halのHUNTER×HUNTER日記

2012-08-13

アニメ第43話<ショウゲキ×ノ×サンゲキ>

【連動データ放送実施中!詳しくは公式サイトにて☆】


地下競売の競り担当となったトチーノ・ヴェーゼ・イワレンコフの3人。ネオンの不吉な占いは上層部(の更に一握り)にしか知らされていないので、競売会場は特に張り詰めた様子はありません。
もっとも、トチーノが解説してくれたように、ここはマフィアの面子争いの場でもあるので、そういった意味での水面下での争いはあるのでしょうが…。
中にはお坊さん(というには俗っぽすぎるか)みたいな人もいますが、この人もマフィアのボスなんでしょうかね。

会場のスクリーンには、「ようこそ アンダーグラウンドオークション」の文字が(笑)。
自分でアングラとか言うか普通www
撮影・喫煙・飲食・携帯禁止のマークも映し出されていて、まるで映画館です。なんか和むなーw
そして、司会役として潜り込んでいた幻影旅団フェイタンフランクリンが登場。
マイクのハウリング具合といい、妙にリアリティがあって怖いです。
「堅苦しい挨拶は抜きにして…」の後で耳を塞ぐフェイタン可愛いw
…と呑気に構えていたら、まさかの「くたばるといいね」(原作・旧アニメでのフェイタンの台詞)をフランクリンが代わりに言っちゃうという衝撃の展開…!!!
正直言って、ここからの惨劇と同じ位この台詞の変更が衝撃的でした(笑)。
フェイタンの数少ない名言というか、キメ台詞でもあると思いますので、フェイタンのファンは涙目だったのではないでしょうか…。

「俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)」であっけなく肉片と化すマフィア達→トチーノの「縁の下の11人(イレブンブラックチルドレン)」をもあっさりと撃ち抜く念弾の威力(まあ元が風船だしなぁ…)→「逃げろ」と言いかけて頭を打ちぬかれ死亡、の流れは本当に作画も綺麗だし、技名フォントも凝ってるし(特に「11人」の「1」が風船黒子になってるのがカワイイ)、日曜昼とは思えない血飛沫&再現率の高さだっただけに、何ゆえフランクリンが「くたばりな!」って言う必要があったのか、そこだけ(まぁ小さいことですが…)残念です。
キャラ的にも、あんまりお喋りな感じじゃないんでフェイタンが言った方が自然だと思うんだけどなぁ。

そして外へ逃げ出した2人をシズクが追うシーン、可愛い顔をして背後からイワレンコフを殴殺する所が怖すぎる(そこが魅力なんですが)。デメちゃんが「獲物ゲット♪」と言わんばかりに舌なめずりをするカットなんかも芸が細かいです。
必死に逃げるヴェーゼ、ここは原作でもセリフなしで2ページ近く使っているのですが、それをスローモーション&黒と青紫を基調とした抑えた色彩で表現していたのがポイント高いです。こうも原作通り無慈悲に・あっけなく死亡するとは思っていなかったので、スタッフ陣の心意気に感動しました!
グロいのが好きっていうんじゃなくてw、こういう所ぼかして描いちゃうと旅団メンバーの本当の魅力が伝わらないと思うので…。

血の海と化したオークション会場…。血(液体)の表現はCG処理をされていて、独特のねばついた感じや生臭さまで伝わってきそうです。
デメちゃんがこれらをお掃除するシーンは原作よりもグロい!ホースが動いていかにも「飲み込んでますよ〜」という感じですし、最後の一人を吸い込む&靴も舌で絡め捕るカットなんか、観ていて苦情が来ないかハラハラしましたよ(汗)

運良く(?)生き残った一人が、「家族」という言葉を口にした時のフェイタンの表情も本当に素晴らしい。
残虐描写以上に、こういう細やかな表現が多いので最近は一瞬たりとも目が離せません。
流星街で育った彼らにとって、暖かい家族のいる生活など夢物語に過ぎません。そうした背景を感じさせるような嫌悪やその他複雑な感情が入り混じった表情が個人的に必見だと思いました。
原作ではフランクリンがトドメをさしていますが、新アニメではフェイタンの手刀一閃。残像が美しいです♪


