パラリンピックを契機に作られた約300億円の「障害者スポーツ支援基金」も、昨年の事業仕分けで国庫に返納されてしまった。障害者スポーツへの支援が安定的に続くかどうか、関係者から不安の声が出ている。

 金メダルなしに終わった冬季五輪の結果を受けて、政府は長期的な「スポーツ立国戦略」を練る方針だ。障害者スポーツも一体のものとして、支援のあり方を考えるべきだろう。