Dreamzone

SINCE1999.7.29
<2016年6月度アイランキング>
(1)久松郁実(2)川島海荷(3)足立梨花(4)志田友美(5)馬場ふみか
(6)木下綾菜(7)武田玲奈(8)柳ゆり菜(9)小島瑠璃子(10)春名真依

2016-07-25

ヤングマガジン

 表紙&巻頭グラビアは佐野ひなこさん。すっかり「ヤンマガ」のグラビアのローテーションに復帰しつつある印象ですね。ただ、ショートのビジュアルにも慣れてきて、何か新鮮味が欲しいところでもあります。巻末グラビアに滝口ひかりちゃん。キュートなビジュアルなのは否定しませんが、「2000年に1人」はちょっと盛り過ぎかも(^^;)。全身ビキニショットが少ないのがやや物足りませんが、どちらかというと動いているほうが魅力を発揮するタイプのような気もします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160725

2016-07-22

レスです

>チャッPさん

 私もミスFLASHの候補者はざっと見ましたが、今回も全体的に年齢が高めでフレッシュな娘が少ない印象ですね。また「最高齢記録」が更新されてしまうかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160722

2016-07-21

ヤングジャンプ

 表紙&巻頭グラビアは深田恭子さん。先週末に発売された「週プレ」のグラビアにも登場したので、ややインパクトは薄れるものの、現在の彼女のキャリアやポジションを思うとここまで露出してくれたことは素直に驚き。ただ、「ガタイの良さ」も相変わらずの印象ですね(^^;)。センターグラビアに江野沢愛美ちゃん。ティーン誌モデルということで、前半はやや後半は出し惜しみ感はあったものの、後半は全身ビキニショットが多くて満足。ただ、スペックを見ると171cmという朝比奈彩さんと同じくらいの長身で、今回のグラビアからはそういう印象は全然受けませんでしたね(160cm無いかと思った)。巻末グラビアに唐田えりかちゃん。ソニーの保険のCMに出演中ということで、このCMは商品の性質上広い年代に好かれるようなビジュアルの娘が選ばれている印象ですが、まさに彼女もそういうビジュアルだと思います。オール着衣なのはやはりちょっと物足らないですが。

チャッPチャッP 2016/07/21 16:55 早くも第11回目となる「ミスFLASH2017」のセミファイナリスト30人が発表されたようです。
https://miss-flash.jp/vote

今回はもしかしたらクリスマス辺りにグランプリが発表されるんじゃないかと(焦)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160721

2016-07-18

レスです

>coccooさん

 前にも書いたように、最近近所のコンビニに「ヤングチャンピオン」が入荷しなくなって、そのあたりは全く知らなかったのですが、山崎さんがグラビア活動再開というのは耳にしてました。確かに山崎さんは「体育会系グラドル」という印象が強いですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160718

2016-07-16

ヤングマガジン

 表紙&巻頭グラビアは岩崎名美ちゃん。先日巻末グラビアに登場したばかりで感想もほぼ同じですが、彼女の魅力である足の長さが生かされたショットが2P目右下くらいしかないのがちょっと物足らないところです。巻末グラビアに天木じゅんさん。せっかく最近ダイエットしたことをアピールしているのだから、もっとウェストラインを目立たせたショットが欲しかったですね。ひょっとして撮影はダイエットの前だったりして(^^;)。

coccoococcoo 2016/07/18 14:39 深田さんが来週ヤンジャンの表紙を飾るそうですが、今週発売のヤングチャンピオンの表紙。橋本マナミさんの右横に「超美麗 山崎真実クリアファイル」の文字が… 思わず目を疑いましたよ。いやー、やはりいい顔してますね。彼女ならではの個性のある顔立ち。顔立ちやキャラクターは王道グラドルとは微妙に違うけど、健康的で屈託がなくて露出してもイヤらしくなくて悲壮感を感じさせない所は王道グラドルな要素を持ってましたね。
しかし山崎さんを見てるとグラドルの体つきというのはかなり重要ですね。最近出てる子は食が細いからか、運動をしていないからなのか、ひょろんとした体形の子が本当に多い。骨格はどうにもならないにしても筋肉がないから見栄えがしないんですよ。
運動経験者、体育会系部活出身者を条件としてグラドルオーディションするか、もしくはデビュー後に水泳の合宿を必須にするというのはいかがでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160716

