Hatena::ブログ(Diary)

壊れかけのテープレコーダーズ 最新情報

2018-10-10

louder than bombs vol.2


f:id:half-broken_taperecorders:20181010092212j:image:w600

f:id:half-broken_taperecorders:20180726012543j:image:w250 f:id:half-broken_taperecorders:20180905125242j:image:w200 f:id:half-broken_taperecorders:20180905125239j:image:w200

■10/31 wed
新宿 Motion
壊れかけのテープレコーダーズ presents
in Motion 13th Anniversary
『louder than bombs vol.2』

OPEN/START 19:00/19:30
ADV/DOOR ¥2,500/¥3,000(+1D)
【出演】
壊れかけのテープレコーダーズ
ズボンズ
突然少年


前売予約:halfbrokentaperecorders@gmail.com




壊れかけのテープレコーダーズ主催のロックンロールイベント『louder than bombs』を1年振りに開催!

場所は私達の心の故郷、新宿Motion。10月31日、Motion13周年のアニバーサリー月間の最終日を飾らせて頂きます。

共演は日本が世界に誇るロックンロールバンド「ズボンズ」。過去にも何度か共演を重ねてきましたが、壊れかけメンバーチェンジ後のでの対バンは今回が初。ズボンズもまた幾度もの再編や停止、逆境を乗り越えて、今また新たな過渡段階の次元に突入したような昨今の演奏は、
永遠に転がる石であり続けるロックンロールの追従者そのものであり、いつでも我々の活動の指針となっています。未体験の方は、是非「今」のズボンズを、体感して頂きたい。

そして、もう1組は若手超新星「突然少年」。今年は見事フジロックへのルーキー・ア・ゴーゴーへの出演を果たし、飛ぶ鳥落とす勢いの彼等。まだ少年感の残り幼さ、あどけなさとは裏腹に、歌、演奏共にしっかり地に足のついた、ロックバンドとしての意志の強さに心震えます。
まだまだこんな音を鳴らす若者がいるんだ、と思うと、日本のロックの未来は大丈夫、と確信を持てる。

10月31日、摩天楼大都会の小さなライヴハウスにて、どんな爆撃にも勝る、想像力とエネルギーの爆弾が投下されます。

言説よりも、体感を。

ロックンロールという爆発を、是非目の当たりにしに来て頂きたい。

pray the rock 'n roll、louder than bombs!!!

D

D

D

2018-07-25

ONE MAN LIVE 終了


f:id:half-broken_taperecorders:20180726012543j:image

壊れかけのテープレコーダーズ
2018.7.20
@CLUB GOODMAN, Akihabara

set list

1 希望
2 水瓶座の時代
3 祭のあと
4 stand by me
5 ニセモノの銀河
6 聖者の行進
7 restart & reunion
8 曇りの裂け目
9 boys & girls
10 フラジャイル
11 街の灯
12 踊り場から、ずっと
13 go to
14 rising sun
15 無題

En1
16 15歳のポケット
17 生まれる

En2
18 蝶番をこじあけろ






沢山のご来場ありがとうございました。

体制になり1年。リリースとツアーと、ワンマンとを終え、

壊れかけのテープレコーダーズ、新章スタートです!

rock 'n roll!!!

2018-07-03

壊れかけのテープレコーダーズ ONE MAN LIVE "untitled"


f:id:half-broken_taperecorders:20180703092255j:image

昨年初頭、結成10周年を迎える矢先でのメンバー脱退を経て、バンドの歴史上初の活動停止期間を経た壊れかけのテープレコーダーズ。

しかし、新たな体制にて2017年7月より再始動。その後は再び飽くことなきロックスピリットで、ライヴ活動を各地で繰り広げた。

今年4月には新体制になっての初の音源『FRAGILE E.P.』をレコーディングまで自身等で行う、完全DIY制作にて自主リリース。初心に立ち返ったようなその作品を引っさげ、名古屋、関西とツアーを回る。

本ワンマンはそんな『FRAGILE E.P.』のリリースライヴを冠した東京ファイナルのライヴであり、また新体制での再始動からの、1周年のワンマンでもあります。

壊れかけのテープレコーダーズにとっても、実に3年振りのワンマン。

新旧織り交ぜ、たっぷり演奏させて頂きます。

いつだってこころははじまりに戻るつもりで。

名づけることも出来ぬ気持ちのまま生き、進む者たちへの"untitled"

小森清貴
壊れかけのテープレコーダーズ


■7/20 fri
秋葉原 CLUB GOODMAN
壊れかけのテープレコーダーズ
『FRAGILE E.P.』release live in TOKYO

OPEN/START 19:00/20:00
ADV/DOOR ¥2,500/¥3,000(+1D)
ONE MAN LIVE

"untitled"




2018-04-26

『FRAGILE E.P.』より「フラジャイル」ミュージックビデオ公開

壊れかけのテープレコーダーズNew Single『FRAGILE E.P.』より、収録曲「フラジャイル」のミュージックビデオが公開されました。

是非ご覧下さい!

D


撮影編集:白岩義行

「フラジャイル」

作詞作曲:小森清貴
編曲:壊れかけのテープレコーダーズ

声にすらなることなくこぼれ落ちた
くちびるの震えは季節のせいにした

歌にならなれるかなと思い、放った
醜いアヒルの子 白鳥にはなれず

かたちのないものだから
贈ることさえ出来ずに、しまいこんだ

それは脆く、壊れそうで 指で触れれば、崩れそうな
だから大事だった

君のくちびるが震えて 何か言いたげだった気がした
分からなくてもそれでよかった

ことばにすれば残酷と分かっていた
それなのに僕らは最後の糸、断ち切った

名前のないものだから
育むことさえ出来ないと、気付いていた

それは淡く消されそうで 触れてみればすりぬけそうな
だから綺麗だった

僕のくちびるが開いて 君に何か言った気がした
忘れてしまった

それは脆く、壊れそうで 指で触れれば、崩れそうな

本当に壊してしまった

歌にならなれるかなと思い、放った
醜いアヒルの子 空を飛べたかな