Dreamzone

SINCE1999.7.29
<2017年10月度アイランキング>
(1)馬場ふみか(2)久松郁実(3)安藤咲桜(4)足立梨花(5)新川優愛
(6)春名真依(7)武田玲奈(8)志田友美(9)聞間彩(10)清井咲希

2017-11-20

ヤングマガジン

 表紙&巻頭グラビアは久松郁実さん。グラビアデビュー当時は頻繁に同誌のグラビアに登場していた印象ですが、ちょっと久々かも。今年になってからの彼女は見るたびにムチムチ感が増している印象ですが(「太った?」とも言う(^^;))、個人的にはこれくらいボリューミーなほうが魅力的。特に今回のラストPの全身ショットなどはそのまま拡大してポスターにして部屋に貼りたいほどの迫力&クオリティだと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171120

2017-11-18

レスです

>一読者さん

 関西人で、かつて何度もHOP CLUBのイベントに足を運んだ私としては、丘さんといい、M.A.Oさんといい、かつてHOP CLUBに在籍していた人が他のジャンルで成功しているのを見るのは感慨深いものがありますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171118

2017-11-17

レスです

>coccooさん&花梨さん

 確かにPerfumeのように、1度NHKに気に入られれば連続で紅白に出場するアーティストは多い気もしますね。丘みどりさんのウィキを見ると、元HOP CLUBのメンバーということでビックリ!ということは何処かのイベントで見たことあるかも分かりませんね。エビ中が出場したらドラマだったんですが、さすがに厳しかったかと思います。

一読者一読者 2017/11/18 03:59 丘みどりさんは、岡美里ちゃんなのですね。HOPの頃にイベントで何度か拝見したことあります。当時から演歌を歌っていたのですね。移籍改名して紅白出場とは。凄いですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171117

2017-11-16

紅白歌合戦・出場者決定

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000377-oric-ent

 まあ、予想通り安室奈美恵さんの出場は無かったですね。新鮮味のある名前はリトグリくらいでしょうか。あと、PerfumeとAKB48がどちらも今回で10回目というのは、もうそんなに出てるのかと驚き。ともあれ、今年は見るのはPerfumeリトグリ、そして三浦大知さんのところで満島ひかりさんがゲストで出るかどうかくらいですね。

サッカー・W杯全出場国決定

出場決定の話題をもうひとつ

<欧州>

ロシア フランス スウェーデン ポルトガル スイス ドイツ セルビア ポーランド デンマーク イングランド スペイン ベルギー アイスランド クロアチア 

<南米>

ブラジル ウルグアイ アルゼンチン コロンビア ペルー 

<北中米カリブ海>

メキシコ コスタリカ パナマ

<アジア>

イラン 韓国 日本 サウジアラビア オーストラリア

<アフリカ>

チュニジア ナイジェリア モロッコ セネガル エジプト

 初出場はアイランドとパナマの2カ国。アイスランドは昨年の欧州選手権での躍進も記憶に新しいですが、人口30万人強の国が欧州予選を勝ち抜いたのは凄いとか言いようが無いです。人口から言えば私が住んでいる西宮市より少ないということで、いわば西宮市選抜チームがアジア予選を勝ち抜いて本大会に出場するようなものですから。また、アフリカではモロッコとエジプトが久々の出場(21世紀になって初?)。どちらも私が海外サッカーに興味を持ちだした'80年代は強かったイメージがあるので、北アフリカ勢復権という印象ですね。

 逆に出場を逃した主な国は、先日取り上げたイタリア以外にオランダ、チリ、アメリカあたり。この中でオランダはロッベンスナイデル、ファンベルシーらの黄金世代の下が育ってなく、世代交代に失敗した印象なので予選敗退もそう大きな驚きは無いです。それに引き換え、昨年の南米選手権で優勝したばかりのチリ、そしてここ20年くらい北中米ではメキシコと2強だったアメリカの敗退は意外。特にアメリカは、'94年のW杯自国開催以降のサッカーの盛り上がりに水がさされないか心配。

 ともあれ、半月後の12月1日には本大会のグループリーグ組み合わせが決定。楽しみに待ちたいと思います。

coccoococcoo 2017/11/16 18:51 もう「紅白歌合戦」じゃなく「音事協フェスティバル」に名前を変えればいいのに<紅白 あと出演者と出場回数の他に、所属事務所のクレジットは載せた方がいい。「miwa:トライストーンエンタテイメント」のように。(miwaさんは今年紅白出場しませんが)

紅白の演出を見ていると、NHK好みのアーチストというのがありそうです。
何となくですがPerfumeと椎名林檎さんは気に入られてるように見えました。
星野源さんもそっちのルートに乗っかりましたので暫くは安泰でしょう。
リトグリ他初出場組がどれだけそっちのルートに乗っかるかがポイントですね。

花梨花梨 2017/11/16 20:30 演歌歌手の丘みどりさんが元アイドルとの事でビックリしました。

個人的にはエビ中に出て欲しかったですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171116

2017-11-15

サッカーテストマッチ

ベルギー1−0日本

 日本の強豪とのテストマッチ第2戦。日本は長谷部不在で長澤が初先発。ベルギーはアザール、ルカク、デブルイネらベストメンバー・・・・と思ったらアザールはチェルシーのアザールではなく、弟のほうでした(^^;)。