2016-07-15

レスです

>K−KITさん

 私も先日書いたように、歳を取るにつれてアイドルに対する「熱」みたいなものは薄くなっている気がします。常に「60歳までは現場派」と思っていたのですが、その「60歳」がもう遠くない未来になってしまってゾッとしてます(^^;)。まあ、とりあえず今後も無理のない範囲でアイドルを見ていこうとは思ってます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160715

2016-07-14

ヤングジャンプ

 表紙&巻頭グラビアは柏木由紀さん。「脱いだらスゴイ」彼女ですが、今回は全身ビキニショットが最終Pぐらいで、やや出し惜しみの印象。巻末グラビアに熊江琉唯さん。1P目の両足裏ごしに顔が見えるショットというのは過去見た記憶が無く、彼女の魅力である足の長さを生かしたショットでインパクト大。ただ、こちらもちゃんとした全身ビキニショットが無いのが物足らないです。

 しかし、今号の「ヤンジャン」最大のインパクトは次号予告。「表紙&巻頭グラビアが深田恭子さん」・・・・って、今は2016年だと思ってたのですが(^^;)。最近写真集のプロモであちこちで彼女の水着ショットを見かけますが、まさかヤンジャン」登場とは(しかも同誌初水着とのこと)驚きです。

K-KITK-KIT 2016/07/15 00:09 昨年暮れに、あることがきっかけで、完全にアイドルヲタ卒した自分です。
でもここのサイトは来ていました。
末年の後私やhalftoneさんが生まれた昭和が二つ前の元号になってしまうことがショックです。おそらく深田恭子さんも、同じようなことを考えているのかな。でも、ギリ昭と、我々の世代では誓いますからね。
私が子供の頃はまだ、明治生まれの方が現役で働いていましたから。時代の流れは恐ろしいものです。近頃実感しています。
近頃時代に取り残され、スマホは弄っているものの、WiFiって何、クラウドって何、LINEって何、とすっかり老け込んでしまいました。
これからPCの調が悪くなっため、win10搭載のPC に挑まなければならないのですがなかなか手を連れられない。
今の若者は、いやひとつ上の世代でも当たり前のように使っていて、すっかり機械音痴というか、取り残されてしまったと嘆いています。
深田恭子さんの勇気あるビキニ姿に期待しましょう。
かなり病んだ文章で失礼いたしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160714

2016-07-13

サッカー欧州選手権ベストイレブン

 というわけで、今大会の個人的に選ぶベストイレブンを。

GK:ノイアー(ドイツ)

DF:ボアテング(ドイツ)

   ペペ(ポルトガル)

   スルナ(クロアチア)

   ウオーカー(イングランド)

MF:パイエ(フランス)

   レナト・サンチェス(ポルトガル)

   ハムシク(スロバキア)

FW:グリーズマン(フランス)

   ロナウド(ポルトガル)

   ベイル(ウェールズ)

 GKは当たり前の人選になりましたが、やはりノイアーで文句無し。ただ今大会はノイアー以外にも彼とPK戦で名勝負を繰り広げたブッフォンはじめデヘア、チェフ、アキンエフ、そしてトレパンおじさん(^^;)ことキラーイらいいGK多く、このあたりは同時期に開催された南米選手権との差を感じました。

 DFはノイアーとともにドイツの鉄壁の守備を形成したボアテング、相変わらず対人には圧倒的な強さ(と荒さ(^^;))を見せたペペのCB2人は文句なし。SBは悩んで2人とも右SBになりましたが、父親急死の不幸を乗り越えてチームを決勝トーナメントに導いたスルナ、積極的な攻め上がりが印象的だったウオーカーを選びました。

 MFは開幕戦の決勝ゴールをはじめグループリーグのMVPといっていいパイエ、今大会最大の発見といっていいサンチェスは文句なし。もう1人は悩みましたが、チームのグループリーグ突破に貢献したハムシクを選びました。

 FWは得点王グリーズマン、決勝は残念でしたがエースとして母国を優勝に導いたロナウド、そして決勝トーナメントはややトーンダウンしましたがグループリーグでのFK2連発がインパクト大だったベイルを選びました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160713