さて、シズク(デメちゃん)が綺麗に掃除をしたので、オークション会場は弾痕以外の痕跡を全く残さず、もぬけの殻となってしまいました。オークションの品々が保管された金庫ももちろん空っぽ。聞き耳を立ててるセンリツがそれをダルツォルネに報告しています。
驚きと怒りでパニック状態のマフィア達をよそに、気球で悠々と脱出する旅団メンバー。お宝は…彼らが奪ったのではありませんでした。
ウボォーが「バイブル」を片手にアジトで待機している団長に、宝は既に別の場所に移されていたことを報告しています。携帯ちっさ!と思ったけどウボォーがでかすぎるんですねwww
「オレ達の中にユダがいるぜ」大塚さんボイス相変わらず渋くてかっこいいわ〜。それにしても←の台詞、そのまま使ってくるとは思いませんでした。ユダ=裏切り者、って小さい子は分からないんじゃないのか…。今回はもう、子供向けとか無理だと悟って(良い意味で)開き直って制作してるとしか思えませんwいいぞもっとやれ!

6大陸を10地区に分割して縄張りとしている十老頭の説明、地図が色分けされてる…!
今後殆ど活躍できなかった十老頭ですが、この地図の勢力分布が例えば劇場版にも反映されたりするんですかね?
宝を事前に移したのは彼らの配下の陰獣と呼ばれる実行部隊の1人「梟」。
彼の居場所が分からない(フェイタンの拷問ってどんななんでしょうか…想像しただけで怖い;)以上、陰獣たちを誘い出すしかありません。
限りなく彩度を落としたモノクロに近い空に、ウボォーの狂気を表現しているかのような気球の炎が揺らめいて綺麗です。

砂漠に集結したマフィア達を相手に一人で暴れまくるウボォー、楽しそうだなぁw
銃をつきつけてきたボス格のマフィアの首をへし折り+握り潰すシーンを再現してくれるとは思っていなかったので「この時間でこの再現率、しかも作画の完成度…凄すぎる!」と一人で興奮していました(笑)。

少し遅れて到着したノストラード組は、結果的に惨劇に巻き込まれずに済みました。
怖気づくスクワラに同調するバショウ、こんな時でも五・七・五。意外と余裕だなw
そしていつの間にか一つ増える心音…。下手な怪談より恐ろしいです(泣)。
オレ達にまかせて素人は引っ込んでおけとばかりに、陰獣達が登場します。中でも地中から現れた蚯蚓はCG処理の効果もあって、ぬめった皮膚の質感があまりにもリアル。これ小さい子見たら泣くぞwww


ゴンとキルアのハンサイクロペディアでは、残念ながら今週でお別れとなってしまったヴェーゼさんを紹介。
本編との落差があまりにも激しすぎて1度目は頭がついていかず、キルアがゴンにチューしてるのを完全にスルーしていました(汗)。大丈夫かこのコーナー…(本編とは違う意味で)
それにしてもチュー顔のゴンキルが可愛すぎるvvv

次回予告の「バナナはおやつに入りますかー?」「チョコロボくんはおやつに入りますかー?」本編と関係無さ過ぎて和みましたwww
早くも蚯蚓は指があらぬ方向へ曲がっていて、死亡フラグ立ちまくりですね。一体どうなるんでしょうか!?(←白々しい…)

笹葉笹葉 2012/08/13 13:06 原作が無いのでわかりませんでしたが、「くたばりな!」って元はフェイタンの台詞だったんですね。たまに細かいところで改変が入りますが、なにか意味はあるのかな?
フェイタンの声、だんだんハマってきてますね!

首が飛ぶのも以前はシルエットでしたが、隠しながらも血飛沫飛んでましたし、本当にいろいろ吹っ切れてますねw
私も心の中で「いいぞもっとやれ!」と叫んでました^^;

ハンサイクロと次回予告のキルゴンっぷりはすごいですよねwキスは一瞬呼吸が止まりました……オマケとはいえそこまでやるとは(汗
初めの方を見直してみると、予告があまりにも控えめ過ぎて違和感大です。

kinokino 2012/08/13 20:22 ウボォーの十老頭の説明のところが興味深かったですね。10地区ってそういうふうに割り当てられてるんだって。。

デメちゃんの声良かったですね〜(^-^)可愛さと不気味さが合わさったかのようなクセになりそうな感じでした。

あとは蛭の「餅は餅屋」が聞けて個人的には満足(^-^)子どもの頃読んだ時は意味不明でしたが、だからこそ印象に残っているもんです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証