 試合立ち上がりは意外にも日本が浅野を軸に攻勢。しかし、10分過ぎからやはりベルギーペースに。しかし、両チームとも前半は決定機を掴めず0−0。後半も、日本は久保、森岡らを投入、ベルギーはミララスデンベレらを投入。そして25分過ぎにルカクのヘッドでベルギー先制。この瞬間、ルカクは全くのフリーで、日本のDFは何してたのか?先制された日本は乾、杉本らを投入。何度かチャンスはあったものの、ベルギーGKミニョレのファインセーブに阻まれゴールならず。試合は1−0でベルギーの勝利とりました。

 ブラジルほど圧倒的な力の差は感じなかったものの、1点差とはいえやはり個の力の差を感じさせられた試合。アザール兄がいたら完敗だったかも。ともあれ、元々ハリルのサッカーは格上相手を想定していたはずなのに、ブラジル、ベルギーと格上相手にいいところなく連敗。ハリルの性格からして、方針を変更することは無さそうだし、今後の日本代表に不安ばかり残る欧州遠征でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171115

2017-11-14

サッカー・イタリア、W杯出場逃す 

 W杯の出場・不出場国に関しては、後日すべて決定してから語ろうと思っていたのですが、やはりイタリア不出場は大ニュースなので、一足先に取り上げたいと思います。

 過去W杯4回優勝の強豪イタリアですが、’06年大会に優勝してからはここ2大会続けてグループリーグ敗退と正直レベルが落ちている印象でした。守備に関しては大ベテランのGKブッフォンを中心に相変わらず世界のトップレベルですが、攻撃陣にタレントがいない。思えば'90年代から'00年代前半にかけてのイタリアにはロベルト・バッジオ、ビアリ、ゾラデルピエーロビエリ、インザーキら常に世界トップレベルのストライカーがいたのですが、トッティ以降は不在。ジラルディーノカッサーノバロテッリらは伸び悩み、現役のインシーネ、インモービレ、ペロッティらは小粒。

 正直、今のイタリア代表の面子を見れば予選敗退もやむおえないかという印象もあります。ただ、ブッフォン代表引退を表明したということで、彼の最後の花道が飾られなかったのは残念です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171114

2017-11-13

ヤングマガジン

 表紙&巻頭グラビアは関水渚ちゃん。「アクエリアスのCMの娘」とありますが、最近TVを見る時はCM飛ばしてるので良く分からないです。ホリプロ所属ということで、「ポスト佐野ひなこ」かと思ったのですが、「新人女優」と紹介されているので「ポスト石橋杏奈」かも。全体的に「撮られ慣れて無い感」が初々しくて好印象ですが、キャラ的に「ヤンマガ」より「ヤンジャン」のグラビアのほうが向いている気もします。巻末グラビアに桃月なしこさん。こちらは「現役ナース」ということですが、こんなドラマに出てくるような美人のナースさんに、今まで入院&通院したときに会ったことない(^^;)。ビジュアルは「都丸紗也華さん風」というか、ちょっと東南アジアの娘っぽい印象です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171113

2017-11-11

サッカーテストマッチ

ブラジル3−1日本

 ハリルジャパン初の強豪国との対戦。ブラジルは1.5軍の布陣とはいえ、出てくるのがウィリアンとかダニーロとかで、層が厚すぎ(^^;)。

 試合は当然立ち上がりからブラジルペース。そして、前半10分にまさかのVAR(ビデオ判定)でブラジルがPKを得て、それをネイマールが決めてブラジル先制。15分にはまたもブラジルがPKを得て、今度はネイマールのキックを川島がストップするものの、その直後にマルセロがスーパーなミドルシュートを決めてブラジル追加点。2点取ったブラジルはややペースを落とし、日本がやや攻勢に出るものの、35分頃にブラジルがカウンターからジェズスがゴールを決めてブラジル3点目。

 前半はブラジルが一方的な内容で3−0折り返した後半。ブラジルが更にペースを落としたこともあり、試合は日本ペースに。日本は浅野、乾らを投入、逆にブラジルはネイマールマルセロらをベンチに。日本はセットプレイから槙野のヘッドで1点返すもののそこまで。追加タイム前後には浅野のおしいシュートや、杉本のゴールがオフサイドで取り消されるということもありましたが、3−1で試合は終了しました。

 振り返れば前半は「0点」、後半は「50点」といった内容。後半ブラジルがペースを落とさなければ、もっと大敗になっていたはず。前半を見た限り、パスの正確さやスピードが違いすぎ。ブラジルとの力の差は判っていたつもりでしたが、世界のトップとの差の大きさを改めて痛感させられた試合でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171111

2017-11-09

ヤングジャンプ

 表紙&巻頭グラビアは今回のサキドルエースの優勝者の山広美保子ちゃん、巻末グラビアは2位の的場華鈴ちゃん。今回のサキドルは本命がGEMの南口奈々ちゃん、対抗がマジパンの沖口優奈ちゃんだと思っていたのでちょっと意外な結果。でも、美保子ちゃんはかなりグラビア適性は高いと思うので、今後本格的にグラビア活動をするなら期待したいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171109

2017-11-07

レスです

>Windyさん

 どうも、お久しぶりです。今年は小倉優香ちゃんを筆頭に純グラドルの新顔が多く出てきたので、「ヤンマガ」にはぜひミスマガジンを復活させて欲しかったですね。ただネットの普及した現在、フォーマットやレギュレーションが変わるの可能性は大きいでしょうけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20171107