2016-07-11

サッカー欧州選手権決勝

ポルトガル1−0フランス

 今大会の決勝は予想外の展開、そして結果となった試合でした。

 戦前はホームのフランス圧倒的有利の予想。そして、試合もその通り立ち上がりからフランスが攻勢。更に20分過ぎにはポルトガルはエースロナウドまさかの負傷退場。これで更にフランスが有利な展開となったのですが、なかなか決定機を掴めない。結局0−0のまま前半終了。後半、フランスはコマン、ジニャクらを投入し、更に攻勢を強めるものの、やはりゴールを奪うことはできず、0−0のまま試合は延長戦に。

 延長に入るとフランスも攻め疲れたのか、試合は膠着状態に。そして、0−0で折り返した後半開始直後、エデルの見事なロングシュートが決まりポルトガルがまさかの先制。その後はフランスが再び猛攻を仕掛けるものの、同点ゴールを奪うことはできず試合終了。ポルトガルが1−0で勝利し、優勝を飾りました。

 本当に大会前の事を思うと予想外の結果。まさかポルトガルが優勝するとは・・・。実際、ポルトガルは7試合を戦って90分での勝利は1試合だけ。実質、1勝6分けでの優勝(^^;)。しかし、無敗で優勝なのも確かで、まるでドイツやイタリアのような「勝負強さ」がポルトガルにも身に付いた感のある大会でした。

ヤングマガジン

 表紙&巻頭グラビアはスルーして、巻末グラビアに瑠衣夏さん。検索してみると尾木プロ所属で、横山ルリカさんや小島陽菜さんの後輩というのはちょっと驚き。今までの活動を見ていると基本的に女優さんのようですが、「柔らかセクシー系」としてグラビアへの適応力もかなり高そうなので、今後も注目したいです。

レスです

>チャッPさん

 日テレジェニックは再リスタート1年目でいきなりあんなことになってしまい、残念ながらもう「オワタ」でしょうね。生ハムと焼うどんは個人的には「アイドル」というより、「アイドルっぽいパフォーマンスユニット」と呼びたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160711

2016-07-10

2016年前半のアイドル界を振り返る・グラビア編

 個人的にこのジャンルでの今年前半の出来事はやはり「高崎聖子→高橋しょうこに改名&AVデビュー」ですね。彼女のAVデビューに関しては休業中から噂が絶えませんでしたが、こんなに早く現実のものになるとは・・・。「元グラドルのAVデビュー」というのは珍しくないですが、こんなに「現役感」のある人の転身というのは珍しい気がします(明らかにAVデビューを前提としてグラビア活動したた人を除けば)。ところで、彼女のAVデビュー作のパッケージに「元グラビア四天王」とキャプションがありましたが、「四天王」の残り3人というのは誰なんでしょう?数年前に私のブログでは、彼女と佐野ひなこさん、筧美和子さん、星名美津紀ちゃんを「四天王」と評したことがありましたが。

 グラビア界全体では、今年前半は久松郁実さんがブレイクしたと言っていいと思います。それも、グラビア活動を中心としながらバラエティ、女優業にも進出して、久々に「グラドルの正しい出世パターン」を進んでいる印象があります(吉木りささん以来?)。  

彼女以外に活躍が目立ったのは、女優業中心にシフトするかと思っていたけど相変わらずコンスタントにグラビア活動をしてくれている柳ゆり菜さん、「純グラドル」ではないけどこちらも相変わらずコンスタントにグラビア活動してくれている浅川梨奈ちゃんあたり。馬場ふみかさん、武田玲奈ちゃんあたりはもっともっとグラビアに出てきてほしいですね。また、所属ユニットが解散した都丸紗也華ちゃんも、その影響か今年前半はグラビアで見る機会が減った印象なのが残念です。

チャッPチャッP 2016/07/10 13:29 そういえば今年は、日テレジェニックが開催されないみたいですね。
日テレの社長会見を見てもジェニックについて言及してないし・・・。
17年続いた歴史が途絶えるのは残念な気がします(涙)。

ちなみに昨日の歌手編で取り上げた“生ハムと焼うどん”が「アイドルお宝くじ」に出てたのを見ましたが、バカバカしい2人組でしたね〜(爆)。
評価的には都丸さんのいたFYTを大きく下回ったのではと(考)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halftone/20160710